台風19号の被害は、東京昭島市の自宅付近や、奥多摩の親戚宅、神奈川相模原市緑区の林業会社在籍時代に伐採した現場付近でもありました。映像を見ただけで場所が分かる場所で。お亡くなりなった方のご冥福と、千葉を含む今年の多くの災害からの一日も早い復旧をお祈り申し上げます。稲の収穫を終えてない家もあるだろうし、農作物もきっとたくさん被害を受けたのだろう。

名取には9月11日~13日の間、304.5㎜の降水量(降水ピークの12日夜半は1時間54㎜)、最大瞬間風速は26.2mがありました。私自身は東京の自宅に11日夜には戻ったため、現場の様子をつかめずにおりました。名取事務所周辺は1997年に水害に見舞われているので、最悪の場合、事務所が流されることも一応頭にはありました。(事務所は問題ない模様)
今朝早く、近くに住むボランティアの三浦さんが実踏レポートを下さいました。ありがたいとは、まさにこのこと。今週土曜日、現場をじっくり調べる予定です。本当にありがとうございます。

以下、三浦さんからのメールです。

9月14日、台風19号通過一日後の海岸林の様子を見てきました。名取市海岸林南端からモニタリングスポット24(2017年植栽地)くらいまでの作業道付近中心ですが、感じたままにご連絡致します。
【結果】大勢に影響する被害はないと見ました。周辺の車道の冠水状態に比べても、植栽地は台風の雨の影響が無いように見えました。

【気が付いた点】
・空港東(2015年植林地近く)の作業道路が10㎝程度、くるぶし程の冠水。他は水がひいた様で冠水はありません。
・盛土がされていない、もとの地盤に自然に生えてきた松を残している箇所は冠水。
・広浦の水面に近い側の防風柵の並びが崩れている箇所があり、盛土が崩壊している様に見える。(今回の台風が原因かは不明。海側の防波堤から見て)
・植林地の黒松への直接の冠水はないようです。(みんなで掘った溝切りの効果は絶大です)
・排水先として遊水地化された作業道は、目的通リ水路になっていました。

溝切り効果

溝切り効果

作業道兼遊水地

作業道兼遊水地

鳥情報
・アマツバメ10羽以上が渡ろうと南下していました。

アマツバメ。大きいんですよ。この時期しか見れません。

アマツバメ。大きいんですよ。この時期しか見れません。

長くご支援いただいている第一三共さん。
今年もボランティア活動の様子をサイトに掲載いただきました。

ボランティアに来てくださる社員の皆さん、
いつも真剣にツルマメ抜きなどの作業に取り組んでいただいています。

また来年もお待ちしています!!

ぜひサイトをご覧ください!

sankyo

画像をクリックするとサイトをご覧いただけます

「名取周辺はECO-DRR研修の最適地」とは言いすぎですが、私にはそのぐらいに思えます。

海岸林だけではありません。内陸部には内陸防風林、居久根(屋敷林のことを東北太平洋側では「いぐね」と言います)、名取駅西方向の山麓には干害防備保安林もあります。また、仙台の定禅寺通りなどの街路樹は、大空襲で焼け野原になったあと、冬の突風で「仙台沙漠」と言われるようになり、計算されて植えられたものでもあります。今は12月のイルミネーションで経済効果もあるようです。3.11の時、仙台港近くの火力発電所やその周辺の緑地帯は、津波減勢や、港湾などの資材などを止め、家事の延焼も防いだとも言われています。

そういった一つ一つが、先を考えて植えた人がいるというところに感心します。ECO-DRR研修ではその技術理論についても、すこし話をすることができましたし、間違いだらけ、スペルミスだらけの英語かもしれませんが、資料を自力で作り、みなにデータを共有しました。

内陸防風林であれば、まず存在理由、なぜ農家が木を植えたのか。農業従事者が畑の土というものをいかに大事に考えているか。そのうえで、防風効果の根拠、林帯幅の意味、列間距離の意味などを。

防風林のさまざまな効果 出典:沖縄県「地域協働による農地防風林の維持管理」

防風林のさまざまな効果 出典:沖縄県「地域協働による農地防風林の維持管理」

居久根については、名取事務所から車で10分程度のところに、国重要文化財の「洞口家住宅」があり、立派な居久根が残っています。これについても多機能で、旬の食べ物の宝庫です。ちょうど、海岸林寄附者でもある奥様がいらっしゃり、即席で説明してくださりました。なんとなく植えてあるのではなく、しっかり計算して植えています。設計が重要です。当然、落葉は堆肥にも使われています。

高木と低木を組み合わせ植えられている。屋敷と林の距離も適度にあり、敷地全体の防風効果がある。

高木と低木を組み合わせ植えられている。屋敷と林の距離も適度にあり、敷地全体の防風効果がある。

 

国重要文化財「洞口家住宅」。最高の説明をしていただき、感謝しております。

国重要文化財「洞口家住宅」。最高の説明をしていただき、感謝しております。

海岸林はまさに技術の宝庫。理論が分かると全体デザイン、ゾーンニング、盛土、作業道、排水溝、防風垣、静砂垣、樹種、樹間・・・すごくわかってくれたと思います。彼らはプロですから。
20191004_110000

みなさんこんにちは!インターン生の森です!
今回は10月4日と5日の活動に参加させていただきました!
4日はUAゼンセンの方々にボランティアに来て頂き、5日はボランティアの日でした!
5日の活動は、海外から研修に来てくださったみなさんと一緒に作業を行いました。みなさん日本語も作業も
とっても上手でさすがだなあと思っていました。
フレンドリーな海外のみなさんのおかげで、ボランティアの日の作業もとっても大盛り上がりでした!!

image1

みなさん英語で話してらっしゃいました。。。(笑)
わたしも英語を勉強しないといけませんね!!!
頑張ります。。。(泣)
そして、午前の作業が終わったらなんとなんと、、
みんなでツルマメを食べました!
私は今までたくさんツルマメと格闘していながらツルマメが食べられるとは知らず。。(笑)
味は枝豆みたいでとても美味しかったです!でもお腹いっぱいにはなりませんね〜!!
ボランティアの方々にも食べていただきました。↓

image3

みなさん興味津々でした!!
相当小さいですもんね。。。

今回のボランティアの日でもたくさんの方々とお話させて頂くことができました。
色々な場所や、職種の方々と交流ができとても嬉しかったです。
ありがとうございました!!

image4

4ヵ国6名の現場責任者は9月29日に入国。
30日は研修趣旨の確認、JICA専門家としてインドネシア駐在経験があり、退職後、オイスカの一員として各国を10年指導くださった清藤城宏緑化技術参事(元山梨県森林総合研究所)の講義、林野庁本庁で、ケニアの乾燥地造林駐在経験があり、仙台森林管理署署長として国による海岸林復旧の現場統括をされた、海外林業協力室の小澤さんの講義、都心の防災公園的役割を持つ日比谷公園、それに対し関東大震災で火炎旋風などで3.8万人がなくなった横網町公園の見学を。

林野庁海外林業協力室での講義

林野庁海外林業協力室での講義

10月1日は、主に治山など日本の森林の第一人者太田猛彦オイスカ顧問(東京大学名誉教授)をお招きして、「名取発、世界へ」と言う意気込みを示すべく、国際協力の日シンポジウムで各国プロジェクトの災害と戦って森林造成をする様を報告。
満席の230名が聴講くださりました。
オイスカ四国の泉会長(JR四国会長)は「迫力のある報告」と評価下さり、
「皆さんが戦う気力はどこから来るのか?」
「政府をどう巻き込んでいるのか?政府は戦っているのか?」と質問いただきました。
シンポジウムの後、「SDGsの169項目の詳細を研究しなさい。
30年先の目標を立てるぐらいの気持ちで、各国をまとめなさい」と私にアドバイスくださりました。

10月1日東京での国際協力の日の集い。230名の前で各国の戦いを報告

10月1日東京での国際協力の日の集い。230名の前で各国の戦いを報告

10月2日は、オイスカインターナショナルの国際理事会。
主にSDGs、ECO-DRRについて議論し、翌日早朝、中野悦子理事長とともに宮城へ。戦災復興で計画的に植えられた街路樹を見ながら、宮城県庁へ。
海岸防災林の復旧について森林整備課の皆様から講義。県庁の皆様にも、宮城は世界につながっていることを感じていただけたと思います。

宮城県庁森林整備課から海岸防災林復旧について講義

宮城県庁森林整備課から海岸防災林復旧について講義

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
月別アーカイブ

ページトップへ