OISCA

四国支部

文字サイズの変更

オイスカホームページトップへ

HOME > アーカイブ

月間アーカイブ: 2019年9月

感動!たくましい生命!!

 四国支部事務局の池田です。

平成23年~平成27年の五年間、ヤマザクラ7,500本を植えた香川県まんのう町の尾の瀬山では

生長具合を見ながら継続して下草刈り活動を行っていますが、11月10日(日)に予定している

「山・林・SUN体験」ボランティア活動の準備のため初年度植栽地で下草刈りを行なおうとして

作業道の入り口に立った先日、ふと足元を見ると…。

写真のOISCA帽子の下ですが、熱心なブログ読者の皆様は、何だかお分かりになると思います!

そうです!!コチラ☞ http://www.oisca.org/kaiganrin/blog/?p=18398

岩と岩の間から芽を出し真っすぐ伸びている姿に生命の神秘を感じながら草刈りを終えました。

134

256

 

 

【ご報告】オイスカの夕べ 開催報告

オイスカ綾川推進協議会(大方義裕会長)とオイスカ四国研修センター(小野隆所長)は9月7日(土)
18時~、新入会員や一般の方なども参加した勉強会「オイスカの夕べ」を開催しました。

 先ず、大方会長から四国研修センターの地元会員組織として様々な啓発活動を実施することに
よりオイスカの人材育成事業を支え、更に発展充実させるため会員増強にも力を入れて取組んで
いることなど開会挨拶があり、続いて、小野所長から研修生6名の紹介などが行われました。

12

 

 次に、オイスカ四国支部事務局から1961年設立の経緯と沿革や事業概要、会費使途などに
ついて説明があり、マレーシアとモンゴルの研修生から各国についての発表が行われました。

3

4

 5
 

 最後は、懇親茶話会。研修生達の国の手作お菓子なども食べながらオイスカ理解を深めて
いただき、マレーシアのサバダンスを全員で踊り閉会となりました。皆様ありがとうございました。

78

 

なお、同協議会では視察ツアー参加者募集中☞ http://www.oisca.org/shikoku/5043 です。

丸亀市民学級「世界を知ろう」②

 四国支部事務局の池田です。

9月7日(土)、丸亀市民学級「世界を知ろう」で、ミャンマー研修生マテと講話を行いました。

前回8月3日(土)はタイとベトナムについて(☞ http://www.oisca.org/shikoku/5151 )でしたが、
1 2 3

 

私からは東かがわ市歴史民俗資料館で特別展が開催されている樋端久利雄(といばなくりお)
海軍大佐に触れながら、パプアニューギニアの概要やオイスカ活動など紹介させていただきました。

66

 5
 

「ゲゲゲの鬼太郎」ほか妖怪漫画で有名な水木しげるさん(陸軍兵として同国ラバウルに出征)が
大好きな方やオイスカを支援協力いただいているコスモエネルギーホールディングス(同社HP☞
https://ceh.cosmo-oil.co.jp/press/p_190227/index.html )に勤務していた方も参加されており
皆さま熱心に聴いてくださいました。また、マテからはミャンマーの国情や国民性などについて
話しましたが、民族衣装やタナカ(日焼け止めとしても使われる同国の伝統的な天然の化粧品)に
皆さま興味津々で、終了後に写真を撮る方もいらっしゃり本人も嬉しそうでした。

78

9

 

丸亀市民学級の皆さま、そして事務局の方々ありがとうございました。
ご都合が許せば、10月14日(月・祝)かがわ国際フェスタ(☞ http://www.oisca.org/shikoku/5331 )
お越しください。

Self-reliance~耕して天に至る~

 四国支部事務局の池田です。

SDGs(2015年の国連サミットで採択された地球規模で持続可能な社会を目指す行動計画)という
言葉を皆様ご存知でしょうか?最近は四国でも活動に取り組む企業や団体を耳にするようになり
9月9日(月)愛媛県での勉強会(☞http://www.ecpr.or.jp/study_sdgs/)に参加しましたが、少し時間
あったので以前から興味あった場所を訪ねてみました。それがコチラ!

1

 

宇和島市の遊子水荷浦(ゆすみずがうら)という集落ですが、人家の裏山に全く木の生えていない
所が多く不思議に思いながら近付いてみると…。

23

 

幅・高さとも1メートルほどの石垣が遥か山頂まで続く「耕して天に至る」と形容される段々畑
で、急峻な山の斜面を集落の人々が苦労して切り拓いてこられた歴史の重みと壮観な造形の美に
圧倒されました。この水荷浦の段畑(だんばた)は、眼前に広がる宇和海の美しさも相まって正に
絶景で、「日本農村百景」や全国で3例目の「国の重要文化的景観」などに選定されています。

4 5

 

「天と地と海のはざまに生きる」と記されたパンフレットには半農半漁だった水荷浦の歴史が
紹介されており、「魚付き林」や「養蚕」などオイスカも馴染みある言葉を見ることが出来ます。

6

 

・魚付き保安林☞ http://www.oisca.org/kaiganrin/blog/?p=16245

・ネグロス養蚕☞ http://www.oisca.org/blog/?p=27805

7

 

30度を超える急傾斜地に開墾された段畑と眼前に広がる紺碧の海に浮かぶ無数の養殖イカダから
近世より現在に至るまで営まれ続けている半農半漁の生活を知り、陸からも海からも感じられる
懸命に働く人々の姿に、オイスカ流ひとづくり「自助自立」が重なりました。

森づくりプロジェクト進行中!

四国支部事務局の池田です。

厳しい残暑の続く9月ですが、森づくりプロジェクト近況を紹介させていただきます。

 9月5日(木)、香川県まんのう町尾の瀬山ヤマザクラ植林地「オイスカ憩いの森」で
四国研修センター研修生による下草刈りが行われました。
今回の活動地は急峻な斜面のため草刈り機ではなく手鎌を使って行われましたが無事に
終わり、山頂の尾の瀬神社からの眺望を楽しみました。

1 2

3

 

 9月8日(日)、愛媛県松山市忽那山サクラ植林地「Mt.LOVE10」で会員や支援者による
下刈りが行われました。前回7月の下刈り(☞ http://www.oisca.org/shikoku/4977 )から
二ヵ月が経ち、葛がビッシリ生い茂る中、参加者みな汗ビッショリになりながら二時間余り
活動し、山頂からは松山空港に離発着する飛行機や伊予灘の島々など見ることが出来て、
達成感を覚えました。

4

5

6

 

 

 

 

 

 

 

 森づくりは木を植えた後の適切な管理が
大切で、それぞれの次回活動は11月に
予定されています。
詳細が決まり次第、支部ホームページ
他で案内させていただきますので、
是非ご参加くださ い。
地域に密着したオイスカ活動への参加
協力、どうぞよろしくお願いいたします。

7

 

終了しました!【お知らせ】かがわ国際フェスタ2019 10月14日(月) 開催

かがわ国際フェスタ2019
ーKagawa International Festival 2019ー

 

日時:10月14日(月) 10:00~16:00

場所:アイパル香川

入場無料

1階では、四国研修センターの研修生による手作りお菓子を販売。
3階では、オイスカ高松推進協議会が国内外におけるオイスカ活動を紹介します。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

香川国際フェスタ1香川国際フェスタ2

最新投稿NEWS

検索
月別アーカイブ
カテゴリ
最新情報配信(RSS)
お問い合わせ

〒760-0017
香川県高松市番町2-17-15
第2讃機ビル2F

TEL: 087-821-1503
FAX: 087-821-1536

e-mail: oiscashikoku@mc.pikara.ne.jp