11月28日、プロジェクトをご支援くださっている企業・団体の
ご担当者の皆さまにお集まりいただき、情報交換会を行いました。
IMG_7739

今年も会場はUAゼンセンさんのご厚意で立派な会議室をお借りしました。
毎年ありがとうございます!

例年この時期に来年度の事業計画やボランティアの受け入れ計画をお伝えするほか、
今年のボランティア活動などを振り返り、それぞれの取り組みなどをご紹介いただき
情報交換をしてもらっています(もちろん懇親会も盛り上がります!)

今年は林野庁の企画課から講師をお招きし、プロジェクトについても
触れていただいている「林業白書」についてご解説いただきました。
IMG_7731
企業・団体の皆さんの「海岸林再生プロジェクト」への支援のほか
社会貢献として取り組む森づくりなどへの意義づけの参考になればと
日本の森林施策について分かりやすく説明してくださいました。

吉田からプロジェクトの進捗や来年度の計画について説明をした後、
各企業さんからどのように支援をしているか、どのようにボランティアを企画しているか等
お話がありました。そして皆さん2020年度以降のプロジェクトの動きが気になっている様子。

IMG_7757

おもしろかったのは、今年100周年を迎えたホーチキさんのお話。
周年記念としてプロジェクト支援を始め、ボランティアにも参加。
そして学研の人気シリーズでもある「まんがでよくわかるシリーズ145」として
『火災報知器の秘密』も出版され、参加者にプレゼントしてくださいました!

IMG_7750

ひみつシリーズには、この日参加していた東京海上さんも関わった
『保険のひみつ』もあるのだそうです。知らなかった~!!
プロジェクトに関係はありませんが、そうしたおもしろい話が聞けるのが
とっても楽しい情報交換会。
この後の懇親会では、中学生の時に火災報知機を押して
親と学校の先生との三者面談ではなく、消防署の方まで来て
説教をされたという経験を持つTさんの話も飛び出すおまけつき。

ご出席くださいました皆さま、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

息子の一日 ~番外編~

2018年12月2日( カテゴリー: 本部発 )

広報室の林です。
まだ大阪マラソンの話題が続いてしまい恐縮ですが……。
カロウさんがT君の様子を報告してくれていたので、私も便乗します。

T君はスタート地点でお母さんを見送った後、
応援ポイントまで歩いて移動。
カロウお姉さんに手を引かれ、トボトボトボトボ。
早起きをして疲れているし、お腹もすいているのだそう。

DSCF4956

DSCN4476

左利きの彼の腕にあるのがママがもらった時計です!

それでもカロウさんに「今何時?」と聞かれると、ニコっと笑顔になって
前の日にお母さんがベストチャリティランナー賞の副賞でもらった
青いカッコイイ腕時計を見て「何時だと思う?」と逆に質問。

途中、サンタの格好でプレゼントを配っているランナーさんからも
飴をもらったT君ですが、道行くおばちゃんからも声をかけられ
「お母さんが走ってるから、ゴールまで応援していくんです」とこちらで説明すると
「えらいわね~」と大阪のおばちゃん名物?の飴ちゃんをもらったり。
電車でもみくちゃにされている時も、おばちゃんたちは優しく声をかけてくれました。
大阪のおばちゃんって気さくでやさしいんだなぁ~。

お昼時、どうしてもお店が見つからず、さんざん歩いた後、仕方なく
駅前のハンバーガーショップに入った時、「ハンバーガー屋さんでごめんね」と
伝えると「本当はハンバーガーが食べたかったんだ」とT君。
でもお母さんからハンバーガーを食べると怒られることを気にしている様子。
「お店がなかったから仕方ないよ。おばちゃんがママにお話してあげるから
ママもきっと怒らないから大丈夫」と話すと安心した様子。
どれだけ安心したかというと……

応援ポイントでママに会った瞬間、
「あのねぇ、ハンバーガー食べた」とひとこと。
ママも息子がここにいるとは思わず、しかもまさかのひとことに
驚いたことでしょう(笑)

まさかのサプライズにお母さん大喜び

まさかのサプライズにお母さん大喜び

 

T君が一日背負っていたリュックは私のリュックよりもかなり重量がありました。
中に入っていたのは大好きな戦隊シリーズの図鑑。
この日何度も取り出しては眺めていたこの図鑑。
ママのゴール後、着替えやインタビュー対応などをしているママを待つ間、
図鑑を見ているとオイスカのチャリティランナーの
お兄さんたちが一緒に図鑑を見て、それぞれの好きなレンジャーの話題で盛り上がっていました。


DSCN4522


DSCN4523

年代ごとに好みはあるようですが、男子はみんな戦隊ものが好きなんですね。

そして、もうひとつ男子が好きなものをT君が教えてくれました。

「男はみんなお尻が好きなんだよ!」

5歳児のこの発言に大爆笑!!!

一日カロウさんを癒し、おばさんを楽しませてくれたT君。
本当におつかれさまでした。T君の成長が本当に楽しみです。

マラソンに参加した柿沼こと、藤津瑞穂です!
年齢、体重、そして気力もパワーアップして臨んだ大阪マラソン。気がつけば、三度目になりました!
寄付してくれた皆さん、応援してくれた皆さん、有難うございました。
無事に完走しました!
マラソン前日の様子をレポートします。
大阪マラソンのランナー登録会場と隣接して、大阪マラソンEXPO 2018が開催されていました。
お祭りみたいですごい人なんです。息子はあまりの熱気に鼻血を出すほどでした。

寄ってしまった「うまいもん市場」。お目当てはタコ焼き。

1個が大きい!ふわ、とろ。美味しい・・・。

1個が大きい!ふわ、とろ。美味しい・・・。

夕方には、激励会に参加。
オイスカ関西支部 岡崎会長によるご挨拶があったり、みんなの想いを語りあったりしました。
バゴ研修センターの渡邉所長はじめフィリピン一行、元職員 安部さん、年に1回だけ
出会うチャリティランナーの皆さん!七夕みたいでこれも楽しみの一つです。

Philipine

そして、ご馳走をいただきました。

前日だから、スタミナをつけておこうと・・・。

前日だから、スタミナをつけておこうと・・・。

激励会の会場は、同じくランナーの藤澤さんのお店。
本来は、クレープやガレットなどカフェの可愛いお店です。

ついつい居残り、クレープを食べてしまいました。

ついつい居残り、クレープを食べてしまいました。

F

ナイフとフォークでお上品(?)に食べるのがこちら流。
実は、月額クレープ食べ放題のサービスをしているチラシも発見!してしまった。
近所にあったら、行ってしまうかもしれません・・・。

DSC_0652

さらに、トイレの中で、発見。藤澤さんの海岸林への支援の想いが綴られていました。
個人的な支援から、お店をあげての支援に変わっていったそうです。

DSC_0670
 
温かい気持ちになって、お腹もいっぱいになった前夜でした。

クレープバル&カフェ「天神橋 浅草」

クレープバル&カフェ「天神橋 浅草」

大阪マラソン当日サポートに関わって

2018年11月30日( カテゴリー: 本部発 )

普段は、こちらのブログhttp://www.oisca.org/blog/

にたまに登場しています。本部のカロウです。

今回、ベストチャリティランナーにも選ばれたKさんの息子T君のシッターとして大阪マラソンに行きました。

T君の様子も掲載しているので、ぜひご覧ください)

オイスカは、4年連続で大阪マラソンのチャリティ枠の寄付先団体に選ばれており、

ずっといつか行きたいと思っており、今回夢がかないました!

これまでマラソンには全く縁がなく、

なんでわざわざあんなに辛い思いをして走るのだろうと思っていました。

しかし今回いろいろな思いを持って走っている人の姿を見ていたら、思わず涙がでそうなくらい感動しました。

みんないろいろな思いで走っているのだと思います

みんないろいろな思いで走っているのだと思います

仮装して参加する人もいれば、タイムを目指して走る人、チャリティで走る人、

外国から参加する人、お医者さんや、AEDを運んでいる自転車、芸能人に、沿道で応援する人、

そしてこのイベントを支えているボランティアや事務局の方などなど。

多くの人に支えられて開催できていることがよく分かりました。

ミニオンズ

ミニオンズ

多分私が知らないだけでまだまだ役割はいっぱいあるのだと思いますが、

完走サポーターが個人的にはいいなと思いました。

頑張って完走して!

完走できるようサポートしています

目標タイムごとに頭に風船をつけて走ってくれるサポートチームがいます。

最後を走るのは時間内の完走をサポートする“完走サポーター”。

この方たちより遅れ、関門の時間制限内に走れないと、

バスで収容され、ゴールまで送られることになるようです。

その名の通り、完走をサポートしてくれるなんて、素敵ですよね。

マラソンは、走る人にはもちろん様々な効果があるそうですが、

応援する人にもいろいろな効果があるそうです。

今回、爽快感と感動という効果を味わって帰ってきました。

このシーンには感動しました

感動シーン

走るのはちょっと・・・と言う方は、サポート側で応援するのも最高です。

来年も、オイスカが寄付先団体に選ばれますように・・・

追伸:コブクロの42.195kmが大阪マラソンのテーマソングとなっているのですが、

曲も歌詞もとてもよかったので、みなさんぜひ一度聴いてみてください。

御礼 ~大阪マラソン~

2018年11月29日( カテゴリー: 本部発 )

オイスカ全体にとってもメジャーな存在となった大阪マラソンが無事終わりました。

総括や詳細は、みんなが書いてくれると思うので、私からは寄附者の方々、
ランナー出場にご理解くださった、愛知のCKD㈱、ワイルドグース、
大阪の化学総連、ダイセル労組、UAゼンセン府支部、ライフ労組、ネクスタ㈱、
海岸林ボランティアリピーターなど、ご自身でオイスカチャリティランナーとして
多くの時間を練習に割いてくださった方々に心から御礼申し上げます。

3年連続で走ってくれている3人

3年連続で走ってくれている3人

名取にいつも足を運んでくれるAさん

名取にいつも足を運んでくれるAさん

 

 

 

 

 

 

 

フィリピンから来てくれたランナーたち

フィリピンから来てくれたランナーも

そして、裏方を担ってくれた方たちのおかげで、私自身も他のランナーも
安心してスタートラインに立つことができ、心置きなく走ることができました。
今年も好天で、応援も疾走にとっても、絶好の日和に恵まれました。

国内では東京マラソンに続く、32,000人が走る大きな大会。
チャリティを趣旨とした大会としては、チャリティランナー率75%の
ボストンマラソンを意識しているようです。(大阪のチャリティランナー率は4%)

チャリティを大会趣旨に掲げる日本最大級のスポーツ大会に、
寄付先団体として5年連続で選ばれることは大変な名誉と思っております。
震災から8年が経ち、関心が希薄になるなか、中身を精査して選んでいただき、
我々スタッフの自信にもつながっています。

来年も選んでいただけたなら、一昨年よりも多い70名を目標に
チャリティランナー募集は、大阪での支援各企業・団体の組織的協力も得ながら、
さらに、名取でのボランティア来訪者に対して地道に声掛けします。
そして、5年連続ベストチャリティランナー賞も受賞したいと思います。

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
月別アーカイブ

ページトップへ