海岸林再生プロジェクト 活動ブログ

3月17日(土) ボランティアの日活動レポート

2018年3月17日( カテゴリー: 現場レポート )

今年最初、今年度最後のボランティアが行われました。
リピーターの方をメインにしながらも、支援企業・団体さんからは
初参加の方も。名取北高校からも1年生が一人で参加してくれ、総勢31名。

CIMG1047

これで全員。少数ですが精鋭部隊

今日の作業は住友化学さんにも体験いただいた根踏み。
リピーターさんにとっても初の作業となりました。

ただ歩いているだけのように見えますが、
クロマツの根元を確認しながら前進。

CIMG1050 CIMG1049

 

 

 

 

 

 

 

 

風に吹かれ振り回されるようにして根元にできた穴。
これをふさぎ、しっかりと踏み固めます。
(詳細はまた明日のレポートで)

CIMG1066

 

午後も引き続き根踏み作業を行い、途中からは久しぶりの溝切り。
水はけが悪く、クロマツの成長が悪いエリアに排水の溝を掘ります。
以前は頻繁にやっていたこの作業。体験したことがある方は、
この現場の中でもかなり過酷な作業だと知っているので、
「溝切り」と聞くとちょっと身構えてしまいます。
ひたすらツルマメと闘ってきたリピーターさんの中には、初体験だという方も。

CIMG1085CIMG1081

CIMG1090

競うように溝を掘るHさんとAさん

 

 皆さんだいぶ足腰に負担があった様子。
Mさんは汗をかくほど頑張り、リュックを下ろすと背中にはリュック型の汗。
CIMG1078CIMG1104

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は地元企業のIBEXさんが、ビブスを初披露。
頭上を大迫力のサイズで飛んでいくIBEX機の撮影などもしながら、
みんなで頑張ってくれました!
CIMG1071

終わりの会もこじんまり。
高校生のO君は「高校生一人で、大人の中で心配だったけど
皆さんが話し掛けてくれて、すぐになじめたし作業も楽しかった。
これから毎回参加します」と。1年生とは思えないしっかりとした働きぶりでした。
個人的に参加してくださっていた宮城県の担当者のHさんは
「植えたい人は多いけれど、その後の保育管理の重要性はなかなか理解されていない。
ここではボランティアの皆さんがこうして保育管理にしっかり取り組んでくださって
クロマツがしっかりと根付いて成長している」とコメントしてくださいました。

CIMG1106

最高温度が8℃との予報に身構えていましたが、
案外あたたかい一日となり、気持ちがよかったです。
フキノトウなど、クロマツの根元に隠れていた春の味覚をお土産に
持ち帰った方もいた春の一日となりました。

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
月別アーカイブ

ページトップへ