OISCA

四国支部

文字サイズの変更

オイスカホームページトップへ

HOME > アーカイブ

月間アーカイブ: 2020年5月

グリーンウェイブ2020in尾の瀬山「オイスカ憩いの森」

 5月22日は国連が定める国際生物多様性の日で、この日を中心にオイスカでも
世界各地の子供達が学校や地域社会で植樹等を行う「グリーンウェイブ」活動を
実施しています(詳細はコチラ☞ https://oisca-cfp.jimdo.com/2020/05/06/green-wave-2020)が、
5月23日に四国研修センター研修生が「オイスカ憩いの森」(香川県まんのう町)
ヤマザクラ植林地で下草刈を行いました。

当日は初夏を思わせる強い日差しとなり、慣れない斜面での作業でしたが、日本での
「グリーンウェイブ」活動への参加は研修生みな嬉しかったようで張り切って取り組んで
くれました。

今後も日本での様々な研修を通じ、帰国後は生物多様性や自然環境の保全についても
考え行動できる地域社会のリーダーとなってくれることを期待しています。

応援よろしくお願いします。 (事務局:池田)

1234567

ただ今、本研修中です!

 四国支部事務局の池田です。

日本全国に発令されていた新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が
14日に39県で解除されましたが、5月と6月に開催予定の7推進協議会の総会は全て
中止となりました。

会員はじめ支援者、そして地域住民の方々と研修生との交流機会が現状では設けられず
残念ですが、お陰様で7名みな元気に本研修へ取り組んでおり写真で少し紹介させて
いただきます。

12

 

日本で研修することの目的やリーダーシップへの理解を深めるとともに、農業実習や食品加工、
そして時には好きな研修生も多いウドン作り!まだ研修センター外への視察等は実施を見合せて
いますが、スタッフの指導の下で日本語学習も進めながら研修プログラムに取り組んでいます。

3456

 

8

 

 

 

特別定額給付金10万円の支給が始まり、
オイスカ支援にも活用いただければ助かります。
よろしくお願いいたします。

自由恋愛!?の季節です

 四国支部事務局の池田です。

5月となり山々の新緑に藤の薄紫色が目に鮮やかな時季ですが、尾の瀬山ヤマザクラ植林地では
周辺に自生するマツが一斉に頂芽(ちょうが)を伸ばし、ユニークな姿を見せてくれています。

123

 

ニョキニョキ空に向かって勢いよく伸びている姿は圧巻ですが、子孫を残すための「自由恋愛」の
カタチだそうで、詳しくは海岸林再生プロジェクトのスタッフブログに掲載されているので、是非
ご一読ください☞ http://www.oisca.org/kaiganrin/blog/?m=20200427 。オススメです(^^♪

四国研修センターのゲート周囲には盆栽だったと思われるマツが数株、植えられていて頂芽を伸ば
しているのですが樹形を整えるため柔らかい内に新芽「みどり」を摘む“芽摘み・みどり摘み”を行う
予定で「自由恋愛」を妨げることになり、マツ達から怒られそう(涙)。「自由恋愛」の季節を実感する!?
今日この頃です。

4

最新投稿NEWS

検索
月別アーカイブ
カテゴリ
最新情報配信(RSS)
お問い合わせ

〒760-0017
香川県高松市番町2-17-15
第2讃機ビル2F

TEL: 087-821-1503
FAX: 087-821-1536

e-mail: oiscashikoku@mc.pikara.ne.jp