OISCA

文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

マラ公団・オイスカビジネスフォーラム 2015 投資セミナー/商談会のご案内

2015年7月22日 ( カテゴリー: イベント )

第4回ビジネスフォーラムを今年もマレーシアで開催します。

今年の会場はサラワク州の州都・クチンです。
サラワク州は豊富な地下資源に恵まれ、農産物の生産地としても有名です。
マレーシア政府はビジネスフォーラムへの強い期待を表しており、
サラワク州の首席大臣も出席予定です。
マレーシア市場への参入や販路拡大にご関心のある事業者の皆様は是非この機会をご活用ください。

前回のフォーラムの様子(日・マの企業によるマッチングセッション)

前回のフォーラムの様子
(日・マの企業によるマッチングセッション)

【ビジネスフォーラム概要】
■主催:マレーシア政府系機関マラ公団(MARA)

■共催:オイスカインターナショナル

■日程:2015年10月12日(月)〜15日(木) ※日程(予定)はこちらをご参照ください。

■会場及び利用ホテル: Pullman Kuching(プルマン クチン) http://www.pullmankuching.com/

■参加費用: 90,000円 (お一人/税込)
 ※参加費用に含まれるもの 5つ星ホテル3泊分(2名1室利用)、食事(13日、14日)、
   フォーラム全日程中の参加費、現地移動交通費、会場費、通訳代、視察関連費等
 ※1名でのご参加は、ホテル1名1室利用の追加料金として、15,000円(税込)が追加でかかります
 ※参加費用に含まれないもの 日本⇔クチン国際空港までの航空券代(クアラルンプール・
   コタキナバル国際空港などから乗り継ぎが必要です)、海外旅行保険料、空港⇔ホテル送迎、
   商談に使用するサンプル輸送費、その他上記以外のもの
 ※本参加費は、負担金となり税控除の対象にはなりません

■フォーラム対象業種:再生可能エネルギー、第一次産業(Agro)ベースの産業、ハラル食品関係等
*その他業種でも事前にお問い合わせをいただければ、調整いたします

■申込方法:申込書をダウンロードしてFAXまたはE-mailにてお申し込みください。事務局より振込依頼をお送りしますので、お振込が確認できましたら、申込完了となります。

■申込締切: 2015年9月18日(金)までの申込書到着

■お問い合わせ・お申込み
公益財団法人オイスカ   
〒168-0063東京都杉並区和泉2-17-5        
電話: 03-3322-5161 FAX : 03-3324-7111
海外事業部 菅原(すがわら) E-mail: matching@oisca.org

<3/19開催>森林ビジネスの可能性~持続可能な森林管理とビジネスの両立を目指して~

2018年2月20日 ( カテゴリー: イベント )

2018年3月19日(月)、林野庁補助事業途上国持続可能な森林経営推進事業の第3回セミナーが、TKP市ヶ谷カンファレンスセンターで開催されます。「森林ビジネスの可能性~持続可能な森林管理とビジネスの両立を目指して~」と題し、林産物を活用した森林ビジネスモデルなどをご紹介します。
ウズベキスタンの事例をオイスカスタッフが発表します。

<森林ビジネスへの取り組み>

森林ビジネスの可能性森林は、木材、食糧、燃料、薬などの生産に加えて、気候変動対策など様々な機能をもっています。しかし、世界の森林は、毎年520万ヘクタール、日本の面積の約14%に等しい規模で減少していると言われています。森林保全や森林の持続的な利用は、今日の大きな課題です。

国際緑化推進センターは、森林保全や森林の持続的な利用と両立する、林産物を用いた森林ビジネスに着目しました。森林ビジネスによって、森林保全、森林の経済価値の工場や地域住民の生計向上などの多様な効果が期待されます。そのような森林ビジネスについて、森林減少が懸念される途上国を対象に、ビジネス化の可能性がある林産物の発掘、市場のニーズ把握、加工法の改善等を調査し、ビジネスモデルを提案しています。(途上国森林ビジネスデータベースBFPRO: http://jifpro.or.jp/bfpro/)

このセミナーでは、森林ビジネスに携わる/試みる企業やNGOが、森林ビジネス製品のマーケット力、ビジネス化にあたっての課題と解決策、森林ビジネスのビジネスモデルを紹介します。また、海外でのビジネスや環境保全など、森林ビジネスに限らない様々な情報を共有します。

 

■開催日時
日時:3月19日(月曜日)14時00分~17時00分
会場:TKP市ヶ谷カンファレンスセンター ホール5C

■プログラム
開会
趣旨説明:国際緑化推進センター
森林ビジネスモデルの紹介
① マルーラオイル販売による住民参加型自然資源管理の促進(ボツワナ)
:オリエンタルコンサルタンツグローバル株式会社
② ニクジュヨウ栽培による砂漠緑化と地域住民の生計向上(ウズベキスタン)
: 公益財団法人オイスカ
③ テンカワンオイル販売によるオイルパーム農園拡大対策と文化の伝承(インドネシア)
: 国際耕種株式会社
パネルディスカッション:森林ビジネスの可能性―森林保全とビジネスの両立―
閉会
※使用言語:日本語

■産品紹介
マルーラオイル(化粧品)
ニクジュヨウ(医薬品、健康食品)
テンカワンオイル(食品、化粧品)
ココウッド(木材)
コパイバオイル(化粧品、忌避剤)

■申込
参加費無料
定員90名
申込フォームよりお申し込みください。

■問い合わせ
公益財団法人国際緑化推進センター(担当:森山・佐野)TEL: 03-5689-3450

 

<3/24開催> 国際森林デー2018 みどりの地球を未来へ ~五感でつなげる世界の輪~

2018年2月6日 ( カテゴリー: イベント )

平成30年3月24日(土曜日)に、東京都江東区の木材・合板博物館において「国際森林デー2018 みどりの地球を未来へ ~五感でつなげる世界の輪~」が開催されます。

国際森林デー表

国際森林デー裏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「国際森林デー」は、平成24年(2012年)12月に開催された国連総会で決まった、森林や樹木に対する意識を高める記念日です。毎年3月21日を「国際森林デー」とすることが決議され、これを記念して毎年イベントを行っており、今年度は平成30年3月24日(土曜日)に「国際森林デー2018 みどりの地球を未来へ ~五感でつなげる世界の輪~」を開催します。これらのイベントを通じて、世界中で、日本各地で植樹や森林の保護・整備など、森と木に関連した活動が広まっています。

当日は、各国の駐日大使館・国際機関の職員やその家族、留学生を招待し、ミニコンサート、映画「うみやまあひだ」の上映会、木の小皿やバターナイフを作る木工教室、留学生との交流会、木材・合板博物館見学会を行います。

このイベントの一般参加者(4歳以上)を募集しますので、ぜひ御応募ください。

本イベントを通じて、人種、民族、国籍を超えて交流を深め、樹木に親しむ機会をともにすることで、森林を尊ぶ心を世界に広げます。

 

■開催日時
日時:平成30年3月24日(土曜日)13時00分~16時00分
会場:木材・合板博物館(東京都江東区新木場1-7-22新木場タワー)

■スケジュール

<第1部 13:00~13:50>
オープニングセレモニー、ミニコンサート

<第2部 14:00~16:00>
映画鑑賞会「うみやまあひだ~伊勢神宮の森から響くメッセージ~」
ワークショップ
-木工教室 ※申込時要予約 (各回先着最大14組28名様まで)

-国際交流会

-木材・合板博物館見学会

 

■募集予定人数
200名(4歳以上、中学生以下のお子様は保護者の方と御参加ください。)

 

■申込み要領

(1)申込方法
参加を希望される場合は、①代表者の氏名②郵便番号・住所③電話番号④参加希望者全員の氏名・年齢⑤木工教室を希望する場合は参加希望者の氏名とお子様の学年、を記入の上、郵便はがき・FAX・電子メールにてお申し込みください。

参加費は無料です。先着順で受付を行い、招待状を郵送しますので、当日ご持参ください。

郵便はがき :〒160-0023東京都新宿区西新宿8-2-5新宿ウェストビル3F セレスポ新宿営業所 国際森林デー2018係
FAX番号:03-5937-3603
電子メールアドレス  :  kokusaishinrin2018@cerespo.co.jp(件名に「国際森林デー2018係」と記載してください。)

(2)申込締切

平成30年3月12日(月曜日)必着

(3)申込に関するお問合せ先

公益社団法人森林文化協会内 国際森林デー2018中央行事実行委員会 事務局

TEL:03-5540-7686(平日10時00分~17時00分)

 

■主催

国際森林デー2018中央行事実行委員会
(公益社団法人国土緑化推進機構、公益財団法人森林文化協会、公益財団法人オイスカ、NPO法人樹木・環境ネットワーク協会、林野庁)

四国支部・関西支部 知事から感謝状の贈呈 継続的な森づくり活動への評価

2018年2月1日 ( カテゴリー: 国内ニュース )

2017年11月19日、香川県で開催された第41回全国育樹祭で、浜田恵造知事より四国支部が香川県緑化功労者等感謝状を贈呈されました。

四国研修センターで農業などを学ぶ海外の研修生たちも森づくり活動に参加。日本の森づくりやその推進のための環境教育などについて学ぶ機会になっている

四国研修センターで農業などを学ぶ海外の研修生たちも森づくり活動に参加。日本の森づくりやその推進のための環境教育などについて学ぶ機会になっている

これは育樹祭開催を記念し、同県で森林保全や林業の振興などに尽力した個人、団体を表彰するもので、1995年より「地球環境の保全は足元から」とのスローガンを掲げ、香川県内を中心に四国全域で森づくりに取り組んできた同支部の貢献が評価されたものです。
同支部では会員や協力団体などと協力しながら、各地でヒノキやクロマツ、ヤマザクラなどの植林や下草刈りを継続的に行ってきました。
同支部の石井淑雄会長は「皇太子同妃両殿下がご臨席された式典で表彰され、光栄に感じた。今後、より一層の緑化の推進や、広く県民の皆さまへの啓発活動に取り組む決意を新たにした」と喜びの言葉を述べました。

活動に参加する日立造船の社員たち

活動に参加する日立造船の社員たち

また同12月19日、大阪府庁において長年にわたりアドプトフォレスト制度を活用して、府内で森づくりを行う企業や団体への感謝状贈呈式が開かれ、オイスカは協働する日立造船㈱と共に、松井一郎府知事より感謝状を受け取りました。同支部は2007年から5年間は西日本旅客鉄道労働組合と、12年7月からは日立造船と協働し、四条畷市の〝ふれあいの森〞で活動を進めてきました。主にスギやヒノキの間伐作業を行い、その材を活用した階段や歩道の整備を行うほか、「森のつみ木広場」に活用するつみ木も製作し、各種イベントや学校での広場に利用しています。

当日は同支部の岡崎昌三会長と事務局長の黒田吉則が出席し、これまでの取り組みについて発表。活動に参加した日立造船の社員からの「ふれあいの森を訪れた市民から『歩道が整備され、森の散策がとても楽しくなった』との声を聞いてうれしかった」といった感想も紹介されました。5年間の協定期間は終了しましたが、引き続き活動できるように協定を2年間延長し、今後は同社の社員も参加した体験活動を展開する予定です。

贈呈式の様子(提供:大阪府)

贈呈式の様子(提供:大阪府)

企業の森づくり活動 植えて→育てて→使う 森林の材の活用が進む

2018年2月1日 ( カテゴリー: 国内ニュース )
本社エントランスに誕生した“プチオルビスの森”

本社エントランスに誕生した“プチオルビスの森”

CSR(企業の社会的責任)活動のひとつとして、企業の森づくりが拡大を続けています。そうした動きの中でオイスカも企業と協働しながら、日本の森の健全化を目指し、ボランティア活動を通じて、植栽や植えた木の成長を促す管理作業、また国内の森林の現状を知ってもらうための啓発活動に取り組んできました。その一環で推進している〝材の活用〞が、オイスカと協働で森づくりを進める各企業でも取り入れられ、特色を活かした活用や本業に絡めた動きも出始めています。

 

 

 

森づくり活動には社員が参加

森づくり活動には社員が参加

2017年10月、オルビス㈱は自社の企業の森である「甲州市・オルビスの森」(山梨県甲州市)の間伐材を使った家具を本社エントランスに設置。〝プチオルビスの森〞と銘打ったこの取り組みは、社内のみならず外部からの来訪者に対しても、同社が取り組む森づくり活動への思いを伝える場にもなっています。
植えて、育てて、収穫し、適材適所で使用するというサイクルを生み出すことが、 森の健全化につながるとして、林野庁でもこうした国産材の利用やその啓発活動を「木づかい運動」として進めています。オイスカでもその推進に貢献すべく、今後も積極的に取り組んでいきます。

タイ 生計向上を目指す取り組みが地元主導で順調に広がる

2018年2月1日 ( カテゴリー: 海外ニュース )
生計向上につながりやすい養蜂への期待は大きい

生計向上につながりやすい養蜂への期待は大きい

タイ北部チェンライ県で、外務省日本NGO連携無償資金協力によって進む、3年間のプロジェクトが折り返し点を迎えた2017年11月下旬、海外事業部部長の森田章が現地を視察、順調に推移していることが確認できました。
プロジェクトは、山岳民族や地元住民が、植林による緑化やそれによって生まれる森の恵みを活用した生計向上を目指すものです。特に養蜂では、長引く雨季の影響でミツバチが全滅しかけるトラブルに見舞われながらも、女王バチ繁殖技術の研修を経て、開始当初よりハチの数を増やすことに成功するなど、成果が見られました。今後は蜂蜜収穫量の増加が期待でき、その蜂蜜を使った石鹸なども試作されています。また、高齢者でも取り組みやすいゼンマイなどの山菜栽培も軌道に乗り、地元の声をもとに設置した水浄化装置も稼働し始めています。持続可能性を高めるため、今後も地域住民主導によるプロジェクト運営を目指していきます。