OISCA

文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

【海外ニュース】
福岡県の青年 20 名がミャンマーの現場訪問ほか

2020年1月10日 ( カテゴリー: 海外ニュース )

福岡県の青年20名がミャンマーの現場訪問

11月4・5日、福岡県グローバル青年の翼の一行20名が、ミャンマーにおけるオイスカの活動拠点の一つである農村開発研修センター(以下、センター)や「子供の森」計画の参加校を訪問し、活動に参加しました。当事業は、福岡県が主催するもので、県内の青年を対象に、国際的な視野を持って、職場や団体などのリーダーとして活躍できる人材を育成することを目的に実施されており、5年前からセンターを訪問し、研修を行っています。

現地を訪れた参加者からは、「センター内での稲刈りや研修生との意見交換、また、学校訪問などを通じ、これまでのオイスカの地道な活動とその成果を知ることができた。オイスカと現地の人たちとの厚い信頼関係が伝わってきた」といった声が聞かれました。

 

カランガニアルで植樹祭開催


11月14日、インドネシアのカランガニアル県にあるラウ山で、 675名が参加する植樹祭が行われました。これは、経団連自然保護基金からの支援を受けて今年度スタートした「ジャワ島ラウ山麓における生物多様性豊かな森、及びその機能再生による共生を目指した担い手づくり」事業の一環で行われたものです。タワンマング郡の郡長をはじめとする郡の関係者、共に活動を担う林業公社や住民グループが参加。また、同事業では、植林による森の水源涵養や防災機能の向上と、生物多様性の回復を目指すと同時に、環境教育活動を通じ、森やその機能を守る次世代の子どもたちの育成を目指していることから、周辺地域で「子供の森」計画に参加する12校の子どもたちも植林に加わりました。

事業では、この日行われた植樹祭での植林を含め、アカシアなどの造林樹種のほか、カシュー(ナッツ)のような野生生物のエサとなることが期待される樹種など、1万1千本の苗木が今年度中に植えられる予定です。

 

校舎建設支援に向けロータリアンが訪緬

国際ロータリー第2520地区(岩手県・宮城県)はミャンマーの「子供の森」計画(以下、CFP)をはじめとする教育分野への支援を決定し、11月19〜22日、鈴木賢ガバナー(写真左)をはじめ同ロータリーに所属する宮城県支部亀井文行会長ら11名がピョーボエ郡ユワタ村を訪れました。

20日にCFP参加校であるユワタ村学校で支援贈呈式が行われ、同郡の郡長、教育長、農業局長や村長らが参加しました。同校は小学校から高校まであり、近隣地区から多くの生徒が通う基幹校ですが、校舎の不足が課題でした。そこで、支援の一環として新校舎を建設することが決まり、ドウリンパパコ校長は「よりよい教育環境を整えることができる」と感謝の意を表しました。校舎は3月に完成予定です。

また、一行はこの日、オイスカの農業指導者研修センターを視察し、同地でオイスカが行う人材育成事業についても理解を深めました。

【国内ニュース】東京国際大学にて講義を実施ほか

2020年1月10日 ( カテゴリー: 国内ニュース )

東京国際大学にて講義を実施

10月21日、特別法人会員である東京国際大学において、本部の萬代保男人材育成部長が、オイスカ活動について講義を行いました。同大学では、国際協力学部の学生を中心に、国内外のオイスカの現場での実践活動を行っており、今回の講義にも、8月に中部日本研修センターや西日本研修センターなどを訪問した学生が参加していました。

 

四国研修センターふるさと祭り盛況

10月26日、四国研修センターで、 250名の来場を得て、恒例のふるさと祭りが開催されました。ミャンマーやモンゴル、メキシコなど7ヵ国からの研修生のほか、普段は受け入れ先企業で技能の習得に励んでいる技能実習生らもセンターに〝里帰り〞し、お国自慢の料理をふるまったり、歌や踊りを披露したりと大活躍。毎年足を運ぶという家族連れは、「地域にいろいろなイベントはあるが、国際交流も自然体験も一緒にできるのが魅力」と話し、サツマイモ掘りを楽しんでいました。また、センターで育てたお米が抽選で当たったという女性は、「とてもうれしい。来年は友だちも誘って参加したい」と喜びを語りました。

 

西日本研修センター収穫感謝祭を開催

11月9日、西日本研修センターで「第11回収穫祭・秋」が催され、九州地区の会員や支援者を中心に1700名が来場しました。当日は、大相撲九州場所でセンターに滞在していた髙田川部屋の力士らも参加し、イベントを盛り上げました。
ステージイベントでは、地域の学校や各種グループによる演奏などが披露され、男性研修生によるフィジーの勇壮なダンスや女性研修生によるフラダンスも注目を集めました。また食べ物屋台の出店には地元の協力を得ての料理のほか、研修生も各国の料理を提供。研修生と会話をしながら交流を楽しむ来場者の姿も見られました。

 

インドネシア内務省の職員が活動現場視察

11月13日、インドネシア内務省の人的資源開発庁事務官と、バンドン市人的資源開発研修センター所長の2名が「海岸林再生プロジェクト」(以下、プロジェクト)の視察を行いました。同省はインドネシア国内で活動する海外の団体を統括しており、2019年は、オイスカ本部および日本国内における活動を視察する目的で、2度にわたって職員が派遣されました。
インドネシアは日本と同様、災害が多い国であり、防災や減災への取り組みに関心が高く、今回は、プロジェクトのほかにも震災遺構などの視察も行いました。東日本大震災後に整備された防潮堤や、かさ上げ道路、避難タワーなどに関心を示し、「インドネシアでは大きな災害後も、住民が再び同じ場所に同じように住めるような形でしか復旧してこなかった。日本では政府や自治体が復旧計画を作成し、レジリエンスの高い町づくりを進めていることが分かり、参考になった」と感想を述べました。
プロジェクトでは、オイスカがEco‐DRR(森林など生態系を活用した防災・減災)の考え方を広く発信する拠点としての役割を果たせるよう、今後も、国内外の視察団やボランティアの受け入れを積極的に行っていきます。

 

【TOPニュース】「海岸林再生プロジェクト」
大阪マラソンに寄付先団体として参画ほか

2020年1月9日 ( カテゴリー: 国内ニュース )

「海岸林再生プロジェクト」大阪マラソンに寄付先団体として参画

大勢の来場者でにぎわうEXPO会場

沿道の声援に応えるオイスカのチャリティランナー

 

 

 

 

 

 

 

 2019年12月1日、第9回大阪マラソンが開催され、新しくなったコースを約3万3千人が走りました。オイスカは6度目となるチャリティ寄付先団体(フラッグシップパートナー)に選ばれ、「海岸林再生プロジェクト」(以下、プロジェクト)に賛同し、7万円以上の寄付を広く呼びかけてマラソンを走るチャリティランナーを募集。関西地区を中心としたプロジェクト支援企業・団体やオイスカの法人会員から推薦されたランナーのほか、宮城県や富山県、香川県などから50名がエントリーしました。

 11月29・30日は、EXPO会場内のブースで、ランナーをはじめ、多くの来場者にプロジェクトの取り組みを紹介。マラソン当日は、関西支部の会員とプロジェクト担当スタッフらが、沿道にオイスカののぼりを立て、ランナーに声援を送りました。初めて大阪マラソンに出場したというチャリティランナーからは、「沿道の声援が途切れることなく、オイスカの皆さんにも各ポイントで応援してもらえて力になった」と、完走を喜ぶ声が聞かれました。

 

「子供の森」計画 子ども親善大使が2ヵ国から来日

ESD(持続可能な開発のための教育)の実践を根幹に据えて環境教育に取り組む東京都杉並区立西田小学校での交流会では、互いの環境保全活動について発表し合い、刺激を受けた

各地で、おいしい自然の恵みの収穫も多く体験。お世話になった皆さん、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 2019年10月21日〜11月2日、今年度3度目となる「子供の森」計画(以下、CFP)子ども親善大使招聘事業が行われ、インドネシアとタイのCFP参加校から代表児童ら8名が来日しました。一行は東京、大阪、奈良、岐阜で支援企業や関連団体を訪問し、現地での活動について報告したほか、環境学習や交流会などに参加。各報告会では、来日前に一所懸命練習した日本語で報告する子どもたちの話に、参加した皆さんがじっと聞き入る姿が見られました。岐阜県では多くの自治体を訪問したほか、5つの小学校で交流をし、幅広い層に対して環境保全に取り組むことの大切さを訴えました。

 また、各地で美しい自然に触れ、その保全の取り組みについても学んだ子どもたち。インドネシアのキンキンさんは、「森があることで豊かな水が生まれ、川にも生き物が棲めることがわかった。私の国では、川がごみで汚れていて悲しい。友だちと一緒にふるさとの自然を守っていきたい」と語るなど、帰国後のさらなる活動の推進に向けて、決意を新たにしていました。

 

静岡県支部モンゴル訪問 10 周年記念式典
環境観光大臣とブルガン県知事より感謝状
10 年の歩みと友好の歴史を振り返る

2019年12月3日 ( カテゴリー: 国内ニュース )

総勢約50名が会場に駆けつけた

 静岡県支部(以下、支部)は、2010年にモンゴルでの植林フォーラム(以下、フォーラム)を企画し、同国における緑化活動を開始。以来毎年回を重ね、今年で10周年となります。

 10月4日、クーポール会館(静岡市)でモンゴル訪問10周年記念式典を開催しました。落合偉洲支部会長をはじめ、支部関係者や会員、これまでのフォーラムの参加者が県内各地から駆けつけたほか、モンゴルからは、植林活動地(16〜19年)であるブルガン県セレンゲ村のナサンドラム村長をはじめ4名が参加。同国の環境観光大臣とブルガン県知事より、落合会長、フォーラム団長の富田三代治支部幹事のほか、初回のフォーラムから全ての回に参加した会員の久米善和氏などに、ナサンドラム村長から感謝状が手渡されました。

感謝状を贈呈するセレンゲ村ナサンドラム村長(右)と落合県支部会長

 ナサンドラム村長は、「支部やオイスカの活動がきっかけで日本を知り、こうして来日することができた。支部の活動に感謝と敬意を表したい」と挨拶。内山恵美子支部事務局長は、「10年の歩みは懐かしく、コツコツ続けてきたことを誇りに思う。これからもモンゴルとのご縁を大切に、苗木の1本1本を着実に大地に植え、心の気と木をつないでいきたい」と話しました。

 支部の同国での植林フォーラムの参加者は10年間で延べ182名、植栽総本数は9千本を超えています。また、支部の訪問をきっかけに10〜15年の活動地となったドルノゴビ県とは、静岡県との間で友好姉妹都市提携が結ばれ、交流事業や他の民間団体との連携も持たれるなど、同国の緑化活動のみならず新たな友好を結ぶ成果にもつながっています。

 今年も6月には、ブルガン県でフォーラムを実施し、16名が参加。住民の生活向上プロジェクトのための、養蜂の越冬庫購入資金の寄附も行いました。支部はこれまでの経験や流れを汲み、今後も同国への支援を続けていきます。

第 27 回オイスカ四国のつどい
愛媛県支部合流後初のつどい開催
海岸林再生プロジェクトの報告も

2019年12月3日 ( カテゴリー: 国内ニュース )

開会の挨拶を述べる泉会長

 四国支部(以下、支部)は10月11日、第27回オイスカ四国のつどい(以下、つどい)をホテルパールガーデン(高松市)で開催。20・30・40年の継続会員と、4月に退任した石井淑雄前支部会長、河﨑和義前事務局長への表彰が行われました。

 また、つどいでは「海岸林再生プロジェクト」(以下、プロジェクト)の講演とともに、12月1日に行われた大阪マラソンのチャリティランナーにエントリーした三好東曜支部常任幹事ほか四国からのランナーへの募金活動が行われ、プロジェクトへの理解を深める機会ともなりました。

 翌12日は、愛媛県推進協議会がプロジェクトの活動報告会を開催。つどいで講演を行ったアドバイザーの小林省太氏(元日本経済新聞社論説委員兼編集委員)を招き、現状や今後の展開について報告が行われました。出席者からは苗木管理や育林の方法などについて質問や意見が多く寄せられ、関心の高さがうかがえました。

 同22日には、綾川推進協議会の10名が5年ぶりにプロジェクトの現場を視察。プロジェクト担当部長の吉田俊通は、「仙台と四国は空路の直行便がなく、時間的に遠いにもかかわらず、いつもプロジェクトを気にかけてもらいありがたい」と四国からの支援について感謝を述べました。

 今年度は、四国4県が合流。泉雅文新会長のもと、4県が一丸となって行う会員増強への取り組みで、支部の会員数は全国一になりました。これまで以上に活発な組織となることが期待されます。