3度目の播種開始 ~八十八夜の別れ霜~

「きょうは立春から数えて88日目に当たる。
『八十八夜の別れ霜』と呼んで気候が安定し、農家は種まきに精を出す。」
昨日の河北新報の1面コラムで、このように紹介されていました。
穀雨の二日から一転しての好天。

5月2日、第一育苗場では、宮城県産マツノザイセンチュウ抵抗性クロマツ27,792粒(650g)を300ccコンテナ1,158ケースに、名取市海岸林再生の会メンバー21人工で播種しました。2012年、2013年に続く3度目の播種です。
再生の会メンバーは疲れもピークなはず。しかし、大友班長は、朝一番から腹を抱えて笑わせるトークを連発。
「今日は種蒔き。楽しんでやりましょう」と佐々木統括。本当に目標に向かってまさに燃えています。

これから2年の育苗の初日です。

3月からコツコツ土を詰めて準備したコンテナをしっかり真っ直ぐ並べます

3月からコツコツ土を詰めて準備したコンテナを
しっかり真っ直ぐ並べます

播種はお祭りのようです(今日は初めて宴会なし)

播種はお祭りのようです(今日は初めて宴会なし)

 

 

 

 

 

 

 

 

この5日、行政関係者と報道関係者の来訪も連日続いています。
今日は名取市復興まちづくり課の中堅5名の熱心な視察や、
地元ラジオ局なとり災害エフエムの取材も。
5月9日(金)12:00、再放送10日(土)6:00、16:00で、30分ほど紹介されます。

播種初日はゆっくり出勤の9時から16時まで。
翌日は、岩手県産抵抗性アカマツの播種。
「皆で休もう」という意見はまったく出ないのです。

「証明写真撮って~」オイスカ中部日本研修センター産の「たまご」がお土産。センターの皆さん、ありがとう!!

「証明写真撮って~」オイスカ中部日本研修センター産の「たまご」がお土産。センターの皆さん、ありがとう!!

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ページトップへ