今年の楽天は、夏の2週間で一気に10連敗。
スタジアムに一度も行けぬまま、ずいぶん沈んでしまいました・・・
14日の「予告先発」はまだ発表されてませんが、昔からファンの岸投手ならば行かねば・・・
名取北高校出身。打線援護なく、目下8連敗。

プロ野球と同様、「彼岸まで」を合言葉にしたプロ・ボランティアの下刈も終盤戦。
ツルマメが結実し、弾け散る前に。

「予告先発」つながりで、われわれ9月16日(土)ボランティアの日の仕事「予告」を。
今年は、6月以降ずっと「ツルマメ」抜き取り。
今回もそれに代わりありませんが。

2015年植栽地の樹高1m強のクロマツにツルマメが巻き付く

2015年植栽地の樹高1m強のクロマツにツルマメが巻き付く

私はこの2週間、東京本部勤務でしたので、14日夕方に宮城入り。
名取事務所、森林組合、松島森林総合から報告(ボランティアへの依頼)が入っております。
前日15日に現場実踏してから仕事内容は最終決定しますが、大まかに予告します。

当日は全国から約100名。
朝から2チームに分かれます。

①2014年植栽地南端(航空機誘導灯付近)30人程度
②2015年植栽協力地 内陸防風林(海沿いビニールハウス団地北東の共有林。三和ゲート近く)70人程度
*②は近いので、歩いていくかもしれません。
*本来、地元農家が一切自力で行う箇所ですが協力要請があり、特例で初実施。
*1.33haのうち、幅10m×100m程度と聞いていますが、見てみないと・・・

それぞれ終わり次第(②のチームが先に終わるはず)
2016年植栽地の最南端を北上。(最も海寄りの幅60m)
ツルマメ抜き取りが続く。

【注意】
・今回は植栽後3・4年経ち多少樹高1~2mのマツ周りの作業のため「長袖」を。
後でかゆくなりますから。
・それらの松にはハチの巣(主にフタモンアシナガバチ。黒い)がないとも限りません。
マツの枝元に小さな巣をつくります。対策は当日説明します。
(プロの情報と前日踏査でも出来る限り自分の目で確認しておきます)

マツの葉に腕が触れるので、いつも申し上げるように「長袖」推奨

マツの葉に腕が触れるので、いつも申し上げるように「長袖」推奨

フタモンアシナガバチの巣。今年はプロからの発見の報告は2回しかない

フタモンアシナガバチの巣 今年はプロからの発見の報告は2回しかない

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、「予告」まで。

広報室の林です。
2日のボランティアの日、印象に残ったのはこの2人。

DSC_0090DSC_0096

終わりの会で吉田が感想を言うように指名した男性たち。
みんなの前に出てきた2人からは何となく若手漫才師のにおいが……(かぎ取ったのは私だけ!?)

ビブスを見てもらうと分かる通り、彼らは違う会社からの参加だったにもかかわらず
朝からずっと一緒に作業をしていて、吉田が不思議に思って声をかけたのだそう。

なんと、学生時代同級生で、一緒に勉学に励んだ親友だったのそう。
朝、ボランティアの集合場所で思ってもみなかった再会に驚いたのだとか。

6月にはオイスカ北海道支部から参加したAさんが、
集合場所で、息子と顔を合わせて驚いたのだ聞きました。
その息子さんが今回も参加していたので話を聞くと
ボランティアの翌日にお父さんと一緒に松島などを観光し、
思いがけず親孝行ができたとのことでした。

全国から大勢のボランティアさんが集まる
このプロジェクトならでは楽しい一コマです!

9月2日(土)公募ボランティアの日110名。
今年は「ツルマメ」抜き取り。明けても暮れてもそればかり。
しかし、リピート率は5割を超えたと見えます。
また、今日、そして今年を振り返ると、まさに「チーム力」に磨きがかかっています。
9月2日に至るチームワークを書いてみます。

●「激害区」図面化

「草刈りは彼岸まで」と言います。(当地では10月初旬以降はしません)
お盆休みに伸びた草に即応しつつ、残り1ヵ月で下刈を終わらせねばなりません。
8月22日、プロ2社、ベテラン地元ボランティア、オイスカの合計6名は、
2017植栽地7万5千本分すべて実踏。
最新の「草のおがり(宮城弁:繁茂・生長)」を図面化。
プロとボランティアの分担方針を決めました。
ボランティアは、ツルマメ駆除と、雑草激害地をつぼ刈りで先行、プロはそれに続く・・・等。

●プロは全体的利益から考える

「労働者が発注側に向けて逆提案」することはあまりありません。
しかし、松島森林総合の佐々木代表はもちろん、プロ中のプロ、女性林業労働者のSさんは違います。
ボランティアのマンパワー・能力を念頭に、お盆前から第2優先対象地に目印をつけてくれた。
「ここはボランティアでもできますよ」「もし余力があったらここもぜひ」と。
これは、ボランティアを「戦力」「大人」として認めている表れと私は思います。
プロは「プロだからできること」を優先しつつも、全体的共通利益から考えて、目配せもする。
これも、計画以上に進んだ背景の一つです。

●バトンリレー

8月23・24日はマルエツ労組65名、26日は東北電力労組31名。
各個撃破で、激害区をつぶし、9月2日はそのバトンを引き継ぎました。
元をたどれば、6月上旬~8月上旬の2か月で、930人のバトンリレー。
DSC_0036DSC_0064

●空港からの耳寄り情報

8月31日あたりは、進路が読めない台風の影響で、各社リーダーとの情報交換ピーク。
そこに仙台空港を拠点とする航空会社IBEXエアラインズのTさんから、測候所から航空会社に
シェアされた気象情報の要点をほんの一言、キーワードでシェアされました。
ホームページで19時に当日の実施をお知らせする予定でしたが、それより早く決行を発表。

●朝で決まる

挨拶、表情、歩き方・・・朝で決まる。
この日は、3回目の組織的参加、第一三共㈱、東京海上仙台支店自動車保険営業部の
「軽やかさ」が特に際立って見えた。よそよそしさなどはまるでない。
ほぼ毎月参加の、三菱UFJニコス㈱、矢崎エナジーシステム、仙台トヨペット㈱各社は当たり前。
台風を心配し、空港で10時間待たされ、その上成田で一泊したオイスカ九州の会員10名を
筆頭に、大なり小なり影響を受け、それぞれ苦労してたどり着いた当日朝でした。

●感化

100人もいれば、中には誘われて何となく来る人、指示を真剣に聞かない人はいるもの。
「時間とともに、本気で来ている人の小さな行動一つ一つがそれを感化している」
某企業のご担当がそう言いました。私もいつもそう思います。
今回は第一三共のAさん、東京海上のSさん、三菱ニコスのTさんなど背中で示す
明らかに際立つ人が何人も。

●隣の誰もが仲間

どうしても知った人とずっと一緒にいたいはず。ところが・・・
9月2日に限りませんが、どう考えても所属会社を超えて混在して草と向き合っている。
言わなくてもお互い声を掛け合っている。この日はこういう雰囲気になるのが早かった。
際立つ何人かが共通しているのは「(おそらく無意識に)声が出ていること」と
「先頭を進んでいること」。リーダーの姿に感化されるのは当然。
もし私が彼らと同じ立場でここにいたら、彼らほどできるだろうかと
仕事しながら考えさせられました。所属はいろいろ。動機もいろいろ。
協力し合いながら仕事する様子を見るのは担当者冥利に尽きます。
これが目指す姿ですから。

●チームワークの結果

歩くだけになりながらも、110人の目でツルマメの有無を「点検」した場所が相当ありましたが、
1日でカバーできた面積は過去一番ではなかったかと。約6haの完了の目処をたてました。
会心のスピード、胸を張れる仕事の結果だったと思います。私自身も極力大勢と直接会話するという
目標も持っていますが、最近少し上達したかなあと。ちょっぴり合格点かなあと。
「今年は若い人が増えたね~」Mさんに言われました。

例外なく毎度のことですが、この日も楽しかった!

11月26日、大阪マラソン走ります

2017年9月12日( カテゴリー: 本部発 )

1年中いつも、なんとなく大阪マラソンのことが頭にあります。

光栄なことに、4年連続、東北で唯一の寄附先団体として認定され、
オイスカのチャリティランナーは右肩上がりの増加で62人。

宮城県支部会員のクリエイトプランニング㈱佐野社長や、愛媛県支部の宮嶋会長、
元日経新聞論説委員兼編集委員でオイスカアドバイザーの小林省太さん、わが社職員も4名。
現場ボランティアにも何度も来てくださって4回連続参加の藤澤さん、
ネクスタ㈱、UAゼンセン ライフ労組、愛知のCKD㈱など組織参加くださる企業も。

オイスカ愛知県支部会員ワイルドグースの速水さん(左)と中部研修センター職員の安部君。二人とも今年も

オイスカ愛知県支部会員ワイルドグースの速水さん(左)と中部研修センター職員の安部君。二人とも今年も

オイスカ静岡の久我君(2015年ベストチャリティーランナー賞)と天野君。二人とも今年も

オイスカ静岡の久我君(2015年ベストチャリティランナー賞)と天野君。二人とも今年も

オイスカ関西支部の岡崎昌三会長

オイスカ関西支部の会長を務める岡崎昌三ネクスタ会長は、社員を毎年参加させ、ご自身も沿道での応援に立ってくださいます

昨年、Finishゲート閉鎖5分前にゴールしたように、
今年のエントリーはつい先日、締切当日、ビリで申し込んだようで・・・
その結果、随分目立つ、左角に紹介いただきました(泣)
https://japangiving.jp/projects/32571/fundraisings

チャリティランナー皆さんへの応援・ご支援を、どうぞよろしくお願いします!

今年上半期は、昨年以上にカラダ的にも本気で下刈に打ち込みました。
終業後は防潮堤の上は一度も走る気力・体力なく、本格的練習は遅れていますが、
あと残り3ヵ月弱、去年のように怪我しないよう、静かに頑張ろうと思います。

せっかくの大阪。
皆で分担して支援者訪問するほか、
食に関しても真剣に追求したいです。

8月21日、河北新報社が写真特集として取り上げてくださりました。
これまで6年半で、最も大きな紙面取り。ほぼ1面すべて使って。
http://www.kahoku.co.jp/special/spe1177/20170821_01.html
(河北新報社 特集「アングル」)

一つ記事に取り上げていただくということは、私にとって格別な思いがあります。
プロジェクトを預かる立場として、報告義務・説明責任・情報公開という観点で、
極めて重要な業務としてこだわりを持っております。

震災以来、同社岩沼支局の記者さんは3代目。
どの方とも、一つ一つのやり取りを大切にしてきました。

初代の方は、9月のプレスリリースに呼応し、1面トップで海岸防災林の再生の動きとして
私たちのことも大きく紹介くださりました。「吉田君、10億集まらなかったら糾弾するぞ」と
あの方一流の激励の言葉が一番印象に残っています。

2代目の方は、前の方と同様、一つ一つの事象を常々紹介くださりました。
「このプロジェクトは、これからたくさんの人が来るでしょう。その一人一人に
一期一会の気持ちで接してほしい」と、いつも思い出す一言をくださりました。

3代目の方は、書くだけでなく、繋いでくれた人。
新聞記者の立場を活かし、次世代に向けた取り組みへの絶好のアシストをいただきました。

3人に書いていただいた記事をコピーして束ねたら、ちょっとした小冊子にはなります。
いつか、振り返る時が来たら、そういう時間をとってみたい。

残念ですが、もう最近は、全国紙に取り上げられるということは全くなくなりました。
ですが、宮城では新聞、テレビ、ラジオでコンスタントにご紹介いただいています。
ホームページを見て、事前連絡なしに紹介いただいてるラジオ局もあります。
「気にすることはない。これこそプロジェクトが上手くいっている証拠」と
元日経新聞論説委員兼編集委員の小林さんがアドバイスくださりました。

やはり、地元が大事という意味だと受け止めました。

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ページトップへ