広報室の林です。

こちら、第一三共グループの社内報。
「海岸林再生プロジェクト」の取り組みをご掲載いただきました!

sankyo1

第一三共さんは、20年以上、特別法人会員として
オイスカを支えてくださっている企業さんです。
プロジェクトにも2012年度からご支援いただき、現場にも社員さんが
ボランティアに来てくださっています。

皆さん、大変な作業でもいつも楽しそうに取り組んでくださっています。
こちらの広報誌の取材に来られた担当の方も、取材の傍ら作業に加わり、
汗を流していたのも印象に残っています。

ボランティアに参加した社員さんの声も掲載されています。
ぜひご一読ください!

sankyo2

クリックするとPDFファイルが開きます

今年も第一三共の皆さんの現場での活躍、期待しています!

今年も……!!!!!!

2019年2月5日( カテゴリー: 本部発 )

広報室の林です。

2月になり、待っていた知らせが届きました!

今年も……

 

大阪マラソン寄付先団体に選ばれました!

DSCN4509
今年もランナーを募集します!
今からトレーニングすれば初マラソンの方も大丈夫。
今年はコースが変わるのだそうです。
過去に走った方も新しいコースで再チャレンジしてみては?

また秋に向けての楽しみができました。
皆さん、一緒に大阪マラソンを盛り上げてください!

秘密の遊び!?

2019年1月25日( カテゴリー: 本部発 )

広報室の林です。

現場に動きのないこの時期、ブログでの発信がおろそかになり
申し訳ありません。さらに久々の投稿がこんなネタですみません。

今日は「海岸林再生プロジェクト」の担当女子たちが
朝からこんなものを広げ、何やら作業をしています。
DSC_1019

ほかの部署のスタッフたちも集まり、協力しています。
こんなふうに手に色を塗り……
DSC_1020

ペタッと。
DSC_1023

こんなにたくさんになりました!

DSC_1025

さて、これは何の作業でしょうか?
ええ、遊んでいる訳ではないのですよ。
「海岸林再生プロジェクト」に関係するある作業です。

これが何になるのか、完成まで秘密にしておきます!
お楽しみに!!!

宮城つながる森業交流祭ご報告

2018年12月4日( カテゴリー: 本部発 )

広報室の林です。
遅くなってしまいましたが、11月19日に開催された宮城つながる森業(もりりょう)交流祭
に行ってきましたので、内容等ご報告いたします。

行事は今年の4月に「みやぎ森と緑の県民条例」が施行されたことを記念して
県が中心となって行われたもの。
1部の講演会、2部のシンポジウムのほか、ポスターセッションで構成され、
オイスカは吉田がシンポジウムのパネリストとして登壇したほか、
ポスターセッションにも参加しました。
DSCN4193DSCN4167

驚いたのは、会場いっぱいに人が集まっていたこと。
400人ほどが参加したようで、とてもにぎわっていました。
“交流祭”と“祭”の字があるのも納得。

DSCN4212

講演やシンポジウムに登壇した県内を中心に活動する各種団体の皆さんのお話を聞いて
宮城ならではの森林の再生、林業の活性化の形があるのだなぁと感じました。

オイスカでは、企業との協働で国内の森づくりを進めており、都内を拠点にする企業さんの
多くはフィールドを山梨県や埼玉県などの近隣県に求めて活動しています。
例えば山梨県のある自治体で活動する企業は、そこの森が東京や神奈川の水源林になっている
ことから、その保全活動に社員を参画させるような取り組みをしており、自治体をまたいで
“森と都市”とをどうつなげるかということが大きなテーマになっている側面があります。

しかし、宮城では仙台という大消費圏を抱え、県内に“森と都市”が共存しているという違いが
あることを感じました。

そしてもう一つは震災復興と切り離せないということ。

震災による木材の需要、新たな林業の形の模索といった点もそうですが、
吉田がパネリストとして参加した意義もそこにあったと思います。
DSCN4191

プロジェクトは、ただ単に津波で失われた海岸林を元通りにするという
ものではないことは、支援者者ボランティア参加者の多くの方に
ご理解いただいているのではないかと思います。このプロジェクトは、
活動の中で行われるさまざまなレベルの人材育成、それを通じた“林業”の復活を
実現できるものだということが、今回の吉田の話から会場にも伝わったように思います。

一番のポイントはきちんとした“技術”に支えられたものでなくてはならないということ。

誤解を恐れずにいうと、“自然”“森”といった多くの人が親しみを持ち、
参画しやすい分野のものは素人が間違った知識や感情で発言・行動をすることも多いように思います。
“プロ”の高い技術が支える現場に来るボランティアに求めるのは、
“お遊び”でない覚悟と真剣に学ぶ姿勢であることを訴えました。
(写真のスライドには「ボランティアを“戦力”と考え、お客さん扱いしない。
そのために説明を尽くす」ということが書かれています)

そしてプロのレベルでの技術移転、人材育成も進んでいることも大きなポイントです。
佐々木統括は月刊「OISCA」11月号に掲載した座談会でも触れていましたが、
プロジェクトの植栽を前に行った森林組合の技術者50人を対象にした研修会で
「植林をしたことがある人」に手をあげさせたところ、3人しかいなかったそうです。
日本の森林の現状から考えると全国で同じような状況でしょう。それが、震災後の
海岸林の大規模再生の現場では毎日何百本と植える人材が必要となるのです。
統括からは“思いがけない技術伝承の場となった”との言葉を聞いたこともありました。
森林組合の若者たちも「こんなに植えられる現場はここだけだから」と、
たいへんな作業を、研鑽の場と捉えているようです。

だからこそプロとそれを支えるボランティアの役割をはっきりさせ、
お互いがその力を思う存分発揮できるよう、自己研鑽にも努めることができるのだと思います。
植えたい気持ちはあるけど、植えられないと分かっているボランティアにきて、
暑い中一所懸命にクロマツのお世話を

……とりとめのない話になりましたが、森って本当に奥が深い。
“多面的機能”などという言葉では表現しきれない力を持っています。
まだまだ勉強することだらけ。

DSCN4215 DSCN4217

 

 

11月28日、プロジェクトをご支援くださっている企業・団体の
ご担当者の皆さまにお集まりいただき、情報交換会を行いました。
IMG_7739

今年も会場はUAゼンセンさんのご厚意で立派な会議室をお借りしました。
毎年ありがとうございます!

例年この時期に来年度の事業計画やボランティアの受け入れ計画をお伝えするほか、
今年のボランティア活動などを振り返り、それぞれの取り組みなどをご紹介いただき
情報交換をしてもらっています(もちろん懇親会も盛り上がります!)

今年は林野庁の企画課から講師をお招きし、プロジェクトについても
触れていただいている「林業白書」についてご解説いただきました。
IMG_7731
企業・団体の皆さんの「海岸林再生プロジェクト」への支援のほか
社会貢献として取り組む森づくりなどへの意義づけの参考になればと
日本の森林施策について分かりやすく説明してくださいました。

吉田からプロジェクトの進捗や来年度の計画について説明をした後、
各企業さんからどのように支援をしているか、どのようにボランティアを企画しているか等
お話がありました。そして皆さん2020年度以降のプロジェクトの動きが気になっている様子。

IMG_7757

おもしろかったのは、今年100周年を迎えたホーチキさんのお話。
周年記念としてプロジェクト支援を始め、ボランティアにも参加。
そして学研の人気シリーズでもある「まんがでよくわかるシリーズ145」として
『火災報知器の秘密』も出版され、参加者にプレゼントしてくださいました!

IMG_7750

ひみつシリーズには、この日参加していた東京海上さんも関わった
『保険のひみつ』もあるのだそうです。知らなかった~!!
プロジェクトに関係はありませんが、そうしたおもしろい話が聞けるのが
とっても楽しい情報交換会。
この後の懇親会では、中学生の時に火災報知機を押して
親と学校の先生との三者面談ではなく、消防署の方まで来て
説教をされたという経験を持つTさんの話も飛び出すおまけつき。

ご出席くださいました皆さま、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

2019年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
月別アーカイブ

ページトップへ