HOME > 活動紹介 > パプアニューギニア

パプアニューギニア

1985年、当時の中央政府厚生大臣であったマーティン・トバデック氏(オイスカラバウル支局初代会長)からオイスカへ、パプアニューギニア・ラバウルにおいて青年育成と稲作指導に関しての招聘がありました。勤勉で規律を重んじる日本の組織にパプアニューギニア(PNG)の青年育成をお願いしたい、との要請を受けて1986年オイスカ・インターナショナル・ラバウル支局が発足し、研修センター開所の運びとなりました。

現地の豊かな自然を生かした有機循環農業(無農薬無化学肥料)を研修の中心に取り入れ、農業を通してふるさとの発展を願う青年の育成を行っています。利益第一主義でなく、環境に配慮した農業活動を実践できる人材を育てています。そのほか、日本人学生との親善交流活動も毎年実施しています。

1987年に研修センターを開所して以来、毎年約100名〜250名の農業研修生に稲作、蔬菜栽培、畜産(養豚、養鶏、養魚)、林業、井戸掘り、ココナツ油作り、石鹸作り、チョコレート作り等の研修を実施しています。1993年からは有機農業(無農薬無化学肥料)を実践し、その研修を広くPNGの青年、農民、教員、農業省普及員、刑務所看守、政府役人、ソロモン諸島の青年代表などに提供し、その数は延べ約1800名に達しています。また、2003年より始まった中央政府農業畜産省とJICAとのプロジェクト、「小規模稲作農民への短期研修ならびに現地稲作活動・モニタリング」も担当しました(2007年度終了)。2004年からは長年の普及活動による州への貢献が評価され、東ニューブリテン州政府より稲作研修及び普及と植林プロジェクトに関して予算の配分を受けるようになりました。2007年には、国家指定の稲作研修施設としての認可を受けました。

PNGの未来を担う人材の育成を第一に、これまで実践されてきた「生命の連鎖農法(有機循環農法)」にさらに磨きをかけ、農場の充実を図るとともに地域に根ざした産業の開発、地域への貢献に力を入れていく予定です。また、センターのある東ニューブリテン州以外の地域でも普及活動をしていきたいと考えています。

ラバウル・エコテック研修センター

場所: 東ニューブリテン州・ラバウル
活動開始年: 1987年5月
受入機関: 東ニューブリテン州政府
活動開始の背景 1986年、PNGの当時の厚生大臣から「PNGの国の将来のために青年育成にぜひ協力して欲しい」という手紙がオイスカ本部(東京)に届きました。「国の発展のために青年育成を」と世界中をあたり、「青年育成ならオイスカ」というひとつの情報を得て手紙を書いたのだといいます。これを受けてオイスカ本部は現地視察を行い、1987年に東ニューブリテン(ENB)州最大の河川であるワランゴイ川沿いに本研修センターを構えて活動を開始しました。
活動概要 研修センター内で畜産、野菜栽培、稲作、森づくりを学ぶ長期研修を行っているほか、刑務所の受刑者に対する有機農業の短期研修も行っています。また、国内各地の学校を拠点に「子供の森」計画を実施したり、ポミオなどアクセスが難しい遠方を対象とした有機農業の普及の取り組みを行ったりしています。 なお本センターは、2007年2月に、PNG政府農業畜産省(DAL)から稲作普及施設として正式に認定されました。
近況・今後の方針 研修を修了した研修生OBが故郷へ帰ってからの雇用創出の面で、着実な成果を上げています。他国の研修センターと比較して特徴的な活動としては、刑務所での稲作指導を引き続き実施しているほか、スタッフの能力向上のために、プロジェクト管理ディプロマコースの資格取得研修を実施しています。
今後は、確立されつつある「生命の連鎖農法」を研修センター内外に普及させ、持続可能な食糧生産をリードする基地としての機能を果たしていけるように努めていきます。また、ニューギニア本島やブーゲンビル自治州など、ラバウル以外の地域への協力も積極的に推し進めていきます。

定置型有機循環農業普及プロジェクト

場所: 東ニューブリテン州・ラバウル
活動開始年: 2002年4月
受入機関: オイスカ・ラバウル支局
活動開始の背景 研修センター内での人材育成活動が軌道に乗り、外部での出張指導、普及などを考えていた矢先、日本のコスモ石油株式会社から熱帯雨林保全活動を支援したいという申し出がありました。現地では焼畑が慣行的に行われていますが、徐々に持続可能でない形での耕作が進みつつあり、定置型の農業を指導していく必要が生じていました、そこでかねてからそうした懸念を持っていたニューブリテン島において稲作の普及活動、新たな地場産業の育成事業などを開始しました。
活動概要 現在の活動は、活動開始以来続いているニューブリテン島南岸での稲作指導のほか、人材育成施設としての研修センターの研修内容の充実、環境保全のための収奪型ではない地場産業の育成、刑務所での囚人を対象にした出所後、役に立つ農業技術の指導など多岐にわたっています。コスモ石油株式会社にはこうした活動に多大な理解をいただき継続して支援をいただいています。
近況・今後の方針 近年は、都市へのアクセスの悪い地域での稲作普及に力を入れています。 また、東ニューブリテン州の州都であり研修センターからも程近いココポの街中にエコワイルドパークを設置し、都市の住民にも貴重な自然環境を理解してもらうよう啓発活動を行っていきます。