UAゼンセン ボランティア

2019年8月13日( カテゴリー: 現場レポート )

こんにちは、浅野です。

8月3日にUAゼンセン58名がボランティアに来てくれました。
例年4月から10月まで来てくれていますが、今年は8月から10月の参加。
その分、応募が集中するということでバス2台で来てくれることになりました!

久しぶりの青いビブス、久々に再会する皆さん。
それだけでちょっとテンションのあがる吉田と浅野。笑

今年1番の暑さのボランティア、風もいつもより弱いような…
作業は午前がつぼ刈りとツルマメ抜き取り、午後が溝切り。
立っているだけで汗が流れてくる暑さの中、ひたすら作業に没頭してくれました。

3人がかりでツルマメ抜き取り

3人がかりでツルマメ抜き取り

とれましたー!

とれましたー!

30℃を超す暑さの中、溝切りはきつかった…。
「塹壕掘ってるみたい…掘ったことないけど」という声がどこからか聞こえてきました。
1時間ほど掘ると慣れてきたのか、動きの良くなる皆さん。
D

休憩中に指導者の佐々木さんから「人が横になれるくらいがちょうどいいねぇ」と言われると
率先して横になるNさん…と率先して土をかけるOさん。

支線の幅はこのくらいがベスト

支線の幅はこのくらいがベスト

よし、じゃあ埋めるか。笑

よし、じゃあ埋めるか。笑


 

 

 

 

 

 

 

 

 

違う組合のはずなのにすごく仲良しそう…。
お二人のおかげで周りに笑いが起こりました。ありがとうございました!

今回も体調不良者を出すこともなく、無事作業を終えることができました。
UAゼンセンさん、また来月もよろしくお願いします!!

D

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
月別アーカイブ

ページトップへ