OISCA

文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

マラ公団・オイスカビジネスフォーラム 2015 投資セミナー/商談会のご案内

2015年7月22日 ( カテゴリー: イベント )

第4回ビジネスフォーラムを今年もマレーシアで開催します。

今年の会場はサラワク州の州都・クチンです。
サラワク州は豊富な地下資源に恵まれ、農産物の生産地としても有名です。
マレーシア政府はビジネスフォーラムへの強い期待を表しており、
サラワク州の首席大臣も出席予定です。
マレーシア市場への参入や販路拡大にご関心のある事業者の皆様は是非この機会をご活用ください。

前回のフォーラムの様子(日・マの企業によるマッチングセッション)

前回のフォーラムの様子
(日・マの企業によるマッチングセッション)

【ビジネスフォーラム概要】
■主催:マレーシア政府系機関マラ公団(MARA)

■共催:オイスカインターナショナル

■日程:2015年10月12日(月)〜15日(木) ※日程(予定)はこちらをご参照ください。

■会場及び利用ホテル: Pullman Kuching(プルマン クチン) http://www.pullmankuching.com/

■参加費用: 90,000円 (お一人/税込)
 ※参加費用に含まれるもの 5つ星ホテル3泊分(2名1室利用)、食事(13日、14日)、
   フォーラム全日程中の参加費、現地移動交通費、会場費、通訳代、視察関連費等
 ※1名でのご参加は、ホテル1名1室利用の追加料金として、15,000円(税込)が追加でかかります
 ※参加費用に含まれないもの 日本⇔クチン国際空港までの航空券代(クアラルンプール・
   コタキナバル国際空港などから乗り継ぎが必要です)、海外旅行保険料、空港⇔ホテル送迎、
   商談に使用するサンプル輸送費、その他上記以外のもの
 ※本参加費は、負担金となり税控除の対象にはなりません

■フォーラム対象業種:再生可能エネルギー、第一次産業(Agro)ベースの産業、ハラル食品関係等
*その他業種でも事前にお問い合わせをいただければ、調整いたします

■申込方法:申込書をダウンロードしてFAXまたはE-mailにてお申し込みください。事務局より振込依頼をお送りしますので、お振込が確認できましたら、申込完了となります。

■申込締切: 2015年9月18日(金)までの申込書到着

■お問い合わせ・お申込み
公益財団法人オイスカ   
〒168-0063東京都杉並区和泉2-17-5        
電話: 03-3322-5161 FAX : 03-3324-7111
海外事業部 菅原(すがわら) E-mail: matching@oisca.org

人材育成事業/沖縄県受託事業 第1期生26名が実習を終え帰国 ふるさとでの活躍を誓う

2017年2月9日 ( カテゴリー: 国内ニュース )

沖縄県では県からの受託事業により、オイスカの技能実習生が離島も含めた各地で野菜やサトウキビ、花き栽培などの農業技術の習得に励んでいます。2016年12月15日には、14年1月にインドネシアとフィリピンから来日した第1期生26名の修了式が行われました。
フィリピンの高校で農業を教えていたエリガル・アボヨ・アバディリャは「母国と気候が似通った沖縄で各種野菜の種子の植え付けから苗の育成、管理などを総合的に学ぶことができた」と達成感にあふれた表情で語り、帰国後は復職し学んだ技術を生徒の指導に役立てることを約束しました。3年もの期間、糸満市、渡嘉敷村、南大東村、八重瀬町など各地で実習生の指導に当たってきた受け入れ先の方々はその成長を称え、別れを惜しむ姿が見られました。
8月には第2期生が実習を終え帰国する予定です。沖縄県では、今後も受け入れ先の協力を得ながら、各国の青年たちの育成を進めていきます。

26名が帰国した後も74名の実習生が日々学びを深めている

26名が帰国した後も74名の実習生が日々学びを深めている

西日本研修センター ラオス計画投資省大臣が来所 研修生の受け入れ要請も

2017年2月9日 ( カテゴリー: 国内ニュース )

2016年11月18日、ラオスから来日中のスパン・ ケオミサイ計画投資大臣一行16名が西日本研修センターを訪問しました。日本アセアンセンターの仲介により実現したもので、農場見学のほか研修生との意見交換などを行いました。

研修生が実践する有機肥料づくりなどを視察

研修生が実践する有機肥料づくりなどを視察

オイスカは1975年にラオスでの農業支援を開始し、日本でも同国からの研修生を受け入れていましたが、政情不安から撤退を余儀なくされた経緯があります。オイスカの人材育成活動への理解を深めた一行は、「さまざまな国の青年が母国の発展のために技術を習得しようと切磋琢磨する姿に感銘を受けた」と語り、ラオスの農業開発および人材育成に協力をお願いしたいとの希望も伝えられました。
大相撲九州場所の開催中で、合宿所としてセンターを利用していた髙田川部屋の力士からちゃんこ鍋が振る舞われるなど、日本文化の一端に間近に触れる場面もありました。

第43回東京フォーラム 在京外交団13名が参集 より緊密な連携に向け意見交換

2017年2月9日 ( カテゴリー: 国内ニュース )

2016年12月1日、衆議院第一議員会館(東京都千代田区)で第43回オイスカ東京フォーラムが開催されました。本フォーラムは1979年から続くもので、オイスカが活動拠点を置くアジア・太平洋地域の国々を中心とする在日外国公館関係者と国際協力推進に関する意見交換を行う場となっています。

中野総裁がフィリピンの元首やミャンマーの国家最高顧問と面会した際の内容を報告する永石安明専務理事

中野総裁がフィリピンの元首やミャンマーの国家最高顧問と面会した際の内容を報告する永石安明専務理事

冒頭、国内外で広がりを見せるオイスカの取り組みを海外事業部調査研究担当部長の長宏行が報告、続いてオイスカ・インターナショナルの中野良子総裁より、設立当時から脈々と受け継がれるオイスカの理念を伝えるとともに今世界が直面する「生命の危機」への警鐘を鳴らしました。また、あいさつに立ったオイスカ国際活動促進国会議員連盟の会長である石破茂衆議院議員は出席者と日本の現状や課題を共有、その中でのオイスカの存在意義などに触れ「オイスカと共に日本の人材や文化をよりよい世界のために活用したい」と強調しました。
今回のフォーラムには、パプアニューギニアやミャンマーなど協力関係のある国々をはじめ、活動拠点のないザンビアやブルガリアからも参加がありました。12ヵ国13名の大使および大使館関係者が出席、オイスカ活動のさらなる拡大への期待が寄せられるとともに、今後の連携強化に向けた活発な意見交換がなされました。

オイスカ・タイ 日本NGO連携無償資金協力事業 モデルプロジェクトの期待高まる

2017年2月9日 ( カテゴリー: 海外ニュース )

日本の外務省の「日本NGO連携無償資金協力」を得て、2016年6月よりタイ北部で進められる「チェンライ県の山岳地帯の貧困層を中心とした対象地域における森林保全・再生と生計向上プロジェクト」(以下、事業)。

プロジェクト開始宣言の様子。オイスカ・タイ総局のアリ・チョングリア会長(左)が実施概要を説明、来賓代表の副知事が承認し開始を宣言した

プロジェクト開始宣言の様子。オイスカ・タイ総局のアリ・チョングリア会長(左)が実施概要を説明、来賓代表の副知事が承認し開始を宣言した

12月15日、その開会セレモニーがチェンライ国際空港近くのパワドンリゾート&スパホテルで行われました。来賓に同県副知事、事業実施対象村のあるメースアイ郡長、県森林管理署関係者らを迎え、事業実施3村の代表グループや学校関係者、オイスカ会員など約180名が参加。開始宣言のほか副知事から祝福の言葉が述べられ、日本からは本部海外事業部部長の森田章があいさつに立ちました。
事業開始から半年が過ぎ、養豚や養蜂をはじめとする取り組みはおおむね順調に進んでいます。専門家やコーディネーターのアドバイスを取り込み自らもアイデアを出し工夫するなど村人たちの熱心な様子から、タイ北部山岳地帯の環境保全と生活改善のモデルプロジェクトとして期待されています。

バングラデシュ研修センター 現地スタッフによる プロジェクト運営がスタート

2017年2月9日 ( カテゴリー: 海外ニュース )

2016年7月、日本人7人を含む人質20人が犠牲となったテロの発生以降、バングラデシュ在住の日本人は緊迫した状況の中での生活を強いられています。さらに10月、同国で活動する海外のNGOとの連携を担う政府の部局から、NGOの駐在員情報が漏出しテロリストの手に渡った可能性があることが伝えられました。ダッカにあるバングラデシュ研修センターも含まれていたことから、オイスカは安全管理の観点から小杉辰雄駐在代表の引き上げを決定しました。

現地でのプロジェクト責任者となるアラム氏(右から3番目)

現地でのプロジェクト責任者となるアラム氏(右から3番目)

現地オイスカ組織に属するメンバーの申し出により、今後もセンターならびにマングローブ植林プロジェクトをはじめとする活動を継続。バングラデシュ総局のヌルル・アラム事務局長を責任者とし、研修生OBで養鶏専門家としてミャンマーや中部日本研修センターで活躍したラヒム・ウラ氏が支えるかたちで取り組んでいくこととなりました。
オイスカ本部は慎重に情勢を見守り、必要とされる対応を続けていきます。