OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

みなさん、こんにちは。海外事業部の高田です。
オイスカ創立60周年記念シンポジウム(10月6日)から早2か月!
10月6日のブログにつづきまして、オイスカファミリ―からの60周年お祝いメッセージ第2弾をご紹介させていただきます。

今日は、日本の裏側、アルゼンチンからのメッセージ紹介です。
アルゼンチンにはオイスカの総局はありませんが、アルゼンチン拓殖協同組合がパートナーとなり、「子供の森」計画をはじめとした森林再生や環境教育活動を推進しています。


アルゼンチン拓殖協同組合 理事長の文野和義氏からのメッセージです。

背景で紹介していただいている森は、2012年のリオ+20の年、ブラジルの会議に参加した日本代表団もアルゼンチンへ駆けつけ、一緒に植林活動をした森です。

2012年6月、アルゼンチンの「子供の森」計画のスタート記念式典も行われ、中野良子オイスカ・インターナショナル総裁(当時)はじめ、日本のオイスカ会員の皆様とともに、私も参加させていただいており、今も大切に守り育てられている森の姿に感動しました。(映像に下の写真の鳥居が出てきます)

CIMG2779

2012年6月アルゼンチンにて「子供の森」計画がスタートしました

CIMG2746

2012年6月アルゼンチンにて「子供の森」計画がスタートしました

海外のオイスカ関係の皆様とは、コロナ禍もあり中々直接お会いすることが叶いませんが、このように動画を通じてお会いできること、本当に素晴らしいことだと思います。
60周年へ向けた各国のオイスカ関係皆様からのメッセージは、本当にたくさん(多くのコメントを)いただきましたので、以前のブログで予告しました通り、ノーカット・バージョンもアップしました。

Youtubeの詳細欄から何分何秒をクリックしていただくと、その国の方のメッセージからご覧いただくことも可能です。ぜひ皆さんもご覧下さい。

皆さんこんにちは!

オイスカインターン生の小宮です!

気が付いたら12月になっており、時の流れに驚いております。

このまま何気なく過ごしていたら、あっという間に2022年が来てしまいそうで少し焦りを感じています。

 

ちなみに12月はGiving Decemberとも呼ばれ世界中で寄付が盛んにおこなわれるシーズンです。このシーズンに合わせて、現在オイスカでも冬募金をお願いしています(冬募金ページはコチラ

さて、オイスカでは、(株)バリューブックスと協働し、古本やCD、DVDなどの寄付を呼びかけ、その買取金額を「子供の森」計画への支援(寄付)としていただいています。そしてなんと12月は寄付月間ということで、12/6(月)~12(日)の1週間、申込み1件につき、500円を寄付額に上乗せするキャンペーンが行われることになりました!

5冊以上で送料無料、宅配業者が荷物を引き取りに来てくれます(伝票の準備や記入は不要)。 皆さんの不要になった本やCD、DVDが世界中で子どもたちがつくる森になります。

bnr_ch_onecoin_320x100@2x

 

 

お申し込みはコチラから。https://www.charibon.jp/partner/oisca/

 

book

PHアブラの森

もし少しでもご興味があれば、少し早めの大掃除といっしょにご支援よろしくお願いいたします!

 

GSMの鈴木です。

寒さが増してきましたね。こたつが欲しいと思うこの頃です。

さてさて、

今さらながらですが、私の所属する部署GSMは、Global Sustainability Missionの頭文字をとったもの。

この部署の目的は、字のごとく「持続可能な世界」を目指すこと、

もうひとつは「持続可能なオイスカ」を目指すこと。

「持続可能なオイスカ」の延長線上に「持続可能な世界」がある・・・・ちょっとこの言い方は傲慢だな・・・

「持続可能な世界」を目指す方法は数限りなくあり、そのうちのひとつが「オイスカの活動」と言えば近いのかな?

そう考えるとGSMって本当にたいそうな名前の部署です・・・

 

持続可能なオイスカ、そして、その先にある「持続可能な世界」であり続けるために、新しい試みとして「2021オイスカ冬募金」をGSMで企画しました。

GSMの部署内で、この募金を実施するにあたって、何度も何度も話し合いをしました。

会費をいただいている会員さんにさらに募金をお願いするのか?

今年はスポット的に内モンゴル募金、ミャンマー募金をお願いしてきて、さらに募金をするのか?あまりにも会員さんに頼りすぎではないのか?

何を訴えて募金をするのか?

などなど、色々な意見があり、実施にも賛否両論ありました。

 

確かに、決して少なくない会費を納めてくださる会員さんには重ねてのお願いとなり、心苦しいのは正直なところです。

ただ、オイスカの活動は公益のための活動。

「持続可能な世界」を実現するための泥臭い地道な活動です。

オイスカに納めてくださる会費やご寄附は、その方のお子さまやお孫さん、そのまた先の世代の未来を託すための投資であり、未来への保険です。

 

募金といっても、今、この瞬間に支援を必要としている人々のために募金したいという方もいらっしゃるでしょうし、100年先のためにという方もいらっしゃるでしょう。何を寄付先に選ぶかは選ぶ方の自由です。

もし、世界各地で活動するチームオイスカのメンバーに未来を託していただけるのでしたら、私たちチームオイスカは、住み続けられる未来をつくるために力を尽くします。

 

「君たちに未来を託すよ。ぜひ私にかわって、現場でそれを実現してくれよ。」

快く、そう思っていただけるよう、胸を張って、自信を持って!

募金をお願いすることを心苦しいと思っていてはいけない、逆にお叱りを受けるのでは?

そう!

「住み続けられる未来をカタチにするため」の募金、どうぞよろしくお願いします!!

募金専用サイトはコチラから

スライド1

 

最後に、タイ駐在代表の春日さんからのメッセージを綴ります。

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

世界各地で自然災害が多発している中、タイでも洪水、大雨、土砂崩れ、干ばつ、山林火災や海面上昇による浸水被害など、様々な災害が発生しています。しかし被災者が貧困層や弱者であればあるほど、その被害は取り残され、そしていつか常態化し、放置されたままに忘れ去られていくのです。

 この自然災害の最大の被害者たちは、自然の中で暮らし、自然を敬い、尊び、大切にし、そして昔ながらの生き方をしてきた人たちかもしれません。彼らは自分たちの生き方の限度を知り、つつましく、謙虚に生きてきました。それが今、大自然に寄り添って生きてきたからこそ、誰よりも大きな影響を受けてしまう。その原因の一端をもしかしたら私たち先進国の人間が作ってしまっているのかもしれません。

 失われた森、失われたサンゴ、失われた野生生物たち、失われた平穏な日々。

 経済発展ばかりを追い求めてきたつけが、ほんの小さな村の小さな家に住む素朴な人々の生活を壊してしまうかもしれない。そんな脅威が目の前まで迫っています。

 彼らにもう一度、健全な大自然の環境の中で、穏やかに暮らせる日々を届けたい。そして彼らの平穏が世界を、ひいては私たち自身を、救うことにもつながっている。オイスカタイはそう考えます。

 そのために、皆さまお一人おひとりのお力を私たちに貸してください!どうかよろしくお願いします。

<タイ駐在代表 春日智実>

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

この私も原因の一端なのかも・・・私こそ募金しなければならないのだ(・・;)

本部・総務部の永石です。

急に寒くなって来ましたね。
北海道出身の私は、子供の頃ポカポカの家で半袖で過ごしていました。

東京の人は我慢強いですね。この時期が一番辛いです。
いくら厚着しても寒く、コロナ対策で事務所の窓は開き、
ドアも開放してあるので、じっと座りっぱなしで冷えるばかり。

先週、タイから帰国したスタッフが、寒い寒いと言うので、
小さなデロンギをお貸ししました。
そりゃそうですよね。私も10年滞在した東南アジアから帰国した当時、
25度切ったら寒いと感じていたくらいです。
今朝の事務所の温度は16度、、、、、。

そんな中、こんなタイトルの紅茶を見つけて、心も体も温まりました。
image0

ところで、12月から冬募金が始まりました。皆様にはお願いばかりで申し訳ございません。

都度都度振込みって大変だなとお考えの皆様、単発の寄付ではなくこの機会に継続的に寄付をしたいとお考えでしたら、HPのマンスリーサポーターをクリックしてみて下さい。

マンスリーサポーターは、毎月2千円〜、カード決済か口座引落でオイスカを継続的にご支援頂ける制度です。年会費と同じく月刊誌の発送、税額控除の対象にもなります

最近では、「毎月〇〇円、〇〇事業を応援したいけど」、とご相談頂くこともございます。もちろん、千円からでもご指定の事業にご支援頂けます。

2,000円は無理だけど、1500円なら、1000円なら支援し続けられるとお考えの皆様、ぜひkaiin@oisca.orgまでご連絡下さい。

各事業活動は、みなさまの安定的な継続支援があってこそ続けられることができます。
私たちの活動を、どうぞマンスリーサポーターとして支えてください。よろしくお願いいたします。

日本のお父さん

2021年12月1日 ( カテゴリー: 本部スタッフのブログ )

海外事業部•人材育成担当の吉岡です。

昨年、サラリーマンを卒業するに当たり、関心がある地球環境問題を含め次世代を担う若者や子供たちのために何かできないかを考え、2020年11月より、これまでにご縁があったオイスカの仕事をお手伝いさせていただく事になりました。

現在、私の主な仕事は、オイスカが監理団体として受け入れている外国人技能実習生の巡回指導です。現在担当している実習生は、フィリピンとマレーシアからの15名で、派遣先の企業に毎月1回訪問し、企業側には、主に給与の支払いや残業時間等の労務管理上の問題の有無の確認。実習生には勤務状況、健康状態のヒアリングや日本語の指導等を行なっています。

自動車整備職のマレーシア実習生のみなさん

自動車整備職のマレーシア実習生のみなさん

技能実習制度は、もともと「人材育成を通じた開発途上地域等への技能、技術または知識の移転により国際協力を推進すること」を目的に、1993年に創設された制度です。日本国内において労働者不足が叫ばれ、実習生の人数が37万人を超えるなど、技能実習に対する注目度が高まる一方、低賃金や長時間労働、それに伴う実習生の失踪等の問題も見られるようになっています。

オイスカにおいても、これまでに8ヵ国から476名の技能実習生を受け入れていますが、私の担当している実習生の若者たちは、皆とても真面目に技能実習を行なっており、受入企業からも大変評価が高く、無くてはならない存在となっています。

工業包装職のフィリピン実習生のみなさん

工業包装職のフィリピン実習生のみなさん

これからも、実習生の日本のお父さんとして、親身になって巡回指導を行うことにより、受入企業と実習生の橋渡し的な役割を果たせるように頑張っていきたいと思います。そして、将来、帰国した実習生の国を訪問し、成長している姿を見ることが現在の夢です。

介護職のフィリピン実習生のみなさん

介護職のフィリピン実習生のみなさん