OISCA

四国支部

文字サイズの変更

オイスカホームページトップへ

HOME > アーカイブ

月間アーカイブ: 2020年3月

チャリティゴルフ大会開催報告

3月27日(金)、オイスカ坂出推進協議会(森﨑敏彦会長)が主管する第28回チャリティゴルフ
大会(宮﨑博文実行委員長)が髙松カントリークラブ(香川県坂出市城山)において開催されました。

123

 

年度末にも関わらず、39組145名の会員や支援者に参加いただき、雨の天気予報を覆そう
との願いが天に通じたようで途中には太陽が現れる天気となり、最後まで無事に開催できました。
各組とも和気藹々とプレーを楽しんでおられ、参加賞や各賞賞品にもご満足いただけたように
思います。

456

 

ご参加いただいた皆様、そして、ご協賛いただいた企業28社様、チャリティゴルフ大会実行
委員会の皆様に厚く御礼申し上げます。

開催協力、およびチャリティ募金ご支援ありがとうございました。(四国支部事務局 池田)

78

 

 

出逢いを大切に①

 四国支部事務局の池田です。

岐阜県支部を長年にわたり事務局として支えてこられたOご夫妻が退職予定と知り
今までの御礼あいさつに伺いました(事の詳細は改めて後日お報せします)が、かつて
四国研修センターに職員として勤務していた横江克也さん&晴菜さん夫妻が営む
「てくてく農園」自慢の卵から作る特製マヨネーズとロールケーキを買い求め2人と
子供が暮らす愛知県豊田市の山間部を訪ねました。

12

 

 横江さん家族が暮らすのは豊田市でも岐阜県や長野県に近い旭地区で、2人の
出身地ではありませんが縁あって2011年に移住。約10年が経つ現在では2人の
子宝に恵まれ、克也さんは地区の産土を祀る神社の神主も務め晴菜さんは地区の
皆様に可愛がられ、農場の名称「てくてく」をマイペースで体現している様子は
「自助自立:self-reliance」を標榜しているOISCAにとって、とても良い見本の
ように感じました☞ http://www.hm.aitai.ne.jp/~yokoe/jikosyoukai.html

愛知県豊田市と云えばオイスカ中部日本研修センターの卵もオススメですが横江夫妻の
暮らしぶりは地元タウン誌(株式会社こいけやクリエイト発行フリーペーパー)人生を耕す
ためのライフスタイルマガジン「耕Life」で20回以上も紹介されており注目の存在である
こと知りました!

克也さん&晴菜さんとの接点は少なかったのですがオイスカと所縁ある2人が過疎化すすむ
山里で地に足を付け地元の方々に受入れられている姿に感動!これからも「出逢いを大切に
したい」と思います!

345

シンガポールにて…

 四国支部事務局の池田です。

3月に入り新型コロナウイルス感染が欧米を中心に拡大中で未だ終息の目処が立ちませんが、
2月下旬に旧友が赴任しているシンガポールを訪ねる機会がありましたので感想など記します。

12

 

同国には現在オイスカ組織ないので日本から業務出張する機会なく、まして両国とも新型コロナ
ウイルスの感染が確認されていたので無事に入出国できるか少々心配でしたが、旧友もビツクリ
するほど観光客が少なく!お陰様で!?快適に過ごすことが出来ました。

3456

 

然し乍ら、行く先々でサーモグラフィー検温を実施しており国民の安全保障に対する意識を
感じました。聞けば同国は、17年前SARSコロナウイルスで多くの被害を受けており、その時の
教訓と反省を活かし病院や隔離病棟、インフラの徹底的な見直しを図ってきたそうで、今回は
早めに対応を打ち出して国全体に遵守を求め、2月8日リーシェンロン首相が国民へ向けた
メッセージは高く評価されているそうです(視聴できます☞ https://www.pmo.gov.sg/Newsroom/
PM-Lee-Hsien-Loong-on-the-Novel-Coronavirus-nCoV-Situation-in-Singapore-on-8-February-2020
)。

短い滞在期間でしたが、緊急事態に直面した際の政府と国民の対応について、日本人は同国から
学べる点が多々あることを知った貴重な機会となり帰国の途に就きました。

789

平成31年・令和元年の所得税の確定申告について

 四国支部事務局の池田です。
会員および支援者の皆様には何時もオイスカへのご理解とご協力を賜りありがとうございます。

さて、本来でしたら3月16日までだった平成31年・令和元年中の所得税の確定申告期間が、
新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から4月16日まで延長となっておりますので
ご案内いたします。

私の場合オイスカ会費・「子供の森」計画支援費・「海岸林再生プロジェクト」大阪マラソン2019
チャリティランナー寄付ほかで11,301円の還付金を受け取ることができました。

1

 

オイスカの会費や寄付等も手続きを行うことで、金額の一部を所得税や住民税から控除できる
税制上の優遇措置ですので皆様も是非ご活用いただき次年度の会費や寄付等の一部に充てて
くださいましたら幸いです。

34

 

ミモザやサクラの開花の報が嬉しい春を迎える頃となり一日も早い新型コロナウイルス感染の
終息を願っております。皆様お身体に気を付けてお過ごしください。

なお、確定申告の詳細についてはオイスカHPからもご確認いただけます(☞http://www.oisca.org/blog/?p=26597)。
何時もありがとうございます。

「子供の森」計画サポート古本回収キャンペーン中です

オイスカ高松推進協議会(松野誠寛会長)では年間を通して「子供の森」計画サポート古本回収に
取り組んでいますが、石川千晶監事ご提案により「本なら何んでもそろう」キャッチフレーズが
有名で北海道から沖縄県まで全国350店舗以上を展開する日本最大の書店チェーン宮脇書店様の
総本店(高松市朝日新町)に古本回収BOXを設置いただき回収キャンペーン実施中(~4/13)です。

12

 

同店には毎年「太陽・月・星のこよみ」を販売協力いただいており、また、昨年10月CSR検定を
受験した際に香川県内の書店では販売されていなかったテキストを取り寄せていただき、何とか
合格できたりと日頃お世話になっていますが、宮脇範次社長様はじめ役員の皆様のご厚意により
総本店での古本回収に協力いただけることとなり、本当に有り難く嬉しく思っております。

345

 

年度末、そして春の引っ越しシーズンを迎えて本を整理する方は是非、古本を持って宮脇書店
総本店で新しい本等ご購入ください。ご協力よろしくお願いいたします。  (事務局:池田)

678

令和2年 研修生入所式を開催しました

 2月29日(土)、今年の研修生入所式を四国研修センターで開催しました。

来賓ご挨拶では淀谷圭三郎香川県知事公室長と谷岡学綾川副町長から激励の言葉を頂戴し、
研修生代表としてメキシコのパオラが、まだ不慣れな日本語で抱負を語りました。

画像1画像2IMGP4741

 

 また今年は、会員企業から日本語指導ほか基礎研修の委託を受けた技能実習生も参加しており、
それぞれの会社の代表者が挨拶してくださいました。そこで、現場が技能実習生に求めている
こと、オイスカに求めていること等を知る貴重な機会となりました。

画像4

 

まだ来日したばかりで、言葉が違う国同士の研修生達がコミュニケーションをとることは難しいの
ですが、音楽は世界共通!今年は「フィジー」と「ミャンマー」の踊りで会場を盛り上げました。

画像5画像6

 

これから12月まで約10ヵ月間の研修が始まります。農業や家政ほか、それぞれの分野で充分に
研修へ取組めるよう四国支部としてもフォローしてまいります。皆様よろしくお願いいたします。

画像7

最新投稿NEWS

検索
月別アーカイブ
カテゴリ
最新情報配信(RSS)
お問い合わせ

〒760-0017
香川県高松市番町2-17-15
第2讃機ビル2F

TEL: 087-821-1503
FAX: 087-821-1536

e-mail: oiscashikoku@mc.pikara.ne.jp