OISCA

四国支部

文字サイズの変更

オイスカホームページトップへ

        

HOME > 「子供の森」計画サポート古本ご寄贈ありがとうございます

四国支部事務局の池田です。

オイスカ高松推進協議会(松野誠寛会長)では年間を通じて「子供の森」計画サポート
古本回収活動に取り組んでいますが、年末や年度末など多くの方が整理や大掃除など
行う時期には役員が中心となり「子供の森」計画お助け隊を組織して、会員企業や
支援団体などに協力を呼び掛けており、3年続けて今年もJR四国(泉雅文会長)様から
12月27日に古本を寄贈いただきました。(昨年は☞ http://www.oisca.org/shikoku/3567

1

 

当日は、同社を訪問されていた四国電力㈱佐伯勇人会長(オイスカ評議員)と長井啓介社長にも
「子供の森」計画2020年カレンダーを贈呈させていただき、古本や中古CD等を回収・換金して
「子供の森」計画の活動に充てていることを知っていただきました。

【「子供の森」計画ワークキャンプ(ミャンマー)】

【「子供の森」計画ワークキャンプ(ミャンマー)】

【「子供の森」計画報告会(東京)】

【「子供の森」計画報告会(東京)】

 

今回のカレンダーもオイスカらしさが感じられるそう(☞ http://www.oisca.org/shikoku/6220 )で、
嬉しく思うとともに、SDGs達成へ貢献する「子供の森」計画に多くの方から支援協力いただける
ように、来年も広報活動など取り組みを進めたいと考えています。

45

 

来年2020年は東京オリンピック・パラリンピックが開催されますが、前回1964年の大会では、
その開催に合わせて東海道新幹線(東京~新大阪間)が開通し、日本の経済発展に大きく
貢献するとともに斜陽産業と呼ばれていた世界各国の鉄道に新時代をもたらしました。日本では
現在、北海道から鹿児島まで路線が拡大。まさに日本列島の大動脈となり「新幹線のない生活は
考えられない」と言っても過言ではないと思いますが、「新幹線の生みの親」と呼ばれている
十河信二第4代国鉄総裁の出身地(愛媛県新居浜市)である四国には、まだ新幹線がなく実現が
期待されています。

678910

 

日本内外から多くの方に新幹線で四国へ来ていただき、各地を訪ねて四国の魅力を満喫して
くださる日が一日も早く来ることを願っています。

皆さま今年一年ありがとうございました。よいお年をお迎えください。
来年も宜しくお願いします。

 

最新投稿NEWS

検索
月別アーカイブ
カテゴリ
最新情報配信(RSS)
お問い合わせ

〒760-0017
香川県高松市番町2-17-15
第2讃機ビル2F

TEL: 087-821-1503
FAX: 087-821-1536

e-mail: oiscashikoku@mc.pikara.ne.jp