今年の種子は凶作ではないか

2012年10月23日( カテゴリー: 本部発 )
吉田です。
先週、名取の山、広葉樹の伐採現場に行って種子の様子を見に行きました。
稲刈りも終わり、すっかり秋の気配です。
昨年の猛暑が影響したのかもしれません。
(前年の気候が影響するのだそうです)
クヌギ、コナラ、クリ、ヤマザクラ等の50年生の立派な森でしたが、
ものの見事に種が付いていません。
残った海岸林の桜の種も初夏になかったので予感してました。

落ちているのを探すのが大変

ここには獣という獣はみんないるそうで、熊も、カモシカも。
名取にはそんなところもあるのですね。
マムシはたくさん。ちなみにどんぐりは「即」拾わねばなりません。
案外大変なんです。すぐ虫や病気が入ります。リスも来ます。
拾ったら水に一晩漬け、消毒し、一冬冷蔵庫。

今年は熊がムラに降りてくるでしょうか。

残念ながら、クロマツ種子は大凶作。
来年春の播種量は今年春と同じ規模になりそうです。
2021年3月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
月別アーカイブ

ページトップへ