OISCA

文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

マラ公団・オイスカビジネスフォーラム 2015 投資セミナー/商談会のご案内

2015年7月22日 ( カテゴリー: イベント )

第4回ビジネスフォーラムを今年もマレーシアで開催します。

今年の会場はサラワク州の州都・クチンです。
サラワク州は豊富な地下資源に恵まれ、農産物の生産地としても有名です。
マレーシア政府はビジネスフォーラムへの強い期待を表しており、
サラワク州の首席大臣も出席予定です。
マレーシア市場への参入や販路拡大にご関心のある事業者の皆様は是非この機会をご活用ください。

前回のフォーラムの様子(日・マの企業によるマッチングセッション)

前回のフォーラムの様子
(日・マの企業によるマッチングセッション)

【ビジネスフォーラム概要】
■主催:マレーシア政府系機関マラ公団(MARA)

■共催:オイスカインターナショナル

■日程:2015年10月12日(月)〜15日(木) ※日程(予定)はこちらをご参照ください。

■会場及び利用ホテル: Pullman Kuching(プルマン クチン) http://www.pullmankuching.com/

■参加費用: 90,000円 (お一人/税込)
 ※参加費用に含まれるもの 5つ星ホテル3泊分(2名1室利用)、食事(13日、14日)、
   フォーラム全日程中の参加費、現地移動交通費、会場費、通訳代、視察関連費等
 ※1名でのご参加は、ホテル1名1室利用の追加料金として、15,000円(税込)が追加でかかります
 ※参加費用に含まれないもの 日本⇔クチン国際空港までの航空券代(クアラルンプール・
   コタキナバル国際空港などから乗り継ぎが必要です)、海外旅行保険料、空港⇔ホテル送迎、
   商談に使用するサンプル輸送費、その他上記以外のもの
 ※本参加費は、負担金となり税控除の対象にはなりません

■フォーラム対象業種:再生可能エネルギー、第一次産業(Agro)ベースの産業、ハラル食品関係等
*その他業種でも事前にお問い合わせをいただければ、調整いたします

■申込方法:申込書をダウンロードしてFAXまたはE-mailにてお申し込みください。事務局より振込依頼をお送りしますので、お振込が確認できましたら、申込完了となります。

■申込締切: 2015年9月18日(金)までの申込書到着

■お問い合わせ・お申込み
公益財団法人オイスカ   
〒168-0063東京都杉並区和泉2-17-5        
電話: 03-3322-5161 FAX : 03-3324-7111
海外事業部 菅原(すがわら) E-mail: matching@oisca.org

<6月9日開催>グリーンウェイブ2018 in えこりん村 参加者募集!

2018年5月18日 ( カテゴリー: イベント )

北海道平成30年6月9日(土)に、北海道のえこりん村にて「グリーンウェイブ2018 in えこりん村」を開催します。8年目となる今年は、タイおよびフィリピンの「子供の森」計画の子ども親善大使(4名)と一緒に森づくりを行い、グリーンウェイブ(緑の波)を世界につないでいきます。皆さまの参加をお待ちしております!

 

 

 

※グリーンウェイブとは国連生物多様性条約事務局が世界中に呼掛けている活動で、国連が定める「国際生物多様性の日」(5月 22 日)の午前 10 時を中心に、世界各地の青少年や子どもたち等に より、それぞれの学校や地域で植樹活動等を行い、世界の東から西へ緑(グリーン)の波(ウェイブ) を広めていこう、というものです。

■日時
平成30年6月9日(土曜日)
■開催場所
えこりん村(恵庭市牧場277-4)
■参加費
無料
■各自の持ち物・服装
・昼食、飲料水、タオル、敷物、雨具、軍手(滑止付)
・天候状況によって雨具を用意
・作業ができる長袖・長ズボン・靴(森に入るため肌を露出する短パン、半袖は禁止)
■募集人数
30名(定員になり次第締切)
■募集締切
平成30年6月1日(水曜日)
■お申込み方法
グリーンウェイブ2018in グリーンウェイブ2108inえこりん村・募集案内(個別案内)にご記入の上、FAXでお申し込みください。(E-Mailでもお申し込みいただけます)

■お問い合わせ
公益財団法人オイスカ 北海道支部
〒062-0931 札幌市豊平区平岸1条1丁目8-8ラルズ生活研究センター内
TEL: 867-9684  FAX: 867-9685 e-mail: oisca-h@lake.ocn.ne.jp

四国研修センター 新たな50年に向けた大同窓会でオイスカファミリーの絆を深める

2018年5月10日 ( カテゴリー: 国内ニュース )

 1968年3月に開所した四国研修センター(以下、センター)では、若手職員や会員らで結成されたヤングリーダーズが中心となって50周年を記念した大同窓会を企画、4月7・8日に盛大に開催されました。

朝食はもちろんご飯とみそ汁。いつまでも変わらない味

朝食はもちろんご飯とみそ汁。いつまでも変わらない味

参加したのは、過去にセンターで学んだ研修生OBや職員、ボランティアとして活動に従事したメンバーやその家族ら。また日頃からオイスカ活動をサポートくださっている地域の方々など、総勢約60名が集い、久しぶりの再会を喜び、近況を報告し合う姿が見られました。
初日には花見が予定されていたものの、予想よりも開花が早く、桜はほとんどが散ってしまうというハプニングもありましたが、参加者らは夜が更けるまで思い出話に花を咲かせていました。センターに宿泊し、朝の国旗掲揚や点呼、ジョギングなどにも加わった参加者からは「自分がセンターにいた頃と変わらない」などと往事を懐かしむ声が聞かれたほか、食事会では地元の方々がつくったうどんや研修生の母国の料理を囲み、お互いが大きな家族のような存在であることを確認しました。
今後のセンターのよりよい発展について考えるワークショップも行われ、海外からの研修生もグループに加わり、地域との連携、世代継承、資金獲得などの5つのテーマに沿って話し合われました。また50年前にセンターが開所した高松市にある冠纓神社(その後、81年に現在の場所に移転)を参拝し、敷地内の清掃活動に汗を流しました。 オイスカ本部から参加した海外事業部の藤井啓介は、自身が職員になるきっかけとなったセンターの独自プログラム「農業ボランティア」(98〜2012年に実施)の同窓生と再会。その多くが地域に根差し、環境に配慮した農業に従事していることを知り、「センターでは、海外の研修生の育成だけではなく、日本の人材育成にも大きな役割を果たしていることを再確認した」と述べました。
今回の大同窓会は、そうした参加者らが、センターでの経験が現在の自分の原点になっていることなどを語り合い、また初めて会う者同士の新しいつながりをつくり出す有意義な場となりました。

 センター発祥の地、冠纓神社を参拝。10年前のセンター40周年記念に設置された記念石碑の前で


センター発祥の地、冠纓神社を参拝。10年前のセンター40周年記念に設置された記念石碑の前で

 

 

 

 

オイスカ中部日本後援会 活動報告会に約50名が参加 「海岸林再生プロジェクト」の報告も

2018年5月10日 ( カテゴリー: 国内ニュース )

 オイスカ中部日本後援会(川口文夫会長)主催のオイスカ活動報告会が3月30日、名古屋市内の東桜会館で開催されました。

挨拶をする水野明久新会長

挨拶をする水野明久新会長

 中部日本後援会は、経済界の立場からオイスカ活動を財政面で支援しようと2006年に発足したもので、中部経済連合会に加盟する中部地区5県(愛知・岐阜・三重・静岡・長野)の企業で、オイスカの法人会員でもある60余社で構成されています。 冒頭、会長交代にあたり新旧会長からの挨拶がなされました。発足時から11年にわたり会長を務めた川口文夫中部電力㈱顧問に続き、新たに会長に就任した同社の水野明久代表取締役会長が「後援会設立の趣意に沿って、中部日本研修センターを中心としたオイスカ活動を今後も積極的にサポートしていきたい」と述べました。
続いて行われた報告会では、昨年秋に実施された中部日本研修センター50周年記念行事のビデオ上映やオイスカ本部からの全体活動の報告がなされ、次にオイスカのアドバイザーで元日本経済新聞論説委員兼編集委員の小林省太氏から「オイスカが取り組む宮城県での海岸林再生」と題し、第三者的立場から見た「海岸林再生プロジェクト」の現状と課題について約1時間にわたり報告が行われました。熱心に耳を傾けていた参加者からは、「(植栽地への)ゴミの不法投棄については初めて知った」といった驚きの声も聞かれました。
今回の活動報告会開催を機に、今後、中部経済連合会の加盟企業600余社の中に、オイスカ法人会員の輪が広がっていくことが期待されます。

 

インドネシア 企業とオイスカとの共同運営でバニュワンギ県に新研修センター開設

2018年5月10日 ( カテゴリー: 海外ニュース )

2月26日、インドネシアの東ジャワ州バニュワンギ県において、エトスアグロ社とオイスカ・インドネシア総局が共同運営する、農業技術研究センター(以下、センター)の開所式が行われました。バニュワンギ県は、海を挟んだ対岸はバリ島というジャワ島の最東端に位置しており、多くの観光客が訪れるほか、近年では海外からの投資も増え開発が進む地域です。

新しい農具を手に、来賓と記念撮影をする第一期研修生

新しい農具を手に、来賓と記念撮影をする第一期研修生

今回パートナーとなったエトスアグロ社は、農作物の品種改良や生態研究に取り組み、農産物の生産、加工、販売まで一貫した体制の構築を目指しており、その基本となるのが活動を推進するための人材の育成であると考えていました。 若い農村青年を育成し、彼らに各々の地域における生産および加工分野のリーダー役を担ってもらうための研修センターの設立に関し、農業の人材育成分野における長年の実績とノウハウを持つオイスカに相談があり、共同で運営していくことを決定。オイスカの研修生OBらがスタッフとなり、開所に向けた準備を進めてきました。
開所式当日は、同県の知事代行ら来賓のほか地域住民代表ら約200名が集まり、地元や近隣の州から選考された第一期生となる研修生20名を激励しました。センターは、有機農業を学ぶ研修農場のほか、研修生やスタッフのための宿舎も完備しており、今後は農作物研究所も併設する予定です。

 

「子供の森」計画 フィリピン政府3省1局と基本協約を更新 学校における環境教育の推進に弾み

2018年5月10日 ( カテゴリー: 海外ニュース )

 3月13〜20日、オイスカ・インターナショナルの永石安明事務局長がフィリピンを訪問し、16日に農業省で行われた「子供の森」計画(以下、CFP)協約書調印式に出席しました。

 協約書の調印を終えたピニョール農業大臣(左から2人目)と永石事務局長(中央)


協約書の調印を終えたピニョール農業大臣(左から2人目)と永石事務局長(中央)

この協約書は、同国でCFPを開始した翌年、1992年に締結されて以来、で、オイスカと同国政府の環境天然資源省、農業省、教育省、 フィリピン国家ボランティア調整局(※)との間で取り交わされています。
※フィリピン国内で活動する外国人ボランティアの滞在許可に関する手続きや現地カウンターパートとの調整業務を行う政府機関
 調印式にはフィリピン政府を代表して、エマニュエル・ピニョール農業大臣、デ・ベラ国家ボランティア調整局局長が出席し、19日には環境天然資源省のジョナス・レオナス事務次官とも署名を交わしました。
 オイスカでは、海外でのさまざまな活動推進のため、各国の政府と協約を結んでいますが、多くは農業技術指導を通じた人材育成や植林などの環境保全活動といった取り組み全般に関わる内容となっています。そのような中、CFPの活動のみに係る協約を締結しているのは、フィリピン政府だけであり、環境問題に取り組む積極的な姿勢とCFPへの期待の大きさがうかがえます。
 調印式ではピニョール農業大臣が、「オイスカの取り組む環境保全活動に、政府としても全面的に協力する」と述べたほか、自身も視察経験があるネグロス島で進む養蚕プロジェクトに触れ、2019年度予算にて同プロジェクトの支援をすると表明しました。

 今回の協約書の更新により、CFPに参加する学校の児童・生徒、教員、地域住民の活動に対し、関係する政府機関からの協力を全面的に得られることが約束され、より多くの学校にこの取り組みが広がることが期待されます。

「子供の森」計画で植林に参加する子どもたち

「子供の森」計画で植林に参加する子どもたち