OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

オイスカ西日本研修センターで研修をしているベトナムのタンです。

一カ月間、東京・本部で研修をしています。

9月29~30日にグロバールフェスタJAPAN 2018がお台場センタープロムナードで行われました。残念ながら、台風の影響で、30日が中止になりました。ということで、オイスカも29日だけ出展しました。

オイスカのパネルを設置、活動を紹介しました

オイスカのパネルを設置、活動を紹介しました

今回は、たくさんお客さんにオイスカの活動を理解してもらいたいということで、パネル、チラシなどを使って、説明しました。また、オイスカ各国の活動を応援するための商品を少し出展し、この間インドネシアのロンボック県で起きた地震後の被害者を支援するために募金もしました。そして、募金をしてくださったお客さんにお礼としてカンボジアのスカーフ(カンボジア名:クロマー)を渡しました。

【ご参考】『インドネシア・ロンボク地震 緊急支援募金』ご協力のお願い

http://www.oisca.org/news/?p=11113

朝からずっと雨が降って、お客さんがあまり来られない状況を心配して、大変な天気の中でも、皆で頑張って「こんにちは。良かったら、ご覧ください」と声をかけました。来てくださったお客さんにオイスカの活動を熱心的に説明しました。少しでも、いいPRになったかなと思っています。

また、フィリピンの養蚕プロジェクトをみんなに知ってもらうため、まゆを使って、お子さんにまゆ人形を教えてあげるワークショップもやりました。子どもたちは自分で作ったまゆ人形を持って、お母さんに見せて、すごく楽しそうでした。ピカチュウやドラえもんなどのキャラクターを作るのは難しいですが、子どもたちは時間がかかっても、一生懸命作っていました。また待っていたお母さんたちにもフィリピンの養蚕プロジェクトやオイスカの活動を詳しく説明できたので、子どもが楽しく遊んで、親にもオイスカとオイスカの活動をわかってもらえて、よかったです。

photo1

一日だけの出展で、雨なので、色んな団体が早く片付けていましたが、オイスカはいつもと同じように最後まで頑張りました。それはオイスカのスピリットで、オイスカスタッフなら誰でも持っているとすごく感じました。

 

今週末には、7日・8日と”よこはま国際フェスタ”にもオイスカ神奈川推進協議会で出展します。

http://yokohama-c-festa.org/

今回、まゆ人形つくりのワークッショップは行いませんが・・・インドネシアやカンボジアの民芸品の紹介と共に、オイスカの活動紹介を行いますので、お時間がある方はぜひブースにお越しください!

こんにちは、国際協力ボランティアの中川です。

8月1日に海外事業部から国内の活動に携わる部署(啓発普及部、総務部)に移り、研修を受け、はやくも2ヵ月が経とうとしています。そこで今回は、この2ヵ月間の振り返りをしたいと思います。

この2ヵ月間を通して一番印象に残っていることは、人から協力してもらうのがどれだけ難しく、オイスカの活動がさまざまな人の支えがあってできているのか、ということです。また、オイスカの組織内でも国内・国外含めそれぞれの部署・研修センターが支え合い、協力し合うことで、活動が継続・拡大していくことを実感しました。

思い返せば、オイスカ月刊誌の配布のために衆議院議員会館を訪れたことや、夏休みでボランティアに来て下さった学生さんと一緒にベルマークの数を地道に数えたこと、海岸林における間伐について学ぶために千葉県の九十九里浜の視察に行ったこと、宮城県名取市の現場でボランティアの皆さんと大雨の中、活動をしたことなどなど。。この2ヵ月間は、研修センターや海外事業部とはまた異なった側面から、オイスカの活動に携わり多くのことを学ぶことができました。オイスカの職員の方々はさまざまな貴重な機会を与えて下さり、企業に就職した大学の同級生たちが体験できないような経験をたくさんさせていただきました。

そして、その中でどれだけオイスカのファンをつくり、活動に協力・寄附していただくことが難しいのか、活動(海外の活動も含め)のために目に見えないところでどれだけの人が動いているのかを垣間見ることができました。また、外部の人だけではなく、オイスカの中でも支えてくれる人たちの存在も大きいと感じました。1日に何十通もの郵便物を正確に職員ひとりひとりに渡し、お客さんが来たらお茶を出し、片付け、ゴミの回収をし、本部事務所の建物の周りの雑草取りまでも行い、常にオイスカの事務所全体を見渡し不足している部分を補っている総務部の人たちがいるからこそ、すべての業務が円滑に回っているのだと感じました。自分で課題や問題を発見し、行動していく姿勢はどこに行っても必要とされるスキルだと思います。この2ヵ月間で学んだものは、林業の知識やワードの使い方といったこと以上に、それぞれの仕事やその関わりを学ぶことができたということの方が大きいように思います。この学びを今後に活かし、周りの人に感謝しながら活動に励みたいと思います。

この日、片付けをしているときに虹がみえました!

海岸林再生プロジェクトの現場で8月に活動した時の写真。片付けをしているときに虹がみえました!

 

 

海岸林担当の鈴木です。
先日、林野庁の「森林・林業白書」の制作を担当している田中さんから直々に、オイスカ職員向けに白書についての解説をしていただきました。
「森林・林業白書」というのは厚さ1.5㎝、300ページにもなる一般にはあまり馴染みのない書物ですが、各省庁が発行している1年間の活動を報告する年次報告書のようなものです。
「防衛白書」並みに人気のある「白書」にしたいんです!と冗談交じりに田中さんが話していました。
昨年のものより写真、図表を増やし、目に優しい白書にしたそうです。
 
そうはいうものの、1.5㎝もの分厚い本を手渡され、すぐに読んでみようという気にはならないものです。
林野庁の年次報告班のみなさんは、もっと白書を活用してもらいたいと、白書が完成した6・7月は全国行脚に出るそうです。全国の林業系の大学などの教育機関を中心に年間50ヵ所、2000人に説明するそうですから、とても精力的に動いておられます。
昨年7月から白書制作の担当になった田中さん、この数か月の全国行脚で「性格が変わりましたよ。こんなに積極的に話す方ではなかったんですけどね~」と。
CIMG0363
1時間の講義の中で「へぇ!」と思った内容がいくつかあります。
・国内のバイオマス発電所の数は増加していて、エネルギー源として利用された間伐材や林地残材などはこの7年で13倍に増加。
・明治期には鉄道用の枕木、マッチの軸木などが主要な輸出品で、外貨獲得に貢献
・戦後、はげ山のように荒廃した森林に、主にスギやヒノキを植えて再生に取り組んできた。兵庫県の六甲山は大正期は、ほぼはげ山状態だったことに驚き。豊かな森林は先人たちの苦労の賜物なのです
・木材自給率は前年に比べ6%上がり35%。食料自給率に近づきつつある
・林齢51年以上の木は人工林全体の35%(360万ha)、この10年以内に林齢51年を越える人工林は319万haと、材の活用の時期を迎えている
・丸太価格は国際的に同価で1㎥=100ドル程度。国際市場にあって国産材の丸太価格を上げることはできないため、森林所有者へより多く還元するためには、流通コストの合理化が必要
・CLT(繊維方向が直交するように積層接着した木質系材料)を使用した10階建ての賃貸住宅が仙台市で着工中。CLTの床材を使った日本初の高層建築物
・木材輸出額は5年前(H24)93億円だったのに対し、H29は326億円に増加。特にアメリカへの輸出が増加
林業といえば、ニュースで耳にする「担い手不足」「手が入らないことによる森林の荒廃」「斜陽産業」といたマイナスイメージが根強くあります。

資源小国といわれる日本ですが、国土の約7割が森林と世界でも有数の森林大国なのですからこの資源を利活用することで持続可能な循環型社会がうまれます。
戦後に植林したスギやヒノキが樹齢50年程度となり、「収穫期」を迎えています。伐採した木を材として、材として活用できない部分はバイオマス発電の原料として活用する。そしてまた植えるという循環サイクルが生まれます。
畑に野菜を植えて収穫するのと同じように、材を活用するために植えた人工林は収穫して、また新たな苗を植えることが必要なのですが、畑の野菜と違い収穫までに要する時間が50年と長いことが「収穫」を意識できない原因となっているのかもしれません。環境を守るためには、木は切ってはいけないという間違った固定概念が根強くあります。
 
アメリカに住んでいた頃、クリスマスシーズンを前にちょうどお手頃サイズに成長した高さ2m弱のモミの木がスーパーの店先、仮設売り場などに並べられていたのを思い出しました。立木の中から自分好みのものを選び伐採する「モミの木狩り」というものもありました。最初は木を伐るなんて!という思いでしたが、畑で野菜のように育てられたものだから収穫するのは同じなのか~とある時から思うようになり、クリスマスツリーとして生木を使うことに抵抗がなくなりました。木も収穫しなければならないのです。
森林についてあまりにも無知だなぁと実感させられました。

田中さんの話し方が見事だったこともあり、有意義な1時間でした。

はじめまして。 本部 CSOインターン生の星野です。

 

9月29~30日にお台場センタープロムナードで開催される「GLOBAL FESTA JAPAN2018」に
今年もオイスカは出展することになりました。ブース番号は113です。

 

オイスカのブースでは、写真やパネルを中心にした活動報告や物販などを行います。

是非お立ち寄りになって、オイスカの活動内容を知っていただけたら幸いです!

IMG_1626

「お待ちしております!」

 

物販ブースでは、オイスカ活動現場から生まれた手作りの民芸品がたくさん並びます。

1つ1つ温かみのあるものばかり…なんといっても価格もリーズナブルなのも魅力的です。

(これからの冬に使えるモンゴルのフェルトグッズやインドネシアのバティック柄の小物など!)

日本ではなかなか目にすることがない変わった商品もあるので、まるで現地のお土産屋さんです。ぜひ手に取ってみてください!

 

ブログ 写真

 

そして、今年はオイスカの行っている事業の一つである「ネグロス養蚕普及プロジェクト」で生産されたまゆを使った、「まゆ人形」を作るコーナーもあります。

かわいい人形を一緒につくりませんか?

お気軽にお立ち寄りください!

こんな人形がつくれます!

こんな人形がつくれます!

 

さらに、オイスカを応援してくれている大人気クロネコのクロッチが今年も駆けつけてくれます!

とてもかわいいクロッチと一緒に記念写真をとりましょう!

P1180304

当日、皆様に会えることを心よりクロッチともに楽しみにしております。

 

 

~日本最大級の国際協力イベント~

グローバルフェスタJAPAN2018

・2018年9月29日~30日 10:00~17:00(小雨決行)

・お台場センタープロムナード

(東京テレポート駅から徒歩1分/青海駅から徒歩3分)

・入場無料

http://gfjapan2018.jp/

本部研修レポート

2018年9月20日 ( カテゴリー: 国内スタッフのブログ )
中部日本研修センターのグレゴリーです。
センターでは養鶏を担当しています。
 
今回、本部で研修する機会をいただき、14日からは
宮城県で行われている「海岸林再生プロジェクト」にも
行かせてもらうことができました。
その帰り道、宮城県の有名な養鶏場を訪問しました。
16日(日)に竹鶏ファームに行きました。
DSCN1247
ここでたくさん新しいことを教えていただきました。
ここではニワトリが飲む水に竹炭を入れています。
私もこの水を飲んでみました

私もこの水を飲んでみました


直売所では量り売りも見ましたし、プリンなどのお菓子も見ました。
センターのニワトリは、ストレスがあると強いトリが弱いトリを
つっついていじめますからどうしたらいいか質問しました。
「尻つつきは、明るすぎるのが原因かもしれない」と教えてもらいました。
いろいろ教えてくださった志村さん。ありがとうございました!

いろいろ教えてくださった志村さん。ありがとうございました!



18日には、オイスカ本部の職員にセンターの養鶏について発表しました。
たくさん質問をもらいましたから、プレゼンテーションの足りないところを
修正したいと思います。
午後はキューピーマヨテラスの見学に行きました。マヨネーズの歴史
などのほか、たまごからのマヨネーズのつくり方も教えてもらいました。
センターのほかのスタッフや研修生もこのような研修が受けられたら
いい経験になると思います。
センターに帰ってから、養鶏がもっとよくできるよう頑張ります。