HOME > 活動紹介 > 日本 > 富士山の森づくり > 2010年度当日レポート

「富士山の森づくり」2010年度当日レポート

「富士山の森づくり」のページに戻る

2010年5月29日(土)

実施企業:     
豊田通商株式会社

●2009年からの参加、2回目の植林
●参加者数:130名(事務局・植林指導者などを含む)
●植林本数:1100本
●植林面積:約1.1ha

この日は朝から雨模様で一時実施が心配されましたが、集合場所のふじてんリゾートにつくと雨は上がり、植林中には晴れ間も広がりました。
遠く名古屋からの参加者も多数いて、同社社員の方々の本プロジェクトに対する関心の高さがうかがえました。昨年に引き続き家族での参加も多く、子どもたちも自然の中、楽しみながら作業をしていました。
≪植林の様子≫


同じ班のメンバーのお弁当を植林地まで運ぶ班長さんたち。植林前の一仕事です。
 

作業前には、森林組合の方の指導のもと準備体操を行います。子どもたちもしっかり体操。

(写真左)名古屋から車で参加したというお2人。富士山での植林は初めてですが、右の方は浅間山麓での間伐など、さまざまなボランティアに参加されているそうで、今回は同僚の方を誘って一緒に参加してくださいました。

(写真右)こちらも仲間4人とともに名古屋から車で参加。「2回目だけど、やり方を忘れてしまって難しい!」と言いつつも、着々と目標10本を目指して作業を進めていました。「自然の大切さを日々感じることがあり、植林活動に積極的に参加しています」と話してくれました。
→一昨年の下草刈りに参加したというご家族。1年生の男の子は下草刈りの時に使えなかった鎌(鎌を使うのは小学生以上から)を今年は使えると楽しみにしていたそうですが、植林では鎌を使わないことを知り、意気消沈した様子。それを見たお母さんが、「今度、家の庭で鎌を使って草刈りをしよう」と約束し、納得した男の子はその後、積極的に植林作業を手伝っていました。

作業を終え、昼食をとる事務局の方々。参加者の方が安全に楽しんで作業ができるよう、事前の準備・調整から当日の運営まで、きめ細やかに対応していらっしゃいました。

「また来るね!」と、帰りの林道バスに乗り込む前に、子ども
たちとオイスカのスタッフが元気にハイタッチ!

 
【開会式】
・開会宣言 山梨県環境森林部技監・深沢武氏
・挨拶 豊田通商株式会社人事部・鈴木秀樹氏
【閉会式】
・閉会宣言 公益財団法人オイスカ事務局次長・萬代保男
・挨拶 豊田通商人事部部長・林則宏氏
・森づくりの意義についての説明 富士森林施業技術研究所・松崎誠司氏
【バス内講義】
・山梨県森林環境部県有林課課長補佐・中安正議氏
・山梨県森林環境部県有林課主任・本多孝行氏
・富士東部林務環境事務所主査・深沢治氏













閉会式で挨拶する同社人事部
の林部長。