OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

広報室の林です。

昨日、久しぶりに山梨県の丹波山村を訪問。
丹波山村(「たんば」ではなく「たば」と読みます)では、
企業さんと協働による森づくりを進めるなど、長く活動をしており
私自身活動への参加や取材などで何度か足を運んでおります。

cover_201311

月刊「OISCA」で特集したことも!

 

今回は味噌づくり体験をしてきました。
ご指導くださるのは地域おこし協力隊の坂本さん。
昨年4月に神奈川からここ丹波山に移り住み、
味噌などの発酵食品づくりなどに取り組んでいるそう。

IMG_9180
もともとヒュッテ(宿泊施設)として利用されていた場所。
柔らかい灯りが古民家のような雰囲気。
IMG_9193


柔らかく煮た大豆を木の臼に。
ほおばって食べたいぐらいおいしそうなお豆さんたち。

IMG_9187

これを杵でつぶしていきます。
IMG_9189

結構な重労働。
しかも、先につぶれた豆がクッションとなり、
次第に豆がつぶしにくくなっていきます。
それでも粘り気が出るまでしっかりつぶします。

IMG_9194
ここに麹・塩を混ぜたものを投入。
豆の煮汁で水分を加えながらしっかり混ぜます。

IMG_9200

麹と塩を混ぜたもの

麹と塩を混ぜたもの

豆の煮汁

豆の煮汁

 

 

 

 

 

 

 

しっかり混ざったら適当な大きさに丸めてビッタ~ンと
ポリバケツに投げつけます。空気が入らないようにするためです。

IMG_9205

……とここで最後の仕上げに村のおばちゃん登場。
割烹着を着て頭に手ぬぐいをかぶった貫禄のあるおばちゃん……
ではなく、これが私。
今回は祖母にもらった割烹着で作業をしてみました。
IMG_9216

IMG_9221

表面をきれいにならします

 

菌が動き、熱がでるのでしっかりしたふたはNG。
米袋のような紙で蓋をして、ほかのバケツとともに寝かせます。

IMG_9184

こんなにたくさん仕込み中の味噌がありました!

 

2回同じ作業を繰り返したのですが、インターン生のTさんから
「うどんをこねる時のようにビニール袋に入れて踏んだらどうか」と
提案があり、小さな袋しかなかったため手で試してみました。
うん、確かにつぶしやすい。
「これなら小さな子どもにもできるね!」と。

IMG_9211


現在仕込み中の味噌をちらっと覗いてみました。
おいしそうなにおい!
IMG_9185

 

発酵職の文化っておもしろい!
実は人生初の味噌づくり体験だった私。
坂本さんに根掘り葉掘りいろいろしつこく質問したのですが
懇切丁寧に教えていただきました。

坂本さん、ありがとうございました!

 インターンの玉手です。
 先日、「森のつみ木広場」のインストラクター養成講座に参加しました。

 私が幼少期に触れていたつみ木と「森のつみ木広場」で使われているつみ木は全くの別物でした!

 まず、塗装がされていないこと。無着色であることから木目やヤニがそのままで、木が生きていることを【目】で見て気付くことができます。またニスも塗られていないため、【手】で木の温かみを、さらに【鼻】で木の強い香りを楽しむことができます。そのため講師の方がお話しされていた“つみ木のアロマ効果”を十分に感じることができました。子どもたちがとても穏やかに遊んでいたのが印象的でした。

 次に、手の平いっぱいにすくえるほど小さくて軽いこと。怪我をする恐れがないため、つみ木のシャワーを楽しんだり、安心して作品を崩したりすることができます。また、集めやすく運びやすいので子どもたちが片付けに積極的になってくれました。

IMG_8645

写真2

IMG_8634

IMG_8660

私も子どもたちに混ざり建物を作っていたのですが、同じ形のつみ木ばかりを使ってしまったり、うまく高さが出なかったりと悪戦苦闘…。

それに比べて子どもたちは、三種類のつみ木をまんべんなく使い、オリジナリティーに溢れた不規則な構造の自分の背丈よりもうんと高い建物を、あっという間に完成させてしまいました。

子どもたちの“つみ木に対する好奇心”と“自由な発想”に唯々驚くばかりでした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 インターンの玉手です。
先月品川区で開催された「森のつみ木広場」のインストラクター養成講座に参加しましたのでご報告します。

 「森のつみ木広場」は国産材を使ったつみ木を使い、子どもたちに遊びを通して森を感じてもらったり、日本の森の現状を伝えたりするプログラムです。(詳細はこちら

 はじめにオイスカスタッフから、オイスカの諸活動、森林がなぜ大切なのか、世界・日本の森林の現状、私たちにできること等ついてお話しし、理解を深めていただきました。整備+人材育成+木材利用の促進が大切であるということを知っていただきたいという思いが皆さんに届いたと思います。

 次に子どもたちと実際に遊ぶ際のポイントや注意点、つみ木の手入れ等についてお話ししました。初めて知ることや新たな発見が非常に多かったのでしょう、皆さん熱心に講師の方のお話を聞いていらっしゃいました。

 最後に国産材のおもちゃ(森林の恵みの活用)×子育てのノウハウ(地域の力)=木育であるということを繰り返しお伝えしました。子育てに国産材のおもちゃを取り入れて、幼いころから木に触れる・親子で森林について理解を深めることを大切にしてほしい。そのために皆さんのお力が必要なのですというメッセージを胸に刻んでいただけたと思います。

IMG_8629

IMG_8633

IMG_8632

 

 

 会場となった児童館に遊びにきていた子どもたちも加わり、実際の「森のつみ木広場」のようにつみ木遊びも体験。インストラクターが子どもたちの作品を褒めたり、みんなに紹介したりする流れなども紹介しました。

1902tsumiki

 

児童館スタッフを中心とする今回の参加者の皆さんが、「森のつみ木広場」を通して森の大切さを伝えていってくださることを期待しています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、バゴ研修センターの中川です。

2月14日~20日までオイスカ茨城推進協議会の皆さんがネグロスに滞在されました。

今回は、訪問の様子の写真とともに、これまでのオイスカ茨城推進協議会(以下、推協)とネグロスの歴史について、推協会長の小野瀬さんにインタビューした内容をお届けしたいと思います。


—――――― インタビュー —―――――

 ①デイケアセンター

推協がネグロスに出会ったのは、30年ほど前。オイスカ本部から、各支部に各国から必要なものリストが届きました。その中に、バゴ研修センターから「デイケアセンター 35万円」と書かれたものを発見。ただ物品を送る支援の形ではなく、後々後世にもしっかり続いていくような支援の形にしようと決め、バザーなどに参加し資金を集めました。

それから、毎年デイケアセンターをつくっています。現在は、バゴ市が建物を建て、マットなど必要なものをオイスカ茨城推進協議会の皆さんが寄付する形になっています。これまでに26つのデイケアセンターの建設と建て替えを行いました。10年ほど前に20周年を迎え、最初のデイケアセンターを卒業した子はその時既に社会人。感謝の言葉を聞いて、涙がでました。

 ②音楽とスポーツの普及

また、日本(北海道~九州まで)で楽器やスポーツ用品、文房具を集めたものをネグロスで普及する活動も行っています。毎年8月には日本から届いた楽器を使用し、子どもたちが出演する音楽コンサートを開催。日本では、小学校を卒業して使われなくなった、鍵盤ハーモニカやリコーダーを使用したコンサートは圧巻。(ちなみに去年の8月23日は20周年コンサートで、指揮者も踊りだしてしまうほど、本当に盛り上がるコンサートなんだとか…!今年も楽しみですね!)

またハード面のスポーツの支援として、茨城の企業さんからの支援を得て、剣道場・日比青年交流センター・サッカーと陸上競技場をつくりました。また、特に剣道と柔道の普及も行っており、実際に推協の方々がバゴ大学で柔道を、バゴ研修センターにある剣道場で剣道を先生として教えてくださっています。

 

今回の訪問では、剣道・柔道大会が開催されました。日本の伝統的なスポーツを真剣に取り組む選手の姿に心が動かされると同時に、わざわざネグロスに足を運び、言語の壁を越えて、教えてらっしゃる先生方には頭があがりません。本当にありがとうございます。

――――――――――――――――――――――――――――――

最後に、小野瀬さんにインタビューをさせていただく中で、一番心に残った言葉をお伝えしたいと思います。(インタビューの中で名言が連発。選ぶのが難しかったです笑)

「学べることのありがたさ、学ぶことのありがたさ」

推協ではこれまで30年以上かけて多くのことをネグロスにして下さっています。その中心となって活動を行っている、小野瀬さんは活動が評価され、バゴ市から感謝状を受け取ったこともあります。今回バゴ市長と面会した際には、市長から「バゴの息子」とまで言われていました。そんな方が、「オイスカの活動にボランティアとして参加することを通して学んだ」とおっしゃっていました。この言葉を聞いて、活動に取り組まれる謙虚な姿勢が多くの人々を巻き込み、大きな活動へと広がっていくのだと思いました。私ももっと学べる機会に感謝して、ひとつでも多くのことを吸収していきたいです。

オイスカ茨城推進協議会のみなさん、ありがとうございました!
8月の音楽コンサートの時にまたお会いできるのを楽しみにしています。

 

 

こんにちは。本部のカロウです。

この度、ポイントを通じた「子供の森」計画へ寄附の仕組みが新たにスタートしました!

㈱ネットマイルさんのマイル(ポイント)を使った寄附で、

下記のページから入ることができます。

https://www.netmile.co.jp/ctrl/user/spend/item.do?itemId=15466

 

これには、まずは会員登録をする必要があるのですが、

下記のURLから会員登録をしていただくと、それだけでなんと!!

600マイルが無料で貯まります。

https://www.sugutama.jp/introduce/income?pa=df16707b258d250f&inflow=18

 

集めたマイルは、「子供の森」計画への寄附につながるだけでなく、

みなさんがお持ちのLINEポイントや、Tポイント、ANAマイレージetcに交換することもできます。

交換先の数なんと200件以上!

 

また【すぐたま】マイルが貯まるサイトで、ここでアンケートやゲームをしたり、

ネットショッピングをする際に、【すぐたま】のサイトを経由することで自動的にマイルがたまるなど、ちょっとしたお小遣い稼ぎにもなります。

【すぐたま】のサイトはこちら!(下のバナーをクリックしてもページに飛びます)

すぐたま

日本人は、ポイント(マイル)が大好きな国民だそうです。

みなさんポイント(マイル)を集めて、国際協力に参加してみませんか??