今期の下刈完全終了

2018年10月12日( カテゴリー: 現場レポート )

10月5日、UAゼンセン33名、6日、公募ボランティア140名の手で、
毎年恒例のツルマメ抜き取り総仕上げを行い、
今年の草との闘いは終了しました。

今年は名取市海岸林全長5kmがクロマツでつながりましたが、
私にとっては、それよりもプロ・ボランティアで植栽地70haを
怪我人もなく完了できたことのほうが嬉しい。

この両日は総仕上げと思っていましたが、思ったよりツルマメが多い・・・
植える前から闘い始めた2016・2017年植栽地は、通算4・5年続けねば。
ですが、最繁茂ゾーンをよくここまで減らせたとは思います。
これはボランティアのおかげ。本当にありがたく思っています。

DSCN2403DSCN2589

5日は、半日で0.86ha、クロマツ約4,400本と広葉樹214本。
(UAゼンセン33名の午後は、溝切り80m頑張ってくれました)
6日は、終日かけて5.6ha、クロマツ約28,500本のお世話を。

いま、先日の台風で「風に回された」マツが多数。
両日ともにツルマメ抜き取りだけでなく、「根踏み」も並行。
二つの大事な仕事をしていただきました。
ボランティアの腕は毎年上がっています。

DSCN2784DSCN2834

本当は、70ha・35万本全域が根踏み点検の必要箇所。
来春は早々に動き出し、根踏みと溝切りを行うことになるでしょう。
また来年頑張ればいい。

DSCN2760

2019年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
月別アーカイブ

ページトップへ