OISCA

四国支部

文字サイズの変更

オイスカホームページトップへ

HOME > アーカイブ

月間アーカイブ: 2020年6月

研修生によるカントリーレポート発表会の動画を公開しています

5月22日(金)、研修生6名によるカントリーレポート発表会が行われました。

カントリーレポートの主な内容は、出身国と自国のオイスカ活動などについての発表です。

それぞれ、国の面積・人口・民族・食習慣等の概要や国旗の意味といった基本的な情報から
オイスカがどのような活動に力を入れているか、そして、日本から帰国後に目標としている
こと等を、今まで約3ヵ月間学んだ日本語で一生懸命発表していました。

今年の研修生は、新型コロナウィルス感染防止のため、会員はじめ外部の方と話す機会が
少なかったこともあり大変緊張している様子が伺えましたが12月の帰国前に行うアクション
プラン発表会が楽しみです。

なお、今回の発表の様子は以下からご視聴いただけますので是非ご覧ください。☟

https://www.dailymotion.com/dm_58348959cba31c2e7d9029be2cb9f9af/videos

または、デイリーモーション オイスカ四国研修センターで、検索🔎 (事務局:廣野)

217

日本の森を元気に!~木から生まれた布マスク~

 四国支部事務局の池田です。

 世界で森林破壊が進む中、オイスカは1980年代から現在に至るまで、主にアジア太平洋地域や
ブラジルなど南米諸国で植林や住民への啓発活動、「子供の森」計画を中心とする環境教育活動に
力を入れており、国内でも山梨県での「富士山の森づくり」はじめ各地の支部組織が森林再生や
保全活動に取組んでいますが、国土面積の約7割を森林が占める日本では成熟し利用期を迎えた
スギやヒノキ等を“切って使う”そして、また“植える”サイクルづくりが求められています。

そこでオイスカでは、間伐材から作った“法人賛助会員証”や“SDGsバッジ”を使ったり、木の良さを
子供たちに知ってもらう“森のつみ木広場”や“赤ちゃん木育広場”を関係団体との協働により開催して
いますが今年は新型コロナウイルス感染防止のため暫くは実施が難しそうです。

12

 

もし実施できるとしても、感染防止のためにマスク着用は必須なのですが、まだ品薄のようで
探していたところ、日本の森を守る為に国内の間伐材から出来た『木糸の布』で作られたマスクを
知り注文!届いた同じ日に何と!!『政府(厚生労働省)布マスク』が郵送され嬉しい日に…。

 間伐材マスクは麻のような風合いで抗菌やUVカットの効果があるそうで国産材の活用となり
日本の森を元気にすることにも繋がります。

また、政府マスクはガーゼが多重で縫製しっかりしているので何となく安心感があります。
どちらも大切に使い第2波や第3波に備えたく思います。皆様も安全と健康に気を付けて、
これからの蒸暑い夏をともに乗り越えましょう!

34

最新投稿NEWS

検索
月別アーカイブ
カテゴリ
最新情報配信(RSS)
お問い合わせ

〒760-0017
香川県高松市番町2-17-15
第2讃機ビル2F

TEL: 087-821-1503
FAX: 087-821-1536

e-mail: oiscashikoku@mc.pikara.ne.jp