海岸林再生プロジェクト 活動ブログ

9月16日(土) ボランティア報告 

2017年9月16日( カテゴリー: 現場レポート )

集合

今回もたくさんの方にご参加いただきました!

前回同様、天候が心配されていましたが、たいした雨にも降られることなく
曇り空の下、少々強めの涼しい風が吹く中、作業がはかどりました。

午前中は内陸防風林チームと海岸林チームに分かれの作業となりましたが、
内容は同じ。“いつもの”ツルマメの抜き取り作業です。

これまでは今年の植栽地での作業が多かったのですが、
今回は少し大きくなったクロマツをツルマメから救出する作業です。

↓ 男性の背丈と同じくらいのクロマツの下の方がツルマメでぐるぐる巻きになっていました。
                             ↓ チクチクされながら、ツルマメを外し、根っこを引き抜きます。
                                              ↓ こんなに大量のツルマメが!
DSC_3630DSC_3645DSC_3609

広い広い植栽地の中に、ところどころこのようにツルマメ群生地帯があるのです。

リピーターの方々でもなかなか根っこまでしっかり引き抜くのが難しく、
スタッフHから、リピーターの証である腕章を「没収ですね」と厳しく言い放たれる人も……。

午後には皆さん熟練し、かなりツルマメに打撃を与えられた感じがしました。

佐々木勝義さんからその仕事ぶりを褒められた「ツルマメ駆除隊」の皆さん
(中には午前中Hから腕章を没収されかけた2名も……)

500

いつも「自分はいけないけど、遠方から来られる皆さんに
いい思い出と共に帰っていただけたら」と差し入れをご用意くださる
ニコンプレシジョンの社長さんから今回もたくさんのおからクッキーが!
受け取ってすぐに食べる方もいれば、職場へのお土産に持ち帰る方もいらっしゃいました。
いつもありがとうございます!!
DSC_3856DSC_3891

DSC_3790

昨年に続き、県内から親子で参加してくださったAさん。
作業中もお昼休みもずっと仲良し。終わりの会で、吉田に指名されたお二人は「そっくり~」(立ち姿もそっくり!)との声を受けながら感想を語ってくださいました。
息子さんは、高校3年生だけどと、前置きをしながら「息抜きにと参加した。社会勉強になった」と受験勉強では学べないものを感じ取ってくれたようでした。
来年、大学生になってまたお父さんと一緒に参加してもらいたいです!

ニコン

 

久しぶりの参加となったニコンのHさん。参加者の皆さんがレベルアップしていることに驚いたようで、そのことをお話しくださいました。
実際、緑の腕章をつけたリピーターの皆さん(10回以上参加の方。ほぼスタッフと同じ動きができます)をはじめ、白の腕章(3回以上参加の皆さん)の方がたくさんいてくださることで、全体の作業の質が向上していることを感じているので、Hさんの感想を聞き、うれしく感じました。

 

 

 

DSC_3861

いつも最後に募金をお手伝いくださる仙台トヨペットの皆さんはめずらしくお休み(行事があるとのことでした。残念!)。
ということで、今回はかわいい新入社員の女子ではなく、2人のおじさんが募金に立ちました。
実はこの2人、11月の大阪マラソンにチャレンジするランナー。初の42.195キロに挑みます。そこで皆さんに募金を呼びかける場を設けさせてもらいました。
集まった4万円を超える募金は、20,866円ずつに分け、ジャパンギビングを通じ、それぞれ入金しています。

 
Kさん https://japangiving.jp//fundraisings/33288
Sさん https://japangiving.jp//fundraisings/33505

 

ご参加くださった皆さん、募金にご協力くださった皆さん、ありがとうございました。

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
月別アーカイブ

ページトップへ