吉田です。

元日本経済新聞論説委員兼編集委員の小林省太さんの手で、2018年から13回連載された
「よみがえれ!海岸林」が、ついに、書籍「松がつなぐあした」(愛育出版・定価1,300円)として
12月9日から店頭に並び始めます。オイスカによる出版ではありませんから、私は一切中身を知りません。

書籍化への動きにギアを変え、東京本部海岸林チーム一同、小林さんと出版業務を1年以上、
集中して二人三脚をしてきた鈴木さんは、とくに産みの苦しみの渦中。最大のヤマ場を迎えています。
皆で、全力でプロモーションに当たっておりますが、新聞の「書評」掲載を目指し、
メディア文化部対策、話題となるよう社会部・報道部対策などにも取り組んでいます。

寄付者でもあり、アドバイスもいただいてきた、某有名出版社の新進気鋭の編集者から、
「この本は武器が多い。①ハードカバーではあり得ない低価格、②若い人にも読んでほしい
という気持ちが伝わる、読みやすい文体。③ここまで定点観測したジャーナリストはいない
のではないかという取材力」と絶賛いただいています。ご本人への印税収入なし、よって
オイスカへの寄付システムもなし。とにかく、若い世代に長く読み続けられる本をと、
ともに目指してきました。

12月9日には、海岸林HPに動画4本公開、来年度ボランティア公募も開始します!
オイスカ会員にお届けしている月刊「オイスカ」12月号には、小林さんが出版を前にした
気持ちを寄稿くださっています。ほぼ10年ご一緒させていただいていますが、
これまで小林さんの文章を拝読するたびに、こう来たか!と必ず驚き、訳もなく涙が滲みます。

この10年、ドキドキすることばかりでしたが、10年経ってもまだドキドキが続いています。

ハードカバーです。 まだ本は出来上がっていないので、中身は別の本です…

ハードカバーです。
まだ本は出来上がっていないので、中身は別の本です…

クリックするとPDFが開きます

クリックするとPDFが開きます

吉田です。

今日から1月15日まで、JR名取駅で写真展です。数えてみたら少なくとも10回目でした。
なが~いスペースを、林野庁東北森林管理局仙台森林管理署とともに使います。
「広報なとり」11月号の4ページカラー特集も、名取駅→市役所→図書館と
3月まで続く写真展も、海岸防災林復旧事業10年目に伴う国・市の事業として我々と共同開催。
今回は運よく、初めて正月を挟んで1か月半も掲示されます。
名取北高校の校長先生から、生徒さんにアナウンスしてもらうことになっています。

仙台署と市役所の皆さん、地元の大槻さんと、きっと、サクサクっと掲示できるでしょう!
サクサクっと・・・できそうなのは、和代さんと浅野さんの休日返上の仕事のおかげ。
なんでも素早い80歳の大槻さんの手伝いのおかげ。私はえっちらおっちら持って来ただけ。

昔は私一人でしたので、40mぐらいの駅の通路の掲示板に100枚以上、A3判の写真コピーを、
ベタベタ機械的に、気楽に貼っただけ。枚数だけはやたらと多かった(笑)
あれに比べたら、準備した人たちの人格がにじむ、なんと美しい展示物になったこと!
写真展でもあるけど、icoさんのイラストがたくさん。やっぱり素晴らしい。

アウエーで、見てもらうアテもなく、作業も一人でしていた写真展も、
気が付いたら、たくさんの人と仕事するようになりました。
みなさん、ありがとうございます。

昨夜はエフエムなとり なとらじ801の収録。
出演の機会を今まで何度いただいたことか。
トークのお相手のSさんのナビゲートのおかげで今日もすんなり。

放送は12月8日(火)9:30~9:45、13:15~13:30

小林省太さんの書籍「松がつなぐあした」の販売前日です。
この前は、急遽決まったラジオ関西でもたくさんPRしました。
月刊「OISCA」12月号に小林さんの寄稿が載っています。会員さんは、お見逃しなく。

今夜の宿、名取市サイクルスポーツセンター屋上より。名取市海岸林北端2016年植栽地。

今夜の宿、名取市サイクルスポーツセンター屋上より。名取市海岸林北端2016年植栽地。

その南、2018年植栽地。

その南、2018年植栽地。

その南、同じく2018年植栽地。サイクルスポーツセンターOPEN前日だったか、10月のボランティアの日に、500m×10mのツルマメレベル5をやっつけました場所

その南、同じく2018年植栽地。サイクルスポーツセンターOPEN前日だったか、10月のボランティアの日に、500m×10mのツルマメレベル5をやっつけました場所

その南、2018年植栽地。去年、ボランティアの手で排水溝LLサイズだけで1,150m掘った箇所。まだ掘り足りませんが、松はよく育っています。

その南、2018年植栽地。去年、ボランティアの手で排水溝LLサイズだけで1,150m掘った箇所。まだ掘り足りませんが、松はよく育っています。

名取市海岸林の真南を望む。すべて屋上から撮影。手前は2018年植栽地。右は広浦。

名取市海岸林の真南を望む。すべて屋上から撮影。手前は2018年植栽地。右は広浦。

270回目の名取出張

2020年11月30日( カテゴリー: 本部発 )

吉田です。

震災から3,551日とNHK仙台のホームページに書いてありましたが、11月30日、私にとっては270往復目、滞在971日目の宮城出張。JR名取駅写真展の備品を積んで車で向かいます。

今回は前後の都合で、1泊2日と短い出張を組まざるを得ませんでしたが、
仕事は写真展の設置とFMなとりの収録がメインです。展示は国と市との共催。
国の方たちとは久々、対面での情報交換もと思っています。

細切れの時間は、市内の車の道中で、寄付金募集チラシの補充も。
日没後は、海岸林内でキツネ・タヌキだけではなく、「コミミズク」とか
「トラフズク」(*フクロウ)を探したあと、サイクルセンター併設の
「輪りんの宿」に初めて泊まります。メシは市内発祥の有名なお店だし、
おいしそうなスイーツもあるし、日帰り露天風呂からも現場が見れるし、
4階建ての屋上には展望台もあって、海岸林現場管理人にとって重宝です。
1泊2食付きで10,200円。出張でなければGotoで35%割引。

スタッフの方、行政当局の方たちにも、海岸林を理解してもらわねばなりません。
ボーナスシーズンですから、寄付チラシの設置もお願いしてきます。
小林省太さんの書籍「松がつなぐあした」が出版されたら(12月9日)、
宿のどこかに設置してもらおう。

JR名取駅写真展 12月1日~1月15日
なとらじ801放送 12月8日(火)9:30~9:45、13:15~13:30

2011年5月25日 全壊した名取市サイクルスポーツセンター屋上から撮影

2011年5月25日 全壊した名取市サイクルスポーツセンター屋上から撮影

2020年11月22日 再び営業が始まったサイクルセンター屋上から撮影

2020年11月22日 再び営業が始まったサイクルセンター屋上から撮影

 

こんにちは!国ボラの大垣です。今回は、11月12日から2泊3日で宮城県名取市に出張し、オイスカが実施する『海岸林再生プロジェクト』を視察させていただきました。オイスカ関係者をはじめ、多くの地元の方々、企業サポーターの方々とも交流を持つ機会をいただき、大変有意義な時間を過ごすことができました。

 

ご存知の通り、海岸林再生プロジェクトは、2011年に発生した東日本大震災に伴う津波によりなぎ倒されたクロマツ海岸林を再生し、より強靭な海岸林(オイスカ管轄総面積96.62ha)を生み出すために運営スタッフ、ボランティア有志の方々が協働で奮闘するプロジェクトです。

プロジェクトでは、クロマツを標的にするマツノザイセンチュウの被害から守るため、抵抗性のある苗づくり(育苗)から開始し、プロジェクト開始から10年を経た現在、その活着率(苗木が定植後に根付き成長する割合指標)は99%以上!を誇っています。

植林されたクロマツの海岸林

植林されたクロマツの海岸林

 

今回、私は1ボランティアとして、現場で海岸林の管理作業を体験させていただきました。私自身、林業の知識は皆無でしたので、正直当初は、植林事業に関して「植えたら自然に育つものだろう。」と安易な考えをもっていました。

しかし、現場で胸高直径の計測、枝打ち、水はけを改善する溝切作業を行う中で、航空写真では決して捉えることができない、関係者一人一人の手作業による丁寧な管理が行われていることを知りました。成長過程のクロマツ林の中には、プロジェクト管理者からボランティアの方々、多くの有志の方々が一緒に力を合わせて、松ヤニに汚れながら、針のようなマツの葉が身体に刺さりながら、一生懸命に作業する姿があり、「次世代のために頑張る!失ったものを取り戻す!」という熱い想いが漲っていました。

各地から集まったボランティア有志のみなさん

各地から集まったボランティア有志のみなさん

排水を良くするための溝切作業

排水を良くするための溝切作業

 

 

 

 

 

 

 

 

未曽有の大震災後、ライフラインの復旧が急がれ、食料配給などの緊急援助が先何か月も予想される中、政府機関でも復興の道筋を描くのは至難を極めていたことが想像できます。そのような混乱の最中、海外環境協力での長年の実績を活かし、早々に海岸林を再生するために立ち上がった1NGOとしてのオイスカの底力は計り知れないものがあると感じます。

 

私はまだ学生だった2017年に、視察ツアーで被災地を訪れたことがありますが、津波の爪痕が生々しく残る光景に、大きなショックを受けたのを記憶しています。場所は少し異なりますが、今回の名取市訪問では、多くの方々の労力によって成長している海岸林に守られるように農業ハウスが立ち並び、地域の特産品でもあったチンゲン菜などの野菜が育っている様子を目の当たりにしました。海岸林再生事業が防災のみならず、復興へのシンボルとなり、その周囲に以前の生活が戻り始めている様子は、人間の生きる力強さを感じる光景でもありました。

 

10年以上続くプロジェクトを3日間の滞在で全て理解するのは不可能です。しかし、上述したように、現場で汗を流しながら再生のために頑張る多くの方々の姿を見ることができたのは、25歳の若造の私にとっては大きなインパクトがありました。

このプロジェクトに現在関わる方々は、もしかしたら、自らが管理している海岸林が数十年後に成林になり、その機能を果たすようになる姿を見ることができないかもしれません。にも関わらず、現場で懸命に頑張るモチベーションとは一体何なのでしょうか?読者のみなさんはどうお考えになりますか。

私が感じた現場での熱量。0から1を生み出し、様々な利害関係を乗り越え、人を巻き込んで協働していく、単にスキルと捉えて培える力ではないと感じます。改めて、今回はオイスカの国内植林事業を見ることができ学びがあったのはもちろん、人情溢れる名取市に訪問できたことは楽しい想い出となりました。皆さんも時間ができた際には名取市に足を運んでみてはいかかでしょうか。

今年最後のボランティア

2020年11月17日( カテゴリー: 現場レポート )

こんにちは、浅野です。
11月14日に今年最後のボランティアを行いました。
例年、11月はモニタリング調査とごみ拾いを行っていますが、今年はそれに加えて溝切りも行いました!
11月3日の臨時ボランティアの日にモニタリング調査が予定よりも進んだことと、思ったよりも参加者が集まったので
今年ほとんどできなかった作業をしよう!ということになったのです。

午前はモニタリング班と溝切り班に分かれての作業。
前のブログにも書きましたが、残っている調査地は平均樹高が2mを超すところばかり。

測桿で樹高を計測

測桿で樹高を計測

胸高直径を計測

胸高直径を計測

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真のようにマツの中に入って行き、計測をしてもらいました。
今回は樹高を測る人、胸高直径を測る人、測桿の高さを確認する人、野帳を書く人、進む道を開拓する人と分かれ
5~6人1組で計測を行いました。4mを超すものも多々あり、進むのにも一苦労でしたが無事終了。
またモニタリング調査の結果がまとまったらこちらでも共有させてもらいます。

溝切りは2016年植栽地の水はけの悪い箇所で行いました。
初めての方、久しぶりの方それぞれでしたが、皆さん真剣に取り組んでいただき
晴天だったこともあり、汗だくになる方が続出でした。

DSCN7948

DSCN7969
 

 

 

 

 

 

お昼はボランティアリピーターさんたちが作ってくれた芋煮と牡蠣鍋をみんなで食べ、午後は全員でゴミ拾いでした。
閖上のゴミは先週見た時より少なくなっていたので、誰かが拾ってくれていたようです。
それでも北釜、閖上合わせて燃えるゴミ14袋、燃えないゴミ7袋、他に袋に入らない不燃物もありました。

閖上のゴミ

閖上のごみ

北釜のゴミ

北釜のごみ

やはり、ゴミは定期的に拾わないとダメなようですね…。

これで今年のボランティアは終了となります。
コロナと天候の関係で思うように活動ができなかった年でしたが、ボランティアの受入れは来年以降も続きます。
来年も3月から開始する予定ですので、皆さんぜひご参加ください!

2020年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
月別アーカイブ

ページトップへ