OISCA

四国研修センター

文字サイズの変更

オイスカホームページトップへ

HOME > カテゴリ

カテゴリ:未分類

09/23MUFG交流 その②

☆交流★

お昼ご飯でお腹がいっぱいになった後は、研修生と参加者による交流会が行われました。料理交流でしっかりと交流ができていましたが、さらに仲を深めてもらおうと用意したのは「旅行プランを立てよう」という内容です。

自分が行きたい国や場所、そしてそこで何をするのかというのを互いに発表をしてグループで一つ旅行プランを立ててもらおう!ということです。研修生には自分の国の自慢の場所やおすすの所を紹介してもらいました。

それぞれのグループでの話し合いではどこも盛り上がり、話が途絶えることなく発表の紙へと書いていました。1グループ、日本人一名と研修生一名に前に出てプランを発表してもらいました。5グループあったのですが、どのグループも国も場所も被ることなく全てバラバラの場所という結果に\(◎o◎)/!日本人がよく知る場所ではなく、研修生がおススメするスポットが多く、自分のグループ発表以外にも行きたくなったという声もありました。

☆農業体験★

頭を使ったあとは、体を動かしていきましょう!農業体験です!!

サツマイモ掘りと大根の播種を行った。サツマイモ掘りはみなさん、子供の頃に学校等で経験済みの方も多く、要領もわかっておりスムーズに体験をすることができた。子どもたちはスーパーなどでみるサツマイモよりもかなり大きいサイズにビックリし、喜んでいました。大根の播種は、大根の種ってこんなに小さいの??というような声もあり、小さな種を一つ一つつまみながら植えていきました。研修生には慣れた作業だったため、参加者の方に教えながら楽しく交流を行っていました。

☆閉会式・国旗降下★

長かったようで短い交流ももう終わり。閉会式では、参加者の方から「また来たい」という声や「料理がどんなのができるのか楽しみで、こんなに一度にたくさんの国の料理が食べれてうれしかった」など、交流を十分楽しんでいただけた様子でした。

閉会式の後、四国研修センターの研修生による国旗降下を見てもらいました。

 

朝はあいにくの雨がぱらつき、交流がしっかりと行えるのか心配でしたが、料理交流会を行う時間帯には雨も止み、晴れ間もみえ、天気にも恵まれました。きっと晴れ男?女?の力かもしれません(^-^)

09/23MUFG交流 その①

9月23日(土)四国センターにて、株式会社三菱UFJファイナンシャル・グループ(MUFG)の社員とご家族の方26名、四国センターの研修生8名、そして西日本センターの研修生15名による交流会が行われました。西日本センターの研修生は前日の夜に四国センターに到着をし、当日についての打ち合わせを行いました。開会式前には、各国の料理の下準備や会場設営などを終え、9時よりMUFGの交流がスタートしました。

☆料理交流会★

5つのグループに分かれ、5つの国の料理を作りました。①アイギール(パプアニューギニア)②サテ(インドネシア)③生春巻き(ベトナム)④カウスエジョ―(ミャンマー)⑤ABC(マレーシア)名前を聞いただけでは、どんな料理になるのかわかりません。参加した社員の方達も出来上がるまでどんな料理になるのか楽しみです♪

①アイギール(パプアニューギニア)

熱した石を食材が入った鍋に入れて、煮込むパプアニューギニアの鍋料理です。ココナッツ味のスープで鶏肉、玉ねぎ、にんじん、キャベツなどを入れて石を入れて蓋をして20~30分ほど煮込むとできあがり。石を使って加熱するというパプアニューギニア独自の方法に参加者も興味深々(´∀`*)

②サテ(インドネシア)

鶏肉を串にさして、BBQ。日本でいう焼き鳥です。前日にチリパウダーやコリアンダーなどの調味料で漬け込んで寝かせておくのが味が染み込むポイントです。焼きあがったら、専用のソースをつけて食べるのがインドネシア流!ピーナッツソースに唐辛子やスパイスを混ぜたソースが病みつきになります。日本人向けに辛さを抑えて仕上げました。

③生春巻き(ベトナム)

日本でも近年よく食べられるようになり、身近な料理でもあります。ベトナムではよく食べられる料理の一つで、朝ご飯でも食べるようです。エビやビーフン、野菜を入れてうまく巻いていきます。大豆ソースが味の決め手!そして日本ではあまり馴染みのない生のニラを一緒に巻いて食べるのが本場の生春巻き。好き嫌いがでる食材ではありますが、食感がいいアクセントに(^O^)

④カウスエジョー(ミャンマー)

野菜と焼きそばの麺を一緒に炒める、ミャンマーの焼きそばです。ほぼ作り方は日本の焼きそばと一緒です。セロリを使い、におい付けのために入れるのがミャンマーの焼きそばの特徴です。大きい鉄板を使い豪快に焼き上げていきます。焼きそば自体は日本人向けに辛さをなくし、別に作ったソースはかなり辛く、本場を味わいたければソースをかけて食べてみては。辛さには注意が必要です(;´Д`)

⑤アイス バトゥ チャンプル【ABC】(マレーシア)

氷を削り、その上に団子、小豆、タピオカ、トウモロコシ、ゼリーなどをトッピングしシロップとコンデンスミルクをかければ完成!マレーシアのかき氷のできあげり。なんといっても特徴は、トウモロコシを入れること。かき氷にトウモロコシ(。´・ω・)?と日本人は思うかもしれませんが、マレーシアではごく一般的で、このトウモロコシが意外とおいしいんです(^ω^)他の東南アジアでもトッピングに違いはありますが、同じようにかき氷があるので是非探してみてください。

☆昼食★

12時より昼食開始。一度に5カ国の料理が食べることができる機会はなかなかありません。みなさん、自分が作った料理以外も興味を持ち、食べる箸が止まりません!次回は自分の家で作ってみようや、他にはどんな料理があるのかなどご飯を食べながら研修生と楽しく会話をしていました。〆の一品としてABCはやはり人気で最後の方は列になり並んで食べるという光景が。作った料理がほぼ完食となり、様々な国の料理を食べて満足のいく昼食会でした。

その②へ続く

4月7・8日(土・日)四国研修センター 50 周年大同窓会 ~50 年を語りつくそう!!~

みんな集まれ!四国センター!!!

1

   四国研修センターも50周年を迎え、多くの方々と関わりながらこれまでやってきました。
その軌跡を振り返ると共に、これからの四国研修センターを皆で盛り上げるために、
今までのスタッフやボランティア、研修生を含めた同窓会を開催いたします。
なかなか会えない人達やセンターに来たいと思っていても、
なかなか機会がない人達を一堂に集め、
センターで過ごした時期に思いを馳せながら語り合いたいと思います。
また時期が違い、会わなかった者同士の繋がりを作ることも魅力的ではないでしょうか。
多くの方の参加をお待ちしております。
お問い合わせは、オイスカ四国研修センターまで。

日時:平成30年4月7日(土)15時~8日(日)14時
場所:オイスカ四国研修センター
持ち物:布団はこちらで準備しますので、着替え等宿泊できる準備をお願います。
参加料:中学生以上五千円、未満無料(宿泊なし三千円)

※高松空港や陶駅までの送迎は、こちらで致しますのでご連絡ください

■内容
7日(土)

報告会

オイスカから離れて今どんなことをやっているのか、 またオイスカにいる時に研修生や色々な人たちと関わっていた頃のことを報告してもらいます。

オイスカから離れて今どんなことをやっているのか、
またオイスカにいる時に研修生や色々な人たちと関わっていた頃のことを報告してもらいます。

夜桜パーティー
オイスカにある桜でお花見をします。色々な人と懇
親を深めながらオイスカの桜を堪能しましょう。

※希望者は、宿泊できますのでお申し出ください。

 

 

8日(日)

国旗掲揚

オイスカの朝は、国旗掲揚から始まります。点呼、ラジオ体操、ジョギングを一緒に体験しましょう。

オイスカの朝は、国旗掲揚から始まります。点呼、ラジオ体操、ジョギングを一緒に体験しましょう。

冠纓神社参拝
四国研修センター発祥の地を皆さんで参拝しましょう。
また少し掃除のお手伝いもします。
オイスカ活動ワークショップ
現在、オイスカ活動に携わっている人、直接関われていない人たちも、
一緒に行動できることを皆で考えましょう。

昼食(研修生の国の料理)
研修生の国の料理を楽しみながら親睦を深めましょう。
初めて会った人から、その時のオイスカの事を聞いたり、
一緒に過ごした人と、昔を懐かしんだりするのものいいですね。

 

こちらのFacebookページもご覧下さい!!

四国研修センター大同窓会

 

うどんを作りました

私は愛知県にある、オイスカ中部日本研修センターの国際協力ボランティア・ジョアナともうします。

2週間、オイスカ四国研修センターで研修をしています。ここでオイスカ四国のことと、いろいろな日本の料理を勉強したいと思っています。どうぞよろしくおねがいします。。

3月6日にガディ先生からうどんのつくりかたをおしえていただきました。うどんを作るときはちょっとたいへんです。どしてかというとはじめからおわるまでぜんぶのちからをつかいます。たいへんですけどおもしろいです。たべてからみんなおいしいといったのでよかったです。オイスカ中部でもうどんはつくりませんからほんとうにわたしもべんきょうになりました。ちゅうぶにかえったらじぶんでやりたいとおもいます。研修生にもおしえたいです。

めんぼうでのばします

めんぼうでのばします

うどんができました。

うどんができました。

親子料理講座~マレーシアのお菓子作り~

 

2月24日(土)にヨンデンプラザ・サンポートにて

親子料理講座が行われます!

研修センターのマレーシア人スタッフ、ガディさんと

一緒にマレーシアのお菓子作りを体験してみませんか?

ゲームやクイズもします!是非参加してください^^

詳しくはこちらをご覧ください☆

1/5 神社参拝冠纓神社

あけましておめでとうございます。

新しい年になって半月が過ぎました。ここ数日は零度を下回る日が多くとても寒いですね…

自己紹介が遅れました。1月5日から四国センターで研修させていただいております。

国際協力ボランティアの園田と申します。

香川県には5年前に青春18きっぷを使って福岡から普通電車で来たことがあります。

今回は夜行バスで香川へ来ました。

 

到着した日の午後、四国センターの皆さんと一緒に田村神社と冠纓神社へお参りに行きました。

田村神社ではご祈祷をしていただきました。(初めて体験しました!)

神社には様々なお参りスポットがあり見たこともない神様もいました。

その神様は田の神さんです。看板には食べ物に不自由のないように…と書かれています。

私はこれまでに食べるものがなくて困ったことはないです。幸せ者ですね。

飲食店でアルバイトしている時、残り物は営業時間が過ぎたら破棄していました。まだ食べれるのにもったいないなぁといつも思っていました。アルバイト先だけではなく日本中で、世界中でこういうことが起きているんですよね。でも反対にご飯が食べれない人もいるんですよね。

この問題どうにかならんものかと思うんですけど、いつも自分は残さず食べよう。という結論に至ります。

今年もご飯をしっかり食べて元気に頑張りたいと思います。

皆様にとって良い一年になりますように。

DSC06444 DSC06449

DSC06452 DSC06451

 

 

 

10/01綾川町クリーンアクション

10月1日午前8時から9時までの一時間、綾川男女共同参画会主催によるクリーンアクション(ゴミ拾い)に参加しました。秋めいた気候になり、秋空と少し涼しい中での作業となりました。国道32号線沿いの交通量の多い場所を手分けしてゴミを拾いました。

一緒に参加した方達と話しながら、道沿いに咲いている花の名前や果樹について聞いたりしながらゴミをどんどん拾っていきました。
DSC_0939 小さなゴミも見逃しません!
DSC_0948 歩道と道路の間にはたくさんのゴミが…
DSC_0961 木と木の間もしっかりと見てゴミがないかチェック!

前回、春にゴミをした時よりもゴミの量は少なくなったようでしたが、それでも道には大きなゴミや小さいゴミ(主にタバコの吸い殻)が落ちていました。
DSC_0979 一時間で集まったゴミの量。

一時間という短い時間ではありましたが、自分たちが住んでいる街をきれいにすることができ、気持ちもすがすがしくなりました。
DSC_0977 みなさん、お疲れさまでした。

 

*おまけ*

DSC_0976

集合場所の市役所で、木の間に鳥の巣を発見!!
よく見てみると卵が2つも( ゚Д゚)
なんの鳥の巣なのかわかりませんが、しっかりと育ってほしいものです。

9/4 綾歌郡ライオンズクラブどじょう汁例会に参加

9月4日(月)綾歌郡LCどじょう汁例会がありました。県下関係ライオンズクラブから多数の参加があり、オイスカ四国研修センターも研修生8名がご招待いただきました。
IMG_1637

香川県といえばうどんですが、どじょう汁も有名な郷土料理の一つです。みなさんは食べたことがありますか。味噌仕立ての鍋料理で、野菜と手打ちうどん、そして丸々一匹のどじょうがたくさん入っています。どじょうは頭から尻尾まで、骨まで丸ごと食べます( ゚Д゚)

初めは、ライオンズクラブの会合のため、粛々と会が進み、会食になった時に皆でいっしょにどじょう汁を食べながら交流をしていきます。研修生は、どじょう汁をよそったり、配ったりとお手伝いをさせていただきました。料理を運んだり、飲み物をつぐ時に、ライオンズクラブの方とお話をし、交流を深めていました。

IMG_1671 IMG_1679 IMG_1684

全てのどじょう汁を配膳し終わり、やっと研修生が食べる時がやってきました。研修生にとっては、2回目のどじょう汁です。お腹が空いていたのか無言でうどん、どじょうを頬張っていきます。誰一人どじょうを嫌がる研修生はおらず、汁までしっかりと完食していました。

IMG_1695 IMG_1698

会合の終盤として、研修生からのアトラクションを披露いたしました。2つのダンスを披露しましたが、ご飯を食べた後のダンスにしては少し激しい動きだったため会場の全体踊るということは叶いませんでしたが、手拍子をし盛り上がった一幕でした。

IMG_1716 IMG_1739

最後には、全員で手をつなぎ「また会う日まで」を合唱し、どじょう汁例会無事に閉幕となりました。

9/8・9 徳島山小屋宿泊

9月8日(金)から一泊二日の徳島県三好市池田町の山小屋に研修生5人が宿泊をしてきました。四電ビジネスの中川様からのご招待で、日本の昭和初期の生活を体験するコンセプトでした。宿泊場所は、中川さんのお母さんの実家で約300年ほど前に建てられ、16年前にリフォームしたところでした。現在は誰も住んではいないのですが、年に3・4回ほど利用する程度とのことでした。お風呂もご飯も自分たちで薪で火を焚き、ご飯は囲炉裏を囲んでという日本古来の生活を体験することとなりました。

IMG_0141 五右衛門風呂を沸かすために薪を入れてます。

IMG_0142
これが日本の五右衛門風呂( ゚Д゚)

研修生は熱くて中に入るのに手こずってました。

 

 

 

 

 

IMG_0155

 

かまどでご飯を炊きます。

フィジーのママさんの肺活量は一番!すぐに火が付いた

 

 

 

 

 

IMG_0170

 

囲炉裏に火をつけます。初めはなかなかつきません。

頑張って息を吹きかけて、煙にも耐えてやっとつきました。

 

 

 

 

 

 

IMG_0197

 

みんなでいただきまーす( ^ω^ )

今日はフィジーのママさんの二十歳の誕生日。おめでとう!

 

 

 

 

 

IMG_0213

 

BBQの〆はやっぱり焼きそばでしょ!

たくさん食べたのにまだまだ食べれます。

 

 

 

 

 

 

IMG_0221

 

お世話になった中川さんとお母さんと

一緒に長尾草堂の前で一枚

 

 

 

 

 

 

2日目は、そば打ち体験と観光地でもあるかずら橋へ行ってきました。うどんは今まで3回作ったことがある研修生ですが、そばは初めてです。うどんとそばは似ているようで作る過程では違う部分もあり初めは少し戸惑っていましたが、さすが普段料理をしているためすぐに慣れ、手つきもいいと褒められる場面もありました。お昼は自分たちが作ったそばを食べ、いつもよりもおいしく感じたようでした。お世話になった中川さんとはここでお別れをし、かずら橋へ観光へ行きました。木だけで作った橋を渡る体験をしました。普段とは違うまた自然とも触れ合うことができ研修生も満足した様子でした。

IMG_0230

 

まずは生地をこねる作業。

この作業が一番重要なんですよ!

 

 

 

 

 

IMG_0233

 

生地を薄-く、薄ーくのばしていきます。

 

 

 

 

 

 

IMG_0237

 

細く、細く、同じ幅で切っていきます。

うまくできるか緊張の一瞬です。

 

 

 

 

 

IMG_0259 DSC_0661

きれいに出来上がりました(^-^)

DSC_0676

 

かずら橋は恐る恐る渡っていきます。

意外と木と木の隙間が広い(;’∀’)

景色など楽しまずに渡りきる研修生たち

 

 

 

DSC_0700

 

かずら橋の観光楽しかった(^▽^)/

 

 

 

 

 

DSC_0667

中川ご夫妻とお母さん、そして友人の大場ご夫妻二日間お世話になりました。