ステッカー完成!

2019年6月24日( カテゴリー: 本部発 )

こんにちは
海岸林担当の鈴木です。

ご寄附をくださる方、現場のボランティアで募金をしてくださった方に気持ちばかりのお礼として差し上げていたこのハガキ、
プロジェクトではおなじみのico.さんに制作していただいたもので、5パターンあります。

イラストに現場の写真を入れ込んであり、どれも素敵なデザインです。お手元にある方も多いかと思います

イラストに現場の写真を入れ込んであり、どれも素敵なデザインです。お手元にある方も多いかと思います

全部で5000枚作り、2年半程でほぼなくなってしまいました。
プロジェクトにご協力くださった方がハガキの枚数分・・・こう思うと協力してくださる方の多さを感じます。
何しろ、ハガキが完成してダンボールで届いた時にはずっしり重く、ハガキの束がたくさんで当分はなくならないだろうなぁと思っていましたから(^-^;

次のノベルティを考えるという楽しい仕事に取り掛かったのが4月
ico.さんに相談し、
ご提案いただいたのが
〇大人のぬりえ絵葉書 〇サンクスカード 〇ブックカバーやしおり 〇ステッカー など

どれも捨てがたいところでしたが、結局ステッカーに!

リピーターボランティアさんは、
「もうもらったからいいよ~」とお断りされる方もいらっしゃいます。
そんな方のためにも
「I’m a Supporter of Natori Citizen’s Forest」(私は名取市民の森を応援してます)
という文字を入れて、
お断りされる方には、職場の方やご家族へのお土産にしてください!とお渡ししようかと思っています。
プロジェクトの宣伝係も務めていただければありがたいなぁなんて・・・(*^^*)

ラフ画の段階から、まわりのスタッフから「かわいい~!」と好評でした。
できあがったのが↓こちらです。
それぞれにタイトルを付けてくださっています。
このタイトル、ステッカーに書いてあるわけではないので、どこにも出るところがなくもったいないのでここでお伝えします。

「もりはひろいなおおきいな」

「もりはひろいなおおきいな」

カモメ

「いいながめ」

キツネ

「おうちにかえろう」

「おおきくなったね」

「おおきくなったね」

「ぐうぜんですね」

「ぐうぜんですね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モグラのタイトルにセンスを感じますね(*^^*)

浅野はパソコンのハードディスクにペタペタと
私はいちばんのお気に入りのカニを手帳に
吉田はパソコンに(私が貼り付けちゃいました)

ステッカーたちが色々な人との橋渡し役になってくれればいいなぁ
ご寄附くださった方へのお礼は、明日か明後日くらいにハガキからステッカーに切り替わる予定です。

ico.さん 今回も素敵な作品を制作してくださりありがとうございました!

実は仲良しAとY

2019年6月23日( カテゴリー: 現場レポート )

広報室の林です。
休日は、ちょっと現場の動きから離れたゆるネタで……。

前回のボランティアの日の前日、朝コンビニで昼食を買ってから
事務所に向かいました。肌寒かったその日、私はカップ麺を購入。

お昼休憩に入ると、浅野は電子レンジでお弁当を温め始めました。
「今日は寒いから」と麻婆丼。

浅野と私が食べ終わったころ、何やら作業を続けていた吉田がやってきました。
浅野が翌日のボランティアさんの名簿づくりに取り掛かっているその横で
吉田が食べ始めたのは、なんと麻婆丼!

CIMG4930
食べる時間帯も、お昼休みにやることもバラバラな二人ですが
ランチ選びのセンスは同じなんだ~。一緒にいると似てくるのですね。

浅野は、自分が食べたかった丼ものがなかったから
たまたま選んだだけだと主張しましたが……(笑)

実はとっても仲良しさん♪

こんにちは、浅野です。
ちょっと前になりますが8日のボランティアの日にひな鳥を見つけました。

ボランティアの方がつぼ刈りをして進んでいった後を点検していると
モゾモゾと視界の隅で何かが動いたので見てみると、巣から飛び出ているひなが!
1羽ではなく、5羽…。すぐに作業をしていたボランティアの皆さんに注意を呼びかけ、
近くに飛んでいた巣とひな鳥をもとにあった場所に戻しました。

くちばしが上にあるのが見えます

くちばしが上にあるのが見えます

飛び散ったひなを巣へ

飛び散ったひなを巣へ

午後にもう1度確認すると、親鳥が戻したのか自力で戻ったのか…くちばしが上を向いていました。
これでご飯ももらえるし、一安心。

その1週間後の15日、今度はマツの枝の間に巣を発見。
ボランティアに来ていた凸版印刷労働組合の方が「タマゴあるー!!」と
声をあげてくれたので近くで作業していた方にも伝わりました。

巣があるのがわかりますか?

巣があるのがわかりますか?

角度を変えるとタマゴが…

角度を変えるとタマゴが…

何度もお伝えしていますが、タマゴやひな鳥を見つけたらそこはスルーしてください。
草を刈ってしまって周りからよく見えるようになると、カラスやキツネなどに襲われてしまいます。

マツの上に巣を作っているのは初めて見ましたが、巣立つまで無事でいてくれることを祈ります…。
植栽地でよく見かけるヒバリの繁殖期は7月までのようです。
まだまだタマゴやひな鳥を見つける可能性がありますので、皆さん気を付けてくださいね!

初ブログです!

2019年6月21日( カテゴリー: お助け隊員の声, 現場レポート )

はじめまして!
6月からオイスカ名取事務所にインターン生として来ている森みなみです。

まずは自己紹介をさせていただきます!
名前 森みなみ
大学・専攻 東北福祉大学 社会福祉学科 3年
出身 宮城県 村田町(蔵の町です!)、県立名取北高校出身。

今までボランティアなど、積極的にはしてこなかった私ですが、地元宮城の復興の役に立ちたい!
たくさんの自然と触れ合ってみたい!と一念発起し、このプロジェクトに応募させて頂きました。
精一杯頑張りますのでよろしくお願いいたします。

ここからは6月15日の活動についてお話します!
この日はなんと、あいにくの雨でしたが…たくさんのボランティアの方々に参加して頂きました!
みなさんきちんとカッパや長靴など、雨対策はバッチリでした!
朝の説明会が終わり、バスに乗って現場に向かいました。
バスの中での海岸林の説明も、すごく真剣に聞いていらっしゃいました。

現場に着くと、初めに鎌の使い方と葦、ツルマメについて教わり、二手に分かれて作業開始です!
日光を遮りマツの成長を妨げてしまうツルマメを抜きながら、葦を刈っていきました。
でもすごくツルマメの葉っぱが他の葉っぱと見分けがつきにくく…苦労しました。
だんだん見分けられるようになっていきたいです!
さらに、マツの木にハチの巣ができていたりと、見たことのない光景ばかりでした!
休憩時間は、ボランティアの方々がたくさん話かけて下さり、就職活動のお話をしていただいたり、
相談に乗っていただいたりしました。ありがとうございます!

そしてリピーターさんはすごく作業がスムーズでした!あっという間に草が刈られてきれいになっていきます!
私もそれを見て頑張らなければ!と思いました。

作業前

作業前

作業後

作業後

作業は思っていたよりも早く進んでいたようです。
みなさん休憩時間は楽しんだり休んだりしていましたが休憩時間が終わるとスイッチが入り黙々と作業をしていてとっても頼もしかったです!

作業は雨のため午前中で終了しました。
ボランティアの皆さん、「やりきった~!」という人もいれば、「もう少しやりたかった~」とおっしゃっている方も
いらっしゃいました!最後はみんなで海を眺めてから、バスに乗り、事務所へ帰りました。

事務所に帰った後も、ボランティアの方々に「どこの大学なのか」や「どうしてインターンシップをしようと思ったのか」など
たくさん質問を頂いたり、話しかけて頂いたりしてとてもうれしかったです!ありがとうございました!

これから、8カ月間インターン生としてたくさんのことを身に着け、成長し社会に還元していけるよう精いっぱい頑張ります!

裏面

裏面

表面

表面

震災前に一歩近づいた。
私はそう感じました。これが出るってことは健全な森林の証拠でしょう。

嬉しいですね。
今年はキノコにも注目し、岩手大学の研究者の方にレポートすることになっています。

今日は短く、以上です!!

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
月別アーカイブ

ページトップへ