育苗場の確保に向けて

2011年12月19日( カテゴリー: 現場レポート )

10年間で50万本の苗木生産を目指しているこのプロジェクト。
まずは育苗場の確保が必要となります。
今日は育苗場候補地に行ってきました。

海岸線から1.4km。瓦礫の撤去作業はまだここまで来ていません。
遠くに仙台空港が見えます。

地主さんとお話しするのはこれが4回目。
活動の主旨にご賛同いただいおり、あとは条件を確認します。
地下水の水質や土壌など。現在それらの調査の結果待ち。
春には蔵王降ろしの強い風が吹きます。

津波は、海岸林はおろか、この周辺にもあった内陸の松林も倒していきました。
防風ネットをしっかり張る事になりそうです。



ここが候補地。瓦礫がまだ残っています。

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ページトップへ