OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

こんにちは。海外事業部の中川です。

11月11日~20日に初めてオイスカの海外の現場に行かせて頂きました。

行き先は微笑みの国、タイ!
北部のチェンライ県と首都バンコクにて、研修を行いました。以前にもタイに行ったことはありましたが、北部は初めて。また、1人で海外に行くのも初めてだったので、とてもドキドキで不安もいっぱいの中、タイに到着しました。しかし、いざチェンライ空港に到着すると、オイスカ・タイランドのアリ会長、ヲラタット副会長、田野井駐在員が優しく出迎えて下さり、ホッとしました

今回の研修では、「チェンライ県の山岳地帯の貧困層を中心とした対象地域における森林保全・再生と生計向上プロジェクト」の現場視察も行いました。私にとって初めてのオイスカの海外の現場。国内で勉強をしていたものの、実際にいってみると、活動規模の大きさにビックリ。また、駐在員の方のお話をたくさん聞き、現地スタッフの方や村の方々と信頼関係を築くこと、活動の持続性を視野に入れ、村の方々の主体性を引き出すような働きかけを行うことの大切さを感じました。さらに、活動を円滑に行うための現地とオイスカ本部との密なコミュニケーション、会計業務や報告書の作成といった活動を支える事務的な役割の重要性を学ぶことができました。

植林地の見学

植林地の見学

パボン村の村人の方々が小学生に森からの恩恵についてレクチャー

パボン村の方々が森からの恩恵について小学生にレクチャー!楽しそうな様子が印象的でした

 

 

 

 

 

 

 

 

また、バンコクではアユタヤにある「子供の森」計画の参加校で行われた、環境学習に参加をしました。印象的だったことは、体を動かしながらゲームや工作を通して子どもたちが楽しみながら活動を行っている様子。

友だちと協力して、ごみひろいゲーム

友だちと協力して、ごみひろいゲーム

お菓子のゴミなどを使って恐竜を作成!

お菓子のパッケージなどを使って恐竜を作成!

 

 

 

 

 

 

今回の恵まれた機会に感謝をして、今回の学びを今後に活かしていきたいです。オイスカ・タイランドの皆さま、ありがとうございました!

 広報室倉本です。

 次回の更新は前回に引き続きマングローブ!と考えていたのですが、本日は予定を変更しまして個人・企業さまざまな方々から多くのご支援をいただく、ベルマーク・書き損じハガキの収集について取り上げたいと思います。

 と、いうのも、本部では毎週火曜日に「活動報告会」と題して本部職員が集まってプチ情報交換の場を設けているのですが、先日年末の年賀状投函シーズンを前に、啓発普及部の野木さんに、改めてベルマークと書き損じハガキなどの収集についてご説明いただいたのです。

ベルマーク一覧表を手に説明をする野木さん。一覧表にはお馴染みの商品がたくさん

ベルマーク一覧表を手に説明をする野木さん。一覧表にはお馴染みの商品がたくさん

 過去のLOVE GREEN NEWSをご紹介した時にも、少しだけ触れましたが、オイスカでは皆さまからご送付していただいたベルマークや書き損じハガキを、「子供の森」計画の活動の中(ハガキはオイスカ活動全般にも)で使用されています。

 ベルマークを例にとると、各所からお送りいただいたベルマークは、本部にて多くのボランティアさんのご協力を得て仕分け・集計され、オイスカ高校を通じてベルマーク教育助成財団に送られます。それが、1点1円となってベルマーク預金として貯められ、「子供の森」計画で子どもたちの植える苗木になったり、環境教育の教材になったり、さまざまな形で活用されているのです。

全部ベルマークがついた商品です

全部ベルマークがついた商品です

 そうした大事なベルマーク、職員でさえ見ているようで意外と見落としていることも多いそう。報告会の中で、野木さんがベルマーク一覧表と自らベルマーク商品をセレクトした実物を手に、ベルマークの収集を呼びかけると、聞いていた職員の中から、「あっこれ今まで箱捨ててた!」「これもベルマーク付いているなんて知らなかった!」との声が……

 ざわつく会議室に野木さんの「1点のベルマークを知らずに捨てていたら、それは1円を捨てているのと同じなんですよ!」というとどめの一言。職員一同、今後のベルマークチェックにますますの気合が入った…のではないでしょうか。

次ページ

広報室倉本です。

本日は、月刊OISCA12月号のオイスカ便りのコーナーから、北海道支部の内モンゴルツアーのレポートをご紹介します。本誌6ページにも掲載されていますが、誌面の文字数・レイアウトの関係で載せきれなかった部分が多く、私個人としてもどうしてもご紹介したい!ということで、こちらの方で全文公開させていただくことになりました。

緑地帯に海苔が生息するって一体どういうことなのだろう……バクテリアなのに海苔なの……?とても気になるので、今度調べてみることにします。

以下、本文です。


 

 果てしなく厳しい環境が(モンゴル国のゴビ砂漠へと)続く場所、ここは中国内蒙古自治区(阿拉善盟)にある広大な三つの砂漠(騰格里沙漠、巴丹吉林沙漠、烏蘭布和沙漠)が連なる乾燥地域で、オイスカが進める海外開発協力「砂漠化防止プロジェクト」の最前線です。北海道支部は、去る8月30日から8日間(内モンゴルは5日間)の日程で7名が参加した研修ツアーを実施しました。(実際は、胆振東部地震の新千歳空港閉鎖で、上海で2日間足止めされ10日間のツアーとなりました)

トングリ砂漠に立つ参加メンバー 左から4人目が富樫智所長

トングリ砂漠に立つ参加メンバー
左から4人目が富樫智所長

この研修ツアーでは、オイスカが取り組む砂漠化防止の開発協力現場を見聞して自己研鑽を促し、開発協力の理解者・協力者を増やしていくことを目的として実施しました。

ツアーの中で感動した見聞を紹介いたします。騰格里砂漠と程近い(車で2時間)距離にある山々の裾野に広がる小さな緑地帯に立ってみると、そこには植物の生育環境を整える「かわ海苔(シアノバクテリア)」が生息しておりました。富樫智所長(オイスカ阿拉善沙漠生態研究研修センター/農学博士)からは、このバクテリアを培養して砂漠に散布することで砂漠化防止(緑化)に役立てられる可能性が極めて高いとの説明がありました。21世紀の環境問題、人口や食料問題を解決していくためには、「アジア地域の砂漠を緑に蘇らせていくことが重要」と感じ入るほど、数多くの貴重な見聞や体験が出来たツアーとなりました。来年度も継続して本研修ツアーを企画するなど、様々な形態で砂漠化防止(富樫智所長)への協力促進と理解者・支援者を増やしたいと思っております。

(北海道支部  事務局長 安達寿夫)

砂漠化防止(緑化)が期待できる かわ海苔(シアノバクテリア)/掌の上 賀蘭山岩画公園内に生息

砂漠化防止(緑化)が期待できる
かわ海苔(シアノバクテリア)/掌の上
賀蘭山岩画公園内に生息

山々の裾野に広がる緑地帯 古代人が住んでいた賀蘭山岩画公園

山々の裾野に広がる緑地帯
古代人が住んでいた賀蘭山岩画公園

 

 

20181030091152-0009

 

 

 

 

著者 中村武久・中須賀恒夫Ⓒ

発行 株式会社めこん(1998年)

定価 1,500円(税抜)

 

    広報室の倉本です。

 資料棚紹介第3段となる今回は、「マングローブ入門 海に生える緑の森」という書籍紹介……“も”、兼ねて、以前から密かに気になっていた、マングローブについて少し取り上げてみたいと思います。

 

 以前、フィジーでのマングローブ植林活動の紹介記事が上がっていたように、オイスカの活動を知るうえで幾度も耳にする「マングローブ」という言葉。「子供の森」計画でも、子どもたちが苗木を手に一生懸命植えている様子が紹介されていますし、ツアーでも、参加者の方が現地の方と一緒に植林活動をしている様子が見られます。

しかし改めて「マングローブ」ってなんだろう?と立ち返ると、根元が水に浸かっていて、タコ足のようになっていて……と漠然としたイメージが先行し、後で実際にどんなものなのかを知ると、驚くようなことがたくさんあります。

知る方法としては、もちろん本物に触れて、専門家や現地で活動する方にお話を聞くことが一番ですが、いつもそうするわけにはいきません。と、するととても参考になるのがこの「マングローブ入門 海に生える緑の森」という書籍です。マングローブの言葉の意味、生育場所、生い立ちなどの概要から、利用法、環境への役割、植林法までマングローブを初めて知る人にむけて分かりやすく説明しています。また、いろいろなことが分かる反面、マングローブについて未知とされることも多くあり、その特殊性やミステリアス性に興味が深まるような内容となっています。

そして、第四章の「マングローブ植林の実際」という項目では、10ページほどにわたりオイスカをメインとしたNGOによる活動事例が紹介されています。植林後の管理や現地住民の意識の啓蒙まで視野に入れた「子供の森」計画の植林法に触れ、植林時の事前調査や地元の人々の活動への主体的な参画、長い期間地域に密着して地道に活動を続けるスタッフの存在についても述べられています。

1998年の発行なので、情報が更新されているところは多々あるかと思いますが、この一冊で分かることはとても多いです。

 

と、ここまでご紹介しましたが、実はまだ完全読破はできていまないのです……。しかし、冒頭を読むだけでも「へぇ~」と思ったことが多くありましたので、次のブログで少しだけまとめてみたいと思います。

こんにちは、広報室の倉本です。

オイスカに来て8ヵ月目。何かを買った時にベルマークを確認する癖がようやくつきました。安さを優先して、ついついスーパーの固有ブランドばかり買ってしまうので、なかなかベルマークと出会うことは少ないのですが、見つけると少し嬉しいうえに、そのデザインもなかなか商品で個性があって面白く感じます。

またいずれベルマークについてブログを書きたいと思っているのですが、今回はオイスカでベルマークを活かしている「子供の森」計画(以下CFP とします)の方からお話します。

 

DSC_0636

先日、(前回のブログ「本部の資料棚から」でも少し触れましたが)オイスカの過去のさまざまな情報を調べる中で、CFPのニュースレターでお馴染みLOVE GREEN NEWSのNo.1~10を発見しました。もちろん、CFP担当部署にはこれまでのLOVE GREEN NEWSが全てまとめて保管されているのですが、私が1991年CFP活動開始直後のニュースレターを見るのはこれが初めて。今から27年前とだいたい私と同じ年頃(?)のものですが、最新のものと比較すると全く違う趣でサイズも少しばかり大きい。そして、NEWSの名の通り、新聞のようなレイアウト。しかし、文章はとてもライトで、写真もふんだんに活動の様子を楽しく伝えています。

No.1の4面。全国の募金活動の様子を伝えています。東京地区では謎のくまの着ぐるみも登場し、子どもたちに効果抜群だった模様です。

No.1の4面。全国の募金活動の様子を伝えています。東京地区では謎のくまの着ぐるみも登場し、子どもたちに効果抜群だった模様です。

 

内容もここで少しご紹介。記念すべきLOVE GREEN NEWS第1号の一面には、CFPの活動がいち早く開始された15校のフィリピンの学校について紹介されていました。規模も地域もさまざまな各校で、どの学校も熱心に植林を行ったことが記載されています。そして、93年には近隣のアジア諸国に活動を拡大し、そしていずれは全アジアの学校に「子供の森」を!と大きな夢が描かれています。今年の3月末には36か国5,080校にまで拡大し、お父さんお母さんが子どもの頃に参加していた「子供の森」の活動を、世代を跨いでその子どもが行うといった例もみられるほど定着している様子をみると、27年間の活動の深まりや、今後への活動の広がりへの期待が強まります。

 

その他、第6号には『子供の森しんぶん』と題し、世界や日本の小学校・中学校のCFPの活動の様子や感想、支援へのお礼が紹介されています。国境を越えて、さまざまな国の子どもたちが思いを同じくして活動を行っていることが分かり、活動に対しますます関心が高まります。

たくさんの学校が取り上げられています

たくさんの学校が取り上げられています

1991年から、今まで発行し続けているLOVE GREEN NEWS。現在に渡り、とても分かりやすく活発な活動と子どもたちの頑張る姿を見て取ることができてとてもほっこりします。活動開始からこれまで、たくさんの活動と多くの方の協力のあったCFPの活動、これからどんな展開を見せるのか、とても楽しみです。