苗木のリレー

2015年5月23日( カテゴリー: 現場レポート )

広報室の林です。
16日の昼過ぎ、ボランティアの皆さんがお昼休憩の途中、
ハウスの前で菅野さんが出荷する苗木の本数管理をしていました。

苗木のリレー1

 

 

育苗場で2年間育てられた苗木は、植栽前に掘り取られ、根元に土をかけて仮植した状態になっています。それをその日植える分だけ掘り取って50本ずつの束にして植栽地に持っていきます。それが出荷作業。
「名取市海岸林再生の会」の皆さんが2年間じっくり育ててきた苗木を掘り取って、丁寧に根切りをして、ここで森林組合にバトンタッチ。苗木のリレーです。

 

 

 

苗木のリレー2
ほどなくやってきたのは午前中内陸防風林の植栽を担当していた森林組合のお兄ちゃんたち。

午前中の作業の進捗状況を確認し、午後の出荷本数を相談します。

「ちょっと多いかなぁ。少し置いていこうかな」
「じゃあこれだけ置いてこうか」
「そうしてください」

内陸防風林は海岸とはまた違う環境で、大変なのだとお兄ちゃんが言っていました。草も生えているし、津波で流されてきたのかがれきのようなものもあったりするのだそう。土は水はけがよすぎるのだとか。

 

苗木のリレー3

トラックに苗木を積んで午後の作業に向かっていったお兄ちゃんたち。
私には到底できない重労働が毎日続きます。本当に頭が下がります。
ケガのないように、体を壊さないように、そっと祈って見送ることしかできません。

いろんな人たちがいろんな役割を担ってプロジェクトが進んでいます。私は育苗作業も手伝えないし、植栽はもっと無理。現場に行くとお役に立てることが少なくて申し訳なく思うことばかりです。
でも、こうして現場の写真をたくさん撮って、ブログでレポートして支援者の皆さんに進捗を報告するのも私の役割。

今日は植樹祭です。
来週しっかりレポートします。お楽しみに。

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
月別アーカイブ

ページトップへ