こんにちは

海岸林担当の鈴木です。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末に里帰りしました。
私の故郷は静岡県浜松市、実家は遠州灘から1キロほどの所にあり、南風が強い日には潮の香がします。
この地域の人たちは近くの海岸のことを「前浜」と言い、前の家、前の道路などのような表現と同じように、前の近くの海という意味で「前浜」と言い伝えてきているのでしょうか?
「前浜」の思い出と言えば・・・
小学校、中学校の時のマラソン大会です。
遠州灘が学区域内の小学校・中学校だったので、マラソン大会は堤防の陸側を1キロ先まで走り、帰りは堤防の上を1キロ戻ってくるコース。
真冬の寒い中、半袖体操服姿で防潮堤の上を走るのですからたまったものではありません。
運動会や遠足、音楽会などの行事の記憶はほぼないのですが、マラソン大会の記憶だけは強烈に残っています。

前置きが長くなりましたが、
年末に里帰りしたついでに久しぶりに「前浜」に行ってきました。
1年半ほど前に行ったときには防潮堤の工事が始まったところで、立ち入り禁止になっていたため、入ることができませんでした。

息子、甥っ子とともに実家から歩いて10分ほど、数十年前とほぼ変わらない懐かしい道を歩きました。

砂浜に通じる入口に着くとこの看板がありました。

よくある無機質な工事看板ではなく、かわいいイラスト入りでした

よくある無機質な工事看板ではなく、かわいいイラスト入りでした

以前は鬱蒼とした松林がここにあったのですが、今はおそらく松くい虫の被害だろうと思いますが、疎林になっていました。

昔は林幅が20mほどあったように記憶しているのですが、防潮堤工事で伐採したのでしょうか?

昔は林幅が20mほどあったように記憶しているのですが、防潮堤工事で伐採したのでしょうか?

東日本大震災の津波被害を受け、遠州灘でも防潮堤の設置が進められているようですが、名取市の防潮堤はコンクリートですが、こちらはCSG工法という方法で設置が進んでいるようです。
(CSG工法の詳細はコチラ(静岡県ホームページ))

(静岡県ホームページから引用)

(静岡県ホームページから引用)

CSG工法で作られた構造物に盛土をしていますので、一見すると土の山です。
盛土部分に植栽をするので、自然の中に溶け込むような景観です。

父によると
伊勢湾台風前は5mの防潮堤だったが、7mにかさ上げしたそうです。
7mの防潮堤の陸側にCSG工法により12mの防潮堤を造っています。これがこの地区に住む人々のいのちを守る役割を果たします。

おそらく昔は、海からずーーっと平な土地が続いていたんでしょうね。
災害が起きるたびに、堤を築き、かさ上げし、これまでの高さになったのでしょうね。
私の生活も防潮堤に守られてきたのだなぁと改めて思います。

久しぶりに砂浜を歩き、波打ち際まで行きました。
10年ぶりかなぁ
風が強く、砂浜を歩く人も少ない為、風紋がきれいに残っていました。

自然の造形

自然の造形

最前線

最前線は1.5mほどの背丈しかありません。どのマツも海が眺められるように背の順に並んでいるかのようです。

海岸林の仕事に携わるようになり、改めて松林を見てみると、初めて気づくことがありました。
松林の最前線の松の背丈が1.5mほどしかないこと。
昔から見慣れている光景のはずですが、こんなに背丈が低かったかな??
強く、塩分を含んだ風が吹くため成長できないのでしょう。
幹も細いものが多く、植物が生きるのには過酷な環境であることが伺えます。

クロマツ苗

再生の会が生産した苗ほどではないですが、いい苗のような気がします

植栽したばかりのクロマツ苗の出来・・・けっこういい苗を植えてるなぁ
再生の会のみなさんが育てた苗の方が幹が太いような気もするけど、ここの苗も悪くないなぁ
以前は苗の良し悪しなどまったくわからず、ましてや苗に目を留めることもなかったかと思います。

波打ち際を200mほど歩き、息子、甥っ子、父はきれいな石と貝を広い集め、大掃除もせず、のどかな年末の日を過ごしてきました。

ひとで
貝

石拾い

オイスカ…?

2017年1月20日( カテゴリー: 本部発 )

こんにちは、浅野です。
今日はちょっと笑ってしまったのでご紹介。

吉田担当部長は先週(1/9の週)、秋田と宮城へ1週間出張していました。
ブログはこちら ↓
http://www.oisca.org/kaiganrin/blog/?p=16467
http://www.oisca.org/kaiganrin/blog/?p=16494
http://www.oisca.org/kaiganrin/blog/?p=16506

この日は出張費の精算をしていたみたいで…
「浅野ちゃんこれこれ」と言って1枚の領収証を渡されました。
DSC_0533

・・・ゴイスカ?

吉「いやぁ、気付かなくて。笑」
浅「こんなことあるんですね…」
吉「この間違いは20年で初めてだなぁ」

私も電話で何回言っても「オニヅカ?」と聞かれたことはありましたけど
最初の文字を間違えることってあるんですね…。

今日も本部は平和でした。

ANAホールディングスおよび、ANA総合研究所が発行している、
「ていくおふ」誌(2017年1月発行)に当プロジェクトを大きく紹介いただきました。
今年度は原稿依頼がずいぶん増えて、うれしい悲鳴です。

当プロジェクトをご紹介いただくのは、林野庁「東日本大震災にかかる海岸防災林の
再生に関する検討会」座長で東京大学名誉教授の太田猛彦先生(オイスカ顧問)に
ご紹介いただいて以来、2度目です。バックナンバー(2012年 No.131号)
http://www.ana-ri.co.jp/business/takeoff130-139.html

今回は1月末まで

●国際線機内搭載
→各座席には設置しておりませんので、客室乗務員までお知らせください。
●成田(国際)、羽田(内際)、関空(内際)のANAラウンジ、SUITEラウンジに配備
→冊子での閲覧が可能です。
●ANAラウンジ内デジタルコンテンツサービスに掲載
→PDF記事をダウンロード可能です。

自分で言うのも本当に恥ずかしいのですが、仕事ですから、
「もしANA機で海外に行く機会があれば、ぜひご覧ください」

170101「ていくおふ」イメージ

ANAからオイスカにご協力いただいたこれまでの歩み、その時の「稀な体験」も
織り交ぜて、こういう時こそと御礼の気持ちを込めて、一生懸命書かせていただきました。
ゾウを運んだり、海岸林支援のお申し出は2011年8月と早く、
ボーイング787に席をたくさん融通してくれたり・・・
2年連続でANAオープンからもご寄附いただきました。

貴重な機会のご提供と執筆にあたりご尽力いただいた、
ANA総研の皆さまに、心から御礼を申し上げます。

*WEBでの公開は1年後となります。

*ANAのK.H君へ
機内から撮影してくれた写真、「社員ボランティアが撮影」というキャプションは
カットとなってしまいました。僕が撮ったようになっていて本当にゴメンね!

雪の植栽地

2017年1月18日( カテゴリー: 現場レポート )

1月13日夜、やはり降雪。
翌日朝、あまり積もってませんでした。
曇天だし、いい写真は期待できなそう。

なんだかんだ言って、雪の写真は貴重。積もるまではあまり降りません。
林広報室長とやり取りしながら、毎月クロマツの生長を追い続け、
多くの方に広報してくださる三菱UFJニコスのカード会員情報誌
「Partner」担当のMさんに送る写真を送ろうと現場に。

知らないオジサンが飛行機を撮ろうとクロマツ林の中に入って行った。
三和建設の各種工事は今日も続行中。人数は少なかったけど。

現場の様子、ご覧ください。

2014年植栽地。やっぱり現場に来ると、いつまででも居たくなります

2014年植栽地
やっぱり現場に来ると、いつまででも居たくなります

2016年植樹祭植栽地。何とも貧弱で、窒素不足で黄色に近い色ですが枯れていません。春伸び、秋伸びを経て、1年後には逞しくなります。

2016年植樹祭植栽地。何とも貧弱で、窒素不足で黄色に
近い色ですが枯れていません。春伸び、秋伸びを経て、
1年後には逞しくなります

植えてから2年9か月。このぐらい経つと窒素不足の黄色くなった葉はありません。しっかりした緑色

植えてから2年9か月。このぐらい経つと窒素不足の
黄色くなった葉はありません。しっかりした緑色

雪の育苗場

2017年1月17日( カテゴリー: 現場レポート )

1月13日夕方、「今晩は雪だろう」と判断。
雪の写真も撮っておきたいので、帰京予定を変更し、名取に宿泊。
仙台で降っても、名取では降らないことも多いし。

翌日、路面も凍結しているので、少しゆっくりの起床。
まずは育苗場へ。寒冷紗が、風で何か所かまくられていたので手直し。

今期一番の寒さ。事務所につららができていました。
「仕事は少しだけ」と思っていたのに、ついつい長引いて昼に。

窓から見てもカラスとムクドリしかいない。
あんなにいつも騒がしかったスズメなど、今頃どこにいるんだろう?

あまり積もっていません。2cmというところ。
雪の育苗場、約18万本を、どうぞご覧ください。
*全部は一枚に収まっていませんが。

2016年播種の1年生苗には寒冷紗で覆います

2016年播種の1年生苗には寒冷紗で覆います

2015年播種の2年生苗は何も覆いません。今年植える苗です

2015年播種の2年生苗は何もしません。今年植える苗です

寒くてもへっちゃらです。

寒くてもへっちゃらです

明日は雪の名取の松原を。

2017年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ページトップへ