夏のボランティアの仕事シリーズ⑤ 「ニセアカシアの芽かき」

2015年8月2日( カテゴリー: 広葉樹, 現場レポート )

「芽かき」 この言葉を覚えたのは2011年秋、秋田県能代市「風の松原」にて。 林野庁東北森林管理局米代西部森林管理署の署長様の説明を聞いてからです。 文字通りの「芽かき」であることは、容易に想像できました。 (能代で言う「芽かき」とは、素人仕事を超えるものも含まれますが) こうして振り返ってみると、わたしは幾人の森林行政当局の皆さんに教えてもらってきたことか。

クロマツ植栽地めがけて、どんどん侵入してきます

クロマツ植栽地めがけて、どんどん侵入してきます

ニセアカシアとの格闘は、秋田県能代市「風の松原」だけでなく、全国的なもの。 海岸林だけではなく、普通の山野でも同じで、鋭いトゲとしつこさは、プロ泣かせ。 腐食に強いため、枕木や、鉱山などの坑内材、土木用の杭のほか、火力も強いため薪炭材として生活や産業を支え、大量の花が咲きミツバチが好む(蜜源植物)ため、今も養蜂農家、リンゴ農家などに重宝されているそうです。そして鉱山・炭鉱跡地、牧場跡地や禿山など劣悪な土地などの造林の植栽木にも活用され、かつて、貧栄養土壌の海岸造林にも「肥料木」(落葉が肥料になる)として導入されました。 ニセアカシアが今となって、これほど苦労するものと、誰も予期できなかった。 かつての技術者もこれを良かれと思って、困難を極める海岸林造成の一助とする方針としました。 名取の海岸林では、将来の群生化を警戒して、「TOP3」に入る、札付きのターゲットにしています。

ダイエーユニオンの女性組合員の皆さん。誰もが驚くこの根の長さ

ダイエーユニオンの女性組合員の皆さん。誰もが驚くこの根の長さ

種の広がりもすごいですが、恐るべきは根の広がり。1年で数m伸びました。四方八方に根でも広がります。 ボランティアで扱えるのは「芽が出たばかり」の柔らかいとき、根っこごと「抜き取る」もしくは「刈り取る」ことです。雨上がりなどは数mの根が面白いほど引き抜ける。

なんでこんなに盛り上がってるんだろ(笑) トゲも柔らかく、ケガなく 仕事できます

なんでこんなに盛り上がってるんだろ(笑)
トゲも柔らかく、ケガなく仕事できます

実行部隊はボランティア。 写真の皆さんは、ダイエーユニオンの女性組合員の皆さん。根っこごと抜き取りやすい雨上がりを狙って来てくれたかのよう。長~い根っこが簡単に抜けるので、ほとんどエンジョイ。目的をよく理解してくださったので、燃えてました。しかし、木質化し硬く大きくなった後、いわゆる「木」になった後は、すごいトゲです。それは「プロ」の仕事。 葛もつるも、雑草も、そしてニセアカシアも、 7月~9月が最も疲労しています。叩くならその時。 明日はニセアカシアの特徴を、現場の立場から整理してみます。未

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
月別アーカイブ

ページトップへ