OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

インターンの菊地です。

8月5日、オイスカの近所である和泉学園で「ふるさと和泉 みんなの夏祭り」が行われ、
オイスカも「国旗ストラックアウト」を出店しました。
夏祭り1

      オイスカのブースの様子


ルールは簡単。ボールをA~Hのボードに当て、それに対応させた国の景品がもらえるというもの。ちなみにGとHはお楽しみです。景品はメキシコ、タイ・中国、インドネシア、シンガポール、インド、マレーシアからの民芸品など。景品と一緒に「子供の森」計画の資料も渡しました。
夏祭り2

さまざまな国からの景品。みなさん興味津々でした


ゲームは大盛況! 幼児や小学生、親御さんまで多くの人々に楽しんでもらうことができました。
約100個あった景品はあっという間になくなってしまいました・・・。

オイスカの出店は今回が初めてということで緊張しましたが、何事もなく無事に終えることができました。来年度もぜひオイスカの出店にご期待ください!
インターンの菊地です。
7月28日、ミャンマー大使館にてミャンマー開発フォーラム「変貌するミャンマー」が行われました。
 
ミャンマー1.1

当日の様子。後援しているのは高橋昭雄教授。


このフォーラムでは、ミャンマーにおける日本の国際協力活動を広く知ってもらうため、駐日ミャンマー連邦共和国大使館の参事官Theingi Aung氏やオイスカ会長の渡辺利夫氏、記念講演として東京大学東洋文化研究所の高橋昭雄教授らが講演され、オイスカ・ミャンマーの活動紹介では農村部を発展させるべく新たにできた農業指導者研修センターが紹介されました。

ミャンマー2.2

ミャンマーの伝統舞踊。

ミャンマー2

レセプションにて。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
講演後は日本とミャンマー伝統舞踊の披露があり、レセプションではモヒンガをはじめとするミャンマーの伝統料理をいただきました。ミャンマーにおける国際協力と伝統文化を学び、とても有意義な時間を過ごすことができました。
 

こんにちは、啓発普及部・野木です。

先日、福島県福島市にある『みんなの家@ふくしま』に行ってきました。

ここは福島の親子を中心に若者、地域の大人など多世代が安心してつながりあえる居場所として開設されています。

 

遊んでいる様子

遊んでいる様子

今回はオイスカの国内外の活動に長年ご協力いただいているオルビス株式会社に、震災支援としてご協力いただき、この施設につみ木をプレゼントしました。

そして、プレゼントしたつみ木を使って「森のつみ木広場」を開き、親子の皆さんに遊んでいただきました。 

つくりたてのつみ木はケースの蓋を開けた瞬間から木の香りがふわっとして、子どもたちは興味津々。つみ木のシャワーでお母さんと一緒に木の香りや音を楽しんでいました。

 

プレゼントしたつみ木

プレゼントしたつみ木

高いタワーやお家を作る子もいれば、つみ木の上を歩きまわる子もいて、それぞれの遊び方で楽しんでいました。

「それぞれの個性が出ておもしろい」と職員の方も子どもたちの様子を笑顔で見守られていました。

翌日にも、参加された親子さんが『みんなの家@ふくしま』を訪れて、つみ木で遊んで下さったそうです。

これからもつみ木で楽しんでもらえたらと思っています。

おやつとボランティア

2017年8月10日 ( カテゴリー: 本部スタッフのブログ )

本部・広報室の林です。

8月に入り、夏休みを利用してボランティアに参加する中高生が
増えてきました。今日も中学2年生の女の子が自転車でやってきて、
黙々と作業をこなしてくれました。

彼らが驚き、楽しんでいるのがオイスカのおやつ。
見たことのない海外のお菓子がたくさんあるからです。
DSC_0359

中にはなんだかよく分からなくて手が出ないものもありますが。

現在ミャンマーの新研修センター開所式に合わせて出張している
スタッフが数名いますから、来週には現地のお菓子がたくさん
事務所に届けられることでしょう。

中高生の皆さん、海外のお菓子を食べにボランティアに来ませんか??

四国支部廣野です。
先日、法人会員の株式会社長峰製作所様より四国研修センターへオカリナを寄贈いただきました。
ありがとうございました。

このオカリナは、「バイオマスプラスチックを使用」した「お米のオカリナ」と説明されており、
環境にやさしい楽器として長峰製作所様が製品化したものです。
しかし、バイオマス発電は知っていましたが、バイオマスプラスチックについてはほとんど
知識がなかったため少し調べてみました。バイオマスプラスチックとは、生物由来の
有機性資源を有効利用したプラスチックで、具体的には、トウモロコシサトウキビ
等から作られた植物性樹脂を使用したもので、地球温暖化対策が急務とされる現在、
環境に配慮したプラスチックとして、注目を集めています。
少し前にテレビで登山やキャンプの用品を取り扱っている会社が、おすすめ商品として
土にかえせる食器を紹介していたのですが、バイオマスプラスチックの製品だったことがわかりました。
このような環境にやさしい商品が、私達の生活の中に当たり前のように存在するよう時代は
移行していかなくてはならず、一人一人の意識改革の必要性を改めて感じました。

お米のオカリナを考えた長峰製作所様のアイデアがとても素敵で、しかもMADE IN JAPAN。
海外へのお土産としても喜ばれそうで、たくさんの人に素敵な音色を奏でて欲しいと思います。
(詳細は☞ http://www.nagamine-manu.co.jp/hp/ocarina/index.html

オカリナ