二人で手分けして外回り

2017年2月5日( カテゴリー: 現場レポート )

冬の宮城は、晴れていても、粉雪が奥羽山脈からの蔵王おろしに乗って
飛ばされてきます。まったく珍しくないいつもの宮城の光景です。
強風で東北本線、仙山線が遅れるのもいつものことです。

2月2日、朝カーテンを開けると薄っすら雪が積もっていました。
今日、浅野さんは宮城の支援者訪問、私は行政当局訪問。

仙山線の車両の前後は凍っています

仙山線の車両の前後は凍っています

二人で出張に行くと、現場実務以外はほぼ別行動。
一日まったく1度も会わないってこともないですが、
手分けすることで、倍の件数をこなせるので。

私は、県庁森林整備課、仙台森林管理署、名取市役所農林水産課へ。
平成29年度計画、28年度報告、着手届、入林届など、
私たちが義務付けられている、基本中の基本の書類提出。
決して難しい書類ということはありません。
ですが、重要な書類です。

名取市役所 4月になるとソメイヨシノがとてもきれいです

名取市役所 4月になるとソメイヨシノがとてもきれいです

その後2件は浅野さんと合流。
新しく会員になって下さった空港鉄道の社長と面会。
広報について相談。空港鉄道利用客へのアピールを考えています。
一日利用客は9,000人。半数は空から海岸林を見る人たちです。
少しでもわかったうえで見てほしいですから。
社長さんたちも、よーく私たちのことわかってくれています。

その後は、環境省東北事務所主催の「みちのく潮風トレイル」
ワークショップに出席。大槻さんと私たちで。
大槻さんにも申し訳なかったのですが少し早くご無礼。
そのため自宅には21時には帰れました。
今年は自分の働き方改革にも取り組んでいます。

2月はできるだけ宮城に出張しない。次は27日の予定です。
翌日、県立名取北高校で教員含め900人に講演の機会をいただきました。
卒業式の前日です。心掛けは「力まないこと」でしょうか。

津田の松原

2017年2月4日( カテゴリー: 海岸林あれこれ )

浅野です。
1月27日、報告会で徳島に行く前に香川県の津田の松原を見に行ってきました。
まずは津田の松原の概要を…

津田の松原は香川県東部のさぬき市津田町の中心に広がり、瀬戸内海に面した約1kmにわたる砂浜とクロマツ5,000本余りが植生する
約11haの区域で、瀬戸内海国立公園「津田の松原」として第2種特別地域に指定されると共に、ほぼ同区域で都市公園(風致公園)の
県立「琴林公園」としての二重の指定を受けています。

この松原は安土・桃山時代から先人達が寺社周りの防風林あるいは燃料用として植栽し、大切に育てて年を経るに従ってどこにもない景勝地となったそうです。
ちなみにここのマツは樹齢600年~十数年と様々です。

さて、本題へ。
津田の松原での滞在時間は30分程度。隅々まで見られたわけではないですが、私が発見したいろいろなマツを紹介します。

①ヘビみたいなマツ

にょろにょろした感じがヘビに似ています

にょろにょろした感じがヘビに似ています

②根っこがすごいマツ

ついつい乗ってみたくなる根っこです

ついつい乗ってみたくなる根っこです

樹齢が何年かは分かりませんが、幹も太く根っこは地表に隆起していてなんとも貫禄のあるマツでした。

③大きな切り株

下の白いものは普通の携帯です。かなり太いマツだったみたいです

下の白い四角は携帯です。
かなり太いマツだったみたいです

もう少し高めに切ってあったら、座って休憩したくなるような大きさの切り株でした。

④ご老体
樹齢600年を超しているものかもしれません。もう、支えがなくては枝を伸ばしていられないようです。

支えがないと枝が落ちてきてしまうようです

支えがないと枝が落ちてきてしまうようです

すでに中が空洞に…

すでに中が空洞に…


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
⑤いろいろなところからのマツ
いろいろな地域から持ってこられ、植樹されたマツがありました。
静岡や鹿児島などの太平洋側だけでなく秋田や福井など日本海側のものもありました。
真ん中のマツは周りに光を遮られ、成長を阻害されているようでした…。

右が高知県・左が秋田県のマツです

右が高知県・左が秋田県のマツです

見づらいですが、真ん中のマツは幹も細く元気がありません

見づらいですが、真ん中のマツは幹も細く
元気がありません


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
たった30分歩くだけでもいろいろなマツを発見できました!
もう少し、津田の松原について書きたいことがあるのですが、長くなるのでまた次回…。

待望の・・・!!!!!

2017年2月3日( カテゴリー: 本部発 )

海岸林担当の鈴木です。
もう2月、立春です。

1月、海岸林担当みなで今か今かと心待ちにしていた数字があります。
本日、ついにその数字に到達しました!

お気づきでしょうか?
海岸林ホームページのトップページ右側に「最新の寄附状況」を掲載しています。
現在掲載の数字は
「現在の達成金額 498,878,449円(2016年12月末現在)」
HP

 

 

 

 

 

もうすぐ5億!いつ達成するだろうか?と11月から担当者でカウントダウンしていました。

1月30日 1月の寄附金額を集計してみました・・・残念ながら到達していませんでした。
来月に持ち越しか・・・と肩を落としていたところに、大阪マラソン組織委員会からの昨年10月の大会の募金額の通知が届きました。

めでたく5億円に到達です!!!!!

5億円をクリアしたご寄附が大阪マラソンでの募金というのが嬉しいです。

おそらく何千人という方々からの少しずつの積み重ねの募金。
このプロジェクトでは、「多くの方から少しずつ」協力いただき目標を達成したいと願い活動してきていますので、何よりうれしいです。

これまでご協力くださったみなさん本当にありがとうございました!

とはいえ、まだ折り返し地点です。

マラソンでは折り返し地点を過ぎてから苦しいポイントが待っています。
目標達成のために、多くのみなさんのお力を借りてゴールに向かっていきたいと思います。

これからもご協力よろしくお願いします

プロジェクト報告会in四国

2017年2月2日( カテゴリー: 本部発 )

こんにちは、浅野です。
1月26日~28日まで四国に出張してきました。
今回は高松・徳島・四国センターの3ヵ所で報告会の場をいただきました。

小林省太さんによる外側から見たプロジェクトの報告のあとにボランティアについてと支援の広がりについて
お話しさせてもらいました。
3回で85名の方が聞きに来てくださり、寄附・募金は約95,000円になりました。
ありがたいです。「ボランティア行くね」と言ってくれる方がいたり、「ボランティアには行けないから募金するわ」と
言って募金に協力してくださる方がいたり、と真剣に報告を聞いてくれたんだなぁ…と実感。
“プロジェクトのことを理解して、少額でもいいから、多くの人に。”
簡単なことではないですが、地道に報告会をしていれば広がっていくんだなぁ…と。
DSCN0961
その証拠と言ってはなんですが、高松、徳島の報告会に来てくださった方が
それぞれのブログにプロジェクトのことを書いてくれました。
その記事がこちら → 高松 http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?d=20170126
徳島 http://ameblo.jp/tokimekiflow/entry-12242373420.html

少しでも多くの方に知ってもらえるよう、これからも全国で報告会をおこなっていきます。

1月26日~28にかけて、香川県(2ヵ所)と徳島県、計3ヵ所での活動報告会を行います。
今回は小林省太氏(元日本経済新聞 論説委員)と浅野がご報告させていただきます。

【日時・場所】
1月26日(木)  オークラホテル高松 別館 玉藻の間 50人  16:30~17:50
※報告会:無料 懇親会18:00~19:30(希望者):会費 5,000円

1月27日(金)  阿波観光ホテル 3F 会議室  50人  15:00~16:30    ※報告会:無料

1月28日(土)  オイスカ四国研修センター   50人  10:00~11:30    ※報告会:無料

詳細はこちら → http://www.oisca.org/kaiganrin/3647

お近くにお住まいの方、近くに来られる用事のある方、ぜひお越しください!!

2017年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

ページトップへ