OISCA

文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

マラ公団・オイスカビジネスフォーラム 2015 投資セミナー/商談会のご案内

2015年7月22日 ( カテゴリー: イベント )

第4回ビジネスフォーラムを今年もマレーシアで開催します。

今年の会場はサラワク州の州都・クチンです。
サラワク州は豊富な地下資源に恵まれ、農産物の生産地としても有名です。
マレーシア政府はビジネスフォーラムへの強い期待を表しており、
サラワク州の首席大臣も出席予定です。
マレーシア市場への参入や販路拡大にご関心のある事業者の皆様は是非この機会をご活用ください。

前回のフォーラムの様子(日・マの企業によるマッチングセッション)

前回のフォーラムの様子
(日・マの企業によるマッチングセッション)

【ビジネスフォーラム概要】
■主催:マレーシア政府系機関マラ公団(MARA)

■共催:オイスカインターナショナル

■日程:2015年10月12日(月)〜15日(木) ※日程(予定)はこちらをご参照ください。

■会場及び利用ホテル: Pullman Kuching(プルマン クチン) http://www.pullmankuching.com/

■参加費用: 90,000円 (お一人/税込)
 ※参加費用に含まれるもの 5つ星ホテル3泊分(2名1室利用)、食事(13日、14日)、
   フォーラム全日程中の参加費、現地移動交通費、会場費、通訳代、視察関連費等
 ※1名でのご参加は、ホテル1名1室利用の追加料金として、15,000円(税込)が追加でかかります
 ※参加費用に含まれないもの 日本⇔クチン国際空港までの航空券代(クアラルンプール・
   コタキナバル国際空港などから乗り継ぎが必要です)、海外旅行保険料、空港⇔ホテル送迎、
   商談に使用するサンプル輸送費、その他上記以外のもの
 ※本参加費は、負担金となり税控除の対象にはなりません

■フォーラム対象業種:再生可能エネルギー、第一次産業(Agro)ベースの産業、ハラル食品関係等
*その他業種でも事前にお問い合わせをいただければ、調整いたします

■申込方法:申込書をダウンロードしてFAXまたはE-mailにてお申し込みください。事務局より振込依頼をお送りしますので、お振込が確認できましたら、申込完了となります。

■申込締切: 2015年9月18日(金)までの申込書到着

■お問い合わせ・お申込み
公益財団法人オイスカ   
〒168-0063東京都杉並区和泉2-17-5        
電話: 03-3322-5161 FAX : 03-3324-7111
海外事業部 菅原(すがわら) E-mail: matching@oisca.org

四国研修センター 香川県知事がセンターを訪問 研修の様子を視察し、 研修生を激励 

2017年11月6日 ( カテゴリー: 国内ニュース )

8月22日、香川県の浜田恵造知事が四国研修センターを訪問しました。
浜田知事は県民から出された意見や要望を県政に反映させようと、

研修生らと意見交換をする浜田知事(左から2 人目)。食品加工研修の成果の一つであるシフォンケーキを賞味しみながらの懇談となった

研修生らと意見交換をする浜田知事(左から2 人目)。食品加工研修の成果の一つであるシフォンケーキを賞味しみながらの懇談となった

日頃から県内の施設や団体に自ら足を運んでおり、今回の訪問もその一環で行われたもので、地元である綾川町の藤井賢町長も知事に同行して来所しました。
有機農業に使用する液肥づくりや食品加工実習室での調理研修の様子を見学後、約1時間にわたり意見交換が行われました。
最初に研修生一人ひとりが香川県の印象を述べながら自己紹介をすると、知事からはオイスカに入った動機などについて質問があり、日本での研修への期待や帰国後の抱負などをそれぞれ日本語で力強く答えていました。
また、同席した四国支部の石井淑雄会長をはじめとする役員から、センター運営に欠かせない財源確保に向けた会員増強の取り組みについて説明があり、知事からは後日、入会の意向が示されました。

 
センターは本年度、50周年を迎えます。今後も地域との連携を深めながら、アジア地域のリーダー育成に取り組んでいきます。

センター前でハナミズキの記念植樹。左から石井支部会長、浜田知事、藤井町長、萬代保男所長

センター前でハナミズキの記念植樹。左から石井支部会長、浜田知事、藤井町長、萬代保男所長

インド・バラナシ市の生徒が環境学習 〝もったいない精神〞に触れ ガンジス川浄化への貢献を誓う

2017年11月6日 ( カテゴリー: 国内ニュース )

9月11〜14日、インド・バラナシ市のW・H・スミス・メモリアル校から3名の生徒と引率の教師が来日し、
東京や京都などで環境学習プログラムに参加しました。これは同市とのパートナーシティ提携に向けた活動の一環として京都市が実施したもので、オイスカはそのコーディネート役を担いました。

川や道路などの清掃を体験

川や道路などの清掃を体験

インドでは、ガンジス川の汚染が国家的な問題となっており、特にバラナシはヒンズー教徒の聖地ともいわれ、沐浴をする巡礼者や観光客が集まるエリアです。一行は、地域におけるガンジス川の浄化への貢献を目指し、自治体や民間レベルで行われているさまざまな環境保全の手法を学ぶため、視察や体験活動を行いました。
11日、東京で㈱講談社を訪問し、絵本『もったいないばあさん』シリーズの作者である真珠まりこさんによる読み聞かせに参加、日本人の「もったいない」精神に触れました。京都に移動した一行は、同市立高倉小学校で給食や清掃などを体験。
児童らと交流を深めたほか、市内で街頭清掃に取り組む市民団体「新洗組」のメンバーらに手ほどきを受けながら高瀬川の清kyoto2掃を体験しました。利用したゴミ袋を川で洗って再利用すると聞き、「日本人の〝もったいない精神〞はこんなところにもある」と驚いた表情を見せていました。
13 日には、門川大作市長を表敬訪問し、今回の環境学習について報告。市長は一行を歓迎し、「今後も両市の交流を活発にして関係を深めていきたい」と述べました。また、市が2002年から取り組んでいる「こどもエコライフチャレンジ推進事業」について地球温暖化対策室から説明を受け、 家庭でも一人ひとりが環境に配慮した生活を送れるように、さまざまな取り組みがなされていることを学びました。
オイスカが今年6月にインド政府と締結した協約には、ガンジス川流域で生活する住民を対象に、植林をはじめとする環境保全のための啓発活動などの分野で協力をすることが盛り込まれています。今回来日した一行が、日本での学びを活かし、多くの青少年を巻き込みながら、ガンジス川をはじめとするふるさとの環境を守るリーダーとなることが期待されます。

 

オイスカ・フィジー 多様な取り組みに注目集まる 在フィジー日本大使の活動視察も

2017年11月6日 ( カテゴリー: 海外ニュース )
大村大使(前列左から2 人目)を囲んで

大村大使(前列左から2 人目)を囲んで

オイスカ・フィジーは、1991年からフィジー政府と協約を結んで活動しており、主に、青年スポーツ省が運営する国立青年研修センター(以下、センター)内での農村青年を対象にした農業の技術指導を担っています。また翌92年以降は、「子供の森」計画への参加、 沿岸部でのマングローブ植林が始まったほか、2002年からはサンゴ礁の保全プロジェクトにも取り組み、その活動は活発に行われています。
9月8日、7月に新たに着任した大村昌弘日本大使がオイスカ・フィジーの活動拠点であるセンターを訪問し、研修生らの取り組みを視察しました。スタッフと研修生はフィジーの伝統的なセブセブの儀式でお迎えした後、農場や堆肥をつくる施設などを案内し、日頃の研修の様子を紹介しました。大使からは草の根・人間の安全保障無償資金協力※の活用などについて助言があり、今後の活動の発展につながる有意義な意見交換の機会となりました。

気候変動防止週間に行われたサンゴの植え付け体験

気候変動防止週間に行われたサンゴの植え付け体験

また世界観光デーである同27日には、日頃から協力関係にあるアウトリガー・フィジー・ビーチリゾート(以下、アウトリガー)で、サンゴ保全活動が行われました。これは、フィジー政府が定めた気候変動防止週間に合わせ、観光省がアウトリガーと地元コミュニティの協力を得て実施したもので、オイスカはサンゴの植え付けのデモンストレーションなどに協力しました。集まった参加者を前に、アウトリガーの総支配人であるピーター氏は、「サンゴの保全活動は、3年前にオイスカとの協働でスタートした。
サンゴの回復と共に魚が増えてきている」と話し、観光資源保護の観点にとどまらず、地域住民の生活を守るためにもサンゴの保全が重要であることを強調しました。
フィジーは、11月6〜17日にドイツで開催される気候変動枠組条約第23回締約国会議(COP23)で議長国を務めることが決まっており、 気候変動の影響を受けやすい南太平洋の島しょ国の中でも、その対策におけるリーダーシップの発揮に積極的な姿勢を示しています。オイスカはフィジー政府のそうした動きをサポートすべく、引き続き沿岸部におけるマングローブ植林やサンゴ保全活動などを進めていきます。
※開発途上国における経済社会開発を目的にNGOが行う、比較的小規模な事業への資金供与をする政府開発援助(ODA)の枠組みの一つ

 

インドネシア 東京海上日動火災保険がツアーを実施 マングローブ植林地に喜びの声

2017年11月6日 ( カテゴリー: 海外ニュース )

8月27〜31日、東京海上日動火災保険㈱とグループ会社などの関係者24名が、インドネシア・中部ジャワ地域を訪れました。

共に作業をした地元の子どもたちと

共に作業をした地元の子どもたちと

   同社は1999年より、オイスカの各国でのマングローブ植林プロジェクトへ支援をしており、中でもインドネシアでは約2900haの植林実績のある大規模なプロジェクトが進んでいます。同社は、これまでタイ、フィリピンなどにツアーを派遣してきましたが、インドネシアは、今回が初のツアーとなりました。訪問した先は活動スタートから14年目を迎えるドゥマック県の植林サイトで、立派な森が形成されていることが確認できました。

マングローブの苗を植える北沢社長

マングローブの苗を植える北沢社長

現地では、同社の名前を入れたユニフォーム(Tシャツ)を作るなど、日頃から同社の支援に感謝の気持ちを抱いており、関係者の皆さんに大きく育ったマングローブの森を見てもらいたいと、住民らはツアー一行の来訪を待ち望んでいました。
今回は北沢利文社長がツアーに参加され、地域の子どもたちと共に精力的に活動する姿に住民からは喜びの声が聞かれました。帰国後にオイスカ本部を訪問された北沢社長は、中野悦子理事長と懇談し、マングローブが大きく育っている様子や活動をサポートする現地スタッフ・地元植林グループの組織的な動きに感激したことなどが報告されました。

 

国内の森づくり 協働で進む〝ふるさとづくり″が多方面からの高評価により各賞を受賞

2017年11月6日 ( カテゴリー: 国内ニュース )

宮城県名取市で進む「海岸林再生プロジェクト」では、「第1回インフラメンテナンス大賞」の農林水産大臣賞を受賞し、7月24日に東京都内で行われた授賞式には、オイスカの中野悦子理事長と「名取市海岸林再生の会」(以下、「再生の会」)の鈴木英二会長がプロジェクト担当者や「再生の会」メンバーらと共に出席しました。

プロジェクトの紹介をする鈴木会長

プロジェクトの紹介をする鈴木会長

賞状を手にする中野理事長と鈴木会長。中央はプレゼンテーターの農林水産大臣政務官(当時)の細田健一氏

賞状を手にする中野理事長と鈴木会長。中央はプレゼンテーターの農林水産大臣政務官(当時)の細田健一氏

挨拶に立った鈴木会長は東日本大震災当日のことを振り返りながら海岸林再生に向けた活動を紹介し、「(海岸に近い)私の集落は先祖の言い伝えを守って海岸林と共に生きてきた。津波で失われた海岸林を再生し、社会的インフラとして後世に遺していくのは私たちの責務。もう(元の場所で集落の)仲間と一緒に住むことができなくなってしまったが、〝ふるさとへの恩返し〞との思いで取り組んでいく」と述べました。道路や通信といったインフラに関わる受賞者の発表は、高度な技術について説明したものが多かった中、鈴木会長が語るふるさとや海岸林の再生への思いに参加者は熱心に耳を傾けていました。
さらに宮城県山林種苗品評会で最優秀賞を受賞したクロマツが、 全国品評会で農林水産大臣賞を受賞し、「再生の会」のメンバーはダブル受賞の喜びに沸きました。今後は今以上にいい苗を育て、さらに上の賞を狙いたいと意欲を示しています。プロジェクトの担当部長である吉田俊通は、「全国各地の多くの方々にご支援をいただいている。 計画通りに取り組み、現場で成果を上げるのが一番だが、こうした外部からの評価をいただくことも支援者の皆さんへのお礼の一つの形」と話し、8月には全支援者に受賞とプロジェクトの進捗を報告しました。

 

また、ライオン㈱や山梨市と協働で進めている「ライオン山梨の森」の活動に関し、山梨市が国土緑化推進機構が主催する「ふれあいの森林づくり」の最高賞である会長賞を受賞しました。「ふれあいの森林づくり」は、都市と農山村とが連携し、交流を図りながら森林整備を行い、青少年をはじめとする市民のふれあいの場となる活動のことで、こうした取り組みの発展や緑化の推進に顕著な実績をあげた市町村などを同機構が表彰しています。
「ライオン山梨の森」は2006年より山梨市でスタートし、ライオンの社員らが間伐などの森林整備を続けてきました。オイスカは13年よりコーディネーターとして参画し、山梨市や森林組合などとの調整を担っています。同市でこの取り組みを担当する農林課の武井淳さんは、「今までの活動の成果が全国的に評価されてうれしい」と話しています。
オイスカでは自治体や企業などと連携し、今後も活動を進めていきます。

ライオン、山梨市、同市小学生らが森林整備活動に参加。“ふれあいの場”となっている

ライオン、山梨市、同市小学生らが森林整備活動に参加。“ふれあいの場”となっている