OISCA

四国支部

文字サイズの変更

オイスカホームページトップへ

HOME > アーカイブ

月間アーカイブ: 2019年2月

大阪マラソン2019エントリーは4月5日から

 四国支部事務局の池田です。

大阪マラソン2018(11月25日)から三ヶ月余り☞ http://www.oisca.org/shikoku/3356
一生に一度の記念と思い注文していたメモリアルフレームが届いたので飾ってみました。
12345

 

あれから全く走ってませんが(笑)こうして形にしてみると完走後の爽快感&達成感が蘇ります!
と、ここまで書いたところで本部から今年の大阪マラソン2019にも寄付先団体として選ばれた
との知らせがっ!☞ http://www.oisca.org/kaiganrin/blog/?p=22955
開催日は12月1日(日)、フルマラソンのみとなり参加定員数が30,000人から32,000人に、
その内チャリティランナー募集予定人数は前回600人から1,000人に拡大されるそうです。
更に新コースへ変更され、大阪府庁前を北向きにスタート。従来の中央公会堂、御堂筋、
京セラドーム大阪等に加えて、造幣局やあべのハルカス、四天王寺、大阪ビジネスパークなど
大阪の名所を巡るコースとなり、フィニッシュは今までのインテックス大阪(住之江区)から
大阪城公園に変更して、大阪市の中心部で競技を終える「セントラルフィニッシュ」を
実現したコースとなるため、エントリー倍率が上がりそうとか…。

チャリティランナー募集期間は4月5日(金)10時から8月30日(金)17時までの予定です。
大勢のご参加お待ちしています。
6789

木育活動を通して日本を元気に -地域の課題を木育で解決する-

 四国支部事務局の池田です。

2月16日(土)、第6回木育サミットin徳島が、あわぎんホール(徳島県郷土文化会館)で開催され、
本部の長野純子国内環境事業担当課長が、事例発表‐協働の力でつなぐ「森と都市の暮らし」‐
を行いました。
1⑤24

③67

 

 2014年から認定NPO法人芸術と遊び創造協会(多田千尋東京おもちゃ美術館館長)等の
主催により、これまで東京(4回)と長野県(1回)で開催されてきましたが、西日本地区初
しかも自治体(徳島県)との共催も初めてとのことで、沖縄県ほか日本各地から子育て
支援団体など保育・教育関係者や林業、行政・自治体首長が参加されており、初参加の
私でも木育活動が着実に広がっていることを実感しました。

この「木育」という言葉ですが、2004年に北海道で生まれた言葉で、木を子育てに取り入れる
ことによって、子どもの心を豊かに育もうという活動で、2006年には「森林・林業基本計画」の
中で閣議決定され、これを受けて林野庁では木育を推進するための委員会設置や指導者養成を
進めてきたそうです。

 オイスカは、海外においては植林活動や「子供の森」計画を通じて緑化・環境教育活動を
行っていますが、日本においては手入れがされず不健康な木が多くなっている森の現状を
知ってもらう啓発活動や森林整備活動等に企業や団体と協働で取り組んでいます。
その活動の一つが、「森のつみ木広場」や「赤ちゃん木育広場」で、一年間に120回ほど
各地で開催(四国では約10回)しています。
⑧

 

今回のサミットには共催者の徳島県からは飯泉嘉門知事が出席、また林野庁からは
牧元幸司長官が出席され、「地域材を活用した木育や木づかい運動等が拡大すること
により、地域の木材を積極的に使っていく機運が高まり、先人たちが守ってきた豊かな
森林を次世代へ継承されることを期待したい」など基調講演を行われました。
更にクロージングセレモニーでは、日本国内の森林が抱える課題解決に立ち向かい
国際社会においても責任を果たすべく、とくしま木育共同宣言が発表され、関係者の
熱意と期待を感じました。
11
9⑫⑩

 

「山の人にとっても都会の人にとっても「森は宝もの」と言える社会にしたい。」
長野課長の発言のように、四国でも コツコツ取組んでいきたいと思います 。

CFP(「子供の森」計画)グリーティングカードをご紹介します⑤

2月も半ばを過ぎたある日、おそらくいろいろな場所を経由して、
やっと日本に辿り着いたグリーティングカードが四国支部へ届きました。
「え、今頃?」と思いつつも、封筒を開けてみると、中からは真っ赤な
カードが現れてきました。さすがパプアニューギニア! なぜそう思って
しまったのか…それはこちらをご覧ください。
http://www.oisca.org/blog/?p=18973
1

 2017年、パプアニューギニアのラバウル・エコテック研修センターは
設立30年を迎え、記念行事を開催。四国支部からも12名の会員が参加
しました。その時の体験がパプアニューギニア愛を一気に盛り上げ、
昨年、参加者のお一人が、「オイスカ研修生招聘プロジェクト」を立ち上げ
ました。詳細は改めてお知らせしますので乞うご期待。
ということで、四国支部では、赤いカードに応えるべく、熱い想いで
今年もパプアニューギニアを応援してまいります!

3 2

住村勢一様を偲んで

四国支部事務局の池田です。

1月28日、元オイスカ開発団員でありオイスカ徳島県支局(現オイスカ徳島県推進協議会)
常任幹事として組織の拡充・発展等にも活躍された住村勢一様(小松島市)が逝去されました。94歳。

生家の漁業を手伝いながら国鉄に機関士として勤務するかたわら、オイスカ創設者中野與之介翁の
唱えに共鳴し53歳の時にオイスカ初の漁業開発団員としてマレーシア・サバ州に赴任され、漁村の
青少年達へ二年余り技術指導を行われました(その後、漁業訓練センターは現地に移管)。

1

 

帰国後は、徳島県での会員増強や「子供の森」計画支援者の獲得に尽力されたほか、
人情味あふれるお人柄が国内各地で活動に取り組む多くの方々から慕われていました。
葬儀に際しては、 「オイスカの国際協力でも大変な功労者で私利私欲のなかった方だったと
記憶しております。」 「サバ州で大変お世話になりました。不便な中でのご活躍の様子が、
今でも目に浮かびます。」 「いろいろなお話を伺いました。また、味噌作りが大変お上手で、
とても美味しかったです。今は  懐かしい思い出だけです。時の流れとは言え寂しいですが
負けないよう努力してまいります。」 など数々の哀悼メッセージが寄せられました。
私が初めて住村様にお会いしたのは25年ほど前のことですが、お会いして挨拶する度に、
柔和な笑顔と少し甲高い声で返ってくる「どちらいか」という阿波弁が心に残っており、
時に優しく時に厳しく、折々にご教示ご指導いただきました。
長年にわたるご功績に深く感謝し、謹んでご冥福をお祈りいたします。有り難うございました。

234

※「どちらいか」は、「どちらへおっしゃることですか」が語源で「誰に向かってそんな丁寧な
ことを言うの」「感謝されたものの、私の方が感謝すべき」という感覚の阿波弁。

終了しました!【お知らせ】「オイスカチャリティゴルフコンペ」開催のご案内

     平成31年1月吉日
主催  (公財)オイスカ 四国支部 会長 石井 淑雄
主管 オイスカ坂出推進協議会 会長 森崎 敏彦

「オイスカチャリティゴルフコンペ」開催のご案内

謹啓、厳寒の候、皆様にはご清祥のこととお慶び申し上げます。

平素はオイスカ活動に対しましてご支援、ご理解を賜りまして厚くお礼申し上げます。

公益財団法人オイスカ四国支部では主要活動と致しまして国内では「山・林・SUN体験植林」、
東日本海岸林再生プロジェクト、又、四国研修センター並びに研修生支援、海外では「インド
ネシア植林」など積極的に取り組み成果を上げているところでございます。
これらの活動を資金面から支援し、併せましてオイスカ活動の啓発、普及を図るためにチャリティ
ゴルフコンペを開催致しております。皆様方の温かいご協力の賜物と深く感謝いたします。
この度もオイスカ坂出推進協議会が主管となり下記要領で開催する運びとなりました。
お誘い合わせの上、是非ご参加下さいます様ご案内方々お願い申し上げます。ご参加頂けます
場合は、お手数ではございますが申込書をFAXまたは郵送にてオイスカ坂出推進協議会まで
ご送付くださいます様お願い申し上げます。

謹言

 

1.  日時  
 平成 31年 3 月 22 日 (金) 集合 午前9時 スタート 午前 9 時 30 分

※注意 ショットガンスタートになりますので集合時間厳守でおねがいします。

2.  場所

 
 高松カントリークラブ TEL 0877-46-5555

 住所 坂出市西庄町城山 1625 – 15 

3.  参加費

 
 ♦¥ 4,000 当日プレー費・弁当代と共に高松CCにて徴収させて頂きます。

 ♦高松CCの好意により特別割引料金
  ¥ 6,260 (キャディなし)、¥ 8,850 (キャディ付)となっております。

 ♦弁当とお茶は¥ 700 にて準備いたしますが、個人負担です。

4.  競技方法  
 ①ショットガンスタートします。

 ②高松CCローカルルール適用 6インチリプレース
 ③変則ダブルペリア方式にて実施(年齢上位とします)

5.  チャリティ  
 ショートホール1番17番でワンオンしなかった場合は、

 ドネーションとして¥500徴収させて頂きますので小銭を用意下さい。

6.  表彰式  
 競技終了後2階食堂にて表彰式を行いますのでご参加ください。

7.  申込締切日  
 平成 31 年 3 月 8 日(金)

8.  申込先

 
 主管 オイスカ坂出推進協議会 坂出市江尻町1721-10 (株)石井内

 TEL 0877-45-0141 FAX 0877-45-0117 担当 薦田

 主催 オイスカ 四国支部 高松市番町2-17-15 第二讃機ビル内
 TEL 087-821-1503 FAX 087-821-1536 担当 河﨑事務局長


申込書

最新投稿NEWS

検索
月別アーカイブ
カテゴリ
最新情報配信(RSS)
お問い合わせ

〒760-0017
香川県高松市番町2-17-15
第2讃機ビル2F

TEL: 087-821-1503
FAX: 087-821-1536

e-mail: oiscashikoku@mc.pikara.ne.jp