大阪マラソン、一緒に走りましょう!

2020年3月24日 ( カテゴリー: 国内スタッフのブログ )

こんにちは。
中部日本研修センターの安部です。

オイスカの海岸林再生プロジェクトが、今年も大阪マラソンのチャリティー対象に選ばれました

なんと7年連続!
(過去の様子はこちらから 2019年レポート  2018年レポート 
2017年レポート  2016年レポート  2015年レポート  2014年レポート )

私もチャリティランナーとして4回参加しましたが、それはもう、楽しいイベントなんです。

もちろん42.195キロのフルマラソンですから大変ではありますが、大人になるとスポーツのイベントに自分が参加する機会はあまりなく、そんな中、何か月も先の目標に向かって体を鍛え、本番に臨むというのはワクワクします。

マラソン当日はただ走るだけではなく、いろいろなお楽しみがあります。

コースのところどころでバンドや吹奏楽の演奏があり、励ましてくれるんです。

まだまだペースを抑えておきたい中盤で、「ロッキーのテーマ」なんて流れて来た時には、その1キロだけ急にタイムが速くなったりして、それはそれで困っちゃうんですが・・。


昨年の演奏でおもしろかったのは、ヤングマン。

これもついついペースを上げてしまいがちな元気の出る曲ですから、演奏を楽しみつつも「落ち着け。落ち着け。」と自分に言い聞かせていると、いよいよサビが近づいて来ます。

「♪すばらしい~」の次! 私の前方にいるランナーが一斉に、両手を頭の上にあげて

「Y・M・C・A」!! 

え~! 練習もしてないのに揃ってる! 知り合いでもないのに、なんという連帯感・・。

これにはさすがに笑ってしまいました。近くにいた外国人も「Wow! Wonderful!!」と大喜び。

動画に撮れなかったことが悔やまれる、見事な場面でした。

 

こんな楽しみだけではなく、スタートからゴールまで、沿道からはずっと声援が送られます。大阪のおばちゃんからは「あめちゃんあるで!」と、らしさ丸出しの声掛けに笑わせてもらい、こども園のこども達からの「がんばれ~」のかわいい声援には、心が安らぎます。

走っている時の景色はこんな感じで、この視界に入っているランナーが一斉に Y・M・C・A! 壮観でした・・。

走っている時の景色はこんな感じで、この視界に入っているランナーが一斉に Y・M・C・A!
壮観でした・・。

 

楽しみあふれる大阪マラソン

チャリティーランナーになれば、確実に参加できますよ!

募集は来月23日から。

ぜひご参加ください!