地元駅から自宅の間ににファミマは2件。
昨日は3件、のべ10件近く全部売り切れで・・・

KIMG0199

出勤途中、吉祥寺駅前のファミマでやっとゲット。
早くも財布が悲しいけど、3つあったので全部買って。
店員さんに不思議そうな目で見られ。

「カリッと おにしらす」 品名です。

KIMG0197

職場の人たちに食べてもらいました。
「いろんな味がする」「おばさんには塩分が強い」
「おいしい!」(若い女性職員)「もう少しご飯を食べたくなる」

KIMG0204

もともと名取事務所兼育苗場から500mのところにあって、
津波で10㎞以上内陸に移転した宮城県立農業高校の生徒さんが、
閖上の水産加工会社の依頼で考えたシラスの新しい食べ方が、
「ご当地!絶品 うまいもん甲子園」で全国優勝。
ファミマに採用されて、北海道を除く全国で、限定販売されています。
閖上だけでは足らないから全国のシラスを使っているそうですが、
予定数が終わったらおしまい。でも、全国優勝ってすごいですね。

これまで国内太平洋側で採れるシラス(主にカタクチイワシの稚魚)の北限は、
福島沖と言われていたそうですが、2017年7月から宮城沖での操業も認められ、
相馬や浪江から移った水産加工会社が名取の会社とともに、
「北限のシラス」として赤貝に続くブランドを目指しています。

もう一言。
ファミマのおにぎりには「ベルマーク」がついてます。
切り取って是非オイスカに送ってください。1点が1円相当。
「子供の森」計画で使わせていただきます。
我が家は意外なところで言いつけを守って、1年で地味に335点集めました。
前年比2.7倍。

先日のブログで、枯損木の林内集積について青森の事例を紹介しました。
その時はあまり書かなかったのですが、宮城の場合は松くい虫被害は相当減少したものの、
まったく予断を許さない状態です。枯れた幹を林内に集積したら、発生源になり得ます。
しかし、現状や、コスト面から考えれば、やむを得ないとも考えられます。

また、さらに大きな課題があります。
マツの初期生長に不可欠な「防風垣」をどう処分するかです。
半割丸太ですから、腐るのも早く、2014・15年植栽地ではすでに腐り始めています。
ですが、腐り始めたとはいえ、当分は形をとどめますから、機能は果たし続けます。
人が登らなければいいだけです。そういう意味では耐久年数は10年というところでしょうか。
防風垣だけでなく、静砂垣もあります。

長く役に立ってきた防風垣・静砂垣ですし、ゴミ扱いせず、有効に活用したいものです

長く役に立ってきた防風垣・静砂垣ですし、ゴミ扱いせず、有効に活用したいものです

設置から4年目。まだ十分機能を果たしますが、登っちゃいけません

設置から4年目。まだ十分機能を果たしますが、登っちゃいけません

防風垣はボルトがあります。
撤去するにしても、これは分別することになるでしょう。
一度やってみていますが、素人仕事ではできません。錆びていて案外危ないし。

また、大量の防風垣を片付けるというのは、事実上の列状間伐。
これを一連の密度管理にも念頭に置いた計算をしなければなりません。
早目に撤去してよい場所と、ボロボロでも撤去すべきでない場所もあります。

宮城にもいつかバイオマス施設ができるかもしれませんが、今はまだ見通しがないと聞いています。
林野庁とオイスカだけで悩むことではないし、名取だけではなく、全体で考えるべきこと
ですから、課題は早めに頭出しして、皆で知恵を出せば答えは簡単と思っています。
そうすれば、オイスカで費用を出してほしいと、悪い冗談を言う間もなく解決できるはず。
いくら何でも、そこまで言う人はいないと思いますが。

土井亨復興副大臣のご視察

2018年2月19日( カテゴリー: 現場レポート )

2月9日、土井亨復興副大臣から現場視察のお申し出をいただき、
林野庁仙台森林管理署、宮城県、名取市、再生の会、オイスカという
14名で説明対応しました。復興庁からは副大臣含め計5名。
風もなく、寒くもない日でホッとしました。

ゼロ歳児保育の育苗場から、過去の各年度植栽地をすべて、これからの植栽地も、
そして120年以上の残存クロマツも順々に視察。ご一行は、行政マンとして
ぜひ知ってほしいこと、極めて大事なことに、じっくり耳を傾けてくださった印象です。
本当に良いタイミングに来ていただいたなと説明側一同が思っていると思います。
副大臣が行こうと考えてくださったという日から、わずか7日で実現。
現場実務もさることながら、全体運営システム、寄附、ボランティア、市民・社会との関係
への関心が強かったと感じています。

もう一つ良かったのは、説明側の集結すべき「チーム」が集まったこと。
小さな出来事かもしれませんが、私にとってはこれも縁、これも運。
今日は、「運はまだ逃げていない」と実感しました。

視察が終わったら終わりではなく、始まりにしなくてはならない。
大事なご縁は大切にしたいと思います。

O

DSCN1696

DSCN1697

2月の生き物(鳥)

2018年2月18日( カテゴリー: 現場レポート )

「吉田君は鳥好きだね~」
とうとう、小林省太さんにも言われました。
現場では運転中、寒くても窓を開けて鳴き声を聞きます。

次の日、腰が痛くなるほど歩きました。
これから地上に出ようとしているフキノトウを一つだけ見つけました。

今日のブログは、写真で報告。

カシラダカ 群れで地面に降りて餌探しする姿を見ます

カシラダカ 群れで地面に降りて餌探しする姿を見ます

食事中のノスリとそれを狙うカラス

食事中のノスリとそれを狙うカラス

ツグミ 1年中いるかと思ってましたが冬鳥なんですね

ツグミ 1年中いるかと思ってましたが冬鳥なんですね

スズメ このパターンよく見ます

スズメ このパターンよく見ます

天然下種更新

2018年2月17日( カテゴリー: 海岸林あれこれ )

青森県三沢市で、少し珍しい現場を見ました。

津波によって海水が滞水し、徐々に枯れていった松林で、
枯れなかったマツが「疎林化」し、種子を林床に大量に飛ばし、
たくさん光を受けたことで、無数の実生苗となっていました。

1~2年生の実生苗。やはり、細く小さい

1~2年生の実生苗。やはり、細く小さい

青森県庁はそれを「天然下種更新」施業として活かそうとしていました。
施業していた上北森林組合の看板が出ていましたので、電話して聞いてみました。
「林齢は20年程度で、立ったままの枯損木とともに、見込みのない細い松は、
選んで伐採している」と。2011年の津波の後、実生苗は2012~2017年発芽に見えました。
徐々に枯損が進み、林床の光環境がかわり、種子の豊作にうまく当たったのかもしれません。

伐採されたマツや林床の枯損木・枝条は、整然と地拵え・集積され、とても丁寧な仕事に見えた

伐採されたマツや林床の枯損木・枝条は、整然と地拵え・集積され、とても丁寧な仕事に見えた

津波の滞水もそうですが、松くい被害クロマツ林でも考えられることです。
愛知県田原町の伊良湖海岸林で、日本海岸林学会の吉崎会長(東京都市大学副学長)が
試験しているのを見たことがあります。100,000本/haの実生と表示板に記載されていました。

こういう仕事に出くわしたら、それはそれでとても面白いなと思いました。
我々も、海側と内陸側両方の幅30mの生物多様性保護ゾーンに種が自然のチカラで
拡散されて、林帯幅が広がることを期待していますので。
いい学習になりました。

20数年生クロマツの下に、5・6年生の実生苗。逞しく見えるが、自力で育っただけあって、根元の太さは細い

20数年生クロマツの下に、5,6年生の実生苗。逞しく見えるが、自力で育っただけあって、根元の太さは細い

施工地全景。最前列は2018年植栽予定。その後ろが天然下種更新区、その後ろが被害を受けなかった40年生クロマツ区

施工地全景。最前列は2018年植栽予定。その後ろが天然下種更新区、その次が被害を受けなかった40年生クロマツ区

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

ページトップへ