OISCA

四国支部

文字サイズの変更

オイスカホームページトップへ

HOME > アーカイブ

月間アーカイブ: 2019年3月

メキシコ研修生から考える事~1993年オイスカ誌からの助言~

四国支部事務局の廣野です。

昨年度(1名)に続き、今年度もメキシコから2名の研修生がやってきました。

メキシコ研修生受け入れの歴史はまだ短く、2015年1月に愛知県豊田市で
開催されたオイスカ・インターナショナルの国際理事会に出席した、
メキシコ総局のホセ・マーチン・アテラ・エチェバリア会長の強い希望により
実現したもの(http://www.oisca.org/news/?p=7552)で、同年、
中部日本研修センターで三ヵ月間受け入したことが最初でした。

半世紀以上の歴史の中、発展途上国から多数の研修生を受け入れてきた
オイスカですが、今後、メキシコとも強い絆が結ばれていくことを願って
います。昨年度のビオレタさんに引き続き、今年の研修生達もメキシコと
日本の架け橋となってくれることを期待せずにはおれません。

【ビオレタ帰国後に復学した大学の月刊誌表紙】

2

 

 

偶然、昔のオイスカ誌(1993年6月号)を目にしたのですが、そこで、
「世銀からみた国際社会 山口健治」、という記事を読みました。

文中には「経済協力とか援助というものにも、それぞれの国威発揚のため
先進国間の競争があるのであって、被援助国は当然のことながら、自分が
最も好ましいと思う相手を選択し、または最も望ましいと思う国に優先権を
与えることができるのである」と書かれてあります。

これに当てはめて考えると、オイスカは世界にたくさんある国際協力団体の中から
選ばれたことになります。
これは言うまでもなく、先人たちの努力と功績のお陰であり、次世代により良い
方向へ繋げるため、研修生とともに前進していきたいと思いました。
34

2019年度研修生入所式・歓迎会に参加しました

四国支部事務局の廣野です。

3月9日(土)、研修生を歓迎するかのような晴天のもと、入所式が行われました。

代表挨拶はモンゴルのナバさんです。日本語がまだ上手く話せないながらも、
大勢の前で堂々と挨拶していました。

歓迎会では、メキシコ研修生2名がオレンジや赤の鮮やかな衣装をひらひら
させながら舞う姿がとても新鮮で、研修生と出席者、ともに盛り上がりました。
これから、十ヶ月ないし二年間の研修生活が始まります。
皆様、ご指導ご支援よろしくお願いいたします。
45

1

グリーンウェイブ2019 in 尾の瀬山「オイスカ憩いの森」

 四国支部事務局の池田です。

2019年も、3月1日からグリーンウェイブが始まったことを受けて3月11日、
尾の瀬山「オイスカ憩いの森」ヤマザクラ植林地で草刈を行いました。
急斜面で草刈機は使えなかったため鎌と鉈を使っての作業でしたが、
2~3メートルくらいに成長した樹々を確認できました。
12

 

 オイスカが基本協約を結んでいる国連生物多様性条約事務局は、国連が定める
国際生物多様性の日(5月22日)に、世界各地の子ども達が学校や地域等で植樹等を
行う「グリーンウェイブ」への参加を呼び掛けており、日本では3月1日から
6月15日までがグリーンウェイブ活動期間です。

今年も世界各地のオイスカネットワークを通じ、地域や地球全体の生物多様性の
保全に取組む予定です。
ご参加よろしくお願いいたします。担当者より☞ http://www.oisca.org/blog/?p=10205
3 

「タイ・北部生計向上プロジェクト」視察報告記⑤お礼編

 四国支部事務局の池田です。

視察ツアー5日め、いよいよチェンライ空港でオイスカタイのスタッフとお別れの時を迎えました(涙)。
12

 

 振り返れば今回の視察ツアーでも多くのスタッフに大変お世話になり、また、
四国研修センターOB3名にも会うことが出来て、オイスカの貴重な人の和を感じました。
何物にも代え難い宝です。ありがとうございました。
34

DSC_0383

678

 

 

 このチーム・オイスカタイの原動力だった見原アイサ事務局長は残念ながら2016年
お亡くなりになりましたが、その熱い想いはスタッフに引き継がれ、タイ各地の現場で
実践されています。今回の視察では、その点も確認でき大いに刺激を受けました。
オイスカタイの皆様また会いましょう!コープクン クラップ。スースー!!(了)
91110-3

「タイ・北部生計向上プロジェクト」視察報告記⑤おまけ編

 四国支部事務局の池田です。

視察ツアー5日め、夜の日本帰国に備えて午前中チェンライからバンコクへ飛行機で
移動しましたが、その前に少し、おまけ編です。
 先ずはナイトバザール。ちょうど春節(中華圏の正月)の時季だったこともあり、
大勢の観光客で賑わっていて、タイミング良く北部タイに伝わる民族舞踊ショー
(入場無料)を観覧でき束の間、異国情緒を満喫しました。
1234

 

続いてはホテル。ラオスとの国境に面する町チェンコンでは8年前と同じくナムコン
リバーサイドホテルに一泊しましたが変わらず快適なホテルで、彼の地を訪れる
機会ありましたら是非ご宿泊を!(但しバスタブは無し)
56

 

このホテルが気に入ったのは、メコン川越しにラオスが望め、特に朝は日の出前後の
景色が素晴らしいこと。
朝靄の中で投網漁をしている幻想的な光景やオープンデッキでモーニングコーヒーなど
飲みながら拝む朝日など、暫し日常を忘れさせてくれる時間は何とも心地よく、周辺の
散歩もオススメです。(続く)
7891011

「タイ・北部生計向上プロジェクト」視察報告記④ゴールデントライアングル編

 四国支部事務局の池田です。

視察ツアー4日め、無事に主な視察が終わり、タイ・ラオス・ミャンマーの3ヵ国が
メコン川で接するゴールデントライアングル(黄金の三角地帯)へ。かつては世界最大の
麻薬・覚せい剤密造地帯のひとつとして知られたエリアですが、現在は経済成長や
取締強化により治安が良くなって観光客も立ち入れ、同じく8年ぶり再訪。

今回は、スタッフの提案によりメコン川クルーズを行い、日本人には馴染み薄い「国境」を感じました。
12345

 

全長約4,200km、中国・ミャンマー・ラオス・タイ・カンボジア・ベトナムの6ヵ国を
流れる東南アジア最長の大河メコン川は相変わらず濁っていましたが、タイ側の金色の
大仏像とラオス側の建築中の巨大ビル群が、深く印象に残るメコン川クルーズでした。(続く)
76
89

「タイ・北部生計向上プロジェクト」視察報告記④富山県支部植林地編

 四国支部事務局の池田です。

視察ツアー4日め、ホイエン村N連事業植林地の近くに、富山県支部が2010年8月に
地元住民や子ども達とチークなど植林した場所があり、その時に参加させていただいた
者として成長を確認しておきたいというのも、今回タイ北部を再訪した目的の一つでした。12

 

植林した8月は雨季で時折雨が激しく降る中、総勢100人くらいで一人30本くらい
植えたように記憶していますが、写真を並べてみると判るとおり木々は大きく成長して
メコン川を見渡せる範囲が小さくなっています。
(水量が少ないのは2月は乾季ということに加えて、上流の中国に大きなダムが二つ
完成し流量を調整しているからだそうです。)
そして、植林地に入ってみると・・・。20ⅿくらいに成長して落ち葉がビッシリ。
風が心地よく吹き抜け、熱帯の厳しい日射を遮って出来た木陰には、コーヒーの苗木が
植えられており、植林プロジェクトの成果と発展を確認。とても嬉しく思いました。

3456

 

以前は山火事が発生しても「自然のコト」と思い何もしなかった住民達ですが、
現在は消火活動に率先して駆け付けるようになっているそうで、確実に意識が
変わったと担当者から聞くことも出来ました。
数年後に再訪し皆さんと美味しいコーヒーを飲みたいものです(続く)78910

「タイ・北部生計向上プロジェクト」視察報告記③ホイエン村編

 四国支部事務局の池田です。

視察ツアー3日め、「子供の森」計画支援校ポーンナムロ-ン小・中学校で昼食をいただいた後は
N連事業実施地の一つホイエン村の視察です。
12

 

この村では、焼畑農業等で荒廃してしまった山地への新規植林を通じた森林再生・保全活動を中心に、
養蜂・養豚・育牛等の収入向上活動に加え、水供給・浄化装置の設置を行い安心・安全な水へのアクセス
確保等を通じて、生活の質を高めるプロジェクトを実施していることが確認できました。
3456

 

また、同村の住民達と一緒に育苗用ポットへの土詰め作業も行い、作業の一端を体験しながら交流する
ことも出来て、プロジェクトへの理解を深める貴重な機会となりました。

詳細はコチラご覧ください。
https://ameblo.jp/oiscathai/entry-12440068293.html (続く)
789

「タイ・北部生計向上プロジェクト」視察報告記③ポーンナムローン小・中学校編

 四国支部事務局の池田です。

視察ツアー3日め、午前中はラオスとの国境近くまで北上して、昨年から
「子供の森」計画支援校として活動しているポーンナムロ-ン小・中学校を
訪問して生徒達と交流しました。
12

 主に対応してくれたのは中学生でしたが、初めて日本人グループを受け入れるとは
思わせない堂々とした態度で、防火帯づくりや消火活動などデモンストレーションを
披露してくれ、その後は記念植樹を行いました。

345

この学校で昼食をいただいたのですが、一生懸命に頑張って対応してくれた
生徒達に何とも嬉しいご褒美が!詳細はコチラご覧ください。
https://ameblo.jp/oiscathai/entry-12440061837.html
(続く)

89

「タイ・北部生計向上プロジェクト」視察報告記②パボン小学校編

 四国支部事務局の池田です。

視察ツアー2日め、パボン村を視察した後は、同村のパボン小学校を訪問して
児童達との交流です。
12

この小学校は、山岳民族の児童100名余りが通う小学校で、全員が親元を離れて
寮生活しているそうで、息の合ったダンスや伝統楽器の演奏を披露してくれ、
その後は皆で折り紙や長縄跳びを行い交流しました。

34

 

また、同校は「子供の森」計画の初期支援校でもあり、子ども達の放課後の活動が
非常に盛んで今では数々の賞を受賞しているそうですが、「子供の森」計画に
参加する前は木がなく、子ども達が外で遊んだり休んだりする場所もなかった
そうです。「植林して20年以上が経ち大きく成長した木々は、子ども達にとって
誇りにもなっています。また、寮生活での食事に使うため有機農業にも取り組んで
野菜を栽培しており、環境キャンプやリサイクル活動にも子ども達は積極的です。」
とスタッフから聞き、まさに「継続は力」を実感した訪問でした。オイスカ・タイの
活動理念「人々の心に木を植える‐Planting trees in people’s heart」を確認でき
嬉しかったです。(続く)
56

最新投稿NEWS

検索
月別アーカイブ
カテゴリ
最新情報配信(RSS)
お問い合わせ

〒760-0017
香川県高松市番町2-17-15
第2讃機ビル2F

TEL: 087-821-1503
FAX: 087-821-1536

e-mail: oiscashikoku@mc.pikara.ne.jp