HOME > 活動紹介 > 日本 > 富士山の森づくり > 2012年度当日レポート

「富士山の森づくり」2012年度当日レポート

「富士山の森づくり」のページに戻る

2012年9月22日(土)

実施企業:     

豊田通商株式会社

●参加者数:80名(事務局、指導者などを含む)
●2007年度にオルビス鰍ェ植栽した1.1ha(1,100本植栽)にシカ害対策ネット725枚設置

豊田通商株式会社は2009年より「富士山の森づくり」に参加しています。この日は植栽した苗木にシカ害対策ネットを設置する活動を実施しました。当日の天気は曇りで富士山はあまり見えませんでしたが、作業をするには調度良い気候で順調に進めることができました。 リピーターの方の参加も多く、「前回の植林の作業とはまたちょっと違ってなかなか難しい」とはじめはうまくいかない様子でしたが、徐々に作業にも慣れてきて、初参加の方もリピーターの方もみなさん口をそろえて「自然の中での作業は気持ちがいい!」と自然の恵みを楽しみながら作業に取り組まれていました。「前回来た時よりも全体的に緑が増えた気がする!」と森の変化を実感された方もいらっしゃいました。 慣れない作業という事もありボランティアの皆さんだけでは大変でしたが、森林組合の皆さんが頑張ってくださり当日中に予定の725本を設置する事ができました。

≪植林の様子≫

↑作業場所に向かうバスの中で富士山の植林に関する講義
清藤氏「日本人の心のふるさとである富士山を守る活動に携わったと言う事をぜひみなさん誇りに思ってください」

↑社会貢献室長の鈴木氏による開会式挨拶。「前回は植林でしたが、今回は保全活動、守る為のステージです。今までとは違う活動で大変ですが、木の事を考え守っていくためにも自然を楽しみつつ体調に気を付けてがんばりましょう!」

↑念入りに準備体操

↑ご家族4人で参加。お子さんは作業中にもいろんな生物を発見して興味津々。「ぼくがネットとってくるね!」と作業にも積極的に取り組んでいました

↑作業を応援するかのように富士山が顔を出してくれました

↑今回が参加2回目というお2人。 「この前植林で来た時より周りの草がかなり成長した気が…作業は見よう見まねでなかなか苦戦していますが、自然がいっぱいで気持ちいいです!」


↑お昼ご飯。作業後に自然に囲まれて食べるご飯はまた一段とおいしい。子供たちはこの時間にもいろいろな虫を捕まえて自然と触れ合っていました

↑閉会式にて。総務部長の内田氏の閉会式挨拶の後、マレーシア出身の豊田通商奨学金留学生のライさんが「富士山の森林を保全するという貴重な経験が出来て良かった。またぜひ参加したいです」と感想を話してくれました


【開会式】
・社会貢献室長 鈴木氏 

【閉会式】
・閉会挨拶:総務部長 内田氏
・参加者感想:マレーシア留学生 ライさん

【バス内講義】
・オイスカ緑化技術参事 清藤城宏