成長の差

2019年11月17日( カテゴリー: 現場レポート )

こんにちは、浅野です。
今年最後のボランティアの日のブログで最後に成長の悪いところの視察をしたとお伝えしました。

DSCN1160DSCN1161

上の2枚の写真はどちらも2014年に植えられたマツです。

左は1番成長がいいエリア。皆さん防風垣に上っているので、
3m以上あるはずですがそれでもマツの方がだいぶ大きいです。

右の写真はボランティアの方々の腰にも届いていないマツ。
1mあるかないかくらいですかね。こういった成長の悪いエリアが約3haあります。

点で成長のいい悪いは個体差と言ってもいいのかもしれませんが、
面で成長が悪いということは、個体差ではなく原因があるということ。

来年はここの改善にも力を入れていきたいと思っています!

2020年2月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
月別アーカイブ

ページトップへ