少雨に救われています

2018年6月9日( カテゴリー: 現場レポート )

今春、実は2年育てた苗木が、山出し前の大詰めで厳しい状態に追い込まれました。
今冬は例年より寒く、2月にコンテナの培養土が凍ったのに加え、
寒風と乾風にさらされ、3月中旬から葉が無残なまで一気に枯れ始めました。
初めての経験です。大量生産は一つ何かがあると大量ロス。
ほかの種苗農家も「俺もやられた~」と言っていたそうです。

それでも全枯れに至らず、緑の葉がいくらか残り、頂芽が生きているものだけ抽出。
枯損苗の山もできました。1万本近くあったと思います。
今年植付の分はギリギリ確保できました。運に恵まれたとしか思えない。
4月16日~5月19日の間、今期は約8万5千本を植付。

6月2日、大雑把に活着状況を確認しました。
私の見立てでは、100本に1本枯れているかどうか。
昨年の99.8%に劣らない状況だと思います。
近々、正確な活着率を発表します。

DSCN6309
植付後から今までの少雨、これに恵まれたと思います。
ただ、これからの多雨多湿を乗り越えられるか。

それにしても宮城の仕事をしていつも思うのは、我々は運がイイ。

初!海岸林の再生の現場へ

2018年6月8日( カテゴリー: 現場レポート )

こんにちは、国際協力ボランティアの倉本です。

海岸林ブログでは、はじめまして。この投稿が海岸林ブログデビューとなります。初めて名取市の海岸林再生の現場に同行させていただいておりますので、そこでの体験と感じた新鮮な気持ちをこの場をお借りして記録したいと思います。

 

大きなマツの木が3本並ぶ、広い現場の入り口に初めて到着したのは、昨日(7日)の午後でした。これまで現場の写真をオイスカ東京本部で何度も拝見しましたが、実際に見ると植えられたマツ一本一本がとても特徴的で、まだ小さいながらも大きな存在感を感じました。

存在感大!

そんな印象を持ちつつ始めに行ったのは、スズメバチの誘引液の補充でした。先月の連休前に仕掛けられたとのことでしたが、3ヵ所で計15匹が捕まっていました。女王バチクラスは見当たらなかったものの、誘引液はとても効果があったようです。

その後、少し成長の遅いマツ数本に施肥を行いました。この時施肥の方法として、マツの枝を横に伸ばした長さの真下までは根が張っていて、その距離に肥料を埋める(埋める穴以外に肥料がばらまかれないように注意する!)ことを教えていただき、僅かですがこれから関わっていけるマツの知識がまた1つ増えて嬉しく思いました。

だいたい50グラムずつ、なるべく丁寧に!

だいたい50グラムずつ、なるべく丁寧に!

そして作業を終えて移動をしている途中、なんとキツネの子供2匹と遭遇しました!その可愛らしさに和みつつ、海岸林の再生はこれからさらにいろいろな生き物の住みよい環境を作るためにも大切なのだと実感しました。

しばらくこっちを見てました

しばらくこっちを見てました

 

初日の終わり。夕方、現場を後にしながら、今はまだ小さなマツが40年後、50年後と大きくなったら、どんな姿になるだろうと考えました。今でさえ一本一本見ごたえのある姿なのに、それがどんな素敵な景色となるのか。期待される効果だけでなく、どんな感想をもたらすものになっていくのか。本当に興味深く思うと同時に、少しでもこうして海岸林の再生に関わる機会を得ることができて幸せに思いました。

 

これから、もう暫くこちらでの作業、活動は続きます。今日の出来事も含め、今後まだまだこちらで感想や体験報告をさせていただきたいと思いますので、どうぞ引き続きよろしくお願いいたします!

こんにちは
海岸林担当の鈴木です。

今年の紫陽花は咲き始めるのが早く、やっと紫陽花の似合う時季になったのにすでに色あせてしまっているようです。紫陽花はやはり雨が似合いますね

インフォメーションに【第7回名取駅写真展】6月3日~29日in JR名取駅東西通路ギャラリー というお知らせを5月28日に載せましたが、その写真展が始まりました!

今回は8mの掲示板が2つ分・・・16m分の写真を用意しなければらないない
けっこうなプレッシャーです。
しかも、内容のメインは植樹祭
植樹祭の開催は5月19日、写真展が始まるのは6月1日
5月30日に名取に向かう吉田に写真展の写真を預けなければならず実質7日間の準備期間

写真展の開催は随分前から決まっていたのである程度は準備できるはずなのですが、性格上、切羽詰まらなければアイデアが浮かばず、手が付けられない
結局、手を付けたのは5月25日、この時点で土日を入れてもあと5日
(どうしてもっと余裕をもって仕事ができないのだろう・・・???我ながら笑ってしまいます)

あーでもない、こーでもないと構想を練っているうちに、ひらめきました!!
「名取市の海岸林5キロがクロマツでつながった」ということを視覚的に表現すればいいんだ!
・・・とひらめいたものの、大変な作業だなぁ ともう一人の自分がささやいています
でも、もう他のアイデアは浮かびそうにないからやるしかないでしょ! と2人の自分が闘っています。

ロールになっている長い紙の在庫はありませんか?と総務に聞いてみると、ちょうど塩梅のよい紙をいただけました。もうやるしかありません・・・がもう帰宅する時間です。
こうなったら家でやってくるしかないと用紙を持ち帰りました。

日曜日、子どもの野球に13時まで付き合い、取り掛かったのは15時すぎ
3.5mの長さの紙を広げ、植栽地の地図を描き、砂浜の色を塗り、海を塗り・・・砂浜の色はそんな色じゃないんじゃない?との横やりが入り、塗りなおしている途中、あまりの眠さに寝てしまい
そんなこんなでやっとの思いでベースができあがりました。

翌月曜日、貼り付ける写真を20枚ほど選び印刷し、レイアウトして3.5mの用紙に貼り付けていくがなかなかスペースが埋まらない(-_-;)
翌日、さらに1.7mの用紙2枚のレイアウト
貼るだけ貼ったら何となく形になってきた!ゴールが見えてきた感じです!!
でも何となく面白みがないので、手書きコメントを入れることにしました。
おおっいい感じ!!
30日の吉田の名取行きに何とか間に合いました ほっ
そうこうして出来上がったのがこちら↓

ガラスが反射してしまって見にくくてすみません。5キロの海岸林を表現したものです

ガラスが反射してしまって見にくくてすみません。5キロの海岸林を表現したものです

これは育苗場を表現。フェンスを描いてみたのですが、見えないですね(^^;)

これは育苗場を表現。フェンスを描いてみたのですが、見えないですね(^^;)

ボランティアさんの活躍写真を掲載してます

ボランティアさんの活躍写真を掲載してます

 

でも、本当は間に合ってないのです
あと8m分の掲示板に貼る写真を用意しなければなりません。
こちらは植樹祭でのみんなの笑顔をピックアップ
高さ20mの高所作業車から撮影しA1サイズのパネルにしたものを2015年撮影分から4年分でかなりのスペースがうまります(^-^;
なんとか31日に宅急便で写真を送ることができました!

DSCN5932

植樹祭でのみんなの笑顔の写真を掲載してます

一日の乗降客2万人とのことですが、土曜日のこの日は通る人もまばらでした

一日の乗降客2万人とのことですが、土曜日のこの日は通る人もまばらでした

「200m分だけ植えずに残っていた場所を植樹祭の参加者530人で植えて名取市の海岸線5kmがクロマツでつながったんだぁすごいなぁ」
と感じてもらえればいいなと思います。

さらに欲を言えば・・・
「5kmもつながっているクロマツが植えてある場所の草取りは大変だなぁ・・・手伝ってみようかな」
と思ってもらえれば本当に嬉しいなと思います。

名取駅での写真展は30日までです。
ぜひご覧ください!

難敵「ツルマメグサ」

2018年6月6日( カテゴリー: いきもの, 現場レポート )

「ツルマメは、出てくるのが遅い」と言われてますが、今年も出てきました。
1.3m×1.3m四方のクロマツの間に何本出ているか、試しに数えてみると、
2本、3本の場所もあれば、47本、52本の場所も。
さらにその上もあるでしょう。

ないように見えても・・・

ないように見えても・・・

1.3m×1.3m四方に・・・

1.3m×1.3m四方に・・・

1.3m×1.3m四方にこれだけある・・・いまは小さいけど

1.3m×1.3m四方にこれだけある・・・いまは小さいけど

47本ありました

47本ありました

主戦場は大変な順番に言うと、2018年植栽地約17ha、
2017年植栽地約14ha、2016年植栽地11haの一部。
2015・2014年植栽地26haは、一部面倒を見なければなりませんが
ほぼほぼ卒業とみて良し。

今月は370人ほどが現場に来てくれます。

・ツルマメ抜き取り
・2016年植栽地の溝切り
・サイクリング道沿いの下刈

優先事項をどう進めるか、都度都度悩む時期が来ました。
貴重な370人を活かせるように、考え抜きます。

2017年植栽地は、非常にいい生長具合。
徹底してツルマメを抜き取って、日照を確保したおかげ。
去年頑張った人に見てほしいです。

ツルマメ抜き取り対象地42ha全景(笑) 去年も頑張りましたので、全部ひどいわけではないですが

ツルマメ抜き取り対象地42ha全景(笑)
去年も頑張りましたので、全部ひどいわけではないですが

WANTED  根から抜かねばなりません。これが巨大化し、マツに巻き付いて日光を奪います

WANTED  根から抜かねばなりません。これが巨大化し、マツに巻き付いて日光を奪います

5月31日・6月1日、5年目の住友化学㈱と同社労組との
労使協働チーム23名が、作業に専念1.5日の行程で来てくれました。
メンバーは大分・愛媛・大阪・千葉・筑波・東京・三沢から。

この会社でも応募者が多く、抽選があるそうです。
昔からそうですが、このチームは自己紹介の時点で「戻った後は・・・」という
コメントを毎年聞くのが特長です。職場や仲間に報告するという意識が最初からある。
タイ南部ラノーン県のマングローブ植林も長くご支援いただいており、
タイと名取と両方来ている人も多い。
(私もラノーンに行く目的ができました。今年中に行きます)

このチームには、2016年植栽地の溝切り(排水)に当たっていただきました。
この場所だけは、多湿により「補植しても無駄」としてきましたが、
今期は腕を上げているボランティアに本格的に溝切りを委ねると決め、
4月のボランティアの日に着手。
そして約1,000本の補植を行ったあと、より完全を期すために、
住友化学チームに草刈りを含む総仕上げをお願いしました。

対象地は0.4ha。
しかし、ここの多湿を改善すると、約1haに効果があります。
4月のボランティアの一部40名で本線を、住友23名で主に支線を、合計63人工で完了。
「ここまで碁盤の目のようにU字溝を切れば、今度雨が降るのが楽しみだ」
(松島森林総合の佐々木勝義代表)
私が思うに、今期は補植前後の少雨に恵まれてますが、効果は確実だと思います。
この場所、継続して定点観測、報告します。

掘る姿勢も良くなって、皆で声を掛け合い

掘る姿勢も良くなって、皆で声を掛け合い

 

最初は少しだけ躊躇するが・・・

最初は少しだけ躊躇するが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

意味が分かってきて大胆に

意味が分かってきて大胆に

高い完成度。見事としか言いようがない

高い完成度。見事としか言いようがない

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ページトップへ