OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

 こんにちは。四国支部の池田です。

有明海に昇る神々しい朝日を拝んで始まった一日。清々しい気分で朝を迎え、
そろそろ帰路に就くこととしましたが、先ずは日本三大稲荷の一つ「祐徳稲荷神社」へ。
① ②

 神社ご由緒によると、「日本三大稲荷の一つに数えられ商売繁昌、家運繁栄、大漁満足、
交通安全等種々の祈願が絶えず、参拝者は年間300万人に達しています。御本殿、御神楽殿、
樓門等総漆塗極彩色の宏壮華麗な偉容は“鎮西日光”と称され、観光ルートの上にも一異彩を
放っています。」とあり、澄み渡った青空の下で映える絢爛豪華な社殿の数々に感動しました!
が、境内の案内板に日本語と英語と記号のような文字が???
 ③④⑤
 何となく見覚えあったのですが神社の方に尋ねると
「タイ語です。佐賀県フィルムコミッションがタイ映画やドラマのロケ誘致に取り組み、
映画「タイムライン」(2014年)やドラマ「きもの秘伝」(2015年)のロケ地になると、
ヒットと相まってタイから来られる方が急増し、境内に飾られた絵馬の願いがほとんど
タイ語になった時期もありました」と答えてくださいました。
調べてみると、佐賀県のタイ人宿泊観光客数は、2013年370人、2014年1,540人
(前年比416%)、2015年4,680人(前年比300%)と、二年間で10倍超の驚異的な伸び率!
フィルムコミッションでの誘致の成功を外国人観光客の誘致にうまく結び付けている
佐賀の人々。友好親善にも大いに寄与されています。

 こんにちは。四国支部の池田です。
① ② ③

 天草四郎を総大将とする約3万7千人が、幕府に内通していた1人を除き皆殺しになったと伝わる原城。
現在は城跡に植えられた桜が大きくなり訪れる人の目を楽しませているそうで、次回は桜の咲く頃に
再訪したいと思いました。そして、原城跡を離れて向かった先は…、

干潟に神々しい朝日が昇る有明海!

⑤

 面積は約1,700㎢で先日クジラが現れてニュースになった東京湾よりも大きく、
潮の干満の大きさや日本最大の干潟が拡がること、そして姿がユーモラスな
ムツゴロウ等で知られています。

⑥

 

「有明」とは「夜明け」を
意味するそうですが、
まさに名前のとおり!
朝日を拝み、清々しい気持ちで
一日の始まりを迎えることが
出来ました。

ブログ読者の皆様も是非、
“地球の温もりを五感で
体験できる宝の海“有明海を
訪ねてください。
オススメです!!

四国支部廣野です。

6月27日(水)、オイスカ徳島県推進協議会女性部総会が
阿波観光ホテルで開催されました。

前半、昨年度の事業報告や今年度の事業計画などが審議されましたが、
監査報告の時に女性部ならではの「会計ノート」が話題になりました。

皆さまの会計関連の書類はどのようなものでしょうか?

女性部のノートには、その年の研修生の写真と名前が表紙を飾り、中身は、
収益台帳の他に、その時その時の思い出の品物や手紙などが添付してあり、
とてもあたたかいノートになっています。監査報告なのに、ホッコリした雰囲気に
つつまれ、和やかに総会を終えることができました。
① ③

 昼食をはさんで後半、研修生と「藍の館」で藍染体験を行いました。
皆さまご存じと思いますが、徳島県は藍染が有名です。
ジャパンブルーといわれる独特の色合いに魅せられて、
外国の方が多く訪れるようです。

短い期間でたくさんのことを吸収して帰らなくてはいけない研修生にとって、
阿波のお母さんたちのあたたかい歓迎は、楽しい思い出になったのでは
ないかと思います。

日本の伝統文化に触れる貴重な体験をさせていただいたことも含めまして、
女性部の皆様、本当にありがとうございました。
④ ⑤

 こんにちは。四国支部の池田です。
① ②

 とっても魅力あふれる天草!サンタクロースで有名というだけでなく、
一部の地域ではヒトデ(Starfish)料理を食べられるのですが長くなりそうなので!?
また改めて後日ご紹介させていただきますネ!!

③④⑤

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

富岡城址を出発し対岸の島原半島に渡り
「島原の乱」の舞台となった原城跡に到着
したのは夕刻。通常は見学自由ですが
警備員の方々が駐車場など誘導されて
いたので流石GWと感心していたら…

 

この日は奇しくも!原城跡はじめ「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が、国際記念物遺跡会議
(イコモス)から国連教育科学文化機関(ユネスコ)に「登録が適当」と勧告されたことが発表され
「午後から大勢の観光客でしたが明日は更に賑わいそう!」と話してくださいました。

⑥

 

 

島原藩主の苛政(圧政・重税)により
決起した、天草四郎を総大将とする
約3万7千人が、廃城となっていた
原城に88日間立て籠もった
「島原の乱」。
日本歴史上最大規模の一揆であり、
幕末以前では最後の内戦となった
場所です。

 ⑦ ⑧

 

 

 ⑨ ⑩

 こんにちは。四国支部の池田です。

四国研修センターのある香川県綾川町では一年に2回、ボランティア有志による
クリーンアクション活動(幹線道路沿いゴミ拾い)を行っており先日、
綾川町男女共同参画会議メンバーや研修生と実施しました。
① ②
1時間ほどの作業でしたが、日本についての感想で「日本は道路や町がキレイで
素晴らしいです」と話すことの多い研修生にとって、意外にゴミのポイ捨てが多いことや
ボランティア活動でゴミ拾いなどすることを知るとともに初めての体験!貴重な機会と
なったようです。研修生の国では事情によりゴミ拾いを生業にしている人々もいますが、
おおよそその状況は過去のスタッフブログから確認いただけます。

・インドネシア:諸江さん☞ http://www.oisca.org/blog/?p=6574

・ミャンマー  :芦田さん☞ http://www.oisca.org/blog/?p=22918

諸江さんが指摘しているようにゴミを拾って集めても設備や施設が整っていなければ
処分に困りますが、ゴミの分別回収やリサイクルが進んでいると思われる日本では
資源ゴミ(電子機器やプラスチックなど)の取り扱いに大きな問題が発生(資源ゴミの
輸出先であった中国が昨年から、そしてタイが今年から輸入を禁止)しており、
今後は新たな輸出先を探すか日本国内で処理する必要に迫られています。
(報道では、資源ゴミ輸入禁止で操業停止に追い込まれた中国のリサイクル業者が、
日本へ拠点を移す動きが拡大しており、その動きに伴ってリサイクル工場で働く
中国人従業員も移ってきているそうです)
誰しも豊かで便利な生活に憧れますが、より美しい地球環境を次世代に繋ぐため
「ゴミは発生元で処理するのが原則」、ゴミを捨てないことや食品など過剰包装を
止めること、そして、子どもたちや住民への環境教育など自然を愛する心を育てて
いくことが大切であると改めて思うとともに、引き続き、研修生には実践を通じて多くの
学びと気付きを得て帰国して欲しいと思っています。
皆さま応援よろしくお願いいたします。
③ ④