リピーター巽さんのブログ① ~10回目のボランティア~

2019年7月27日( カテゴリー: お助け隊員の声 )

リピーターの巽さんからブログが届きました!
-----------------------------------------------
10回目のボランティア                                             奈良市 巽 剛

7月20日 本年度2回目(延べ10回目)のボランティアに参加しました。

昨年11月に千葉から奈良に転居し、ボランティア参加が軽~い旅になりました。
関空→仙台へは、LCCを早めに予約して出費を抑えることも抜かりなし。

ご存知の通りLCCは格安ですが制約があります。

1つ目は持込み荷物の重量制限(7.5キロ)。
今回の3泊4日の日程分と、雨予報に備えての長靴と百均カッパを加えると制限を超えてしまった。
そこで着替えを1組減らしてコインランドリーを使うことで課題をクリアしました。

2つ目は搭乗口が離れていること。
関空第2ターミナルは、鉄道駅からシャトルバスに乗り継がないといけない。
その時間を加えると自宅から3時間弱なので、14時過ぎには自宅を出発したい・・・。

18日夜、自宅のWifi環境が不調となり、ちょっぴりゴネて19日昼過ぎにサービスマン派遣を約束。

19日早朝の仕事を終え正午に帰宅。タイミングよくサービスマン到着。
「遅くても14時半には出たい」とゆる~く圧力をかけ、自身は最終準備を行いつつネット接続復旧を待つ。
なんと戸外ケーブルの銅線露出部分にゴミが付着していたことが不調要因と発覚。
復旧後に急いで親会社への報告書類を作成。昼食&シャワーして駅に向かう。

駅まで汗だくでダッシュし電車を乗り継ぎ、定刻25分前にLCCチェックイン機に並ぶと、
「仙台便のお客様は優先チェックインしてます」との案内にカウンターに直行、機内へ滑り込む。

仙台空港に定刻到着。予約した「××レンタカー」のプラカードを持つ係員に合流。
もう一組が5分経ってもなかなか現れない。「〇んこか?」
しばらくして係員の携帯が鳴る。目の前にいたおばさま3人からだった。
「おいおい」と思いつつ、笑顔で「こんにちは」と挨拶し、送迎ワゴンでレンタカー事務所へ。

5月は小型車をレンタルし窮屈な車中泊であったが、今回はフルフラットになる軽ワゴンにした。
「バタバタだったけどこれで安眠」とオイスカ事務所前に駐車して快適な眠りについたのであった・・・。

ところが当日早朝4時。オイスカ事務所前に3台の車が来てガサガサと準備を始める。
「何事?」と眠い目をこすって見ると、オイスカの吉田さんを含む5~6名が大声で打合せをしている。
「あと3時間は寝たいなあ」と別の場所に移動して再び夢の中へ。

その後、美田園のセブンイレブンで朝飯を食べているとオイスカ集団に遭遇。(恥)

ブログ2に続く…

2020年2月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
月別アーカイブ

ページトップへ