OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

こんにちは、バゴ研修センターの中川です。

2月27日~3月2日、フィリピンでは「子供の森」計画ナショナルワークショップが開催されました。

このワークショップは、フィリピン各地から、「子供の森」計画に参加している、子どもたち・学校の先生・そして各地の活動を引っ張っている、コーディネーターが一堂に会すもので、毎年1つのテーマのもとに活動を行っています。
フィリピンは多くの島から成り立っている島国なので、前日から飛行機で移動するなどして、今回は約150人がルソン島のヌエバビスカヤ州に集まりました。

今回のテーマは、「流域生態系を理解し、その機能と役割へ感謝しよう!」。
少し難しく聞こえますが、森と水との関係や、役割、そしてそれらを保全することの大切さについて学びを深めることを目指したもの。講義だけでなく、グループワークや野外実習など、参加者が楽しく学べる内容を組み立てました。

ワークショップの中では、フィリピン大学の教授や、「子供の森」計画コーディネーターによる講義のほか、オイスカが植林プロジェクトを展開している山での自然観察やネイチャーゲーム、今回のテーマに沿ったポスターの作成などを実施。自然観察では、山や川の周りにはどんな動植物がいるのだろう?と種類や数を数えたり、土によって育っている木の種類が異なることを発見したり、時には葉をパクっと食べてみたり、、!

最後には、それぞれ趣向を凝らしながらグループごとに学んだことを歌や劇、ダンスを交えて発表。森を守ることが綺麗な水や多くの生きものを守ることにつながる、豊かな緑と潤いにあふれたふるさとを守ろう!といったメッセージが共有されました。参加者のなかにも、多くの「気づき」があったようです。

さまざまな地域の伝統的なダンスや歌の披露もあり、そして何よりたくさんの出会いもあり・・・多くの発見がつまった3泊4日でした。今回参加者が学んだことがそれぞれの地域に広がり、各地で「子供の森」計画の活動がより活発になることが私たちの願いです・・・「気づき」が行動になるように、オイスカでもしっかりとサポートしていきたいと思います!

分かる人~?

分かる人~?

葉っぱを使って学んだことを説明

葉っぱを使って学んだことを説明

ポスター作成

ポスター作成

プレゼンテーションの様子

プレゼンテーション

山の散策

山の散策

葉っぱをパクッ

葉っぱをパクッ

インドネシア滞在中、ついついカメラを向けてしまうのが、

かわいい子どもと動物たちです。

 

学校や道端であった子どもの笑顔はとても素敵でした。

kodomo1

kodomo2

kodomo3

センターでは、駐在員が飼っている犬がとてもかわいかったです。

inu

inu3

マングローブ植林地のご近所にもかわいい猫が!

neko

 

 中部センターの芦田です。

 2月21日木曜日のことです。新しく来た農業研修生マイヌルさん(バングラデシュ)、ソヌさん(インド)、フランシスさん(パプアニューギニア)と一緒に、ひな人形を飾りました。

 ひな人形が入った箱を運び、台を組み立て、毛せんをひき、人形を並べました。IMG_5559

IMG_5561

IMG_5574

三人官女を飾るフランシスさん

三人官女を飾るフランシスさん

おだいりさまを飾るソヌさん(左)と、おひなさまを飾るマイヌルさん(右)

おだいりさまを飾るソヌさん(左)と、おひなさまを飾るマイヌルさん(右)

 

 この3人が、何か一つの目標に向かって、一緒に作業するのは初めてでした。そんな3人が協力し合って作業をしている様子を見て、「これから一年、こんな感じで協力し合って、畑での作業もやっていくんだろうな」と思いました。マイヌルさんが指示を出し、ソヌさんがいろいろ試してやってみて、フランシスさんは黙々と作業をする。そんな感じかな、と思いました。

IMG_5591

 今おひなさまは、中部センターの玄関に飾ってあります。

 

こんにちは。本部のカロウです。

 

インドネシアでは多くの事業を展開していますが、

「子供の森」計画(CFP)も積極的に行っています。

 

滞在中はCFPの活動を行っている学校を訪問しました。

 

学校では、スペースをうまく使って果樹を植えたり、

みんなで野菜を植えたり、プラスチックゴミを利用してバックを作るなど、それぞれの学校で工夫を凝らしながら活動をしていました。

野菜を栽培しています

敷地が狭い学校では、プランターで野菜を栽培

ペットボトルを活用した植木鉢

使い終わったペットボトルを活用した植木鉢

 

 

 

 

 

 

 

 

植えた木が大きく成長していることももちろん印象に残ったのですが、

何よりも印象的だったのは、子どもたちの活動が大人(親や地域住民)を巻き込み、

意識の変革をもたらしていることでした。

学校の敷地に植えた木は大きく成長していた

学校の敷地に植えた木は大きく成長していた

 

 

 

 

 

 

 

 

CFPの活動の拠点としているのは、“学校”ですが、“学校”は、地域にとっての大事なコミュニティの中心であり、そこでの活動が地域に与える影響は大きく、CFPの活動は、ただ単に緑を増やすだけでなく、子どもと大人に環境の大切さを伝える活動となっていました。

 

学校の先生と学生たち

学校の先生と学生たち

学校の子どもたち

学校の子どもたち

 

 

 

 

 

 

 

 

活動をする場所によって、その後の深まり、広がりがかわってきます。
オイスカがコミュニティの中心である“学校”を舞台に、子どもたちを主役にした
活動をスタートさせた意義とその成果がしっかりと感じられる視察となりました。

インドネシア訪問① 

2019年2月28日 ( カテゴリー: 本部スタッフのブログ )

こんにちは。本部のカロウです。

先日2週間程インドネシアへ行ってきました。

オイスカが行っている各プロジェクトの視察のためです。

いくつかに分けてブログで報告したいと思います。

 

まずは、国土緑化推進機構が主催する森林・林業専攻高校生国際交流事業に関してです。

 

これは同機構が、森林・林業分野での国際化が進む中で、国際的な視野に立った人材を育成するために、国内の森林や林業関連の学科を専攻する高校生をインドネシアに派遣したものです。

その派遣先として、インドネシアに現場を持つオイスカを視察先のひとつとして、訪問いただきました。

今回は、群馬、長野、京都、鳥取、熊本の4県1府から高校生と先生が参加。

滞在中は、オイスカのスカブミ研修センターの視察やスカブミ市第一高校で交流事業を行いました。

 

センターの育苗場を視察

センターの育苗場を視察

センターでは研修生と植林をしました

センターでは研修生と植林をしました

 

 

 

 

 

 

 

スカブミ市第一高校では、現地の生徒と一緒に植林をしたり、インドネシアの伝統工芸であるバティックの体験をしたり、生徒のお宅にホームステイをしたりなどの交流を行いました。

 

インドネシアの伝統工芸バティックを体験

インドネシアの伝統工芸バティックを体験

ホームスティ先では、習字の披露も!

ホームスティ先では、習字の披露も!

 

 

 

 

 

 

 

参加した学生からは、「初めての海外がインドネシアで、来る前は、インドネシアに正直あまりいいイメージを持っていませんでした。しかし実際に訪問し、現地の人と関わることでイメージも変わり、インドネシアのことが大好きになりました」との感想が聞かれ、充実した交流となったようでした。

日本ではなかなか体験できないバイクでの登校も!

日本ではなかなか体験できないバイクでの登校も!