何のための草刈り??

2016年6月20日( カテゴリー: 現場レポート )

18日のボランティアの日、参加者の皆さんにわれらが親方
佐々木勝義さんが下草刈りについて説明をしてくださいました。

DSC_2986

「下草刈りには時期があります。6月から9月にかけて、目的樹種、
ここではクロマツですが、この成長を阻害する草が生えてきますから
種間競争にクロマツが勝てるように草を刈ってやる作業を“下草刈り”と
いうのであって、それ以外の時期の草刈りはただの“除草”です」

実に明快かつ明解!
「草を刈る作業」だと思うと皆さん草にばかり目が行き、
全て刈らなければならないような気持になってしまいますが、
でも「クロマツに最善の環境を整える作業」だと理解すれば、
どの草を刈ってどの草を残すか、どの程度刈ればいいのかが
判断できるようになるのではないかと思いました。

残念ながら今回、草を刈ることに集中し過ぎてしまった方がいるようで……。
DSC_3018わかりますか??
鎌でマツの枝がスパッと切れています。
マツの成長を助けるための下草刈りで、そのマツを傷つけてしまうことはどうしても避けたいのですが、やはり皆さん草を刈ることに一生懸命になってしまうのですね。
もっともっと説明を工夫して、こうした事故が防げるようにしたいものです。

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ページトップへ