OISCA

文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

各地で支部主催の活動報告会 会員による海外派遣報告を実施 渡辺会長による講演も

2018年7月4日 ( カテゴリー: 国内ニュース )

 例年、5・6月は全国支部の幹事会や総会が行われ、同時に講師を招いた活動報告会なども開催しています。

長野県支部幹事会

長野県支部幹事会

 長野県支部では、5月25日に幹事会が開催され、東京からは中野悦子理事長も出席。昨年度の反省を踏まえ、今年度は支部内のコミュニケーション強化を図り、会員・支援者の皆さんがさまざまな形でオイスカの活動に接する機会を増やせるよう、積極的に取り組んでいくことが確認されました。同支部は来年、設立30周年を迎えますが、設立前からオイスカを支援している会員も多く、当日は中野理事長から永年(40年)会員に表彰状が授与されました。また2期4年にわたり、会長を務めた北村正博氏が今回の幹事会をもって退任。新たに水本正俊氏(一般社団法人長野県経営者協会専務理事)が会長に選任され、新体制で今年度の活動がスタートしました。 同30日には富山県支部が活動報告会を開催。昨秋「緑の植林協力隊2017」に参加した高見之信常任幹事から、訪問先のパプアニューギニアでの活動について、スライドを使った詳細な報告がなされました。続いて永年会員の表彰、新規入会者の紹介が行われました。

講演する渡辺会長(富山県支部)

講演する渡辺会長(富山県支部)

 また、第二部では、渡辺利夫オイスカ会長が「日本の開発協力の起源 ?八田與一を中心にして?」と題して講演。今年は明治維新150年にあたるが、明治の時代を生きた先人たちが国の指導者から一般庶民に至るまで「公」の意識を強く持っていたことに学ぶべきだ、と強調。参加者からは「今後の活動推進の励みとなった」といった声が聞かれました。
 岐阜県支部でも6月2日に総会を開催し、昨年度の活動報告などが行われました。同支部は、県内の市町村の多くが会員となって活動を支えており、総会にも多数の自治体関係者が出席。当日は記念講演の講師として、オイスカ・インターナショナルの渡邊忠副総裁が登壇。今年が日本人ブラジル移住110年にあたることから、その歴史になぞらえ、長年オイスカが取り組んできた国際協力活動を振り返りました。オイスカの歴史が、多角的な視点から語られた記念講演となりました。

国内の森づくり・東急ホテルズ 10年を迎えた「グリーンコインの森」 社員らが活動の意義を再確認

2018年7月4日 ( カテゴリー: 国内ニュース )

5月12日、「東急ホテルズ・グリーンコインの森」第20回ボランティア春の森づくり活動が開催されました。

鹿害防除ネットの補修作業。昨年秋の活動で捕植した大苗の順調な生育も確認

鹿害防除ネットの補修作業。昨年秋の活動で捕植した大苗の順調な生育も確認

 これは、㈱東急ホテルズが進めるグリーンコイン制度(※)により、2008年から山梨県丹波山村でスタートしたものです。参加した社員ら40余名は、活動地である高尾の山に登り、鹿害防除ネットの補修を行いました。地元のご婦人らが用意した特製弁当を満喫した後、午後は作業道の補修と耕作放棄地を活用するためのサツマイモの植え付けと二手に分かれて作業を実施。
 また、第1回の活動から10年の節目を迎える今回、村の交流促進センターで、オイスカから活動の成果を報告し、これまでの取り組みをまとめたスライドを見ながら10年の活動を振り返りました。舩木良教村長は「社員の皆さまには、10年にわたって村にお越しいただき、元気を届けてもらった。これからも末永く交流を深めていきたい」と感謝の言葉を述べ、武井隆事業企画部長に感謝状を授与、西野知夫管理部長が締めくくりの挨拶をされました。
 今回参加した12名の新入社員からは、「制度は聞いていたが、森づくりに参加して、その意義が感じられた。グリーンコインをお客さまにアピールしていきたい」との感想のほか、近年増加している海外からのお客さまにも紹介し、森林保全に貢献していきたいとの声も聞かれました。

※宿泊客が対象アメニティを使用しなかった場 合、一緒に備え付けてあるグリーンコインを フロントに渡すことで、環境保全活動の基金 とするもの。年毎に集計したコイン枚数分の 基金を丹波山村での「グリーンコインの森」 に活用するほか「子供の森」計画へも支援

インド ネイチャーツアーを8校で開催 「世界水の日」にちなんだイベントも

2018年7月4日 ( カテゴリー: 海外ニュース )

 「子供の森」計画(以下、CFP)を中心にさまざまな活動を展開するオイスカ・北インド総局。3月にはデリー、ハリヤナ州、ウッタル・プラデシュ州のCFP参加校8校でそれぞれにネイチャーツアーを開催、総勢494名の生徒、教職員が参加しました。バスで公園や環境教育のための施設を訪れた参加者は、動植物の観察やエコゲームなどを体験。遠足のように楽しみながらも、家庭や学校で継続的に取り組める地球環境保全活動について考える機会となりました。

植物について学ぶ生徒たち

植物について学ぶ生徒たち

 また、オディシャ支局では、3月22日が国連「世界水の日」であることから、3月を「水のための行動月間」と位置づけ、学校や各種事業所などでセミナーなどを行ったほか、村の井戸水の水質検査なども実施。主に女性や学校の教員らを対象に行ったセミナーは、安全な飲み水に関する知識として、水系感染症の危険性や防止対策を学ぶ内容となっており、また、地域住民には、植林を通じた水資源保全や水の再利用の重要性についても伝えました。
 地元NGOの協力も得ながら開催した56回ものセミナーには、合計で約2500名が参加。水や衛生に関する教材も作成し、各地のセミナーなどで活用しました。

子どもたちが使う水の水質調査を実施

子どもたちが使う水の水質調査を実施

イラストが中心の分かりやすい教材

イラストが中心の分かりやすい教材

フィリピン・アジア開発銀行年次総会 災害に強い社会づくりを目指した各種取り組みに注目が集まる

2018年7月4日 ( カテゴリー: 海外ニュース )

 5月2・3日、フィリピンのマニラで開かれたアジア開発銀行(ADB)第51回年次総会のCSO(市民組織)プラザで、オイスカはブース出展を行いました。ブースでは、フィリピン総局の役員、マニラ事務所職員のほか、日本からは本部・海外事業部のマリア・グラゼン・アセリットがオイスカの活動について紹介しました。

大型バナーが目を引き、写真を撮る人の姿も多く見られた

大型バナーが目を引き、写真を撮る人の姿も多く見られた

 東日本大震災以降、地震や台風などの自然災害関連の国際機関による支援は、発生後の対処よりも防災・減災といった事前の取り組みに力点を置く方針に移行しています。ADBでも、今年中に発表を予定している新たな長期戦略「ストラテジー2030」の優先事項の一つに「気候変動への対応強化、気候変動・災害に強い社会の構築、環境の維持」を挙げています。そうした中、今回オイスカが特に力を入れて発信したのは、東日本大震災後にスタートした「海岸林再生プロジェクト」や2013年11月にフィリピンで発生した巨大台風ハイエンの被災地で行ってきた「災害に強い、森に守られた地域社会づくりプロジェクト」など、震災復興支援活動や減災につながる緑化活動です。
 ブースでは、壁一面に設置した、活動を紹介する大型バナーが目を引き、多くの来場者が足を止めてスタッフの説明に耳を傾けて熱心にメモを取り、写真撮影をする姿も見られました。

来場者に説明をするアセリット(左)

来場者に説明をするアセリット(左)

「海岸林再生プロジェクト」の育林作業に年間2千人を超えるボランティアが参加している点や植栽したクロマツの活着率が非常に高い点などに着目した来場者からは、どういった工夫によりそれらが実現できるのかといった質問が寄せられました。また、ADBや南太平洋諸国の職員からは、プロジェクトを視察したいとの要望が出るなど多くの関心を集め、新たなネットワークの構築や支援の枠組みに関する意見交換も行われました。
 年次総会と同時に開催された「第21回ASEAN+3 財務大臣・中央銀行総裁会議」では、東南アジア災害リスク保険ファシリティの設立が合意されるなど、自然災害のリスクに対応する動きがますます強まっています。オイスカは引き続き、緑化をはじめとする地域の強靭化につながるプロジェクトを各国で進めていきます。

「海岸林再生プロジェクト10ヵ年計画」 海岸5㎞に緑のベルトが完成 植樹祭で市民が9千本を植栽

2018年7月4日 ( カテゴリー: 国内ニュース )
高所作業車から植栽地を望む。クロマツの枝が広がり、地面が見えなくなっている

高所作業車から植栽地を望む。クロマツの枝が広がり、地面が見えなくなっている

 5月19日、宮城県民を対象とした「海岸林再生プロジェクト」の植樹祭が開催されました。育苗を担う「名取市海岸林再生の会」(以下、再生の会)や植栽の指導者らを含む530名が22のグループに分かれて、約9千本のクロマツを植栽しました。これは、将来にわたって続いていく育林などに、地域住民の皆さんに主体的に関わってもらいたいという思いから実施しているもので、今回が5回目の開催となります。
 当日は心配されていた天候も回復し、快晴の下での植栽作業となりました。地元名取市からは山田司郎市長も参加し、プロジェクトを支援する企業の担当者らと共に汗を流す姿が見られました。

今年も若者の活躍が目立っていた

今年も若者の活躍が目立っていた

また、昨年に続き、名取北高校の生徒140名が参加。過去に植樹祭やボランティアに参加したことのある生徒は、各グループに配属されて苗木補給の役割を担うなど、活躍していました。また、同校の紹介で地元の増田中学校からも初めて生徒が参加するなど、地域への広がりが感じられる植樹祭となりました。毎月ボランティアに参加している高校生からは、「今日は大勢の生徒が参加したが、海岸林の再生は植えて終わりではない。本当に大切なのは草刈りなどの管理作業を継続して行うこと。ボランティアに参加する生徒が増えるよう、働きかけたい」といった声も聞かれました。また午後には、定員オーバーのために植樹祭に参加できなかった一部の支援企業の社員ら42名によるボランティア活動が行われました。これは「植栽はできなくても、海岸林の再生に貢献したい」という声に応え、特別に企画されたもので、参加者は過去の植栽地の管理作業に汗を流していました。

植栽されたクロマツの間に30㎝ほどの深さの溝を掘ることで排水が改善され、根腐れを防ぐ

植栽されたクロマツの間に30㎝ほどの深さの溝を掘ることで排水が改善され、根腐れを防ぐ

 4月にスタートした今年の植栽はこの日が最後となり、約16haに合計で8万3千本のクロマツが植えられ、プロジェクト全体では66haへの植栽が完了。名取市の全長5㎞の海岸が再びクロマツの林でつながったことになります。植栽地では、2千名を超えるボランティアが、10月まで草刈りや排水路づくりなどの育林作業にあたる予定です。
 現在オイスカでは、国、県、市、再生の会との定期的な意見交換会を行っています。成長したクロマツの本数調整伐(間伐)に関する技術的な話し合いのほか、行政からは海岸林再生以外の復興関連事業の進捗状況についても情報共有がなされています。こうした意見交換を経て、2020年以降の名取市の海岸林の管理体制の確立を目指すと同時に、オイスカが周辺自治体に先駆けて行ってきた再生活動のノウハウが、今後の海岸林再生事業に活かせるよう、引き続き調査活動や各種情報公開にも取り組んでいきます。