HOME > 活動紹介 > 日本 > 富士山の森づくり > 2010年度当日レポート

「富士山の森づくり」2010年度当日レポート

「富士山の森づくり」のページに戻る

2010年6月5日(土)

実施企業:     
東京電力株式会社

●2007年からの参加、4回目の植林
●参加者数:130名(事務局・植林指導者などを含む)
●植林本数:1100本
●植林面積:約1.1ha

 「富士山の森づくり」に開始初年度より参加している東京電力株式会社。例年同様、今年もCO2ダイエット宣言(主催:東京電力)を通して参加者を募集したところ、一般の応募に対して約5倍のお申し込みがありました。当日参加できたのは、抽選で見事に当たった方々。皆さん積極的に植林に参加し、予定していた1100本を植え切りました。
≪植林の様子≫

開会式で挨拶をする同社環境部の影山部長。

東京電力の事務局の方が前に立ち、参加者全員で準備体操をします。

巨大なミミズを発見して大喜びです。
作業中はこんなミミズにたくさん出会います。


(左)右の方は今回で3年連続参加のベテラン。昨年までとは少しウッドガードの取り付け方が変わりましたが、作業はすでにお手の物。今回一緒に参加した同僚の方(左)も丁寧な指導を受けて順調に作業が進みます。服装もさすがきまっています。

(右)東京電力の事務局の方々。この日は天候に恵まれ、作業もスムーズに進みました。

「フンみたいなのがたくさん落ちてる。ブドウみたい。」「鹿のフンかな?」

親子の息のあったコンビネーションで作業も順調!

お昼の休憩。作業の後に食べるお弁当は格別です。午後の作業に向けてしっかり栄養補給。

大部分が植え終わり、ラストスパートです。

「掘ってみたらここだけ土が真っ赤で、驚きました。」と話す参加者。枯れた木が土に還ったためここだけこのような土質になったそうです。

【開会式】
・開会宣言 山梨県森林環境部林務長・岩下正孝氏
・挨拶 東京電力株式会社環境部部長・影山嘉宏氏

【閉会式】
・挨拶 公益財団法人オイスカ事務局長・永石安明
・森づくりの意義についての説明 山梨県森林総合研究所主任研究員・長池卓男氏

【バス内講義】
・山梨県森林総合研究所主任研究員・長池卓男氏
・山梨県森林環境部県有林課課長補佐・善積均氏
・山梨県森林環境部県有林課主査・渡辺稔文氏
・山梨県森林環境部県有林課副主査・堀内周二氏