UAゼンセン ボランティア

2019年8月13日( カテゴリー: 現場レポート )

こんにちは、浅野です。

8月3日にUAゼンセン58名がボランティアに来てくれました。
例年4月から10月まで来てくれていますが、今年は8月から10月の参加。
その分、応募が集中するということでバス2台で来てくれることになりました!

久しぶりの青いビブス、久々に再会する皆さん。
それだけでちょっとテンションのあがる吉田と浅野。笑

今年1番の暑さのボランティア、風もいつもより弱いような…
作業は午前がつぼ刈りとツルマメ抜き取り、午後が溝切り。
立っているだけで汗が流れてくる暑さの中、ひたすら作業に没頭してくれました。

3人がかりでツルマメ抜き取り

3人がかりでツルマメ抜き取り

とれましたー!

とれましたー!

30℃を超す暑さの中、溝切りはきつかった…。
「塹壕掘ってるみたい…掘ったことないけど」という声がどこからか聞こえてきました。
1時間ほど掘ると慣れてきたのか、動きの良くなる皆さん。
D

休憩中に指導者の佐々木さんから「人が横になれるくらいがちょうどいいねぇ」と言われると
率先して横になるNさん…と率先して土をかけるOさん。

支線の幅はこのくらいがベスト

支線の幅はこのくらいがベスト

よし、じゃあ埋めるか。笑

よし、じゃあ埋めるか。笑


 

 

 

 

 

 

 

 

 

違う組合のはずなのにすごく仲良しそう…。
お二人のおかげで周りに笑いが起こりました。ありがとうございました!

今回も体調不良者を出すこともなく、無事作業を終えることができました。
UAゼンセンさん、また来月もよろしくお願いします!!

D

いたちごっこ

2019年8月12日( カテゴリー: 現場レポート )

こんにちは、浅野です。

先日のブログにもあったように
7月22日、23日にサミットレイバーユニオンさんにごみ拾いをしてもらいましたが、
27日に東京海上日動さんと行ってみると細かいゴミがチラホラ…。

その後、8月2日に点検行ってみると…

D

D

BBQのゴミが…。
炭の箱や空き缶、飲みかけのジュース、トングまで!
なんでゴミを持ち帰らないのでしょう…?

拾ってもまた捨てられるのは目に見えていますが、だからと言って拾わなくていいということではないので、
何回でも拾いますが…この「いたちごっこ」いつになったら終われるのでしょう?

つぼ刈りの効果

2019年8月11日( カテゴリー: 現場レポート )

こんにちは、浅野です。

梅雨が明け、雑草たちも一気に草丈を伸ばしています。
定期的に作業をしてもらった場所を確認しつつ、次の作業場所を決めるため現場を歩くのですが、
8月2日に見に行くと雑草がもさもさになっている場所も多々…。

お盆前に入らなきゃいけないかなぁ…と思っていたのですが、
よく見るともさもさの間にくぼみが…

D

近づいてみると、

D

マツが見えてる!

ここは7月8日にオイスカ豊田推進協議会の方々がつぼ刈りをしてくれたところ。
指導員の指示通り鎌1本半分しっかりと刈ってくれていたので、雑草が伸びてきても力枝にかかることなく日光が当たっていました。
おかげでお盆前にもう一度入らなくて済みました。やっぱり指示通りにやると結果に表れるんだなぁと実感。

いつもボランティアさんに「浅野ちゃん、Sだよねー」「笑顔なのに厳しいよねぇ」と言われますが、
マツのためにこれからも厳しくいかせていただきます!笑

潮風の脅威

2019年8月10日( カテゴリー: 現場レポート )

こんにちは、浅野です。
先日、植栽地を歩いていると…こんなところを見つけました。

D

この写真だとよくわからないと思いますので、近づいてみると

D

分かりますか?片側だけ赤く傷んでいます。
ここは去年植樹祭をした場所で、一番東側(防潮堤側)には防風垣も静砂垣もないのです。
何もないので風の通り道となってしまっているようで、風が吹いてくる方だけ傷んでしまっているのです。

D

D

まっすぐで緑が濃い左の写真と比べて、右の写真は斜めになっていて色も赤くなっていたり薄かったり…。
潮風がどれほどマツに影響を与えているのかがわかります。
この厳しい環境の中、頑張っているマツを見ると応援したくなります。

このくらいになるまで頑張ってほしいですね

このくらいになるまで頑張ってほしいですね

使った道具は責任もって…

2019年8月9日( カテゴリー: 現場レポート )

こんにちは、浅野です。
ボランティアの皆さんにお願いがあります。

皆さんが作業に使うスコップや鎌などの道具が時々紛失します。
もちろんこちらで最終確認はしますが、現場で使った道具は車に積むまでは
自己管理をしてもらうようお願いをしています。

この前もスコップがなくなり、再度現場を点検してみると…

溝の中に埋まってました

溝の中に埋まってました

スコップや鎌は土に還りませんし、プロの作業員が機械を使っているときに踏んだり、
刈払い機の刃が当たったりしたら大怪我に繋がりかねません。

そういったことも頭に置いて道具を使っていただけると助かります!

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
月別アーカイブ

ページトップへ