OISCA

文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

マラ公団・オイスカビジネスフォーラム 2015 投資セミナー/商談会のご案内

2015年7月22日 ( カテゴリー: イベント )

第4回ビジネスフォーラムを今年もマレーシアで開催します。

今年の会場はサラワク州の州都・クチンです。
サラワク州は豊富な地下資源に恵まれ、農産物の生産地としても有名です。
マレーシア政府はビジネスフォーラムへの強い期待を表しており、
サラワク州の首席大臣も出席予定です。
マレーシア市場への参入や販路拡大にご関心のある事業者の皆様は是非この機会をご活用ください。

前回のフォーラムの様子(日・マの企業によるマッチングセッション)

前回のフォーラムの様子
(日・マの企業によるマッチングセッション)

【ビジネスフォーラム概要】
■主催:マレーシア政府系機関マラ公団(MARA)

■共催:オイスカインターナショナル

■日程:2015年10月12日(月)〜15日(木) ※日程(予定)はこちらをご参照ください。

■会場及び利用ホテル: Pullman Kuching(プルマン クチン) http://www.pullmankuching.com/

■参加費用: 90,000円 (お一人/税込)
 ※参加費用に含まれるもの 5つ星ホテル3泊分(2名1室利用)、食事(13日、14日)、
   フォーラム全日程中の参加費、現地移動交通費、会場費、通訳代、視察関連費等
 ※1名でのご参加は、ホテル1名1室利用の追加料金として、15,000円(税込)が追加でかかります
 ※参加費用に含まれないもの 日本⇔クチン国際空港までの航空券代(クアラルンプール・
   コタキナバル国際空港などから乗り継ぎが必要です)、海外旅行保険料、空港⇔ホテル送迎、
   商談に使用するサンプル輸送費、その他上記以外のもの
 ※本参加費は、負担金となり税控除の対象にはなりません

■フォーラム対象業種:再生可能エネルギー、第一次産業(Agro)ベースの産業、ハラル食品関係等
*その他業種でも事前にお問い合わせをいただければ、調整いたします

■申込方法:申込書をダウンロードしてFAXまたはE-mailにてお申し込みください。事務局より振込依頼をお送りしますので、お振込が確認できましたら、申込完了となります。

■申込締切: 2015年9月18日(金)までの申込書到着

■お問い合わせ・お申込み
公益財団法人オイスカ   
〒168-0063東京都杉並区和泉2-17-5        
電話: 03-3322-5161 FAX : 03-3324-7111
海外事業部 菅原(すがわら) E-mail: matching@oisca.org

インドネシア 3年目を迎えたN連事業 女性たちによる取り組み進む

2017年5月8日 ( カテゴリー: 海外ニュース )

   外務省「日本NGO連携無償資金協力」(N連)を得て進むインドネシアでの
「主婦の能力強化を通した地域の生活改善と生計向上支援」(以下、事業)。
2015年3月、西ジャワ州スカブミ県チクンバル郡の5村の女性たちを対象に、
農産物の生産技術の習得から始まりました。次年度にはそれらを活かし、
生計向上を目指した食品加工の取り組みがスタート、日本から派遣された専門家により
講習会が各村で行われました。

 食品加工専門家による講習会でパンの作り方を学ぶ


食品加工専門家による講習会で
パンの作り方を学ぶ

   本年2月に実施された2回目となる専門家の派遣時には、菓子などの着色に自然由来のものを利用するなど、健康への意識の高まりを確認することができました。また、訪日研修生OBらが事業の指導員を務めており、参加女性らの信頼を集め、活躍する様子も見られました。
   事業の最終年である今年も、定期的なモニタリングと指導、専門家の派遣や日本での研修を実施する予定です。加工食品の直売所の増設など、事業終了後も女性たちが継続して活躍できることを目指し、取り組みを進めていきます。

熊本地震被災地支援  地元NPOと連携し農業復興ボランティアを継続

2017年5月8日 ( カテゴリー: 国内ニュース )

 オイスカでは2016年6月から熊本地震の被災地である阿蘇郡西原村で、
西原村百笑応援団(旧農業復興ボランティアセンター)と連携を図りながら、
農業の復興を手伝うボランティアを派遣してきました。

地震による隆起や亀裂などに気を付けながらの作業

地震による隆起や亀裂などに
気を付けながらの作業

震災の影響で水が届かず、耕作されなくなった田畑やその周辺の草刈りが主な活動です。農業用水路の位置が分からないほどに草が繁茂してしまった場所では、肩掛け式や乗用式の草刈り機の使用が求められますが、一般的なボランティアでは扱うことができません。そこで、福岡県に本社を置くオイスカの特別会員で草刈り機などの製造を手掛ける㈱オーレックの社員ボランティアの協力を得ながら、現地のニーズに応えてきました。また西日本研修センターで農業を学ぶ研修生たちの段取りのよい仕事ぶりも現地で喜ばれています。

 

 

 

オーレックの社員と共に研修生も草刈りに参加

オーレックの社員と共に研修生も草刈りに参加

こうしたオイスカの組織力を活かした支援活動は、草刈りにとどまらず、野菜の収穫などを手伝う農作業ボランティアにも広がっています。村の状況を把握している百笑応援団と連携することで、変化するニーズへの対応が可能となり、村からも期待が寄せられています。今後も継続的な支援が必要な同地で活動を展開していきますので、全国からの応援をよろしくお願いし
ます。

ウズベキスタン サクサウールの苗畑起工式実施 本格的な砂漠緑化へ向けた第一歩

2017年5月8日 ( カテゴリー: 海外ニュース )

   2016年9月、三菱商事㈱の支援を受け、中央アジアのウズベキスタンで
砂漠化防止プロジェクトがスタートしました。

日本からの来訪を喜ぶドンガラク第27小中学校の生徒たち

日本からの来訪を喜ぶ
ドンガラク第27小中学校の生徒たち

 冬は零下30度にもなる極寒の地であり、緑化へ向けた具体的な活動は、年が明けて春まで待つ必要がありました。そして迎えた3月20日、首都タシケントの西約450㎞に位置するドンガラク村にて、サクサウールの苗を育てる苗畑の起工式が開催されました。また、地元のドンガラク第27小中学校の生徒、教師ら約120名が4千本の植林を実施。日本からはオイスカ活動を側面から応援する愛知県のNPOグリーングラスロッツの一行16名、現地からは三菱商事タシケント事務所の杉田哲哉所長、日本大使館や日本人会の方々が加わり、緑化へ向けた大きな一歩を踏み出しました。

 

 
 プロジェクトは中国・内モンゴルで砂漠緑化を進める
オイスカ阿拉善沙漠生態研究研修センターの冨樫智所長を中心に、
同地での経験を活かして推進していきます。

オイスカ・フィリピン 比国の大学で清藤参事が講義 国土緑化に携わる人材育成に貢献

2017年5月8日 ( カテゴリー: 海外ニュース )

 2月27日~3月3日、フィリピンの南ルソン州立大学(SLSU)で清藤城宏参事(緑化担当/農学博士)が教壇に立ち、講義と実習を行いました。

講義の様子

講義の様子

SLSUは約1万人の学生が在籍する総合大学で、オイスカ・マニラ事務所のマリベス・レボトン事務所長の母校でもあります。今回の講義は、大学側から卒業生である彼女に、大学の演習林に対する助言や学生への講義ができる人材の派遣要請に応えたものです。
講義の対象となった農学部森林学科の4年生20名は、林木育種遺伝の概要や遺伝的計測(遺伝獲得量、遺伝率など)、分子遺伝学の基礎について学んだほか、DNA模型づくりの実習やバナナからのDNA抽出の実験に目を輝かせながら集中して取り組む様子が見られました。また、「日本の林木育種」(森林総合研究所 林木育種センター提供)や「SATOYAMAイニシアティブ」(環境省提供)といった映像資料には「研究の実践や日本の自然観に感動した」との感想も聞かれました。

受講した20名のうち男性はわずか5名。「女性のパワーを感じた」(清藤参事)

受講した20名のうち男性はわずか5名。
「女性のパワーを感じた」(清藤参事)

オイスカが同国で取り組む各種緑化プロジェクトの調査や評価も手掛ける清藤参事は「フィリピンの植林現場では、郷土樹種を植えるべきと考えられがちだが、すべての場所でそれが正解とは限らない。今回はその点も強調して講義を行った」と話し、今後学生がふるさとの森づくりのために学びを活かしてくれたらと期待を寄せています。

国際森林デー2017 9ヵ国25名の大使館関係者を迎え 海の森の散策と保全を実施

2017年5月8日 ( カテゴリー: 国内ニュース )
東京湾を隔て東京のビル群が見える

東京湾を隔て東京のビル群が見える

    3月25日、東京都の海の森を会場に「国際森林デー2017『緑の地球を未来へ』」(主催:同実行委員会)が開催されました。これは国連が定めた国際森林デー(3月21日)の中央記念行事として行われたもので、オイスカは実行委員会のメンバーとして運営に携わりました。
   第一部では参加した大使館関係者や留学生、日本人の親子ら約350名が18のグループに分かれ、過去3回の行事で植樹をしたエリアを散策、木々の生長を確認しながら除草を体験するグループもありました。都会の街並みが一望できる場所では、「海の中に森があることを実感した」「東京のオアシスのよう」といった声が聞かれました。
   会場を木材会館に移して行われた第二部の冒頭、林野庁の今井敏長官が挨拶に立ち、植えた木は管理をして大切に育てていくことが大切と保全活動の重要性を強調しました。自然の大切さなどを学ぶカードゲームには留学生や大使館関係者も加わり、参加した親子は「自然体験と国際交流を楽しめた」と笑顔を見せていました。