OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

こんにちは、バゴ研修センターから中川です。

今回は、バゴ研修センターの養蚕事業から生まれた製品をご紹介したいと思います。バゴ研修センターは、オイスカのセンターの中で唯一養蚕事業に取り組んでいる研修センターで、センターの位置するフィリピン・ネグロス島 西ネグロス州を中心にフィリピン各地の貧しい農家の生計向上に努めると共に、フィリピン国内の生糸増産を計っています。バゴ研修センターは、フィリピンで唯一の桑~蚕~繭~生糸~製品という一連の流れを行っています。今日は、そんな生糸や養蚕事業の中でうまれた製品をいくつかご紹介したいと思います。

<ショール (ショート/ロング)>

バゴ研修センターの織り子さん7名が一枚一枚心を込めて織りました。彼女たちは、研修を経て1日に約2m織ることが出来ます。一見単純な作業に見えますが、初心者には全くできません。ショールのデザインや色は彼女たち自身が決定。染色は人工染料だけでなく、藍染めや桑の葉や実、またアカシアなどの自然染色を行っています。一枚羽織るだけでとても暖かく感じるので、肌寒い秋・冬のシーズンや冷房の強い部屋・機内などに便利な一枚です。私はオレンジと白色のボーダー柄を愛用しています。

様々なカラーのショール

様々なカラーのショール

機織りをする様子

機織りをする様子

 

 

 

 

 

 

 

<サンダル (サイズ展開あり)>

バゴ研修センターで製糸された生糸を使用したサンダル。加工は、隣のパナイ島で行われました。サイズ・またデザイン共に幅広く展開。先日、フィリピン人の男性のお客さんが奥さんにとお土産でご購入して下さりました。

<コスメティック商品>

繭のセリシンというプロテインの成分が肌によく、化粧水やクリームを以前から販売しています。根強い人気があり、マニラでのEXPOや大量購入がよく行われる商品です。そして、昨年からさらにコスメティック商品に力を入れており、繭だけでなく、ヒマワリ油なども入れた、ハンド・ボディーソープ(液体・固体)、シャンプー、コンディショナー、繭の形をしたココンスクラブ(顔の汚れを落とします)など幅広い商品展開となりました。どれも、ハンドメイドかつオーガニックでスタッフが一つひとつ作っていますので、安全・安心です。特に私は、ヒマワリ油も入った液体のハンド・ボディーソープがお気に入りで、普通の石鹸よりも洗いあがりがしっとりするように思います。

サンダル

サンダル

繭の形をしたココンスクラブ

繭の形をしたココンスクラブ

 

 

 

 

 

 

 

以上がおすすめの製品のご紹介になります。現在は、日本国内での販売は行っておらず、バゴ研修センター、バコロド市内のホテル・ショッピングモールにて販売を行っております。いつか日本の皆様にも気軽にお手に取って頂けるようになったらいいな、と思いつつ、まずはバゴ研修センターでうまれた製品を知って頂けたら嬉しいです。

こんにちは、バゴ研修センターから中川です。
年末年始に一時帰国をし、先月でバゴ研修センター駐在も
2年目に突入しました。今年もどうぞよろしくお願いします。

さて、連日コロナ・ウイルスの話題でもちきりですが、
今日はバゴ研修センターの美味しいごはんについてご紹介したいと思います。

バゴ研修センターには、料理・炊事担当のスタッフがいます。
彼女たちは、①渡辺所長や日本語の先生、日本人からのお客さん向けの日本人向けご飯と、
②フィリピン人のスタッフ、研修生向けのフィリピン人向けご飯の
2種類を毎日3食欠かさず作ってくれています。
時には、スタッフだけでなく、日本語の授業を受講している学生や
養蚕研修に参加している養蚕農家さんたちへのご飯を準備することもあり、
毎回数十人分を作ってくれています。彼女たちの多くは、
日本の研修センターで家政研修を修了したスタッフです。
約2年間の日本での研修期間の中で、日本食の作り方や裁縫、
生け花を勉強しました。そんな彼女たちが作ってくれるご飯を、
日本人のお客さんやオイスカのスタッフがいつも「美味しいおいしい」
「フィリピンでこんなに美味しいごはんを食べられると思っていなかった」と言いながら
夢中で食べている姿をこの1年で何度も見てきました。
時には、オイスカの色々な研修センターを回ったことのある本部の職員が
「バゴ研修センターのごはんが一番おいしいね」と仰って下さったこともありました。
朝早くから準備をして、夜遅くまで片づけをして、
時には週末のパーティーのご馳走を準備して。。。
365日、毎日欠かさずに料理や炊事に励む姿には本当に頭が下がります。

日本で学んだ鯛焼き

日本で学んだ鯛焼き

桑の実ジャムをつくるため、実を収穫 一番手前は、西日本研修センター・東京本部で研修を修了したジョイさん

桑の実を収穫する様子
一番手前は、西日本研修センター・東京本部で研修を修了したジョイさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の皆さんもぜひ機会がありましたら、バゴ研修センターに遊びに来てくださいね。
そして、国内のセンターのスタッフの皆さん! 研修を受けた彼女たちが、
日本で学んだことを活かし、発展させバゴ研修センターを支えてくれています。
そのことを少しでも知って頂けたら嬉しいです。
皆さんも栄養のあるものを食べて、コロナ・ウイルスやインフルエンザなど
病気に負けないよう元気な体をつくりましょう~!

広報室倉本のフォレスターズスクールレポート 後編(前編はこちら)です。

 

午前に世界の環境や日本の森林について講義を受け、たくさん知識を吸収した後、午後はちゅうでんフォレスターのメンバーの指導のもと、中部日本研修センターの裏山で間伐を体験しました。

CIMG0036

まずは見学。写真は切り倒す方向に三角の切込み(受け口)をつくったところ

はじめに安全のためにしっかりと事前の説明を受け、班に分かれていざ間伐。

指導者から、切り倒す方向の決定の仕方(開けた方向かつ斜面上部に向かって倒す)や、のこぎりの使い方(のこぎり全体を使って大きく動かすと、力まずに切れる)、声掛けの重要性(木を切る人、倒すために木に結んだロープを引く人の連携と安全が重要です)などを伺い、参加者ははじめての体験にたのしみながら作業をすすめていました。

また、切り倒した木をさらにチェーンソーを使って切る体験も行い、のこぎりと違い、刃(本体)を動かさず少しの時間で切れることに驚く声や、扱いの難しさを実感したとの声が聞かれました。

実践を終えて教室に戻ると、一日の振り返りとしてワークショップを実施。

日本の森林、世界の森林をテーマに、現状と課題から政策提言を行うなら、という設定で各班で話し合いを行い、実現していくために自分にできることも含め発表し、環境問題について自ら興味を持って、他の人に呼びかけるなどの意見が上がりました。

ほか、ワークショップでは、この日の体験や学びははじめてのことが多かったとのことで、貴重な体験になったという声も多数聞かれました。

私も、今回フォレスターズスクールをはじめて体験したのですが、森林や環境への学びが深まっただけでなく、参加者が老若男女さまざまで、一緒に学び、体験し、意見を交わすめったにない機会として、今後につながる一日になったと思います。

 

広報室の倉本です。

中部日本研修センター出張シリーズ第二弾(第一弾はこちら)は、2月1日(土)開催のフォレスターズスクールについてレポートします。

フォレスターズスクールは、中部電力株式会社と共催する、森林環境への関心を高め、実践を通して理解を深めることを目的としたプログラムです。

当日朝に準備されていた道具類

当日朝に準備されていた道具類

9回目となる今回は、一般、学生合わせて16名が参加(オイスカの専門学生や、新聞の広告を見てはじめてオイスカのセンターにやってきたという方もいらっしゃいました)。基調講演では、内モンゴル阿拉善沙漠生態研究研修センターの冨樫智所長が内モンゴルとウズベキスタンを例に「地球環境の現状と課題、取り組み事例」について紹介しました。

CIMG0023

冨樫所長は、毎年6万㎢の土地が砂漠化していることや、砂漠化に付随する環境問題を解説し、自らが実践してきた緑化への取り組みを説明しました。内モンゴルでは、緑化(砂漠化防止)のため、ソウソウという灌木を植栽するだけではなく、ニクジュヨウという漢方薬にもなる寄生植物を定着させ、住民の生計向上につなげるプロジェクトを行っていますが、そこに至るまでには、数々の失敗があったそうです。そのような中でも、現地住民の力を借りて現在広大な面積(東京都と同じくらいだそうです)の植栽を進めており、ここまで実現させるには、ソウソウとニクジュヨウが「相利共生」の関係にあるように、緑化を進めていく現地の住民にとっても裨益するもののある「相利」の関係を目指すことが大切だったと話しました。

また、一指導林家の後藤斎氏からは、愛知県の森林を例に、日本の森林が持つ課題と間伐の必要性について説明があり、世界では植林が行われていることと反対に、日本では森林の管理が行き届かず、木が過密状態であること、それによって本来の森林の多面的機能が果たせないことを学び、参加者からは驚きの声が上がりました。

 

後編に続く

ミャンマーショップ

2020年2月14日 ( カテゴリー: 本部スタッフのブログ )

本部・広報室の林です。

昨日、事務所の中に開店したこちらのショップ。

DSC_0548
パンやケーキなどが並んでいます。

店主はこちら

「好きなの持ってって~。 早い者勝ちだよ~!」

「好きなの持ってって~。
早い者勝ちだよ~!」


ミャンマーに出張していたスタッフYが
オイスカミャンマー農村開発研修センターで
つくって販売しているパンやシフォンケーキなどを
大量に購入し、スタッフへのお土産にしてくれました。

日本で食品加工や食品衛生などについて学んだ研修生が
国に帰り、現地の研修生を指導しながら作っています。
現地では、あんぱん(ひよこ豆の黄色いあんが入っていました)
が人気なのだそう。Yが手にしているのはメロンパン。

誕生日用のケーキなども注文を受けているのだそう。

人気の秘訣は保存料などの添加物を使っていないこと。
現地でも健康への意識が高まっており、
食の安全などへの関心も強いとのこと。

日本で学んだことが現地でちゃんといかされ、
地域の人たちの環境への意識の高まりにも応えている。

おいしくてうれしいお土産でした!