【観察日記】旅立ちの時

2019年3月9日( カテゴリー: 東京本部のクロマツ苗「観察日記」 )

こんにちは
海岸林担当の鈴木です。

随分と観察日記をサボっていました。8/10以来です(^^;)
なんと!旅立ちの時が間近にせまっているのです。
クロマツの苗たちは種まきから丸2年間を保育園で育ち、その後、社会にだされます。
本部で育ててきた苗もこの春、社会の荒波の中にだされる植栽の時を迎えようとしています。

発芽12日 茎は1ミリほどの弱々しい苗でした

発芽12日 茎は1ミリほどの弱々しい苗でした(2017.6.22撮影)

(2018年6月5日撮影)

葉を広げて(2018.6.5撮影)

もうすぐ旅立ち(2019.3.8撮影)

もうすぐ旅立ち。コンテナが少し窮屈そうです(2019.3.8撮影)

成長が気がかりだった苗も元気に大きくなりました。

種殻がいつまでたっても取れず、成長が遅れた苗でしたが・・・

種殻がいつまでたっても取れず、成長が遅れた苗でしたが・・・

他の苗に劣らず、太さ5ミリに成長

他の苗に劣らず、太さ5ミリに成長

そして今、この白い頂芽に冬の間にためた成長エネルギーが詰まっています。
もう少しあたたかくなったらぐーーーんと伸びることでしょう。
20190308 CIMG0740

クロマツが育つとなりで保育園の子どもたちが元気よく遊んでいます。
20190308 CIMG0739

何十年後かに、このクロマツが足元で遊ぶ子どもたちをおおらかに見守ってくれることを願っています。

2020年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
月別アーカイブ

ページトップへ