広葉樹植栽から6年目のいま(開葉確認の調査結果)

2020年7月11日( カテゴリー: 広葉樹 )

東京大学名誉教授の太田猛彦先生が「山林」6月号(大日本山林会)に「平成時代における治山事業の変遷」と題して執筆されました。平成30年間の治山事業を総括した形ですが、治山など森林の権威の太田先生が矢面に立った「3つの小さなバトル」として、①海岸防災林の再生と植栽樹種問題、②三保の松原など全国におけるマツノザイセンチュウ対策、③先日の豪雨で大災害となった球磨川の上流、「川辺川ダム」建設をはじめとする「緑のダム」機能に関する論争について書かれていました。当プロジェクトは①に関するクロマツvs広葉樹論争に否が応でも巻き込まれました。震災後3か月ぐらいから約3年にわたり、全国の市民からご意見や質問、あらゆる要望、希望、申し出を受ける立場にあったという点で、最前線に立っていました。事実は、小林省太さんの「よみがえれ!海岸林」(8月発行のvol.12)に譲るとして、今年は震災から10年目。広葉樹植栽から6年目。現場での結果を総括する時期だと思っています。

初植栽から1週間後。左の茶色の苗木が枯れた広葉樹。右の緑の苗木はクロマツ。

初植栽から1週間後。左の茶色の苗が枯れた広葉樹。右の緑の苗はクロマツ。撮影:2014年5月26日

「あんな海沿いで広葉樹を植えても無駄」「吉田君の趣味」と地元農家の名取市海岸林再生の会のみなさんから「しづられ」(からかわれ)ました。育苗場では散水もしてもらえない時がありました(笑) 植栽後、プロに追肥を頼んだら、わざと??忘れられたこともありました。私たちは「蔵王おろし」の寒風、寒風が吹く荒野のど真ん中、しかも海沿いで、広葉樹がダメなのは最初から分かっていました。しかし、新聞でよく取り上げられるほどの「論争」の渦中にいましたから、どのぐらいダメなのか、検証したいと考えました。ほかにも挑戦した理由はいくつかありますが、かつてのブログに縷々記していますので割愛します。

2014年5月の1回目植栽で、「1年後生存率17%。2014年~16年の間で補植3回!!」(笑)。成立本数はクロマツ36万本に対し、広葉樹10種671本。これまでの成果として、当地では、クロマツは春植えがリスクが少ないのに対し、広葉樹は秋植えが適していることが分かりました。ただし、バーク堆肥や液肥、吸水ポリマーなどを混ぜた、1本あたり4ℓ以上の土を用いる大変重たい「泥付き苗」を使いました。普通の植栽とは大違い。ほぼ、土木作業。

7月4・5日、ボランティアの皆さんとともに、毎年恒例の下刈・追肥と、「開葉確認毎木調査」をしました。

調査結果は・・・
植栽本数671本、生育本数574本(生存率約86%)

【内訳】
名取1・2区(国有林):植栽本数470本、生育本数385本(生存率約82%)*半分は山砂ゾーン
名取9区(市有林):植栽本数201本 生育本数189本(生存率約94%) *山砂は皆無、粘土が多いゾーン

一向に大きくなりませんが、数字上の見た目は、なんとか維持していると言えますでしょうか?
防風垣を超えるほど大きくなると、今度は本当に吹き曝しになり、先端枯れを起こしやすくなるかもしれません。

これまでの広葉樹の経緯はコチラ

 

撮影:2020年7月4日。これまで先端枯れ、根元から萌芽更新、また先端枯れ、萌芽更新の繰り返し・・・

撮影:2020年7月4日。これまで先端枯れ、根元から萌芽更新、また先端枯れ、萌芽更新の繰り返し・・・

根の伸長が殆どない。一本の生長サイズに合わせた位置に追肥穴を掘る。

根の伸長が殆どない。一本の生長サイズに合わせた位置に追肥穴を掘る。

草が茂る場所は多少生長がよくなった。やっと、森林への道を歩み始めた場所もある。

草が茂る場所は多少生長がよくなった。やっと、森林への道を歩み始めた場所もある。

3本しか生き残らなかったが、若者らしくなっていたクリ。仙台と名取市の市境で、2012年初ボランティア訪問団の住友化学労組にタネを拾ってもらいました。

3本しか生き残らなかったが、若者らしくなっていたクリ。仙台と名取市の市境で、2012年初ボランティア訪問団の住友化学労組にタネを拾ってもらいました。

後日、写真に特化して何度か報告します。

いまもなお、「広葉樹に関心はない」「ムダ」と身内から言われることもありますが、広葉樹を悪者扱いしているわけでないことも知っています。でも、育苗2年、植えてからさらに6年、十分頑張りました。もし今年の追肥が効かなかったら、これで肥料は最後にするかもしれません。

2020年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
月別アーカイブ

ページトップへ