こんにちは!インターン生の嶋村です。

私は、国際基督教大学の三年生で、開発学を専攻しております。オイスカでのインターンに応募したきっかけも開発学を実践する方法を学びたいという想いからでした。開発学では困難に直面している国や人々をいかに豊かにしていくかを学んでいます。そこで、実際に海外開発協力など開発に直結する活動を行っているオイスカで、その学びを実践に活かす力が身につけられると考えたのです。

オイスカで行われている様々な取り組みに関わらせていただく貴重な機会を沢山頂きました。海岸林再生プロジェクトの仕事にもご縁がありましたので報告させていただきます。

東日本大震災が発生した2011年、私は11歳でした。テレビで放送される津波の様子を目にし、状況を理解できないままに恐怖を感じたことを覚えています。11歳の私にとってその映像は衝撃的で、約10年たった今でも鮮明に思い出すことができるほどです。震災発生当時、これほど大きなショックを受けた私でしたが、振り返ってみると記憶に残っているのは震災それ自体の衝撃ばかりで、被災後のことをしっかりと考えたことはありませんでした。テレビでの放送を見て、復興支援のことはなんとなく知っている、その程度でした。

そんな私ですが今回、クロマツ植栽地の生物多様性についてのブログへの掲載を手伝わせて頂くことになりました。これをきっかけに、被災地の復興についても、改めて多くの学びを得ることができました。

「2019年度 名取地区生物多様性調査報告書」( 仙台森林管理署)より、プロジェクト開始して間もない2013年から2019年までの生物の種数の遷移が掲載されている箇所を抜粋しました。ものすごく分厚い報告書です。「公式な調査が名取でおこなわれたことは、ものすごく光栄だし、幸運。このような調査は、オイスカのような民間団体単独ではとても出来ない。毎年、結果をとても楽しみにし、仕事の励みにしてきた」と吉田さん。

【名取地区全データ】

2013 2019 増加数
植物 299種 369種 70種
昆虫類 286種 362種 76種
鳥類 36種 48種 12種
哺乳類 5種 3種 -2種
両生類 3種 3種 ±0種
爬虫類 2種 1種 -1種
魚類 8種 4種 -4種
底生動物 4種 15種 11種

*鳥類、哺乳類、両生類、爬虫類、魚類、底生動物の2019年データは、内陸側保護スペースの調査。

*最終調査報告(要旨)は、今秋、林野庁東北森林管理局のHPで公開される予定です。

全体を見ると、生物種数がかなり増加しています!

これまで現場で確認した生き物の話題(ブログカテゴリー「いきもの」)

本プロジェクトの担当部長である吉田さんのお話によると、正しい施業を心がければ多様な生物がそれに伴って育つそうです。この調査結果から、クロマツが丁寧に育てられていることが一目でわかります。防災林としてだけでなく、生物多様性を保全する役割も担っているのです。

今回、このように海岸林再生プロジェクトに関わらせていただきましたが、オイスカで活動させていただく以前は、このような活動が行われていることすら知りませんでした。そこで、プロジェクトについて丁寧に教えて下さったのが、担当部長の吉田さんです。何も知らない私にとって、驚きの多いものでした。特に印象的だったのは、このプロジェクトが被災された方々にとって、「防災林の植栽」以上の意味を持つというお話です。活動が現地の被災された方々のコミュニケーションの場所になっていることや、震災により壊滅的な打撃を受けた場所に種から緑を育てること自体に、復興の希望が感じられていることを知り、意義の大きさを感じました。

また、吉田さんの言葉の一つ一つには熱がこもっていて、関わっている皆さんが強い想いを持って活動されていることが伝わってきました。「月面に植物を植えるようなもの」とも言われた被災地でのクロマツの植栽ですが、約10年でここまで立派なクロマツが成長したのは皆さんの強い想いがあってこそだと感じさせられました。

このように、私のように「何も知らない」という人もいると思います。少しでも多くの人にこの大切なプロジェクトが伝わればと思います。

眼が光っているのわかります???タヌキです。8月26日20時ごろ、親子がウロウロ。子どもは2匹はいました。

眼が光っているのわかります???タヌキです。8月26日20時ごろ、親子がウロウロ。子どもは2匹はいました。

ネズミが多いせいか、猫もいます

ネズミが多いせいか、猫もいます

報告書にはアオダイショウしかありませんでしたが、シマヘビも確認しています。めったに見れませんが、今年も林業会社の人たちが見たそうです。

報告書にはアオダイショウしかありませんでしたが、シマヘビも確認しています。めったに見れませんが、今年も林業会社の人たちが見たそうです。カナヘビもいます。

キツネのこども

キツネのこども

近々ドローン撮影を計画しています。皆様への報告用はもちろんですが、隅から隅まで現場の施業状況を確認したいので。撮影は早ければこの週末にも。本当は木々が分かりやすく、天候が安定している5月に撮影したかったのですが、コロナで身動き取れず。松島町の「三立重建」さんにお願いしています。先週26日にテスト撮影をしていただきましたので、最新の写真と過去の写真を比較ください。

2020年8月26日:名取市海岸林「最北端」閖上漁港付近から南を望む

2020年8月26日:名取市海岸林「最北端」閖上漁港付近から南を望む


2020年8月26日:名取市海岸林「中央部」から北を望む

2020年8月26日:名取市海岸林「中央部」から北を望む


2020年8月26日:名取市海岸林「中央部」から南を望む

2020年8月26日:名取市海岸林「中央部」から南を望む


拡大してみると

拡大してみると


内陸側を見ると

内陸側を見ると


2020年8月26日:名取市海岸林「仙台空港誘導灯」付近から南を望む

2020年8月26日:名取市海岸林「仙台空港誘導灯」付近から南を望む

以下、2014年・2015年植栽地27haの定点観察(名取市海岸林「中央」から南を望む)

2020年8月26日:名取市海岸林「中央」から南を望む

2020年8月26日:名取市海岸林「中央」から南を望む


2019年7月20日

2019年7月20日


2018年5月19日

2018年5月19日


2017年5月20日

2017年5月20日


2016年5月20日

2016年5月20日


2015年5月24日(植栽1年後)

2015年5月24日(植栽1年後)


2013年9月18日(植栽1年前)

2013年9月18日(植栽1年前)


2011年9月5日(津波から半年後)

2011年9月5日(津波から半年後)


2011年5月25日(津波から2か月後)

2011年5月25日(津波から2か月後)

ボランティア再開します!!

2020年8月25日( カテゴリー: 本部発 )

こんにちは、浅野です。
7月4日のボランティアの日を最後に中止をしていたボランティア受入れですが、9月12日より再開します!!
7月、8月と予定されていた受入れは全て中止となり、3月からの中止期間も含めてのべ1050人のボランティアが
キャンセルとなりました。中には年に1度だけしか来られない方や遠方からの参加を予定してくださっていた方もいて、中止の連絡をするのが本当に心苦しかったです…。

6月末のボランティアは宮城県民限定での開催だったため、全国からの受入れは昨年の11月以来9か月ぶり。
その間はプロに草刈りを委託し、背丈が伸びるタイプの雑草はきれいに刈ってくれました。
多くの方が気になっているツルマメは、地元のリピーターの皆さんが自主ボランティアとして
抜き取り作業をしてくれています!(すでに2回終了、3回目も予定してくれているようです)

8月2日、宮城県民自主的ボランティア4名によるツルマメ抜き取り

8月2日、宮城県民自主的ボランティア4名によるツルマメ抜き取り

8月22日、自主的に集まった宮城県民11名による「ツルマメ抜き取り」

8月22日、自主的に集まった宮城県民11名による「ツルマメ抜き取り」

もちろん、コロナ禍であるということを忘れずに三密を避け検温や消毒作業は徹底します。
参加される方は下記にご協力ください!

【参加者へのお願い】
・作業時以外はマスクを着用ください。
・ご自身が使うための消毒用品をご持参ください。(アルコールジェルなど)
・自宅を出る前に検温をし、平熱より1℃以上高い方は参加をご遠慮ください。
・宮城県民の方は、極力自家用車でご参加ください。
・宮城県民の方は、極力着替えの必要がない恰好でご参加ください。
・ごみは回収できませんので、全てお持ち帰りください。

ご不便をおかけしますが、よろしくお願いします。
皆さんにお会いできるのを楽しみにしてます!!

海岸林で鳥見ing(2020/8/15)

2020年8月17日( カテゴリー: いきもの )

地元のボランティアの三浦隆です。
名取市の海岸林で観察した生き物、主に野鳥を中心とした情報、話題の6回目を発信したいと思います。

今回紹介するのは鳥版アニマルトラッキング(直訳:動物追跡)です。現在その野鳥が見えなくても、いなくても野鳥が居た痕跡(フィールドサイン)から何をしていたか行動を推測するという遊びです。方法としては、落ちている羽根、使った巣、吐き出したペリット、足跡等を探し、その持ち主と何をしていたか等に思いをはせることです。8月2日に、黒松の植栽地を見に行った時に、巣を2個、羽根を1枚、見ることができましたので紹介します。
巣1 ホオジロの巣

巣1 ホオジロの巣

巣1

巣1

巣1は、巣の近くでさえずり、警戒鳴きをしていたホオジロの物と思います。

ホオジロ幼鳥

ホオジロ幼鳥

巣2 オオヨシキリの巣

巣2 オオヨシキリの巣

DSC_4482
巣2は、巣の近くのヨシ原の中で警戒鳴きをしてしていましたのでオオヨシキリの物と思います。
下の写真の羽根は、形や模様からキジの右側の翼から換羽の為に自然に抜け落ちたものと思います。
キジの羽

キジの羽

DSC_5015

普段の散歩などでも痕跡を見つけたら、そこに存在した状況を推測するのもおもしろいものですよ。巣が空でしたので、今年生まれの雛は既に巣立っています。まだ遠くまで飛べないので、巣の近くで親がエサを持ってくるのを待っている様な状態です。自分でエサ取りもしているかもしてません。ヤブこぎしていると、目の前を一瞬横切る雛の影が見えることがあります。見つけたら、手は出さずにそっと見守ってください。
Ps. 赤い排水路

Ps. 赤い排水路

 現在広浦湾側の排水路は、一面楽天カラーぽい赤色になっています。正体は水草でした。

現在広浦湾側の排水路は、一面楽天カラーぽい赤色になっています。正体は水草でした。

(吉田より:たしかに楽天カラーですね。いままで、海岸林内の排水路でこうなることはありませんでしたが、最寄りのビニールハウス団地内の排水路は、毎年一時的にこの状態になる時があります。何年も前、市内各地の排水路で、はじめてこの「楽天カラー」を見たときは、なにか悪いことが起こっているのかと思いました。それにしても、この満水の排水路(遊水池・・・)。7月末の大雨から数日後ですね。大雨の後の満水は、いつものことです。けれども、来年以降は「遊水池」ではなく、「排水路」になるよう検討しています。ちなみに、もう一本の海側の排水路(広浦側と同様のサイズ。全長1km×幅5m×深さ1.5m)は、名取市にお願いして、夏前に排水口を設置していただきました。もう、ほとんど貯まらないはずです。完成をまだ自分の目で見ていません。大改善へ1歩前進です。それでも、人力で溝切りをやらねばならない箇所はたくさん残っています)

海岸林オタク、富士山に登る

2020年8月14日( カテゴリー: 本部発 )

広報室の林です。
オイスカは「海岸林再生プロジェクト」以外にも
国内各地でさまざまな森づくりに取り組んでいます。

同プロジェクトと同じ100ha規模(植栽は約4万本)
の植林を行っているものに「富士山の森づくり」の活動があります。

そのプロジェクト名の通り活動地は富士山。

CIMG5051

残念ながら富士山頂は拝めず

「海岸林再生プロジェクト」と同様に、富士山の活動地でも今年は
ボランティアさんを受け入れての活動ができずにいます。

そんな中、担当スタッフが調査活動を行うというので、
吉田と一緒に参加してきました。

後ろの4名が担当スタッフ

後ろの4名が担当スタッフ

この日の道具はこちら。
「海岸林再生プロジェクト」の現場でも調査を行いますが、
この中には、私は使ったことのないものも。

CIMG5078

 

今回の調査は、風などで倒れた苗木の本数を調査するので、
健全な木と倒れた木に色付きテープで印をつけ、それぞれの本数を
2つのカウンターで数えていくのです。

こちらは健全な苗木。
ピンクのテープをつけています。

CIMG5066

こんなふうに倒れてしまったものには黄色のテープ。

CIMG5074
※ちなみに黒いネットはシカなどの獣害対策用。
途中、こんなふうに林内に落ちている枝の皮が
シカに食べられた跡をみて、ネットの必要性を実感。
周りにはシカのフンが大量に落ちていました!!!!

CIMG5107

吉田は作業着のポケットにこのテープを入れて作業へ。

CIMG5059

……が、ここでも何かを見つけて写真撮影。
キノコではありません。キツネでもありません。

CIMG5094

カメラの先にいたのはちょうちょ。
アサギマダラだと担当スタッフから教えてもらいました。

CIMG5096

羽根を広げると本当にキレイ!
CIMG5083
私が一番面白かったのはこれ。
CIMG5111

何だと思いますか??

実はこれ、吉田の靴の底。
CIMG5113
久しぶりに履いた靴で劣化が進んでいたようで、
両足とも底がはがれてしまいました(笑)

そんな吉田が最後に見つけたのは……
CIMG5121
なんと、シカの頭蓋骨!
越冬できずに死んでしまったシカでしょうか?
海岸林の現場でも動物の骨を発見しては嬉しそうにしている吉田。
ここでも最後にシカと遭遇できて満足そう。
CIMG5122

富士山で進む森づくり活動。

今日は吉田の活動の様子を中心にお伝えしましたが、
現場の様子をぜひ知っていただけたらと思います。

富士山の森づくり推進協議会Facebook

2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
月別アーカイブ

ページトップへ