OISCA

富山県支部

文字サイズの変更

オイスカホームページトップへ

HOME > カテゴリ

カテゴリ:活動全般

2018年度活動報告会を開催しました

富山県支部は5月30日、富山県民会館において2018年度活動報告会を開催しました。

当日は2017年度の活動報告として、昨秋ラバウルを訪問した「緑の植林協力隊2017」の状況について髙見常任幹事からスライド報告したほか、永年会員表彰、新規入会者紹介を行いました。

また、第二部の講演会では、渡辺利夫オイスカ会長に「日本の開発協力の起源」と題し、講演いただき、我々が今後の活動を行っていくに当たり、オイスカ理念の琴線に触れるすばらしい機会になりました。

引き続き行われた第三部の懇親会では、テーブルを囲み、和やかな雰囲気で支部の活動について意見交換するとともに、親睦を深めました。

【最終】01.活動報告会【A4タテ両面白黒】

【最終】04.渡辺会長講演要旨(A4タテ両面カラー)

 

オイスカ富山かわらばん2018年号 発刊しました!

富山県支部の活動をとりまとめた「オイスカ富山かわらばん」

レイアウトも一新し、このほど発刊しました!

会員の方には、「月間OISCA」6月号と一緒にお送りします。

サポーターの方には、「月間OISCA」年次報告号と一緒にお届けします。

【最終】02.かわらばん1(P1-2・5-6・A3カラー両面短辺とじ印刷)

【最終】03.かわらばん2(P3-4・A4白黒両面長辺とじ印刷)

4月富山県支部役員会を開催しました

4月17日、富山市の環日本海交流会館にて、久和進会長、大崎、横田両副会長らの出席の下、富山県支部役員会を開催し、2018年度活動報告会開催、フィジーへのみどりの植林協力隊派遣など2018年度事業の検討状況について議論しました。

「『緑の植林協力隊』2018~フィジー国際交流と「子供の森」計画支援~」は、7月15日にフィジー共和国を訪問する予定で本部と協議中であること、現在までの参加応募は20名程度であることなどが報告されました。

また、会員である北陸電力様の会員サービス制度「ほくリンク」からオイスカに寄付できるようになったことや、4月に開催された支部会長・事務局長会議の報告も行われました。

ほくリンクでオイスカへの寄付ができます

オイスカ賛助会員である北陸電力さまのWEB会員サービス「ほくリンク」からオイスカへの寄付が可能になりました。

「ほくリンク」で獲得したポイントの交換メニューに「オイスカへの寄付」が追加されています。

「ほくリンク」には、このほかにも様々なサービスやおトクな情報が満載です。

お手続き等については、北陸電力「ほくリンク」のホームページをご覧下さい。

http://www.rikuden.co.jp/syokaiservice/index.html

ほくリンク案内 ←ご案内チラシです

 

オイスカ富山県支部サポーターを募集しています!

オイスカ富山県支部では、「オイスカ富山県支部サポーター制度」を募集しています。

このサポーター制度は、お手軽な金額(1か月あたり500円)の寄附を通じて、富山県支部の活動全般をサポートいただくもので、皆さんの寄附金は「緑の里山保全森づくり活動」の苗木代や育樹管理費など、 県支部活動の財源として活用いたします。

当会は、皆さまからの会費や寄附により活動を行っております。

是非ご協力下さいますようお願いたします。

 

■「オイスカ富山県支部サポーター」制度の概要(詳しくは添付のチラシをご覧ください)

 ・寄附金額は年額6,000円(1か月あたり500円(ワンコイン)を一括払い)

①以下の会報を毎年8月にお届け

・オイスカ本部が発行する月刊OISCA「年次報告書」

・富山県支部が発行する「オイスカ富山かわらばん」

②毎年の海外植林プロジェクトや「緑の里山保全森づくり活動」など富山県支部の活動日程をメールにてご案内

サポーター制度チラシ(両面印刷)

サポーター制度チラシ201803改定(両面印刷)

↑↑↑↑↑

詳細はこちら!

ご不明な点は県支部事務局までお問い合わせ下さい。

 

 

2018/1四国支部と情報交換会開催

富山県支部事務局はこのほど、活動の活性化を図ることを目的として、四国支部を訪問し、情報交換会を実施しました。

四国支部からは石井会長・河崎事務局長のほか、各地区の推進協議会の会長に参加いただき、四国支部での会員獲得活動や四国研修センターの研修生への支援活動など、活発に取り組んでいる状況を詳細にご教示いただきました。

研修センターのお膝元として、会員拡大を通じてオイスカ研修生を支援することが、ひいては国際交流・世界平和に貢献するという思いが、各役員から強く感じられました。

また、同日、四国研修センターも訪問し、萬代所長から研修センターの状況についてご説明いただきました。

四国支部や研修センターの活動は県支部内でも情報共有し、今後の富山県支部の活動にも活かしていきたいと思います。

四国支部、四国研修センターの皆さん、ありがとうございました。

     

(石井会長はじめ役員から熱いお話あり)         (四国研修センター外観)

12月富山県支部役員会を開催しました

12月5日、富山市の環日本海交流会館にて、久和進会長、大崎、横田両副会長らの出席の下、富山県支部役員会を開催し、2017年度の支部活動報告、2018年度事業計画・予算案などについて議論しました。

今年度は、新たに立山町天林地区に「緑の里山保全の森づくり活動2017」がスタートし、多くの方々のご協力ご支援をいただきました。また、来年度「緑の海外植林協力隊」2018「子供の森」計画支援は、7月上旬にフィジー共和国を訪問する方向で関係箇所と協議していくこととなりました。富山県支部では2008年に植林活動を行っており、当時の植樹した樹々の視察も予定しています。詳細については決まり次第、ブログにてご案内いたします。

このほか、高見常任幹事から今年10月に訪れたパプアニューギニアのラバウルエコテック研修センター開設30周年式典参加と「子供の森」計画支援事業について、大きな成果を上げたことが報告されました。

「緑の植林協力隊」の活動報告を行う高見常任幹事

2016(平成28)年度活動実績

★オイスカ富山県支部 2016(平成28)年度の活動実績はこちら!

(オイスカ富山かわらばん ぜひご覧ください)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

OISCA富山会報2017年5月号 (開くのに多少時間がかかります)

 

★主な活動実績

(1)支部設立40周年記念事業

東日本大震災復興支援活動 海岸林「植樹祭」参加

・5月21日、名取市海岸線にクロマツ1万本植樹

(2)「猿倉 緑の里山保全森づくり活動」2016

猿倉森林公園芝生広場隣接地にて、植樹・下草刈りを実施

・6月:参加者50名、10月:参加者20名

(3)出展参加・協力

間伐材を使用した「つみ木広場」出展

・ 8月 「立山山麓音楽祭2016」(立山山麓スキー場エリア)

・ 8月 「とうぶ ふれあいフェスタ」(富山市立東部小学校体育館)

・10月 「とやま環境フェア2016」(高岡テクノドーム)

(4)「緑の植林協力隊」2016 富山県インド・AP州友好交流と「子供の森」計画支援

・11/7~12 アンドラ プラデシュ州他  ・参加者:宮本光明氏(富山県議会議員)計28名

(詳しくはオイスカ富山かわらばんをご覧ください)

(5)その他

・4月 「G7富山環境大臣会合」関連イベント、開催記念シンポジウムへの参加

・「第68回全国植樹祭とやま2017」 苗木育成ホームスティ(2014.11月~2016.11月)

・新聞等への記事掲載 10回

・活動報告会(6月)、役員会(3回開催)、オイスカ本部会議への出席など

 

★2017(平成29)年度活動報告会

5月22日(月) 富山県民会館にて2017年度活動報告会を開催し、会員他70名出席のもと、2016年度の活動実績並びに2017年度の事業計画について報告するとともに、永年会員表彰、新規入会者紹介を行いました。

このうち、2017年度事業として、今年度富山県で開催される全国植樹祭への参加、立山町天林地区での植樹活動スタート、10月にパプアニューギニアのラバウルを訪問し植林活動などを行うことを報告しました。

また、「元新聞記者が見た『名取市海岸林再生プロジェクト』の成果と課題」と題して、小林省太氏からご講演いただきました。