OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

こんにちは、広報室の倉本です。

11月も半ばを過ぎて、少しずつ冬の気配を感じるようになってきました。
朝一の洗顔時、冷水を顔につけるのに覚悟を持ち始めるこの頃です。
ついこの前まで、夏の暑さ対策に塩飴を買ったり、ひんやりする繊維のタオルを用意したりと
あたふた準備をしていたような気がするのですが、季節が過ぎるのはあっという間ですね。

 

そして、季節の移り変わりは月日の経過を思い起こさせるもの。

最近、オイスカの過去のさまざまな情報を、これまでの記念誌を元に少しずつ調べているのですが、
オイスカも1961年の設立以来、たくさんの季節と活動の積み重ねの上に成っているんだなあと
改めて感じています。記念誌だけでなく、CFPのニュースレターとしてお馴染みの
LOVE GREEN NEWS第1号や、オイスカとして活動が始まったばかりの時期に撮られた
写真のフィルムなど貴重な資料が多数あり、職員となり日の浅い私の勉強のためにも、
その中で気になったものを今後こちらで不定期にご紹介できたらなと考えています。

 

さて第一回となる今回は、オイスカ岐阜県支部の創立20周年記念誌から。
記念誌によると、岐阜県支部は㈶オイスカ産業開発協力団岐阜県支部として
1975年に設立されたそうで、記念誌にはその年に行われた第9回オイスカデー記念式典の写真や、
岐阜県各支局の活動写真などが掲載されています。

 

記念式典には常陸宮殿下・妃殿下をお迎えし、岐阜グランドホテルで開催されたのだそう。
とても盛大に行われていた様子が見て取れます。

20181116171556-000120181116171712-0001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、91~94年に行われたタイの植林事業の様子も。
現地の県知事やたくさんの村の方々も交えて和気あいあいの雰囲気。
毎年4万本もの木を植えたとのことで、とてもやりがいのありそうな作業です。

20181116171712-0002

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各支局の活動の様子では、国際親善交流大会や、中部研修センターの研修生を交えた行事、
当時のタイ・チェンライ県副知事が大垣市役所を表敬訪問など、
支局ごとに特色のある事業の写真が多数掲載されていました。

(以下にある支局以外にも、岐阜北支局、中濃支局、岐阜中央支局、
岐阜本巣支局それぞれとても印象深いショットが載っていました)

20181116171712-000320181116171712-0004

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他にも75~95年までのいろいろな場面
(15周年の式典や、阪神大震災時のボランティアの様子など)がまとめられており、
その時々の背景も思い起こされるような内容となっていました。

 

 

 

この記念誌が発行されてから23年。
23年前のことと聞いて「あれ、そんなに前のことじゃないね」と感じるか、
「そんなに経つのか~」と感慨深く思うのか、それはそれぞれ違うところだと思います。
しかし、岐阜県支部が75年に設立し、このような歴史を辿り、関係した各国や人々、
そして自然において、現在に至るまでに影響を及ぼしたものは本当に大きなものではないかと思います。

 今、この記念誌を手に取りそんなことを考えつつ、
他の支部ではどんなことをされていたのかな~とさらに興味を深めています。
記念誌もそうですが、当時の行事の資料や写真も探してみたいと思います。

 さらに、「こんなことがあったよ」「こんな資料があったよ」という情報があれば
ご提供いただけたら嬉しいな、とか考えてみたり。

 

こんにちは。本部のカロウです。

今年度最後となる子ども親善大使招聘事業(今年度は3回実施し、それぞれ無事に終了しました。来年も内容を検討しながら実施する予定です!)

 

今回は、フィジーとミャンマーから子どもたちが来日し、10月22日から11月2日の期間、東京・岡山・大阪・奈良・岐阜の各所で交流活動を行いました。

とっても中身が濃かったので、数回にわたりお伝えしたいと思います。

 

■オルビス㈱

同社には、2002年よりフィジーにおける「子供の森」計画の活動をご支援いただいています。過去には、社員が直接現地に赴き、マングローブ植林や、支援先の小学校周辺の山での植林を行っていただくなど、長く継続的に支援いただいております。

今回は、フィジーより親善大使が来日したので、これまでの報告とお礼に伺ってきました。

最後には笑顔で記念撮影

最後には笑顔で記念撮影

子どもたちは憧れのオルビスさんへの報告とあってガチガチに緊張。

しかし頑張って覚えた日本語での発表をやり切りました!

 

■三菱自動車工業㈱

同社には、三菱自動車 STEP募金を通じたご寄附をいただいており、これまでに、全国に3つある製作所のうち、岡崎・京都へ訪問し、親善大使による活動報告を行ってきました。今回は念願であった水島製作所を訪問し、活動の報告と民族舞踊を披露しました。報告会では120名の従業員の方を前に報告。たくさんの従業員の皆さまを前に、子どもたちはとっても緊張していましたが、堂々と発表してくれました。

三菱自動車さんからは、「「子供の森」計画の活動意義がよく理解できた」「いきいきした子どもの姿に感銘を受けた」「日本語での発表が素晴らしかった」などの感想をいただき、子ども親善大使の思いが従業員のみなさんに伝わったようで嬉しく思いました。

また電気自動車 i-MiEV に試乗、充電も体験させてもらい、日本の環境に対する取り組みも学ぶことができました!

 

※「三菱自動車STEP募金」三菱自動車グループの社員が自主的に毎月の給与から定額を継続的に募金し、積み立てた募金を社会貢献活動方針に基づき有効に役立てるもの。

電気自動車を充電させてもらっています

電気自動車を充電させてもらっています

4 (125)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様こんにちは。
啓発普及部 野木です。

11月3日に、東京都の水源地であり、オイスカが支援企業さんと協働で
森づくり活動などを展開している山梨県丹波山村の収穫祭に行ってきました。

この「収穫祭」では例年、村が出すお蕎麦コーナーのお手伝いをしています。
お蕎麦は地元の方が村で育てたそば粉で手打ちし、その場でゆでたてを提供するので、
とても美味しくて、毎年これを目当てに収穫祭に来られる方もいるほど。
オイスカのメンバーは盛り付けと呼び込みを担当。お蕎麦の魅力をこれでもかとアピールしました!
お客様の「美味しい!」の一言が本当にうれしかったです。

KIMG2166 KIMG2161

なぜ、村のイベントのお手伝いをオイスカがしているかというと、
私たちが丹波山村の「クラインガルテン交流事業」に参加しているからです。
この事業では、耕作放棄地を活用して土に親しむ場を提供しようと、
都市住民を対象に畑と小屋(シャワーを浴びたり休憩したりできる施設)を貸し出しています。
これを利用する都市住民と村の人たちとの交流も一つの目的となっています。
オイスカも支援企業さんと共に小屋をお借りし、畑で作物を育てているのです!

この日は、「収穫祭」のお手伝いの後、5月に植えたサツマイモを収穫。
普段、畑の管理をしてくださっている村の方にご指導いただきながら、
夏のうちにイバラのように育って絡み合った蔓を切りました。
それを運ぶだけで滝のような汗が。サツマイモも土の中のどこにあるか見当がつかず、
傷をつけないように鍬を使って収穫するのがとても大変でした。気を抜くとポキッと嫌な音がして、
サツマイモが真っ二つになってしまうことも……。

それでもたくさんのサツマイモを収穫できて、一緒に作業したみんなと達成感を味わいました。

P1030681

7月には青かったサツマイモの葉っぱ

KIMG2171

収穫前のサツマイモの葉は茶色

KIMG2178

顔くらい大きいものも収穫!

画像をクリックするとPDFファイルが開きます

画像をクリックするとPDFファイルが開きます

同じ山梨県の南アルプス市でも「南アルプスクラインガルテン」で、新規利用者を募集されているそうです。
地元の農村文化を楽しむ行事やイベ ントに参加したり、お世話役農家から 農作業の仕方、この土地での野菜づくりの指導を受けることができます。

ご興味のある方はぜひ以下をご覧ください→

南アルプスクラインガルテン ウェブサイト⇒http://minami-alps-klein.jp/

皆さま、こんにちは。

海外事業部のマスドメです。

ロンボク島の震災発生後の8月からの現地調査の様子をこれまでお伝えしましたが(OB編学校・地域住民編)、今回は現場で実施した活動の様子をお伝えします。

まず、今回現地での復興活動を中心として担ったのが、スカブミ研修センター・木工部門の責任者のバンバン氏。前回調査に出向いた同センター所長のハリッド氏同様に、このロンボク島出身のスタッフということで、今回のチームリーダーに抜擢され、彼を支える2名、同じ木工部門のディックディック氏と元センタースタッフのイムロン氏の計3名がセンターより派遣されました。

支援チームのメンバー。左からバンバン氏、イムロン氏、ディックディック氏

支援チームのメンバー。左からバンバン氏、 イムロン氏、ディックディック氏

被災地での物価高騰の影響を避けるため、事前に物資を調達 研修生も準備を手伝った

被災地での物価高騰の影響を避けるため、事前に物資を調達 研修生も準備を手伝った

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフ派遣に当たり、ハリッド所長による現地調査で得たニーズ情報をもとに、毛布やゴザ、洗剤・石鹸やおむつなどの日用品、さらなる地震の発生や建物の倒壊を恐れ、家の外で暮らす人々のために防水シートなどを準備しました。

被災地のロンボクでは、物資不足で物価が高騰し始めている、という情報を得ていたため、できる限りの物資をスカブミから準備し、さらに現地オイスカ関係者によって集められた古着など、被災地で必要とされる多くの物資がセンターのトラックに搭載され、一行は研修センターを出発。

ちなみに、「Food First」をスローガンの1つとして掲げるオイスカが忘れてはならない「食」の支援として、お米も現地調達で1000㎏用意しました。    

今回の移動イメージ。スラバヤからロンボクまではフェリーを利用 2泊3日の長距離移動となった

今回の移動イメージ。スラバヤからロンボクまではフェリーを利用                2泊3日の長距離移動となった (クリックで拡大)

西ジャワに位置するスカブミ研修センターから被災地のロンボク島まで、地図のように陸路でみると1000㎞以上の道のりを、今回はジャワ島スラバヤ-ロンボク島間でフェリーを利用し、3日掛けて一行は今回の活動地に入りました。

3名がようやくロンボク島入りした際には、現地のOBやその親族、地域の人々が彼らを出迎え、リーダーのバンバン氏の実家を拠点にさっそく物資の荷下ろしがなされました。手伝ってくださった住民のみなさんのご協力も大変ありがたいものでした。

ロンボク到着後、村での荷下ろしを子どもから大人まで手伝てくれた

ロンボク到着後、村での荷下ろしに子どもから大人まで参加

運んできた物資の仕分けを夜まで住民と行った

運んできた物資の仕分けを村総出で夜まで行った

「Food first」の精神は今もオイスカに!1000㎏のお米を現地調達

「Food first」の精神は今もオイスカに!      1000㎏のお米を現地調達

 

 

 

 

 

 

 

 

大量にある物資は、各村のニーズなども踏まえた上で支給が必要となるため、スカブミからの3名、そして現地のOB達で事前にミーティングがなされ、これから始まる活動のために計画が練られました。

現地オイスカ・ロンボクのメンバーと支援活動の詳細を打ち合わせ

現地オイスカ・ロンボクのメンバーと支援活動の詳細を       打ち合わせ

メンバーからの意見や情報を取りまとめるリーダーのバンバン氏

メンバーからの意見や情報を取りまとめる        リーダーのバンバン氏(右)

メンバーの一人、Sri Mulyati氏は、ロンボクでオイスカ調整員を務めたこともある

メンバーの一人、Sri Mulyati氏は、ロンボクで     オイスカ調整員を務めたこともある

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さまからこれまでご協力いただきました貴重なご寄付は、このように現地の人々が主体となって、実際の活動まで結びついています。

さて、次回は実際に始まった活動の様子をお伝えします。引き続きどうぞ応援をよろしくお願いいたします。

 

 

こんにちは、海外事業部の中川です。

先日10月26日、山梨県の芦澤養蚕を訪問いたしました。

フィリピンでは、1989年より「ネグロス養蚕普及プロジェクト」が行われていますが、芦澤養蚕では、20年以上も前から、フィリピン(特にネグロス島)出身の研修生を受け入れて下さっています。

芦澤養蚕の芦澤定弘さんは、養蚕業界でとても有名な方で、蚕の新しい品種の取り入れにも試みていらっしゃいます。また、年に数回、自費でネグロス島へ渡航され、以前指導した研修生のもとを周り、養蚕農家の指導をして下さるなど、フィリピン、ネグロス島の発展にも尽力されています。
そんな芦澤さんのもとで、現在学んでいるのは、ラニーロさんとアルマンさん。2人は、今後のネグロス島の発展における重要な存在で、来月まで芦澤さんのもとで研修を行う予定です。日本では養蚕が活発に行われる時期は春から晩秋にかけて4回あり、研修生はその期間、日本の先進的な養蚕方法を習得しています。

今回の訪問では、今後のフィリピンにおける養蚕に関する意見交換を行ったほか、養蚕を行っている倉庫を見学させてもらう機会も得ました。現在は、蚕は飼育されていませんでしたが、養蚕の流れを学び、機械や器具を見せて頂きました。会話の中で、特に印象に残ったことは、芦澤さんが桑の重要性についてとても熱く語られていたことです。長く持続的に養蚕を行うには、桑に無理をさせずに育てていくことが大切だそうです。また、会話の中で、ラニーロさんとアルマンさんが芦澤さんのことを「お父さん、お父さん」と呼んでいたのが心に残りました。一緒に生活する中で、技術だけではなく、養蚕や研修生、ネグロス島に対する芦澤さんの熱い思いが伝わっているのだろうな~と感じました。文化や言語、国を超えて研修生に慕われる、芦澤さん。今回の訪問では、そんな芦澤さんのお姿がとても印象的でした。いつもありがとうございます。これからも、よろしくお願いします!!

芦澤さんと2人の研修生と今後のネグロス島の発展について話し合う様子

今後のネグロス島の発展について話し合う様子

蚕の上に登る習性を活かした、回転まぶし!

上に登る蚕の習性を活かした、回転まぶし!