広報室の林です。

大阪マラソン翌日、支援企業さんなどの訪問などをしながら
合間にとある場所を訪ねた吉田に同行してみました。

私はかねてより吉田を「海岸林オタク」と呼び、
休日を活用して、あちらこちらを見て歩く吉田の様子を
おもしろがってレポートしてきました。(海岸林オタクの休日

最近の吉田は海岸林とあわせ、「Eco-DRR」に傾倒し(笑)
新たなオタクの道を歩み始めています。
(こちらのブログでは「Eco-DRRの知恵を求めて」と題して
投稿を続けています。その一回目のブログがこちら

大阪マラソンの翌日に行ったのは毛馬閘門。
こちらの説明は吉田に任せます

申し訳ないけれど、オタクの道を歩んでいない私は
「わ~!紅葉がきれい」とか

DSC_0399

「あ~!かわいい猫がいる」とか

DSC_0402

爪とぎ中

爪とぎ中

 

水鳥の潜水すごい!とか

DSC_0412

分かりにくい写真ですが……。
強風で思うように進めない水鳥が
潜ってかなり遠いポイントに浮かびあがってきて
とてもびっくりしました!!

そんなことしか目に飛び込んできません。
そもそも「閘門(こうもん)」という言葉を初めて知りました。

そして、一番印象に残ったのは残念石。
何が残念なんだろう???と。

大阪城築城のために運ばれる途中に船から落ちたと思われる
川底から引き揚げられた石であるとの説明に納得。

オタクの道の入り口にも到達していない私です。

広報室の林です。

昨日に続き、大阪マラソンのご報告です。
私たち応援スタッフは電車で移動しながら手分けをして、
各ポイントで応援&撮影を行います。

今年のチャリティランナー50名の中には2時間30~45分ぐらいでゴールするという
ツワモノが2名もいました。5時間~ギリギリ完走を目指すぐらいの
スピードのランナーなら、まずはスタート地点で応援、15キロ、30キロぐらいで応援、
そしてゴールで出迎えるという動きができるのですが、
速いランナーは途中の応援をスキップしないと間に合いません。

私はスタート地点、22キロ、37キロで応援。
スタート直後はこんな感じ。
今年からコースがかわり、昨年までと反対方向への走り出しです。
CIMG9884

沿道では、いろいろな声援が飛び交います。
私たちもオイスカのランナーだけではなく、全員を応援したくなります。
大阪マラソン初体験のインターンMさん。
はじめは「がんばってくださ~い」と控えめ。
CIMG9917

そのうち、隣で応援しているスタッフM(過去にランナーも応援スタッフも
経験している)にならい、ゼッケンに書かれた名前や
ニックネームを呼びながら大きな声で応援しだすインターンM。

CIMG9932

応援の楽しさが分かってきたインターンM

こんなにかわいい女子大生の声援にみんな力を得て
わざわざハイタッチをするために寄ってきたり、
海外のランナーに多かったのは、立ち止まって一緒に写真を撮って行く人。

ランナーは沿道の声援にパワーをもらい、
沿道の人はランナーから元気をもらっている。
マラソンっておもしろいなぁと思う。

CIMG9952

「何台運んだ?」と聞くと「2000台ぐらいっすかね~」
うそつけ! でもそのぐらいの疲労感なんだろうなぁ。おつかれさまでした

そしていつも感心するのが「力持ちボランティア」をはじめとする
大会運営を支えるボランティアの皆さん。
力持ちボランティアは交通規制のために道路が横断できない場所で
通行人の自転車などを担いで歩道橋を渡り、向こうまで届けてくれるお兄さんたち。
電動アシスト付き自転車はバッテリーが重いようで、
特に荷物もある場合は、3人がかりで担いでいきます。
インターンMは「すごいイケメンじゃないですか?」と。
顔まで見ていなかったけど、確かに行動自体がイケメンだよね~と同意。

そうこうしているうちに倉本がやってきた。
預かっていたペットボトル飲料を彼女の腰のポーチにある
小さなボトルに補充し、記念撮影。

CIMG9945

しばらくオイスカのランナーさんを応援した後、37キロ地点に移動。
つらくて歩いているランナーが多い中、私の隣にいたおじさんが掲げていた
ボードに書かれていたのは

「足が痛いのは 気のせい!」

これを見たランナーの反応はさまざま。
「これ、気のせいちゃうで~」
「そっか、気のせいか」
「いや、マジで痛いから~~~!」

立ち止まっておじさんとボードを撮影をしていくランナー多数。

このおじさん、チョコレートを配り、ランナーに使ってもらおうと
スプレー2本を手に応援をしていました。
「気のせいか気のせいじゃないか分からんけど
ゴールは逃げないから、あと5キロがんばれ~」と声を張り上げていました。

CIMG9970

200mほど離れたところで応援をしていた吉田から
「もうすぐ倉本行くから」と電話が入りました。
遠くに倉本の姿が見えてきたら、なんだか感動してしまいました!
あと5キロ頑張れ!と送り出すと、涙が出てきました。
(今こうして書いていても、思い出して泣けてくる……)

4月から地道に練習を重ねてきたのを間近で見ていました。
夏の暑さや海外出張の忙しさなどで思うように練習できずに
不安を感じていた時期もありましたが、ずっとコツコツコツコツ
この日に向けて、準備してきていたから絶対に大丈夫だと思っていました。

吉田が「倉本、すげ~泣いてたなぁ」と。
あまりに泣いていたので、遠慮して写真が撮れなかったのだそう。
私は気が付かなかった。私も泣きそうで、送り出すのが精一杯だったから。

本人もブログに書いていましたが、半分ぐらい過ぎたところから
ずっと泣いていたのだそう。沿道の声援に感動して。
特に子どもたちからの「がんばって~」には涙腺崩壊(笑)だったそう。

CIMG9948

小さな子どもの応援にランナーが吸い寄せられてハイタッチ

今年もたくさん感動する大阪マラソンでした!
ランナーの皆さん、おつかれさまでした。
そして、ありがとうございました!!

 

広報室の林です。
大阪マラソン、行ってきました。
昨日、広報室の倉本が完走の報告とお礼をブログに書いていましたが、
私はマラソン前日と当日の様子をご報告します。

11月29日に本部事務所での業務を終えて現地入り。
吉田・倉本・林はチャリティランナーの集合場所近くに
宿泊しており、前日に集合場所~スタート地点の下見&倉本のランナー登録へ。

CIMG9861

チャリティランナーの集合場所となっていた読売テレビはホテルから歩いて10分ちょっと。途中で大阪城が見えました!

集合場所の確認を済ませ、スタート地点の確認へ。
大阪城公園周辺の緑地で桜の開花を確認!
寒い季節に咲く種類なのか、間違って咲いてしまったのかは
分かりませんが、なんとなくうれしい気分。
CIMG9864

その後、ランナー登録を行うEXPO会場へ。
電車で移動中、倉本がランナーだと気が付いたおじさんから
話しかけられました。

「明日暑なるでぇ~」
「新大阪駅で551の豚まん買うて帰れや~」

東京とは違うなぁ~。

EXPOでは寄付先団体がこんなふうにブースで活動を紹介しています。

CIMG9875

大賑わい!!
CIMG9870
なぜこんなに人が入るかというと、
皆さん目的がありまして……。

それはこのように、自分の名前が掲出されている
ボードの前で記念に写真を撮影するためです!

CIMG9866

今回、オイスカのチャリティランナーは50名でしたが、
一般ランナーもいずれかのチャリティーカラーを選び、
募金をすることになっており、オイスカのチャリティーカラーの
紫を選んだ人の名前は、紫のブースに名前が掲出されているのです。

オイスカとしては少しでも活動を知ってもらうため、
ご自身の名前を確認した後には、パネルなども見てほしいので
ブースに立ち寄るよう呼びかけをします。

今年は日本語と中国語、英語で書かれたミニ看板を用意しました。

CIMG9877

中国語に関しては、ネットで調べて書いたので、正しかったかどうか分かりませんが、多くの中国、台湾、香港からのランナーがこれを見て立ち寄ってくれたので、一応意味は通じていたようです……

無事登録を終えた倉本。
「ディズニーランドのファストパスを持ってるみたいでした」と。
というのも3万人以上が登録をするため、一般ランナーは長蛇の列。
その横をチャリティランナーは専用レーンですいすい進み、
あっという間に登録を終えることができるのです。

吉田も報告していた通り、この日の夜は倉本とうどん。
2人で並んで食べている様子、なんだか姉妹みたい。
(年齢は親子ほど違いますが……)

マラソン前日はやっぱり炭水化物。倉本、頑張れよ!

マラソン前日はやっぱり炭水化物。倉本、頑張れよ!

明日に続く

+42.195km 完走できました

2019年12月2日( カテゴリー: 本部発 )

広報室倉本です。

今年春、大阪マラソンに挑戦すると宣言した日からずっと、マラソン後の報告ブログに、何を書くことになるだろうかと考え続けていました。謝罪や残念な報告になったらどうしよう、書き出しはどんな風にしようかな、など……

しかし、終わってみると
「時間内に最後までたどり着くことができました」
「ありがとうございます」
の言葉以外出てこなくなりました。

本番当日、17kmを越えた時点で疲労感に足が重くなり、その後なんとか小走りを保って立て直せた時も、30kmを越え、足と腰を痛めて走れなくなった時も、これまでご支援、応援して下さった皆さまを思い出しなんとか前に進みつづけることができました。

また、大阪マラソン特有の沿道の途切れない声援がとても身に沁みて中盤から涙が止まらず、嬉しい気持ちで、かえってつらい気持ち一色にならずに済んだこともよかったのかなと思います。

2019-12-05_091802_LI

赤丸がわたし。泣いてます。

 

そして一番強く思うのは、多くの皆さまの応援が活きたのは、この日の42.195kmだけではないということです。これまで取り組んだ練習やオイスカの㏚と寄付金集めなどの延長に、12月1日がありました。

半年以上に及ぶ私の挑戦を支えてくださった多くのみなさま、本当にありがとうございました。

 

加えて願わくは、今後とも海岸林再生プロジェクト(と私)をぜひ長い目で応援いただけますと幸いです。

DSC_0025

がんばりました。

 

 

………

本番前にずっと考えていた書き出しは、「12月1日、大阪城から始まり、大阪城で終わるフルマラソン。季節は冬ですが、気分はさながら初陣が『大坂夏の陣』となった豊臣方の一兵卒のようです」でした。それくらい始まる前は悲壮な気持ちでした…笑

豊臣時代から2度建て替わり、今もなお健在な大阪城のように、心が折れかけた時完全に落城せずに立て直せて本当に良かったです……

今日は我々にとって6回目の大阪マラソン!

関西以外では、把握しているだけで宮城・富山・愛知・香川・熊本・台湾から。
総勢50名が「新コース」を走ってくださります。

天神橋で有名なクレープ屋さん「クレープパル&カフェ天神橋ASAKUSA」を営む藤澤さんは6回目のエントリー。
2年、3年、4年連続のリピーターも数名。おかげさまで、オイスカ個人会員や支援企業・労組からのエントリーも年々増えています。ご理解いただいているネクスタ㈱、CKD㈱、矢崎エナジーシステム㈱大阪支店、㈱大江鉄工(富山)、化学総連、ダイセル労組、USJクルーアライアンス、UAゼンセン大阪府支部の皆さんに御礼申し上げます。

走るオイスカ職員は2名。中部日本研修センター研修課の安部君、東京本部広報室の倉本さん。
浅野さんはブース対応のため3日前から。その他応援チームは2日前に大阪入り。
今日は皆で分担し、5ヵ所を移動して応援します。

私は走りません!!今年は頑張って応援して、みんなで支援者訪問など12月3日まで続けます。

チャリティーランナーの無事と健闘を祈って! ではでは。

オイスカ関西支部会長、ネクスタ㈱岡崎会長と経営企画部の米山部長と

オイスカ関西支部会長、ネクスタ㈱岡崎会長と経営企画部の米山部長と

京橋から梅田を望む(当日2日前)

京橋から梅田を望む(当日2日前)

マラソン前日はやっぱり炭水化物。倉本、頑張れよ!

マラソン前日はやっぱり炭水化物。倉本、頑張れよ!

2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
月別アーカイブ

ページトップへ