お久しぶりです。浅野です。

今日から大阪マラソンのチャリティランナーエントリーが開始します!
昨年の大阪マラソンは残念ながらコロナの影響で中止となりましたが、今年は歴史あるびわ湖毎日マラソンと統合され、【第10回大阪マラソン・第77回びわ湖毎日マラソン統合大会】として2月27日開催となりました!(なので、正確には来年)

寄附先団体は昨年から引き続きという形になるので、オイスカは今年も海岸林再生プロジェクトの支援として
テーマカラーでのエントリーです。

今大会のオイスカのチャリティランナー枠は60枠。
一昨年の第9回大会では期限より2週間ほど早く定員に達してしまい、
ギリギリでエントリーしようとした方が、走れなかったということがありました。
今年のチャリティランナーのエントリー期間は9/3(金)~ 11月17日(水)17時です。
すでに走ることを決めてくださっている方、どうしようか迷っている方も!
10月中を目途にエントリーを終えてください!!
ファンドレイジング期間(募金を集める期間)はエントリー後から2022年1月25日(火)までなので
エントリーしてしまえば、ゆっくり募金活動をすることができます。

エントリーはhttps://www.osaka-marathon.com/2022/runner/entry/apply_c/より
チャリティランナー申込のページに入り、<チャリティランナーにエントリーする>をクリック。
その後はページに書かれている指示に従って、登録を完了してください!

今大会はコロナの影響で例年と異なる部分やまだ不確定な部分も多々ありますが、
マラソン好きな方やチャリティに関心がある方など、エントリーお待ちしてます!!

CIMG9869

おとなしくしてますが・・・

2021年8月24日( カテゴリー: 本部発 )

吉田です。7月末以来、宮城入りせず、おとなしくしています。真っ黒になった日焼けも落ち着きました。

実は・・・先週月曜日に歯が痛くなり、次の日の朝イチで歯医者を予約した途端、歯の上が腫れ、40度前まで、悪寒がするほど熱が出ました。火曜日のうちに平熱まで下がり、水曜からは在宅勤務、念のためPCR検査を。翌週月曜日に「陰性」と電話がありました。「これは歯痛からの熱」と思ってましたので、観念することもなく。皆さんと同様、以後も気をつけます。

目下、海岸林チームは通称GSMと呼ばれている新しい部署で「広報・資金獲得」に従事するとともに、10月6日の創立60周年行事の元締めも担当しています。海岸林女子は相変わらず大車輪の活躍です。宮城からは御年80歳の大槻さんが「出席ー!」と一番乗りでFAXいただいております。オイスカ全体の次期10ヵ年計画を発表します。ぜひ、ご聴講ください。詳しくはコチラ

ところで、在宅勤務中、書籍「松がつなぐあした」に関し、嬉しい紹介のページを見つけました。

日本海岸林学会HPの、新刊書籍紹介欄

紹介文の最後には、「・・・・・・海岸林研究を進める活力源に」とありました。若い研究者の間で、この本が長く読み継がれて欲しいと思っていました。「同じ著者の連載記事「よみがえれ! 海岸林」と合わせてぜひ」とも書かれてあり、オイスカ海岸林HPの「よみがえれ!海岸林」へのリンクも。そこまでちゃんとしてくれたのか・・・なんと思いの深い・・・嬉しかったです。北海道に関係が深い人が書いてくださったのかもしれません。

また、林野庁の「森林・林業白書」にも、がっちり紹介いただきました。これも林野庁の若き官僚の皆さんが執筆くださったものです。

「令和2年度 森林・林業白書」(林野庁)*P244に特集

明日は、住友化学&労組の皆さんへのオンライン活動報告会。140人が聞いてくださるとのこと。当日使うBefore&Afterの写真を数点。

ここで絵文字を書いたのは住友化学だけ。とんねるずの「もじお」を思い出しました

ここで絵文字を書いたのは住友化学だけ。とんねるずの「もじお」を思い出しました

2017年6月の住友化学の皆さん

2017年6月の住友化学の皆さん

2021年7月末のその場所

2021年7月末のその場所

2016年の住友化学の皆さん

2016年の住友化学の皆さん

2021年7月末のその場所

2021年7月末のその場所。中央下の赤白ポールの先は高さ2m

「オイスカ関西の集い2021」にて、プロジェクトの歩みや最新情報をお伝えします。

9月18日(土)於:国民会館武藤記念ホール(大阪市中央区・天満橋駅より徒歩3分)

14:00~14:55 開演・ビデオ放映(ミャンマー・フィリピン・インドネシアのオイスカ現場報告)

15:10~16:40 講演・トークセッション「松がつなぐあした」~震災10年・海岸林再生の記録~

講演:小林省太氏(元日本経済新聞論説委員)

トークセッション聞き手:浅野奈々穂(オイスカ海岸林再生プロジェクト担当)

お申込み・お問い合わせなど、詳しくは下記チラシをご覧ください。

関西の集い 告知チラシ・申込用紙

当日は書籍「松がつなぐあした」の販売もございます

当日は書籍「松がつなぐあした」の販売もございます

2020年11月3日 ボランティアの日、排水溝掘削中の小林さん

2020年11月3日 ボランティアの日、排水溝掘削中の小林さん

2021年7月21日 滞在時間が短くても必ずツルマメを抜いて帰る浅野さん

2021年7月21日 やはり、ツルマメを抜いて帰る浅野さん

吉田です。

大変残念ですが、全国的な状況と宮城県内のコロナ感染増加の傾向から、8月末までのボランティア・視察予定・撮影予定など、すべて中止としました。この1年半、こういう中止判断ばかりしてきましたが、予定していた企業団体ご担当の皆様、楽しみにされていた皆様のことを思うとその都度心苦しく、ただただ申し訳なく思っております。この状況はまだまだしばらく続くと思いますが、辛抱強く付き合ってゆくしかないと思います。

来週末からはプロもお盆休みに入り、葛・藤・ツルマメは、伸び伸びの伸び放題の時期が来ます。お盆明け、ボランティアが入れないことにより、去年・今年は事実上プロ頼み。2段構えでの徹底駆除は2年続けて成就できませんでした。この影響で、「つる切り」は計算より長期間続き、コストも嵩むことになるでしょう。葛の葉の大きさ、ツルの太さが印象的な今年前半でしたが、プロと東北在住者ボランティアで全力を尽くしてきましたので、後悔することはありません。あらかじめ、現場をすべて歩いて、特に「刈り取るべき箇所の位置図」をプロに手渡してあります。いまは、彼らに任せるしかありません。

また、出来るときに出来ることを頑張ります。

7月31日、東北在住者ボランティアの日10名で、2016年植栽地の「クズ」集中繁茂地の一つ、0.05haを2.5時間かけて、完全刈り取り。

7月31日、東北在住者ボランティアの日10名で、2016年植栽地の「クズ」集中繁茂地の一つ、0.05haを2.5時間かけて、完全刈り取り。

藤づるは太く、硬く、長い。去年から出始めました。

藤づるは太く、硬く、長い。去年から出始めました。

吉田です。今週末の臨時ボランティア日を前に、今日やらねばならない仕事が終わったら、一人車で出発します。

7月21日、「海岸林再生の碑」除幕式(主催:名取市海岸林再生の会)で配布された冊子「海岸林再生活動10年の軌跡」を下記に掲載しました。冊子の印刷は少数で、皆様に共有するために下記に掲載しました。全カラー・24ページ、石碑表裏全文も掲載されております。ぜひご覧ください。

210721 「海岸林再生活動10年の軌跡」(再生の会)

20210729_133225

IMG_5734DSCN1339IMG_5743

名取市海岸林全長5㎞のまさに中央に建てられました。津波に耐えた3本の松の近くです。案内表示の予定はありません。

名取市海岸林全長5㎞のまさに中央に建てられました。津波に耐えた3本の松の近くです。案内表示の予定はありません。

これは新しい石碑から西に300mに建つ昭和34年建立の「愛林碑」です。こちらも案内表示はありません。

これは新しい石碑から西に300mに建つ昭和34年建立の「愛林碑」です。こちらも案内表示はありません。

2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
月別アーカイブ

ページトップへ