OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

 

みなさん、こんにちは。四国研修センタースタッフのガディです。

423日(日)にオイスカ・ヤング・リーダーズ(以下OYL、詳しくは こちら →→→ http://www.oisca.org/news/?p=9813

活動として、「竹の子フェス」を開催しました。

 

IMG_0424 (640x480)

 

 

 

 

 

 

これは、竹林について学び、タケノコを掘り、おいしいタケノコ料理を食べるイベントです。当日は、大人25名・子ども30名にご参加いただき、そこへ四国センターのスタッフと研修生、OYLメンバーなどが加わって、大賑わいの一日となりました。(はじめは参加者がなかなか集まりませんでしたが、50名を超えてびっくり!よかった~。皆さん、ご参加いただき本当にありがとうございました!!)

 イベントの始めに、OYLメンバーの三好さんが竹について説明をしました。竹林に関する情報をわかりやすく面白く教えてくれ、子どもも大人も竹について理解することができました。それからいよいよタケノコ掘りです。皆掘るのが早く、いくつかタケノコに印をつけて準備していましたが、その数以上に竹林の中を探してたくさん掘ってくれました。参加者はほとんど家族で、掘るとき難しいところは親がして、少し簡単なところは子どもがやったり、子どもがタケノコを見つけて親に「こっちにタケノコあるよ」と親が「良く見つけたね」の会話も聞こえたり、この活動で親子のつながりの大切さがよく分かりました。そして親が自分の子どもに体験させたい気持ちは大事だと感じました。

 昼ご飯は竹の節を使って長いお皿を作り、その中にセンターで作った料理をのせて皆で一緒に頂きました。煮たタケノコを使った揚げたての天ぷらやタケノコご飯、フィリピンの「ビナターアンバンブー」(ココナッツ味)、アジア風タケノコスープ、も出しました。ボランティアの人もタケノコをトッピングしたピザを作ってくれました。最後にはバンブーダンス・バンブーバンドを披露し、全員が一緒に踊って歌う、楽しいしめくくりとなりました。

IMG_0493 (640x479)

 

 

 

 

 

 

今回はわたしがリーダ―として初めての活動でしたが、いろいろな人がサポートし、研修生も力を貸してくれて本当に感謝しています。OYLのメンバーも忙しい中、アイデアや力を出し合い、協力できました。皆さん次の活動もぜひご参加ください‼(ガディ)

 

 IMG_0445 (640x480)

 こんにちは。四国支部の池田です。

香川県から約1,000km。いよいよ海岸林再生プロジェクトを実施している宮城県名取市に到着です。
先ずは、仙台空港近くの防潮堤へ。

DSC_0632 海岸林4-②

東日本大震災発生から六年が経過した今年3月31日に仙台湾南部の海岸堤防が復旧したことを
記念したプレートが設置されていて、完成までの工事の歩みが刻まれていました。

海岸林4-③ 海岸林4-④

 

 

 

 

 

 


訪ねた日は5月5日こどもの日。
晴天と陽気に恵まれ、家族連れで海を見に来ている人達もいました。海へ向かう気持ちとともに、
成長しているクロマツ海岸林へも想いを抱いていただけたらと感じました。

海岸林4-⑤ DSC_0630

 

 

 

 

 

 

初期(2014年)の植栽エリアを視た後は名取海岸北端の閖上(ゆりあげ)地区へ。
数年ぶりに訪ねましたが、先ず目に飛び込んできたのは復興桜と大書された看板。

海岸林4-⑦ 海岸林4-⑧

 

 

 

 

 

 

 

海岸林4-⑨

 

 

 

 





伊達政宗公所縁の貞山運河沿いに漁業と農業の町として発展した閖上地区では復興の象徴として
桜並木を造る計画のようで、クロマツ海岸林の後背地に続く将来の姿に想いを馳せた一時でした。

海岸林4-⑩

DSC_0700

 

 

 こんにちは。四国支部の池田です。

相馬市を後にして海岸沿いを北へ向い宮城県最南端の山元町に入ると大きな石碑がありました。
周辺では防潮堤の工事や重機による盛土などが行われており、視界を遮る物が無い所に建立されていて
美しい花々が供えられていました。

海岸林3-①

DSC_0592

DSC_0589


石碑には、この地には常磐山元自動車学校があり
教習中だった教習生26人と役職員11人の全員が
犠牲となった慰霊の碑であることが刻まれていました。
大地震が起きた3月11日といえば、高校を卒業した
人達が多く自動車学校へ通う時季。
社会に出て働くことや大学に進学が決まっていた
青年達が多かったのではないかと想うと、込み上げて
くるものあり合掌せずにはいられませんでした。


引き続き工事造成中の区域を進んでいると、大きな数本のマツに囲まれ、
きれいな朱色の鳥居が見えたので立寄ってみました。
津波により倒壊した社殿を再建中で鳥居付近に鎮守の森を復活させる
植樹活動が行われた看板が設置されていました。
マツの周辺には複数の樹種が植えられて壁のように繁っており、
順調に大きく育っているようでした。

海岸林3-④ 海岸林3-⑤

 

 

 

 

 

 


続いて農地造成中の区域を進んでいると、小高い丘が点在する場所に出たので上がってみると、
津波に備えての避難丘でした。「地震が起きたら津波に備えて、とにかく高い所へ逃げること」-
大惨事から得た、次代に語り継いでいかなければならない教訓であることを実感しました。

海岸林3-⑥

 DSC_0603

 

 

 こんにちは。四国支部の池田です。

常磐自動車道を北上して先ずは相馬市へ。
同地を治めた相馬氏の祖といわれる平将門が始めた武術訓練に起源をもつ、
勇壮な騎馬武者達が繰り広げる戦国絵巻「相馬野馬追」で有名な地で以前から
訪れてみたかったので漸く念願が叶いました。

海岸林2-① 海岸林2-② 海岸林2-③

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JR相馬駅や相馬氏代々の氏神として崇敬され天之御中神を祭神としている
相馬中村神社のある中心部(海岸から約5㎞)は閑静な街並でしたが、日本百景
および白砂青松百選の選定も受けている松川浦(砂州により太平洋と隔てられた
南北5 km・東西3 kmの南北に細長い入り江(湾))では、漸く堤防が繋がり、
クロマツ植栽による海岸防災林再生の取り組みが行われていました。

海岸林2-④

海岸林2-⑤ 海岸林2-⑥

 

 

 

 

 

 

 

 

当日は晴天に恵まれ風もなく海も穏やか。
六年前この海が恐ろしい姿に変わったことが
信じられない、静かで心和む風景でしたが、
港の近くに数本のマツと新しい白壁の建物が…。

 

海岸林2-⑧

 

 

 

 

 

 


気になったので立ち寄ってみると「伝承鎮魂祈念館」の看板が掲げてあり、
相馬市の震災前の原風景や震災の記録などを、写真や映像で見ることができ、
震災で得た経験や教訓を次世代に語り継いでいくための施設でした。

海岸林2-⑩海岸林2-⑪

 

 

 

 

 

 

海岸林2-⑫ 海岸林2-⑬

 

 

 

 

 

 

相馬市では原釜・尾浜地区などをはじめ458名の尊い命が失われたとのことで、
犠牲となられた方々の御冥福を祈念する真心の込もった展示で、
ぜひ多くの方に見ていただきたいと思いました。

一時間ほど見学して周辺のクロマツを撮影していると…、んッ⁉ マツではない何かが!

海岸林2-⑭ 海岸林2-⑮

 

 

 

 

 

 

近寄って説明版を読んでみると…、

海岸林2-⑯

「奇跡の藤」!

今年3月11日に設置された説明版から、市民の方々の藤に寄せる熱い想いを感じました。
筆舌に尽し難いダメージを私達に与えた自然ですが、生きる人々に希望を与えるのも自然。
一日も早く再び憩いの場となることを願いながら、相馬市を離れて名取市に向かいました。

海岸林2-⑲

 

 

 こんにちは。四国支部の池田です。

皆さんは今回のゴールデンウィーク、どのように過ごされたでしょうか?

土曜日や日曜日など絡めて大型連休となり国内外を旅行された方も多かったそうですが、
先日の吉田部長ブログで紹介あったように
(☞ http://www.oisca.org/kaiganrin/blog/?p=17238)
香川県産マツノザイセンチュウ抵抗性クロマツが二年の育苗期間を経て植栽されたので、
プロジェクトを私は久し振りに訪問しました。
そこで、道中で見たことや感じたことを数回に分けて綴ります。

 2011年3月11日に東日本大震災が発生し約半年間、水や衛生用品などの
物資支援を担当させていただき茨城県北部~福島県いわき市を数回、
訪ねたことがありましたが四国に異動後は機会なく、
現在の復興状況も確認しておきたかったので、今回は2015年3月1日に
三年遅れで全線開通した常磐自動車道
(☞ http://www.e-nexco.co.jp/pressroom/press_release/head_office/h26/1225/)
を北上しましたが、一部の帰還困難区域では一般道で通行が規制されていて、
車窓から見る風景も時が止まっているような区間があり、現実の厳しさを感じました。

海岸林①海岸林②

 

 

 

 

 

 

 

海岸林③

 

しかし「ならはPA」では、
子供たちの発案による素晴らしい取り組み等を
見ることが出来て、
一歩ずつ復興に向けて歩みを進めていることに感動!
恥ずかしながら励まされる気がしました。

 


海岸林④海岸林⑤

 

 

 

 

地域自らの努力も欠かせない復旧・復興への取り組みを
多くの人に知っていただきたいと思う常磐道通行でした。