9月19日(土) ボランティア報告 その1 ムーディ勝山さんが来た!!

2015年9月19日( カテゴリー: 現場レポート )

嵐(のコンサート)の影響で首都圏からのボランティアさんが宿泊や交通手段の
問題から参加困難ということで宮城県内(日帰り参加可能範囲)での参加者募集に
力を入れた今回。名取市役所からも副市長さんはじめたくさんの職員さんも
ご参加いただきました。
作業は、いつもと同じ・・・・・・といっては元も子もありませんが、ただひたすら
ツルと格闘していただくというものですので、また明日以降ご報告します。
今回はいつもと違う話題から。

参加者募集にも協力をしてくださった東北放送さんが取材に来てくださいました。
詳細は分からなかったのですが、インタビューに答えてくださる参加者を
紹介してもらいたいとのことだったので、毎回参加してくださっている
ニコンの地元社員さんお二人にご協力いただくことに。

ラジオカーから降りてきたのは白タキシードに長靴姿の男性。
近くまで来て分かったのですが芸人のムーディ勝山さんでした!
ラジオ放送を聞いている地元の方は、白タキシードが見えた瞬間
「ムーディさんだ!」と分かったらしく、写真撮影をしようと長蛇の列。
CIMG8716
番組は「それいけ ミミゾー」
スタジオと県内を回って市民の声を拾うラジオカーのムーディさんをつないで番組が展開されていくようです。
写真はムーディさんの質問に答えるニコンのお二人。
急な指名だったにもかかわらず、なんとも堂々とした対応ぶり。

「今日は何回目のボランティア参加ですか」
といったご本人向けの質問はもちろんのこと、

「どういったプロジェクトなんでしょうか」
「プロジェクトはいつ始まったのですか」
「ボランティアではどんなことをするんでしょうか」
「今日は何人ぐらいいらしているのですか」
といったプロジェクト全体に関わる質問にも「もしかして事務局スタッフ??」と思わせるような完璧な回答。スバラシイ!!

しかし、驚いたのはその後。
スタジオにマイクが戻り、取材が終わった直後、「はぁぁぁぁ、緊張した」と脱力するSさん。
え?さっき何の動揺も感じさせず、堂々とお話してたのに!!
全くそうは見えませんでしたが本当はとっても緊張していたのだそう。

テレビだったら美男美女のお二人がニコンのビブスで登場して
ニコンさんのアピールにもつながったかもしれませんが、
今回はラジオだったのでお届けできたのはお二人の美声だけ。
名取市に工場があるニコンは地元の方たちにとって愛着のある企業さんです。
そのニコンさんがボランティア活動に力を入れて、将来の名取市、そこに育つ
子どもたちの生活を守るための海岸林再生に取り組んでいるということを
お伝えできたこと、プロジェクトにとってもプラスになる出来事だったなぁと思っています。

Sさん、Nさんありがとうございました。
そして長靴を履いて現場まで来てくださり、みんなとの記念撮影、握手に嫌な顔せず
応じてくださったムーディ勝山さん、ミミゾースタッフの皆さん、ありがとうございました。

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ページトップへ