心強い支援者さんの取り組み①

2013年12月16日( カテゴリー: お助け隊員の声 )

広報室の林です。
当プロジェクトにはたくさんの「クロマツお助け隊」の隊員がいます。
いろいろな形でご支援くださっている方々のことです。

今日はとても頼もしい隊員さんをご紹介します。
埼玉トヨペットでは、toyopet01現在各店舗に右のポスターを掲示し、お客様により環境に負荷の少ないエンジンオイルへの交換を促し、「100ℓにつき50円」を「海岸林再生プロジェクト」に支援してくださっています。
また、「グループ全体で取り組む!」と宣言してくださり、先日はグループ内で支援を決めた3社の役員、担当者の皆さんを集めての説明会を開催してくださいました。
(「埼玉での支援者拡大の拠点になる!」との何とも心強い宣言もいただいています)

CIMG4028

説明会では担当の吉田がプロジェクトについて
お話させていただきました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3社の支援内容は下記の通り。

●埼玉トヨペット陸送株式会社
業務上の交通事故ゼロを1ヵ月達成すると、月当たり1万円を支援
車両の陸上輸送を担う従業員の皆さん一人ひとりが、常に安全な運転業務を行うことで支援へとつながっています。

●株式会社トヨタレンタリース新埼玉
店舗:全てのお客様がその日事故なく車両を返却すると、1日当たり店舗数×15円を支援
リースおよび管理部門:業務上の交通事故ゼロの時、1日当たり人数×10円を支援
レンタカーおよびリース業務を行う同社では、お客様と従業員の皆さんが事故なく過ごした日数がオイスカへの支援となります。

●株式会社ハッポーライフ彩生
廃発泡スチロールの回収量100キロにつき40円を支援
産業廃棄物の収集、運搬および処分を行う、同社ならではの支援法です。

 

埼玉トヨペットの担当者さんは「もうかりました。支援します」では意味がないと言います。
支援金をどう生み出すかが大切だと。
車を扱う仕事ですから「無事故」という最も大切なことに対する
社員やお客様の意識を高めながら支援金をつくるというその考え方に拍手!

こんな柔軟な発想で支援をしてくださっている埼玉トヨペットさんの
「海岸林再生プロジェクト」支援とはまた別の取り組みを明日紹介させていただきます。

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ページトップへ