山形県庁新規採用職員研修

2015年4月17日( カテゴリー: 現場レポート )
DSC_0008

去年やった場所でも、まだこのような場所もある。

4月16日、「山形県庁新規採用職員研修」復興支援活動として事務局含め45名をお受けしました。全体で数班、各地に分かれたようです。

午前中は市役所会議室で、名取市役所農林水産課と、再生の会、オイスカで講義を分担。
午後は、現場に出ました。

半数は、宮城中央森林組合の指導で、週末の広葉樹植栽の準備として、植栽木1本あたり5リットルの「培養土と肥料の袋詰め」×350袋。
新潟中越地震で被害を受け、「支援の御礼に」と緑水工業㈱から寄贈された汚泥肥料です。

DSC_0005

つたない説明にも、飲み込みは早かった

もう半数は、H26年度植栽地の過湿状態への対応として「溝切り」。
袋詰め班も、夕刻に21日から開始するH27年度植栽地の溝切りに着手。

去年、ざっと手を下した効果を実感しました。
「水は低いところに流れる」
人の手で溝切りして、水路のきっかけを作ってあげると、あとは大雨が降った時に、水が自分で解決してくれる。
1・2度しっかりやった場所は、3度目はやらなくていい。

溝切り班20名は実働3時間弱で13ha。(一人1時間で0.2ha)去年やった場所なので、進みは早かった。

説明も一生懸命したつもりですが、みんなはどう思ったかなあ~

 

DSC_0014

この中からもリピーターが出たらすごいなあ

NHKの天気予報で「大気の状態が不安定」と報じ、日本を取り囲む気流の流れを伝えていました。
東アジア全体で例年と違う気流の流れが生じているためだそうです。

「春雷」(虫出しの雷)という言葉も紹介されました。
今日(15日)は雷も多少ありました。

気象庁 仙台管区気象台 仙台空港測候所の、過去と最新のデータを佐々木統括と睨みました。

名取 2015年4月の日毎のデータ

DSC_0011

4月15日撮影の昨年の植栽地

名取では、4月に入り、15日のうち9日も雨。
過去のデータと比較しても、いつもは乾燥・西風のはずが、まるで逆。
4月の平均気温は過去4年で最も低いとわかった。やっとタンポポが咲き始めた。
予報では、少なくとも来週まで雨続き。

蔵王おろしが吹けばそれはそれで不安だし、長雨が降れば降ったでまた不安。

DSC_0016

苗は過湿に懸命に耐えています

名取の現場は水捌けが悪い土。
目下、完全に過湿状態が続いています。
したがって、雨続き=根腐れの心配。

ただ、3ヵ月予報では、「数日の周期で変わる」という記載が。
佐々木統括は「イイな」と。

明日は、山形県庁の新人研修46人を終日お受けします。受ける側も最強メンバー。
最優先の仕事が終わったら、植栽現場の「溝切り」(排水)を。
まさか4月からやると思わなかったけど。去年は8月からでした。

cf.今日の反省
種や肥料の計量に使うハカリを、落として破壊しまった…
「名取に来なくていい。お前、北方4島に島流し」と統括。
ギャラリーがたくさんいて腹抱えて笑われた…

明日もがんばっぺ。

2015年4月
« 3月   5月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
月別アーカイブ

ページトップへ