はじめまして。国際協力ボランティアの中川です。

私は、オイスカスタッフブログは何度か登場しているのですが、海岸林再生プロジェクト活動ブログには初めての投稿になります。今年の8月から倉本さんに代わり海岸林再生プロジェクトについて学んでいます。これから、何度か名取市の現場にも行かせていただく予定ですので、よろしくお願いします。

さて、私は8月20日月曜日に、清藤先生と吉田さんと千葉県北部の海岸林の視察に行ってきました!名取市の現場には、6月にタイとフィリピンの子供たちと一緒に行ったことはあったのですが、他の現場に行ったのは初めてでした。千葉県は、宮城県名取市と比較的地理的条件も似ており、クロマツの海岸林の取り組みが進んでいるのです。そこで千葉県北部事務所、千葉県総合研究センターの方々にご協力して頂き、海岸林の視察を通して、間伐のことを中心に情報交換を行いました。

海岸林、林業に関して初心者な私は、1週間の予習をして臨みました!しかし、話の内容は難しかった。。。でも、カメラ係としてたくさん写真を撮ったので、ぜひご覧ください笑!!

千葉県北部の沿岸を車で走っている途中にマツを発見!

千葉県北部の沿岸を車で走っている途中にマツを発見!

吉田さんの背丈を余裕で越える高さ!

吉田さんの背丈を余裕で越える高さ!

千葉県北部林業事務所、千葉県農林総合研究センターの方々との意見交換

千葉県北部林業事務所、千葉県農林総合研究センターの方々との意見交換

去年植林されたものは竹すの中ですくすく育っています

去年植林されたものは竹すの中ですくすく育っています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千葉県は、名取市の海岸林と似ているところも異なるところもあり、大きく広がる海岸林には驚きました。平成19年に植林されたものは4.5mほどにまで生長していて迫力があり、またマツだけではなく色々な植物も一緒に植えてあったのが印象的でした。また、お話の中で、「海岸防災林は県や場所によって全く異なるやり方を行っていて、海岸防災林は人々に重要視されておらず、理解してもらうのが難しい」という言葉が心に残りました。私は、海なし県の埼玉出身ということもあるかもしれませんが、オイスカに関わる前まで海岸林という言葉さえ聞いたこともありませんでした。

海岸林ってなに?何のためにやっているの?と思いながら、今さら聞けないよ~と思っているみなさん!また、海岸林についてなんとなく知っているよ~というみなさん!ぜひ、私ともう1度一緒に勉強していきませんか?

 

最後に千葉県北部事務所、千葉県総合研究センターの方々、ご協力ありがとうございました。オイスカにとっても、私にとっても、貴重な機会になりました。

読者のみなさん!新参者の私ですが、これからよろしくお願いします。名取市の現場で皆さんにお会いできるのを楽しみにしています!まだ暑い日は続いていますので、体調にはお気を付けくださいね♪

東北まるごと弁当

2018年8月18日( カテゴリー: 現場レポート )

広報室の林です。お休みの日ですから、
プロジェクトとはちょっと外れた話題をお許しください。

4日のボランティアの日、夜から海外出張が入っていたため、
午後の作業は失礼しました。いつもは現場に向かう途中で昼食を買うのですが、
その日は、新幹線の中でお昼ご飯を食べようと思い、準備していませんでした。
すると、ある団体さんの参加予定者に欠席が出ており、
注文していたお弁当にあまりが出ている様子。
ありがたいことに、譲っていただけることに!
(Aさん、ありがとうございました! 朝買わなくてよかった~!!)

皆さんが午後の作業を開始している頃、私は新幹線に乗車。
いつもおいしそうなお弁当だなぁと見ていた
「東北まるごと弁当」
P1180558
乗客はまばら。
発車前に撮影しておこう。

箱から出すとこんな6角形が。
P1180559
蓋を開けると
「元気です東北!」

P1180560
おかしいかもしれませんがちょっとじ~んときてしまった。
毎年全国でさまざまな災害が起こり、7年も前の震災のことを
忘れてしまっている人も多いかもしれませんが、
震災直後は「頑張れ!東北」とみんながエールを送っていました。
そのエールと支援に応える心づくしのお弁当なんだなぁと思ったのです。

P1180562P1180561

 

 

 

 

 

 

 

海の幸、山の幸、季節のもの……。
東北6県のおいしいものがぎっしり詰まっていました。

そろそろ出発の時間。
暑い中、ひたすらツルマメの抜き取りをしてくださっている
ボランティアの皆さん、すみません!
ビール、お先にいただいちゃいますね……。
P1180563
栄養たっぷり。つまみにもぴったり。
ビールで英気を養い、昼寝もして
夜からの出張に向けてしっかり充電できました!

じっくりゆっくり楽しめる「東北まるごと弁当」。
皆さんもぜひ!

少雨

2018年8月16日( カテゴリー: 現場レポート )

広報室の林です。

暑い日が続いています。
国内からも海外からもゲリラ豪雨や災害規模の大雨、
それによる被害の状況などが伝えられている中、
今年の現場は雨が少なく、ブログでも少雨がたびたび話題になっています。
清藤先生ブログ→「クロマツは雨無しに耐えられるか?
吉田ブログ→「少雨と広葉樹のいま

先日のボランティアの日も雨がないどころか晴天。
太陽の光が降り注ぐ中での作業となりました。
P1180544

ツルマメも水不足でだいぶ弱っていましたし
クロマツの周りのシロツメクサ、クローバーは
こんなふうに枯れているところも多く見られました。

P1180527
そんな中でもクロマツは青々と、さわればチクチクかたい
葉をこんなに茂らせて元気に生きていました。

やっぱりクロマツってすごい。

乾燥が好きなんだなぁ。
昨年の多雨はつらかっただろうなぁ。

でも、ツルマメの抜き取りは、
ちょっと土が湿っていた方がやりやすいんですけどね。

広報室の林です。

ちょっと古い話題で恐縮ですが、4日のボランティアの日の報告です。
(この日は午前中で失礼して帰京。夜行便でフィリピンに出張してきました。
500haの植林プロジェクトを訪問。そちらの報告もまたいつか……)

いつものツルマメ抜き取り作業なのですが、
ちょっとおもしろいことがありました。

この男性、ツルマメ探しというよりはあるものをゲットしようと一所懸命。

P1180545
ツルマメには違いないのですが……。

「あった~! ドラゴンボール!」
「ん?? ドラゴンボール!??」

P1180540

男性がゲットしたドラゴンボールはこれ。
ツルマメの根についている根粒菌。
P1180541

左の黒いのが私の人差し指ですから、
小さなボールだというのが分かるかと思います。

P1180543

いつもツルマメは、「根っこまでしっかり引き抜くように」と
指導されますが、しばらく雨が降ってなかったこの日は
土が乾燥してかたくなっており、根から引き抜くのは難しいと判断。
鎌を使って、土の中に入れ、できるだけ深いところで根を切るようにして
作業をしていたのですが、この男性は根粒菌を付けたまま根を引き抜くことに
一所懸命になり、“ドラゴンボール”と名付け、喜びを見出してくださっていたのです!

ドラゴンボールをゲットするたびに嬉しそうな声が上がるので、
周囲で作業をしている私たちも楽しい気分に。

とってもとってもなくならないツルマメを前に、
暑くてめげそうになる中、作業を楽しくする天才の存在は貴重!

これから「ツルマメ抜き取り作業」は「ドラゴンボール探し」と呼びましょうか。
ちょっと楽しい気分になれるかも。

 

 

キツネの巣穴

2018年8月14日( カテゴリー: いきもの, 現場レポート )

植栽開始から5年。
さすがに生き物の種類が増えています。
人ひとりいない日に、現場を点検に行くと親ギツネが。痩せてません。立派な体。
いつもこちらより早く気付いているので、逃げる一瞬をとらえるのがやっと。
よく見る場所は、いまのところ名取市海岸林北側。
最初に見たのは2016年だったと思います。

ボランティアによるツルマメ抜き取りは、プロよりも先に足を踏み入れる現場も多く、
発見に次ぐ発見の繰り返しです。8月4日はわが社の女子が、とうとうキツネの巣穴を見つけました。
去年からキツネがネズミの巣穴をほじくった跡をよく見ていた場所。

2mの棒が・・・

2mの棒が・・・

ここまで入る

ここまで入る

先月は親子4匹を見つけて、撮影に成功しました。
「家族」ともなると、クロマツとクロマツの間に「けものみち」ができる。

巣穴は掘りやすい場所を選ぶんですね。
子どもが掘る練習でもしたのか?穴はまとまって10ヵ所に。おっきな穴です。
みんな奥でつながっているそうです。

DSCN9148DSCN9130

浅野さんの「いろいろな骨」レポートがありましたが、
猛禽類の食べ残しも餌になりますし、自分でも捕るし、
キツネも繁殖できるほど食べ物も豊富なのでしょう。

再生の会の方から聞いたのですが、現場から2㎞先ではハクビシンが急増らしいです。
いつかクロマツの間で出くわしたりして・・・嬉しくはないです。

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
月別アーカイブ

ページトップへ