宮城県支部新年会

2020年1月22日( カテゴリー: 本部発 )

お久しぶりです、浅野です。
1月16日にオイスカ宮城県支部の新年会が開催されました。
支部会員全体の半数近い92名の参加がありました。

当日は会長のご挨拶のあと、「子供の森」計画について担当の諸江主任より報告がありました。
子供たちの取り組みやCFP参加校の現状と課題を多くの写真を交えての報告に
出席された皆さんも真剣に耳を傾けていました。
20200116_181843

長く支援を続けてくださっている会員の方からは「久しぶりにオイスカの現場に行きたいなー」という声が
聞かれ、昨年2月に行われたタイツアーに参加された方からは「今年はないの??」という質問もありました。

海岸林への支援をしてくださっている法人、個人の方も多く参加されていましたが、
今回の報告を機に海外の現場への興味も高まったのではないかと思います。
D

北釜地区盛土が一部完成

2020年1月21日( カテゴリー: 現場レポート )

空港東の集落と乗馬場の跡地、「北釜地区」盛土工事(区域面積約5.5ha、植栽面積3.75ha)が一部完成しました。ボランティアの皆さんが来ると、必ずと言っていいほど通過する「ゲート」の場所です。

盛土中央部(ゲート付近)から北半分を望む

盛土中央部(ゲート付近)から北半分を望む

北釜集落はどのぐらい昔からあるのかわかりませんが、名取市海岸林再生の会副会長の櫻井重夫さんは14代目と聞いています。
櫻井さんの旧宅は盛土の下です。(鈴木会長の旧宅は盛土区域外)震災前の北釜の様子は、小林省太さんの「よみがえれ!海岸林」にたくさん記述されています。海岸林HP活動報告内から「よみがえれ!海岸林」はご覧いただけます

最大高6mにもなる2.01haの自然砂丘上に、深根性を活かして津波に耐えた樹齢100年前後の残存クロマツが200本。2019年はその下に3,000本/haで植栽しました。活着率・生存率限りなく100%。ここは海砂。高密度の篠竹に打ち勝ちさえすれば、生育は抜群に良いはずです。その2.01haの周囲を取り巻く形で盛土工事が行われています。旧宅地・乗馬場は、国の復興予算で市によって買い上げられ、新たに保安林となりました。県・市・再生の会・オイスカとの4者協定面積も追加になります。十分な幅があってこそ「防災林」として機能します。重要インフラの空港横の「弱点」が消されて、嬉しく思います。

基本設計は地下水から2.4m以上離して盛土天端を設計。自然砂丘周辺なので、凹凸、高低差が様々。

基本設計は地下水から2.4m以上離して盛土天端を設計。自然砂丘周辺なので、凹凸、高低差が様々。

最後となる植栽は今年の5月と10月。保育作業が滞ることを避け、公募の植樹祭は行わず、再生の会メンバーと森林組合だけであっさりいきたいと思います。私も交ざって、気が済むまで植えます。

私が最初に見た「北釜」。2011年4月21日にヘリから撮影

私が最初に見た「北釜」。2011年4月21日にヘリから撮影

 

陸上で最初に見た北釜。奥の空港から海岸に至る道。この家までは盛土になります。左奥は鈴木英二会長旧宅。撮影:2011年5月25日

陸上で最初に見た北釜。奥の空港から海岸に至る道。この家までは盛土になります。左奥は鈴木英二会長旧宅。撮影:2011年5月25日

「海岸林の現場は、野球のようにシーズンオフがあるのはイイ」(正直な気持ち)

冬は冬で、来年度事業計画・予算の立案や、モニタリング調査のまとめなど、事務的にやることは満載ですが、メリハリがあるのは悪くない。でも、長~いシーズンオフがあるのは、いまだけ。近い将来の本数調整伐が始まったら、そうはいかないでしょうね。間伐は秋から冬ですから。でも、この調子で草刈りを頑張れば、将来夏の仕事は徐々に減るでしょうね。

地元の大槻さんが、退屈してるんじゃないかと声をかけさせていただき、一緒にじっくり現場を歩きました。3月の開幕戦から、前半3か月、その後をどう使うかを考えながら。

名取市海岸林再生の会の副会長、櫻井さんの旧宅跡で植栽基盤造成盛土工事が始まりました。
空港東の旧乗馬場と一部の宅地跡の植栽実面積3.75ha(区域面積約5.5ha)は新たに保安林に指定され、5月と10月に植える予定です。

櫻井副会長旧宅のいま。ご夫妻に電話して報告しました。

櫻井副会長旧宅のいま。ご夫妻に電話して報告しました。

やるべきこと発見。対策はその場で決まり。

やるべきこと発見。対策はその場で決まり。

冬の間、またゴミが増えていました。盛土工事の方たちがゴミ拾いをしてくれているのは気付いていました。お礼を言いながら、工事の情報交換。ネタがネタなので、1回話し出すとお互い終わらない。どこから土を採ったとか、粘土の交じり度合いとか、小雨が断続的にあって、ぬかるんで思うように工事が進まないとか。私も意見を少々。工事業者さんと話すのは、ものすごく大事です。

ちょっと見ぬ間に・・・初日の出ビューポイントで数百人来ます。

ちょっと見ぬ間に・・・初日の出ビューポイントで数百人来ます。

地元の三浦さんから、広浦東の盛土陥没情報をいただいていました。大槻さんにもその場所をシェア。2017年の夏に盛土と防風垣が200m崩落した箇所。陥没を把握したのは去年。縦暗渠周辺に直径1m・深50㎝の円形が10か所程度。帯状に拡散し数が増加。土の中にある「水みち」なんでしょうね。暗渠が目詰まりせず、まだ機能しているのか?

こういう穴がいくつも。私の右足、落ちたのわかります?

こういう穴がいくつも。私の右足、落ちたのわかります?


専門誌への寄稿依頼が二つ来ていて、「水利科学」(治山林道協会)は佐々木統括、「森林技術」(森林技術協会)は私。モニタリング調査や年末年始で続けてきた調べものをもとに頑張って書いてみます。モニタリング調査報告書は大詰め。清藤先生を筆頭に、鈴木和代さんと、浅野さんと4人がかり。今年は女性陣が加わったので、格段に読んでいただき、見ていただけるものになりそうです。公開は慌てず、すこしだけ延期します。

シーズンオフはほどほどに、年末と今回と、歩いて色々見たことなど、またブログ書き始めます。

若いトンビの合コンですかね?

若いトンビの合コンですかね?

明けましておめでとうございます

2020年1月8日( カテゴリー: 本部発 )

こんにちは、浅野です。
明けましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

というブログを書くのを忘れたから書いといてと吉田に言われ、書いています。笑
なんなら「今日で仕事納めです。来年もよろしくお願いいたします」ブログも書き忘れていますが…。

今年の3月で震災から丸9年、10年目に突入し、国としての震災復興計画も最終年度を迎えます。
プロジェクトも“植える”という工程は完了となり、“育てる”という工程のみになります。
今までも皆さんにお手伝いいただいていますが、立派な海岸林になるまではまだまだ長い年月を要します。
今年もいろいろな形でご協力いただけますと幸いです。

繰り返しになりますが、今年もよろしくお願いいたします!

sora

最後のインターン活動

2019年12月20日( カテゴリー: 本部発 )

みなさんお久しぶりです!インターン生の森です。今回は、11月後半から12月にかけて行った活動について
ご紹介します。まず、11月に29日と30日には、大阪マラソンEXPOに参加させて頂きました。大阪には1人で
行ったことが無かったので、飛行機に乗るのはとてもドキドキでした!でも無事たどり着けて良かったです。。
EXPOでは、ほかの団体の大学生ともすごく仲良くなれたので、とても楽しかったです!
みなさんが自分の名前を見つけられるようにお手伝いをしたり、ランナーのみなさんとハイタッチをしたりと、
たくさんのランナーさんや関係者のみなさんと触れ合えた1日でした!紫組ですが…みんな緑色ですね…(笑)

image1
12月1日には、大阪マラソンの応援に参加させて頂きました。
ランナーさんは、チャリTシャツを着てくれている方や、動物の衣装、たこやきの衣装、うまい棒の衣装など、
本当にカラフル様々な衣装がありとってもすごかったです。様々な地点で、ランナーさんの状況がわかるアプリ、
ランナーズアイを見ながら、応援地点に移動し応援を行いました!オイスカで走って下さっているみなさんにも、
そうでない方にもたくさん声がけをさせて頂きました!届いてたらいいなあと思います。
大阪マラソンは、沿道にたくさんの応援、給水や食べ物を配ってくれるボランティアさんや、
力持ちボランティアさんなど、たくさんの人で成り立ってるんだなあと感じました。
ランナーのみなさん、応援のみなさん、ボランティアのみなさん本当にお疲れ様でした。
来年もぜひ行ってみたいなあと思います。

image2

そして、12月16日には、浅野さんにも来ていただき、海岸林再生プロジェクトの写真展の展示準備を行いました。
今までボランティアの日や様々な活動などで撮らせて頂いた写真を、展示させて頂きました。
貼る間にもてんやわんやでしたが…わたしなりに、頑張って作らせて頂いたので、ボランティアに
参加してくださった方々もぜひ一度見にきて頂ければと思います。(もしかしたら写っているかもしれません!)
これでオイスカのインターン生としては最後の活動になりました。
半年間、たくさんの楽しい思い出ができました。

また来年はボランティアとして参加させて頂きたいと思いますので、ぜひよろしくお願いします!!
image3

2020年2月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
月別アーカイブ

ページトップへ