OISCA

四国研修センター

文字サイズの変更

オイスカホームページトップへ

HOME > アーカイブ

月間アーカイブ: 2017年12月

9/8・9 徳島山小屋宿泊

9月8日(金)から一泊二日の徳島県三好市池田町の山小屋に研修生5人が宿泊をしてきました。四電ビジネスの中川様からのご招待で、日本の昭和初期の生活を体験するコンセプトでした。宿泊場所は、中川さんのお母さんの実家で約300年ほど前に建てられ、16年前にリフォームしたところでした。現在は誰も住んではいないのですが、年に3・4回ほど利用する程度とのことでした。お風呂もご飯も自分たちで薪で火を焚き、ご飯は囲炉裏を囲んでという日本古来の生活を体験することとなりました。

IMG_0141 五右衛門風呂を沸かすために薪を入れてます。

IMG_0142
これが日本の五右衛門風呂( ゚Д゚)

研修生は熱くて中に入るのに手こずってました。

 

 

 

 

 

IMG_0155

 

かまどでご飯を炊きます。

フィジーのママさんの肺活量は一番!すぐに火が付いた

 

 

 

 

 

IMG_0170

 

囲炉裏に火をつけます。初めはなかなかつきません。

頑張って息を吹きかけて、煙にも耐えてやっとつきました。

 

 

 

 

 

 

IMG_0197

 

みんなでいただきまーす( ^ω^ )

今日はフィジーのママさんの二十歳の誕生日。おめでとう!

 

 

 

 

 

IMG_0213

 

BBQの〆はやっぱり焼きそばでしょ!

たくさん食べたのにまだまだ食べれます。

 

 

 

 

 

 

IMG_0221

 

お世話になった中川さんとお母さんと

一緒に長尾草堂の前で一枚

 

 

 

 

 

 

2日目は、そば打ち体験と観光地でもあるかずら橋へ行ってきました。うどんは今まで3回作ったことがある研修生ですが、そばは初めてです。うどんとそばは似ているようで作る過程では違う部分もあり初めは少し戸惑っていましたが、さすが普段料理をしているためすぐに慣れ、手つきもいいと褒められる場面もありました。お昼は自分たちが作ったそばを食べ、いつもよりもおいしく感じたようでした。お世話になった中川さんとはここでお別れをし、かずら橋へ観光へ行きました。木だけで作った橋を渡る体験をしました。普段とは違うまた自然とも触れ合うことができ研修生も満足した様子でした。

IMG_0230

 

まずは生地をこねる作業。

この作業が一番重要なんですよ!

 

 

 

 

 

IMG_0233

 

生地を薄-く、薄ーくのばしていきます。

 

 

 

 

 

 

IMG_0237

 

細く、細く、同じ幅で切っていきます。

うまくできるか緊張の一瞬です。

 

 

 

 

 

IMG_0259 DSC_0661

きれいに出来上がりました(^-^)

DSC_0676

 

かずら橋は恐る恐る渡っていきます。

意外と木と木の隙間が広い(;’∀’)

景色など楽しまずに渡りきる研修生たち

 

 

 

DSC_0700

 

かずら橋の観光楽しかった(^▽^)/

 

 

 

 

 

DSC_0667

中川ご夫妻とお母さん、そして友人の大場ご夫妻二日間お世話になりました。

 

大学生インターンの受け入れ

8月から四国センターでは、大学生のインターンの受け入れをしていました。約1週間という短い時間ではありましたが、東京国際大学から男女合計7名、そして香川大学から1名の大学生がセンターで農業、養鶏、調理、食品加工を学んでもらいました。

CIMG7742

早朝5時30分起床、点呼、慣れない農作業、ニワトリ作業、魚一匹をさばく作業等、、、、普段はやらないことばかりで最初はできるか不安だったという声が多かったです。農業は、熱い中での作業に加え、蚊に刺されて悩むこともしばしば…。ニワトリが怖くて鶏舎の中には入ることができない人もいましたが、かわいいと最後には仲良くなれたようでした。覚束ない手つきで包丁を握り、魚をさばくのに四苦八苦(。-∀-)そんな彼らですが、帰る頃にはセンターに来た時よりも随分たくましくなったようでした。

研修生は歳も近い大学生なので、普段の交流よりも話す内容も多くぐーんっと距離が近かったようです。新しい日本語を習ったり、スポーツをして交流をしたりと、彼らにとっても終日スタッフ以外の日本人と交流できるのはいい刺激になったようでした。

貴重な体験、忘れらない体験、たくさんの国の人とこうして出会い、共に生活ができたことが自分の人生でいい経験になったとインターンを終えた全員の大学生に言ってもらい、インターンとして受け入れたスタッフもうれしく思っています。

大学生のみなさん、一週間ありがとうございました。また四国センターにぜひ来てください!!

IMG_0905

8/21~23 教職員社会体験研修

8月21日(月)から23日(水)の三日間に渡り、香川県で教職員を約10年やってこられた先生方8名が社会研修のためセンターで研修を行いました。研修生との交流、調理、農業、養鶏/ニワトリ解体を体験してもらいました。

8月21日(月)

まず初めに研修生との交流も兼ねて、グループに分かれ「貿易ゲーム」を行いました。与えられた道具と紙幣を使っていかにお金を稼ぐのかというゲームでしたが、研修生以上に白熱していたのは教職員の方々でした(^-^)

IMG_0751 IMG_0749
商品がきれいにできてないとお金をもらえません(-_-;)

午後からは、グループを二つに分けて農業と調理に分かれてもらいました。調理グループでは、サケを捌く作業をしてもらい、普段包丁をあまり使わない教職員の方は恐る恐るという雰囲気でした。残念なことに夕食用に調理したため、教職員の方々は食べることができませんでしたが、研修生と職員でおいしくいただきました。

CIMG7780 CIMG7795

農業グループは、外でハウスでの作業を行っていただきました。午前のいい天気がどこへやら。雲行きが怪しくなり、一気に雨が降り始めました。外での作業ではなかったため濡れることはありませでしたが、農業をするのに天気が左右されるという状況を知っていただきました。

8月22日(火)

二日目の午前は、昨日の作業を交代し行いました。農業グループは、猛暑の中での作業となりました。熱中症になってもおかしくないぐらいの暑さのためかなり疲れた様子でした。調理グループはインドの料理サモサという揚げ餃子を作ってもらいました。カレー味の餡を餃子の皮で包み揚げたものなんですが、餃子の皮を包むのは普段したことがあるのか意外と綺麗に早くできた様子でした。昼食は自分たちが作った料理とあって食欲も進み、大好評のサモサでした。

CIMG7806 CIMG7810

午後の作業も暑い中で農業を全員でしていただきました。

IMG_1085 IMG_1088

8月23日(水)

最終日は、命を頂くという学習目的で、ニワトリの解体をしました。全員参加の予定ではありませんでしたが、周りで見ていた先生も途中から参加していただき無事にニワトリの解体を行うことができました。早速、お昼には解体したニワトリのスープと焼いたものを食べ、自分たちが行ったニワトリということで皆に食べてもらいました。普段自分たちが食べている肉との違いも知って頂きました。

午後からは、インターンにきていた大学生も加わって研修生と一緒にスポーツ交流を行いました。ドッチボールとバレーボールを暑い中、汗をかきながらも楽しく遊びました。意外にも、勝負ということで先生方も真剣になって白熱した戦いになりました。

IMG_0918 IMG_0920

三日間の研修では、いい経験になった、勉強になったという声を聞くことができました。暑い中での慣れない作業等で大変だったと思いますが、ありがとうございました。

8/26 中野総裁来所&オイスカの夕べ

 

8月26日(土)オイスカインターナショナルの中野良子総裁がセンターに来所いたしました。センター訪問は約1年ぶりとなります。研修生も総裁に会うのは初めてのため、少し緊張した面持ちでした。

センター到着後、研修生と職員にお話が約1時間ほどありました。「土から離れない活動を」というテーマでお話しいただきました。研修生には難しいところもあったと思いますが、それぞれにノートにメモをする姿が見られました。

IMG_0934 IMG_0941

18時からは綾川推進協議会主催のオイスカの夕べが行われました。多数の参加者にお集まりいただき、総裁からの講話も行われました。先の話ではできなかった「戦後でのオイスカの活動や平和な世界であるためには」などをお話をいただきました。時間の都合上途中までのお話だけになりましたが、まだまだ話足りない部分もあった様子でした。

IMG_0956

講話の後、研修生と推進協議会の方との懇談会が行われました。お菓子などを囲みながら立食形式でしたが、研修生も協議会の方と積極的に話をしていました。

そして懇親会といえば、研修生のアトラクション発表です!マレーシアのダンスを披露し、途中からはみんなで踊りました。その後、日本の踊りということで、”炭坑節”をOYLメンバーである三好さんの太鼓と一緒にみんなで和になり踊りました。なんと総裁も一緒に踊ってくださり、笑顔が溢れる夜となりました。

IMG_1033 IMG_1043

8/30・31 広島研修旅行(中部日本研修センター合同)

8月30(水)・31(木)に中部日本研修センター(愛知県)の研修生6名と四国研修センターの研修生8名で合同の広島研修旅行に行きました。中部日本研修センターの研修生は、前日の29日に四国センターに来所し、四国センターから一緒に広島に向かいました。施設見学、平和授業、広島支部の皆様との懇親会、世界遺産宮島見学と内容も盛りだくさんに加えての長距離移動でもありましたが、研修生全員とても良い研修旅行であったと感想を述べていました。

8月30日(水)

先ず初めに向かった先は、マツダ工場見学でマツダミュージアムを訪問しました。日本の車に強い興味を持っている研修生は、ガイドをしてくださる方の話を真剣に聞いていました。また、実際に展示している自動車の運転席に座ることができる時は、写真を何枚も撮ったりと、大興奮でした。

IMG_1206 IMG_1184 IMG_1216

続いては、平和記念資料館見学および平和公園見学を行いました。研修生にとっては、難しい内容の研修ではありますが、「平和とは何か」「争いのない世界を作るために何が必要か」などを学んでもらうため訪問しました。ここでは、ピースボランティアをしている橘先生からお話をしていただきました。自国で広島や長崎の原爆投下について少しだけ勉強をしている研修生たちですが、実際に原爆ドームや資料、話を聞いて、「平和についてもっと考えるようになった。」「今の世界の争いについても考えていきたい」とセンターに戻ってから話す研修生もいました。

IMG_1237資料を見て、広島原爆について学びました。

IMG_1230 音声ガイドでより詳しく学習ができます。

IMG_1271四国センター研修生 チョーさんによる平和を願うスピーチ。

IMG_130618時からは広島支部の皆様と懇親会が行われました。

 

8月31日(木)

最終日は世界遺産にも登録された宮島(厳島神社)見学をしました。有名な神社と鹿がたくさんいるという情報から研修生も広島に行く前から楽しみにしていた場所でもあります。

フェリーで宮島に向かうのに、フェリーが初めてだという研修生もいました。潮が引いた状態の時に到着したため、大鳥居まで歩いていくことができました。鹿を間近で見ることができ、「かわいい、かわいい」と鹿に近づいて触る研修生もいました。

IMG_1473 IMG_1483

お昼には、広島名物「広島風お好み焼き」を食べ、食べたことのない料理においしいと笑顔いっぱいでした。

IMG_1523

2日間の研修を終え、十分に楽しめた部分と平和学習としてしっかりと勉強した部分がありました。また、普段触れ合うことのない中部日本研修センターの研修生と一緒に回り、お互いの交流としてもいい機会となりました。同じ国同士は成長をくらべあったり、またそれぞれのセンターでの研修について教えあったり、これからの研修を頑張る気持ちを高めあうことができました。

お世話になった皆様、本当にありがとうございました!!

IMG_1528

8/16・17・19 アイパル香川交流会

8月16・17・19日の3日間に渡って、香川県の国際交流協会が主催する交流会に研修生と参加いたしました。この交流会は高校生を対象とする国際理解プログラムの一環で、今回は様々な国から日本へきて研修をしているオイスカの研修生との交流を目的として行われました。

8月16日(水)

初日はアイパル香川にて、研修生の国の紹介やグループ対抗ゲーム、国の踊りを行いました。

DSC_0461  DSC_0475
国ついて紹介。     国についてのクイズも行われました。

DSC_0496

クイズの中には”タナカ”(木)を使う国についての問題があり、高校生にすったタナカを顔に塗る体験してもらう場面も。さあて、タナカを使う国はどこでしょう??答えは一番最後で!!

DSC_0509            DSC_0538

グループ対抗お絵かき伝言。うまく描けるかな。 お互いの絵を見比べて大盛り上がり。

DSC_0579  DSC_0599  DSC_0600

フィリピンのダンス。   ミャンマーのダンス。

ミャンマーのダンスは会場全体、高校生も一緒に踊りました。

 

8月17日(木)

2日目は、オイスカ四国センターでの研修となり、農作業、養鶏、食品加工を体験してもらいました。普段したことのない作業ばかりだったため、高校生はかなり大変だったようでした。研修生が先生となり、高校生に教える場面がたくさんありました。

☆農作業体験★

DSC_0622田んぼの草取り。高校生は裸足で田んぼに初挑戦でした。

DSC_0012土入れをして、播種を行いました。一つ一つ丁寧に入れる作業にかなり集中していました。

DSC_0067ボカシを入れる作業をしました。ボカシの匂いに…。ガンバレー!

 

☆養鶏★

DSC_0043卵集めをしました。鶏を怖がりながらも卵を集めていました。

DSC_0094鶏に餌やりをしました。餌をあげたらすぐに鶏が顔を出します。

☆食品加工★

DSC_0026フィリピンのお菓子『ポト』を作りました。混ぜるのに力がいります。

DSC_0052マレーシアのお菓子『クイリダ』を作りました。

☆交流★

DSC_0123今日自分たちで作ったお菓子をみんなで食べました。

DSC_0143自分たちで作ったお菓子はおいしいと話が弾みます。

 

8月19日(土)

交流最終日、アイパル香川にて研修生にインタビュー、発表とゲーム、国の踊り披露を行いました。

DSC_0160 DSC_0164研修生に国の問題、その解決方法、日本での暮らし、将来の夢などをインタビューしました。

DSC_0172 DSC_0194各グループごとに模造紙にインタビュー内容を書き、発表を行いました。

DSC_0248ゲームでは共通点探しをし、どのグループが一番見つけられるかを競いました。

DSC_0266マレーシアのダンス。 DSC_0284フィジーのダンスをみんなで。

最終日ということで、研修生と高校生もかなり打ち解けておりフリートークの時は話が尽きない様子でした。高校生にとっては、経験したことのない作業もあり、いい経験になったや国際交流に興味を持ったなどの感想を聞くことができました。研修生にとっても歳が近い高校生との交流は普段の交流とは違い、リラックスした様子でした。その中で自分の国との共通点や違いなど発見も多かったようです。内容が難しいところもありましたが、三日間に渡って高校生、研修生にとってよりよい国際交流になりました。

DSC_0289

8/27 あやがわサマーフェスティバルに参加

8月27日(日)綾川町で行われたあやがわサマーフェスティバルに出店しました。

マレーシアのお菓子”クイ リダ”と”カリポップ”と”マゾラクッキー”、そしてセンター加工品のジャムを販売いたしました。今年のメインはカレー味のさつまいも餡をつつんだ”カリポップ”!!揚げたてサクサクの皮の中には、ピリッと甘い餡。子どもも大人も大好きな味です。

開始まもなくは、なかなかお客さんが来ない状況でしたが、カリポップを現地で揚げたり呼び込みの成果もあり、だんだんとお客さんも増えていきました。19時半頃にはジャム以外の商品を完売することができました。

21時からは1860発の花火も上がり、駆け付けた研修生もその迫力に驚き、きれいな花火に感動していました。おそらく日本で見る最後の花火に、研修生も盛り上がっていました。

8/26 ワールドフェスタ2017in四国Cスタ丸亀ブース出展

8月26日(土)丸亀で行われたワールドフェスタにはじめてブース出展しました。

四国には、プロ野球の四国アイランドリーグplusがあり、香川県からは香川オリーブガイナーズというチームが所属しています。今回はこの四国リーグの試合とのコラボ企画として、来場者へ国際交流の機会を提供しようという目的でワールドフェスタが開催されました。
四国研修センターからは、マレーシアのお菓子”クイリダ”、センター加工品のジャム、モンゴルのスリッパなどを販売いたしました。あいにく研修生は別の予定と重なってしまったため、職員のみでの販売になりましたが、出展中、対戦相手の徳島インディゴソックスのマスコット”ミスターインディー”がオイスカPRをしてくれるという嬉しい出来事がありました。徳島でのオイスカの活動を知っていてくれたのでしょうか?!対戦相手ですが四国を盛り上げていこうという気持ちに、後半からは両チームを応援してしましました。

IMG_0079 IMG_0101

今回が初めての出展でしたが、今後また機会があればこうした地域と密着するイベントに参加していきたいと思っています。