あらぬ疑惑 ~アイドルの裏の姿~

2017年12月11日( カテゴリー: 本部発 )

広報室の林です。

また5日の意見交換会の話題なのですが。
しかも希望者のみが参加した懇親会、しかもその2次会のお話です。

解散前に吉田からあいさつの指名をされた浅野。
忙しい中、お集まりいただいたことへのお礼とともに、
来年もボランティアの皆さんに現場でツルマメと格闘してもらいたいと伝えると
誰からともなく、「え? もしかしてツルマメって浅野ちゃん種子まいてるの?」との声が。

たくさんのボランティアの皆さんにガッツリ作業をしてもらおうと
浅野がせっせと種子をまいて、活動現場を準備している!?

asano_giwaku

腰につけた小さなポーチに種子が入っていて、
歩くたびにこぼれ落ちる仕掛けになっている??

そうだったのか~。

こんなふうに満面の笑みで「ツルマメ根っこから抜けた~」と嬉しそうに写真に写る浅野が、裏では種子をまいていたのか……。

確かに、あまりにもツルマメが繁茂しているエリアでは、ボランティアの皆さんのみならず、指導者の佐々木勝義さんまでもが「これ、誰か種子蒔いてるんじゃないか?」と口にするほどなので、ない話ではないなぁと。

オイスカに入りたての頃、国際協力、特に植林の現場で昔よく聞いた(ODAの)失敗事例は、「現地の人たちを雇って木を植えた現場が火事になった。火をつけたのは植えた人たち。植林が終わって仕事がなくなったから、木がなくなればまた雇ってもらえるだろうと火をつけた」というものでした。

だからこそ、オイスカでは地元の人たちが森づくりを単なる収入の手立てではなく、
よりよい“ふるさと”をつくる活動と捉えて主体的に参画する工夫を常に行ってきました。
そうした海外の経験が「海岸林再生プロジェクト」にも活かされているはずなのに、
まさか浅野がツルマメを繁茂させていた犯人だったとは……。

お店を出て駅まで歩き、それぞれの改札口で別れるまでその話題。
笑いに包まれたまま来年の再会を約束しました。

浅野がいかに皆さんに愛されているかがよく分かりました。

ボランティアの皆さんの中に浅野ファンは多く、みんなのアイドルなのです。
(以前、浅野と一緒にいたいがために? 深酒をして終電を逃し、
4時間かけて歩いて帰った方もいました! その方は2次会で、私の前に座られたので
浅野の前に座るように促すと、「浅野ちゃんはみんなのアイドルですから」と寂しそうにしていました)

現場で日々作業をする森林組合のお兄ちゃんたちもみんな浅野ファン。
ただし、彼らにとっては憧れの東京の女の子で、照れてしまってまともに話もできません。
彼らは、アイドル浅野が、東京では、「ツルマメの種子をまいている」とのあらぬ疑いを
かけられているとは思いもしないでしょう。

2020年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
月別アーカイブ

ページトップへ